・スポンサードリンク
>

2017年02月28日

人気、おすすめミニコンポ特集 〜 試聴の感想

人気、おすすめミニコンポ特集

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 こんにちは。

 今は、オーディオが人気。
その音楽機器の中でも、入門に人気のある用品がやはりミニコンポでしょう。
今の時期なら新入学やお祝いで買ってもらう、新生活で欲しい人も多いと思います。

 そして、今は卒業や入学シーズン。 今回、ミニコンポ集。各社の売れ筋コンポを比較します。

 みんなが気になる人気の機種。長く定番の機種。実際に聴いた感想を紹介。
購入リンク、そして便利な周辺機器もご案内します。

SAYA160312540I9A3588.jpg

■ コンポ、ミニコンポについて 


ソニー SONY コンパクトオーディオシステム CAS-1 : ハイレゾ対応 Bluetooth/LDAC/NFC対応 DSEE HX搭載 ヘッドホンアンプ搭載 ホワイト CAS-1 W

 コンポ。コンポーネントステレオの略。定義は明確なではなく時代によって変化しますが
ミニコンポは大体「小型で据え置き型ステレオ。音楽を聴く再生機 ラジオ、CD部などがセット」になっているものです。今回はミニコンポと本体部を紹介。

☆ 私も高校生になった時に、親にミニコンポを買って貰いました。20万近くするけっこうな価格のコンポです。その音楽経験はずいぶんと自分の感受性や知識。そして友達や恋人と楽しむ時間を豊かにしました。

 だから、もしあなたが親で子どもに買うなら良い物を買って欲しいし、あなたがまだ子どもで買って貰う、自分で買うのにも良い音と出会って欲しい。 

今回は、特に良い点と悪い点をしっかり書きます。




● 流行

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 流行の変化が激しい世界で、
最近の流行は、ハイレゾによる高音質化。あとは、スマホなどと接続できるように無線搭載が進んでいます。



 新しい傾向としては、小型化が進み本体部の幅がCDケースサイズくらい、スピーカーが10センチにも満たないコンポも出ています。

 現在は、大まかに 高級機、中級機、入門、小型モデルの4系統があります。
人気なのは2〜5万円位の中級機でハイレゾ対応機が売れ筋です。

 
ケンウッド USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプKENWOOD KA-NA7



■ 試聴環境と評価方法

 音は、やはり好みがあるので、実際に試聴するのが一番。
とはいえ店頭に出掛けて、多くのコンポを試聴するのは大変ですよね。そこで、わたしがコンポの人気機種。高級機を実際に試聴した感想を紹介します。

 使用したのは、CDもしくはUSBメモリー。
友人と試聴し、まず私が感想を言った後に意見を交換し目合わせ。偏見や私見がないか確認しました。




■  各モデルの特長と、性能の説明、 購入用リンク



パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 現在販売されている、各社の上位機種、買いやすい人気機種を選択しました。

メーカー別で並べ、各機種の説明と購入用リンクを紹介します


● 購入用リンクの使い方

 製品画像と、商品名はamazonの製品にリンクしています。
”○○で検索”をクリックすると、該当通販サイトから、別店舗の取り扱い商品や色違い製品を検索できます。

■ JVCケンウッド


 共にオーディオの老舗。現在は経営統合されました。
ビクターとケンウッドのブランドは使い分けられており、製品シリーズや技術もそれぞれに受け継がれています。



・ デスクトップオーディオ EX-NW1

JVC PC・ワイヤレス入力対応コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-NW1

 今回私が新製品の中で、一番気になっていた機種。
特長としては小型。新しいジャンルの製品です。

ここ数年、中国製の小型アンプが人気でしたが、やっと日本製で追撃する機種が登場しました。

外観: 新世代のミニコンポ

本体部はCDくらいの幅と面積。流行しているLEPAIのデジタルアンプなどと似て小型。

スピーカーも小さい。パソコン用の小型スピーカーと同じ作りです。
筐体はかなり凝っていて、台座部などの仕上げや構造はとてもいい。工芸品のようです。

音質:ウッドコーン搭載機らしい優しく安心する音質。
小さい音量だと、美しい音がでます。私も「小さいのに良いな」と思いました。

しかし、弱点があって ボリュームを上げると音が割れます。〜割れるのはそんなに大きな音では無くて、普通の音量〜やや大きめくらいの音です。スピーカーの口径が小さいためでしょう。

機能:ヘッドホン端子は高域40kHzの出力に対応
USBメモリー対応、ハイレゾ。192kHz/24bitのFLAC/WAVファイル対応、Bluetooth/NFC対応、

● オススメ部分と弱点 

 デザインが良く小型。机の上やテーブルの上。使いやすい。スマホやタブレット、ミニコンポとの組み合わせにも良いでしょう。使い方は 小音量で聴くことが主体のかたに向いています。仕事や勉強のBGMに使ったり、夜静かに音楽を楽しむにはお勧め。

 ただし、大きな音で聴きたい場合には向いてません。あくまで、小音量で美しい音を楽しむコンポです。眠る前のひとときや、音楽を小音量で楽しむ方に向いてます。

総合得点:70点






> ・ケンウッド USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプKENWOOD KA-NA7

ケンウッド USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプKENWOOD KA-NA7

 ビクターの項目で紹介してるモデルと同製品で、こちらはアンプ部の単品販売。
今は同会社となったケンウッドから登場しています。

 人気ブランドのKシリーズで販売。








・EX-HR7

JVC iPod/iPhone対応 USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-HR7

 ウッドコーン搭載機ではスピーカー部が大きいモデル。

外観: スピーカー部は2ウェイ。ウッドコーンとしては大きめ。
音質:  ウッドコーン搭載機らしい優しく安心する音質。
 ツィータ−があるため、周波数帯域が広がって抵〜高音域が広がります。優しい音、落ち着く音色が好きな方に向いています。

機能:CD,ラジオ搭載 USBメモリー対応、iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子
192kHz/24bit対応のデジタル入力端子(光x1、同軸x1)装備。

● オススメ部分と弱点
 
 ウッドコーンの音色が好きで、小型機では物足りない&更に高音質を求める方に向いてます。
反面、大きな音、迫力がある音が欲しい方には向いてません。

総合得点:73点





・ デスクトップオーディオ EX-S5
JVC USB端子搭載CDステレオシステム(ブラウン)JVC EX-S5-T

 ビクターがカフェスタイルと呼ぶ
小型サイズでロー&フラットが特長。本体とスピーカー部の高さが揃っています。

外観:  高さ11センチで揃うデザイン。色も統一されて、おしゃれ。
音質:  ウッドコーン搭載機らしい優しく安心する音質。 優しい音、落ち着く音色が好きな方に向いています。

機能:CD,ラジオ搭載アンプはDEUSでデジタルアンプ。K2テクノロジー搭載。
USBメモリー対応、iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子
Bluetooth/NFC対応、

● オススメ部分と弱点: デザインの良さと音色が魅力。
反面、大きな音、迫力がある音が欲しい方には向いてません。

価格が抑え気味なので、ウッドコーンの音質が好きな方や、お店などで使うのにデザインが良い機種が欲しい方にはオススメ。

総合得点:72点



■ panasonic


家電大手パナソニック。現在はテクニクスブランドを復活させ
オーディオにも力が入ってきました。



・ CDステレオシステム SC-PMX70

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S
パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 人気が有るモデルです。価格コムで現在1位。
低価格でハイレゾ対応。機能も多めです。

外観: 価格帯からすると、高級、重厚感のある外観。
スピーカー部は黒で、3ウェイ。全体にランク以上に見えるどっしりした感じです。

音質: 落ち着いた聴きやすい音。
 パナソニックらしい、中音が良く出る音質。やや硬めの音。悪く言うとやや鈍い。高音と低音は控えめです。低音は締まった感じ。パナのラジカセである傾向の音です。

 全体として、長時間聴く 刺激ある音が苦手なかたに向いてます。

・機能CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプは「LincsD-Amp V」採用。音質を補正します。スピーカーは竹炭、シルクドーム、ピエゾツイーター仕様。
USBメモリー対応、USB接続は、MP3、AIFF、AACFLAC、WAV対応。
iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子、Bluetooth対応、

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 デザインの良さと、多機能。落ち着いた音色が魅力。
ただ、派手な音。刺さるような高音や重低音が好みの方には向いてません。

価格が安く、接続できる機種や方式も多い。
パナソニックらしい、優等生のミニコンポ。

総合得点:73点





・パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100-S
パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100-S
パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100-S

 パナソニックの上位モデル。
価格コムランキングで4位と人気が有る機種。

 上で紹介しているPMX70との違いは、
素材や部品がやや豪華になるのと、機能でネット、家庭内連携の機能が増えているのが違い。

外観:重厚感のある外観。
スピーカー部は黒で、3ウェイ。全体にランク以上に見えるどっしりした感じです。

音質: 落ち着いた聴きやすい音。
 パナソニックらしい、中音が良く出る音質。やや硬めの音。悪く言うとやや鈍い。
全体として、長時間聴く刺激ある音が苦手なかたに向いてます。ただ、価格から考えると、高音質とは言えないかな。

● 機能

 CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプは「LincsD-Amp V」採用。音質を補正します。スピーカーは竹炭、シルクドーム、スーパーソニックツイーター仕様「バーチャルバッテリー電源」搭載。

USBメモリー対応、USB接続は、MP3、AIFF、AAC※2、FLAC、WAV対応。
iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子、Bluetooth対応、
Wifi,DLNA,NFC、サウンドジャンプ対応。AirPlay,Sportify対応。

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 強みは、価格と多彩な接続方式に対応してること。価格帯から考えれば、対応形式や無線接続が多い機種です。

 反面、音質ではずば抜けた部分はありません。多くの機器につなぐ、ネットやスマホの色んな方式で再生したい方に向いています。

総合得点:72点





・ パナソニック SC-HC295

パナソニック コンパクトステレオシステム Bluetooth対応 ホワイト SC-HC295-W

 パナソニックが長く販売しているコンパクトステレオ。
平面タイプです。

外観:薄めで、場所を取らないデザイン。

音質: 平面型ですが、けっこう大きな音を出しても破たんしにくい。平面型コンポが流行ったころの音質よりもかなり進化してます。パナソニックの重低音再生「XBS Master」が上手く効果を出しています。また、「MP3 リ.マスター」で圧縮音源を補完して再生。薄型機なのに「意外に良いな」と感じる音質で、パナのコツコツ作る気質と長い経験が出ています。

機能:CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプは「LincsD-Amp V」採用。音質を補正します。スピーカーは竹炭、シルクドーム、スーパーソニックツイーター仕様「バーチャルバッテリー電源」搭載。
USB端子有り。MP3対応。Bluetooth、NFC対応。

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 薄型で場所を取らない、おしゃれなオーディオが欲しい方にオススメ。
薄型でも、そこそこ聴ける音質になっています。
音質にかなりこだわる方以外は、満足出来るでしょう。

カラー:白、赤

総合得点:75点



■ ONKYO,パイオニア


オーディオの老舗パイオニア。現在はONKYOがAV部門を吸収しています。



・ONKYO X-NFR7TX

オンキヨー ハイレゾ対応CD/SD/USBレシーバーシステムONKYO X-NFR7TX(D)

 コンポで人気があるのがONKYO.
このX-NFR7TXも人気が有るモデルで価格コム位。低価格でハイレゾ対応。機能も多めです。

外観: ONKYOらしい、整ったデザイン。

音質: オンキョーの優等生な音。刺激も破たんも無く。多くの人が受け入れる音でしょう。

● 機能

 CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプはディスクリート構成で豪華。スピーカーは2ウェイバスレフ。
USBメモリー、SDカード対応、USB接続は、MP3、AIFF、AAC、FLAC、WAV対応。
iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子、Bluetooth、NFC対応、PC接続可能

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 価格以上の音質と、多様な形式対応。
多くの方が使うのに便利で、音質も納得できるモデルです。

 上級アンプに使われるディスクリートを採用するなど見えない部分でも凝っています。
音質や外観でとがった部分は無いのですが、全体の質が高く、大人に向いてるコンポ。

総合得点:74点





・Pioneer ネットワークCDレシーバーシステム ハイレゾ音源対応 シルバー X-HM76

Pioneer ネットワークCDレシーバーシステム ハイレゾ音源対応 シルバー X-HM76(S)
Pioneer ネットワークCDレシーバーシステム ハイレゾ音源対応 シルバー X-HM76(S)

 ミニコンポと言えば、かって覇権を握ったのがパイオニア。
現在は,人気は落ち着いていますが音は高品質です。

外観: パイオニアらしい個性が有っても長く使えそうなデザイン。
音質: パイオニアの優雅なサウンド。高音も綺麗で整った音。
ハイレゾ対応で、DSD 11.2MHzをはじめ、FLAC、AIFF、ALAC、WAVの192kHz/24bit対応。

機能: CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
WiFi、AirPlay対応、音声入力;アナログ、光デジタル、
USB端子対応フォーマット WMA/MP3/ WAV/AAC/Apple Lossless/FLAC/AIFF/DSD)
LAN端子、Bluetooth、NFC対応、外付けHDD,PC接続可能

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 パソコンを介さずに、ダウンロードやHDDからの音源を再生出来るのが強み。
高音質で良い面が多いのですが、操作の反応が鈍いのが残念。

総合得点:71 点




■ マランツ


 音響機器老舗。名作のアンプが多くあります。



・ネットワークCDレシーバー M-CR611
 
marantz マランツ CDレシーバー DSD ハイレゾ ネットワーク対応 Bluetooth Airplay ワイドFM  シルバーゴールド M-CR611/FN
marantz マランツ CDレシーバー DSD ハイレゾ ネットワーク対応 Bluetooth Airplay ワイドFM  シルバーゴールド M-CR611/FN

 小型オーディオで人気があるのがマランツ。
M-CR611は、人気モデルM-CR610の後継。マランツらしいデザインと高音質が魅力です。
一体型レシーバーでスピーカ出力もあるので、スピーカーを用意するだけで使えます。

外観: マランツ伝統のスターマーク、対象デザイン。

音質: マランツらしい品のある音。
アンプはフルバランスアンプ。スピーカー出力は4チャンネルに対応し、バイアンプ駆動対応。

機能:CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
DLNA、AirPlay,Spotify Connect対応、Bluetooth、NFC対応
USB端子対応フォーマット WAV/ALAC//FLAC/AIFF/DSD

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 現在は、価格が下がって買いやすくなっています。
マランツの高音質とブランド力。そしてネットワーク対応力が魅力。
全体のレベルが高い機種です。

 本体で約5万円と、コンポとしては上級なのですが、価格コムランキングで5位となかなかの人気。

総合得点:80点





■ SONY


現在は、全体が縮小傾向にあるソニーですが時々、ソニーらしい尖った製品を出すのが魅力。
最近は、ハイレゾで先行。ウォークマンの高級機やシグネチャーラインなど高級モデルを出し始め復活傾向に有ります。




・SONY CAS-1

ソニー SONY コンパクトオーディオシステム CAS-1 : ハイレゾ対応 Bluetooth/LDAC/NFC対応 DSEE HX搭載 ヘッドホンアンプ搭載 ホワイト CAS-1 W


 ソニーらしいデザインが良く尖った性能をもつ小型モデル。
価格は高めなのですが、納得できる音質です。

外観: 小型。机上で使うのに良いです。
音質: ソニーサウンド。良く伸びる中高音。
ハイレゾ対応。

● 機能

 CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
Bluetooth、NFC対応
対応フォーマット WAV/ALAC//FLAC/AIFF/DSD

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 小型で、高音質と無線接続に特化した機種。
価格に納得できる方にオススメ。

総合得点:74点






■ 全体の感想と、私のお薦め機種


 今回、紹介機種を聴いていて感じたのは
デジタル時代になり各社間で音質差は減りそうなものですが
結構まだ、メーカー毎の音質傾向があるのに気づきました。メーカーにはこだわりがあるようです。

 思ったより各社の個性が出ていました。
形状や価格差も大きく、これ!と言ったお勧めは出来ません。

 けれど、用途や音質の好み。そして予算で絞り込み選べば あなたに似合うコンポが決まるでしょう。

 



■ まとめ 

 いかがでしたか?
オーディオ機器はなかなか試聴が大変。地方だと出来ない場合も多い。
仕方なく店頭である製品を購入したり、今まで聴いた製品のイメージやデザインで通販で買ったり、雑誌やネットの情報を見て決める、ギャンブルな買い方が多いと思います。

 今回は、特にずばり本音で弱点も書きました。

 若い時に音楽を聴くことは、友達や恋人との共通の話題となり、一緒に体験する時間を豊かにします。出来れば、どん欲に良い音を追いかけ本物に接して下さい。自分の耳が鍛えられ、後の人生に役立つでしょう。

 あなたが良い音に出会えるよう、力になれれば幸いです。


ソニー SONY コンパクトオーディオシステム CAS-1 : ハイレゾ対応 Bluetooth/LDAC/NFC対応 DSEE HX搭載 ヘッドホンアンプ搭載 ホワイト CAS-1 W

■ 更新情報







posted by A to D at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | AV機器:音楽プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

カセットプレイヤーと人気用品特集 + 便利な清掃、収納用品。


東芝 CD/SD対応ラジカセ(サテンゴールド)TOSHIBA TY-CDX9-N

 こんにちは。

 今はアナログオーディオブーム。カセットテープやレコードの人気が出て、かってのオーディオ愛好家や新しい世代の注目を集めるようになってきました。

 カセットテープで古い音楽をゆったり聞く、また持っているテープを今のデジタル環境にダビングして楽しめたらいいですね。また大事にメンテもしたいもの。

 今回は、そんなアナログ資産を活用したり、デジタル化もできるオーディオ特集。
カセット関係のオーディオ現行機器を集めてみました。

2017年新型カセットプレイヤーの特長と購入用リンク、周辺機器を紹介します。

Cassettes
Cassettes / Matt From London


■ アナログカセットと機器、用品について


WINTECH AM/FMデジタルチューナー搭載CDカセットミニコンポ KMC-112 ブラック リモコン付属

 現在のアナログブームとカセット機器について解説。
 




● カセットテープのブームについて

The Wall of Sounds
The Wall of Sounds / cassettes


 私の妹が昔から流行に敏感です。 半年ほど前に私と会った時に「お姉ちゃん!カセットテープが今、人気だよ!\(^O^)/」と言ってきました。 「そうなの?」と驚き、私も調べてみると通販で新古品やオークションで未使用や録音済みテープが高値で取引されています。凄いよ私の妹。

 さて、カセットテープの人気ですが
まだ、アナログレコードほどの人気ではなく、ブームと言うよりもカセットテープが再び注目されはじめている所でしょう。

 日本を含め世界中で売り上げが伸びており、例えばイギリスでは7年で10倍の売り上げになってます。

 人気の理由ですが仕掛け人がいるわけでもなく自然に人気が出ています。考えられる理由としては、先に流行しているアナログレコードブームと同様に形の面白さ、所有の満足度が高いこと。 また、データ化してしまったCDやネット配信に対する”物としての存在価値”でしょう。

 テープなども、ハーフに金属やセラミックを使ったり。
各社が独自色を出しており個性が有ります。実面白い。

SONY メタルテープ Metal Master 60 トランジェントテクノロジー METAL-MAST 60




● アナログ カセット再生機器について


TEAC CDレコーダー/カセットデッキ シルバー AD-RW950-S

 カセットテープは1962年 フィリップス社により開発されました。
今までのオープンリールと異なり、「カセットテープ」はテープとリールがケースに入った構造で、特許は無償公開されたため 標準規格となりました。初期は、会話録音用の媒体が想定されていましたが、性能が向上したため音楽用に普及します。ラジオの録音、レコードダビング用に使われます。

 日本では ミニコンやラジカセが家庭で音楽を聴くのに活躍しました。MDに主流を奪われても、根強い需要は保ったまま。またパソコンのデータ保存にも活躍。市場は縮小するものの、絶滅はせず生きながらえています。

 今でも、媒体はマクセルが発売中。再生機器はラジカセを東芝や松下。単体デッキも老舗のTEACが作ってます。新興メーカーもブームに伴い新型が登場しています。 〜 またオーディオテクニカやナガオカが今でもケア用品を販売しており心強い存在になっています。

 カセットデッキ搭載機はラジカセから始まりセパレートコンポ。最近は複合機としてレコードプレイヤーやCD,USB、SDと組み合わせた機器があり楽しみやすい。また、AD変換して古い規格の媒体でも再生や録音、ダビングが可能になります。

現代でも十分、音楽を楽しめる環境が作り上げられます。

WINTECH AM/FMデジタルチューナー搭載CDカセットミニコンポ KMC-112 ブラック リモコン付属


■ 目次と、見出し - ジャンルについて



大きく分けて、本体と、周辺機器の2種類・
ジャンル内は、新型や、人気が高いものから紹介しています。

■ カセットプレーヤー

一体型 プレーヤー
 単体 プレーヤー
CDラジカセ
ラジカセ
ポータブルラジカセ
単体デッキ


2 周辺機器 

(項目をクリックすると、項目へジャンプします)








■ 販売情報 購入先ガイド,発売日


各モデルの特長と購入用リンクを紹介します。
前半は、機器本体。後半は、周辺機器集です。

● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内から検索結果を表示します。

■ カセットプレーヤー搭載機


TEAC AD-850-S シルバー [カセットデッキ・CDプレーヤー]


 現在、人気復活中のカセットテープ。 
現行や新型機で再生可能なプレイヤーがあります。


■ 一体型プレーヤー


 単体再生が可能なスピーカー搭載機種。
また、CDやカセット、USBやSD搭載の一体型も紹介



・ベルソス マルチレコードプレイヤー 【 レコード カセット CD ラジオ USB SD 外部音源 】 再生・録音可能 ステレオ ブラウンウッド調 MP9260

ベルソス マルチレコードプレイヤー 【 レコード カセット CD ラジオ USB SD 外部音源 】 再生・録音可能 ステレオ ブラウンウッド調 MP9260
ベルソス マルチレコードプレイヤー 【 レコード カセット CD ラジオ USB SD 外部音源 】 再生・録音可能 ステレオ ブラウンウッド調 MP9260

 機能多めの一体型プレイヤー。
CD,ラジオ、カセットプレーヤー搭載。AM/FMラジオあり。
SD,USBメモリーが録再可能。


 単体で多くの再生媒体に対応し音楽が楽しめます。
単体で搭載機器からのデジタル録音が可能で、データを移動しやすい。






・LP-R550USB
ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー


TEAC ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー LP-R550USB-WA(ウォルナット)


 大手AVメーカー製TEACの一体型コンポで、 アナログやデジタル音源の録再やダビング。
多くの機能を持った、楽しい機種。
 レコードとカセットプレイヤーそしてCDレコーダーの一体モデル。
FM,AMチューナーと再生用スピーカーも付いてます。


 外観は、上にターンテーブル、カセットプレイヤー(再生のみ)。
前面にスピーカーと表示画面があり、CDドライブ、操作部がまとまってます。

 アナログレコードやテープをCDにダビングできます。ラジオをCDへの録音も可能。

 USB出力もありパソコンへ接続が可能、LP-R550USBで再生した音源をパソコンで録音も出来ます、
スピーカーは25W アナログ入出力端子、ヘッドフォン端子リモコン付き。

 アナログやデジタル音源を、一台でまるごと楽しめる嬉しい機種

カラー;黒、茶(ウォルナット)







■ 単体プレーヤー


 単体カセットプレイヤー。


■ CDラジカセ 
 
 

・ 東芝 CD/SD対応ラジカセ(サテンゴールド)TOSHIBA TY-CDX9-N
2016年12月

東芝 CD/SD対応ラジカセ(サテンゴールド)TOSHIBA TY-CDX9-N
東芝 CD/SD対応ラジカセ(サテンゴールド)TOSHIBA TY-CDX9-N

 現在、国内大手家電でCDラジカセの製品が多いのが東芝製。
このTY-CDX9はデザインが良く、価格も1万円ほどで安め。。

ステレオCDラジカセで
カセットテープとSDカード、USBメモリーに録音

テープはハイポジション対応。
AM/FMラジオ対応、各5局プリセット可能
カラオケ機能が多く、ボーカルダウンやエコー、マイク音量調節、録音機能あり。
リモコン付き。





・東芝 CD対応ラジカセ(シルバー)TOSHIBA TY-CDK9-S

テープはハイポジション対応。
AM/FMラジオ対応、各5局プリセット可能
カラオケ機能が多く、ボーカルダウンやエコー、マイク音量調節、録音機能あり。
リモコン付き。






・ WINTECH CDラジカセ ピンク マイク入力端子 外部音声入力端子 CDR-L72P

WINTECH CDラジカセ ピンク マイク入力端子 外部音声入力端子 CDR-L72P
WINTECH CDラジカセ ピンク マイク入力端子 外部音声入力端子 CDR-L72P

可愛いCDラジカセ。

CD,ラジオ、カセットテープが聴けます。

WINTECH CDラジカセ ピンク マイク入力端子 外部音声入力端子 CDR-L72P

弱点は全体の品質は低め。CDが音飛びしやすい。

内蔵マイク搭載。 ヘッドフォン端子、外部音声入力端子、マイク入力端子搭載
音声出力:1.5W×2(RMS)
2電源対応;:AC100V/単1乾電池8本使用(別売)





・ パナソニック ラジオカセット グレー RX-M40A-H

パナソニック ラジオカセット グレー RX-M40A-H

 気軽に聴いたり、持ち運びに便利なラジカセ。
AM/FMラジオ 内蔵マイク付き。
2電源対応;:AC100V/単1乾電池8本使用(別売)





■ CDミニコンポ 



・WINTECH AM/FMデジタルチューナー搭載CDカセットミニコンポ KMC-112 ブラック リモコン付属
WINTECH

WINTECH AM/FMデジタルチューナー搭載CDカセットミニコンポ KMC-112 ブラック リモコン付属
WINTECH AM/FMデジタルチューナー搭載CDカセットミニコンポ KMC-112 ブラック リモコン付属

 今では珍しくなった、カセット付きミニコンポ。
液晶画面付き、外部入力あり。
時計+スリープタイマー、AM/FMラジオあり。

付属品:リモコン、AM外部ループアンテナ、取扱説明書







■ ポータブルカセットプレイヤー 
 

 昔で言うウォークマン。小型で携帯可能なカセット再生機です。
デジタルデータへの変換機能が付いたタイプが人気。




・サンワダイレクト カセットテープ MP3変換プレーヤー カセットテープデジタル化 コンバーター 400-MEDI002

サンワダイレクト カセットテープ MP3変換プレーヤー カセットテープデジタル化 コンバーター  400-MEDI002
サンワダイレクト カセットテープ MP3変換プレーヤー カセットテープデジタル化 コンバーター  400-MEDI002
サンワダイレクト カセットテープ MP3変換プレーヤー カセットテープデジタル化 コンバーター  400-MEDI002

 携帯カセットプレイヤーで人気一位。

カセットの録音内容をMP3に変換可能。
保存形式はMP3・WMA・WAV形式から選択。

電源:単三型乾電池×2本 または USBバスパワー






・ION Audio USBケーブル付 ポータブル・カセットテーププレーヤー デジタル化変換器 録音ソフトウェアCD付 TAPE EXPRESS
ION Audio (アイオンオーディオ)

 アナログオーディオが得意な
ION Audio製携帯カセットプレイヤー

オートリバース機能付き。
カセットの録音内容をMP3に変換可能。Winソフト、USB Pioneerケーブル付き。
電源:単三型乾電池×2本 または USBバスパワー






・ WINTECH アラームクロック搭載 AM/FMラジオ付テープレコーダー シルバー (FMワイドバンドモデル) PCT-11R

WINTECH アラームクロック搭載 AM/FMラジオ付テープレコーダー シルバー (FMワイドバンドモデル) PCT-11R
WINTECH アラームクロック搭載 AM/FMラジオ付テープレコーダー シルバー (FMワイドバンドモデル) PCT-11R

 ラジオ付きの可愛いプレイヤー。

電源:DC3V 単32本
オートリバース再生機能採用(録音は非対応)
ラジオ;AM/FM(76~108MHz)受信 FMワイドバンド対応
デジタル時計アラーム機能搭載
φ3.5ヘッドホンジャック搭載(ステレオイヤホン対応:出力はモノラル)

音声出力:220mW







■ CDレコーダー、カセットデッキ 



・AD-850  CD Recorder, Cassette Deck
2017年1月発売

 カセットとCDレコーダーが付いた機種で、カセットとCDは独立駆動も可能。

 サイズはフルサイズコンポ。デザインはスイッチやつまみがたくさん付いたちょっと懐かしい雰囲気。
主に、アナログ音源とデジタル音源の録再が出来る機器です。

 想い出の入ったカセットテープ。自分でレコードを編集したテープ、ラジオのエアチェックをCDに保存したり新たにアナログレコードをテープやCDに録音も可能。
 
 主な機能は、メディア間でのダビング、そして、入出力を使ってアナログ、デジタル音源の録音にも使えます。
CDは音楽用CD-RおよびCD-RWメディアへの記録、MP3ファイルの再生が可能。
カセットデッキは、懐かしの”オートリバース”録再機。 

入出力は、 アナログライン入出力、フォノ入力に加え、デジタル入出力(同軸、光)にも対応。

AD/DA変換は旭化成エレクトロクス製 24bitコーデック採用。録再は自動でトラックを挿入したり、レベルを自動調整できる機能も有り、アナログ時代の媒体を録音編集するお楽しみがあります。
CDはバッファ用メモリー搭載で音飛びを防止します。 便利なリモコン付き。

 大事な想い出を復活させる、ずっと使える嬉しい機器です。








・AD-RW950  CD Recorder, Cassette Deck
2015年3月発売

TEAC CDレコーダー/カセットデッキ シルバー AD-RW950-S
TEAC CDレコーダー/カセットデッキ シルバー AD-RW950-S

 カセットとCDレコーダーが付いた機種。
現在入手できる機種としては上位機種です。

サイズはフルサイズコンポ。主に、アナログ音源とデジタル音源の録再が出来る機器です。

 カセットとCDは独立駆動可能。
 主な機能は、CDとカセット間でのダビング、そして入出力を使ってアナログ、デジタル音源の録音にも使えます。
CDは、音楽用CD-RおよびCD-RWメディアへの記録、MP3ファイルの再生が可能。
カセットデッキは、懐かしの”オートリバース”録再機。 

入出力は アナログライン入出力、フォノ入力に加えデジタル入出力(同軸、光)にも対応。

 AD/DA変換は旭化成エレクトロクス製 24bitコーデックのAK4528VMを搭載。録再は自動でトラックを挿入したり、レベルを自動調整できる機能。

CDはバッファ用メモリー搭載で音飛びを防止します。 便利なリモコン付き。





■ 周辺機器 


ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500  C

 便利な周辺機器を紹介します。


● お掃除用品


 カセットには、掃除用品が必要です。



・オーディオテクニカ ヘッドクリーナー [AT6037]
オーディオテクニカ(audio-technica)

 定番のカセット掃除用品。私も子どもの頃から使ってます。
100mlで、清掃程度に使うならたぶん一生使える量があります。

 ゴム(赤)と金属部用(緑)があって場所によって使い分けます。





・audio-technica カセットクリニカ カセットヘッドクリーナー 乾式 AT5033
オーディオテクニカ(audio-technica)

 カセットテープ形状のクリーナー。

研磨剤を使わない、テープ部の微細な波による掃除が可能でヘッドに優しいタイプ。
両面加工で走行系を掃除します。

 ヘッドを掃除しにくい、ローディング型デッキやカーステレオにも便利。






・オーム電機 OHM カセットヘッドクリーナー 乾式 AV-M6129

 低価格なヘッドクリーナー。



■ 収納用品





・レトロフリーク クラシックゲームカセット 収納ケース ( FC / MD / カセットテープ 用)2016
サイバーガジェット

 カセットの収納ケース。同じ大きさのファミコンやメガドライブのカセットにも使えます。

 ハンドル付きで持ち運びにも便利。







■ 用品類 


カセットを楽しむのに便利な用品




● カセットテープ

  現在は日本だと日立マクセルが新品を作っています。タイプはノーマルのみ。
メタルやクロームは有りません。
 
 初期の頃は60分以上はテープや磁性体ベースが薄くなり切断されやすかったのですが
最近は90分くらいまでなら同じになってるようです。


・日立マクセル オーディオテープ、ノーマル/タイプ1、録音時間60分、10本パック UR-60L 10P(N)
日立マクセル

 オーディオ用テープ。音質が向上します。





・日立マクセル オーディオテープ、ノーマル/タイプ1、録音時間90分、10本パック UL 10P日立マクセル

 一番人気が有る製品。
低価格モデルで、音楽や会議録音用などに使えます。
90分、60分、10分用があります。









・TDK オーディオカセットテープ AE 120分11巻パック [AE-120X11G]

 音楽用テープ。ノーマル。
ハーフは超音波融着で耐衝撃設計。

薄型ケース採用。分数は10〜150分の8種類。
現在は生産終了。流通在庫のみ






● カセットアダプター

 カーステレオで使う用品。
カセットデッキから音声出力を取り出します。
使い方は カセット部に差し込み、
ミニジャックで他の機器とつなぎます。

 携帯機器や液晶テレビ、ゲーム機などにつなげます。

・audio-technica カーカセツトアダプター AT-CA5

 カーステレオで使う用品。
カセット部に差し込み、ミニジャックで他の機器とつなぎます。

耐熱耐寒ハーフ使用。
コード引き出し口は2方向に変更可能。



 


・アマゾン限定品 カシムラ アダプター カセットアダプター φ3.5 NKD-80 NKD- 80
カシムラ

アマゾン限定品 カシムラ アダプター カセットアダプター φ3.5 NKD-80 NKD- 80

 カーステレオで使う用品。
カセット部に差し込み、ミニジャックで他の機器とつなぎます。

コード引き出し口は2方向に変更可能。





 


■ ケーブル


 ケーブルや変換端子を変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。






■ アナログケーブル




● ステレオケーブル

・audio-technica GOLD LINK Fine オーディオケーブル ピン×2 AT564A/

 買いやすい価格のステレオケーブル。定番品です。
メタルプラグでデザインも格好良いです。
長さは、1、1.5、2Mがあいます。チタン配合シース、2重シールド。OFC使用。接点は金メッキ仕様、





● ステレオミニケーブル

・audio-technica GOLDLINK Fine ステレオミニ(オス-オス) AT544A
オーディオテクニカ

 ステレオケーブルで評価の良い製品。
ケーブル部門で人気一位。
携帯用音楽機器との接続用や、ヘッドフォン用ケーブルにも人気です。
チタン配合シースOFC(無酸素銅)線。金メッキ接点。

長さ:1m、1.5m、3m





● ステレオ Y字ケーブル

・audio-technica GOLDLINK Basic ピン×2-ステレオミニ
オーディオテクニカ

GOLDLINKのY字ケーブル版
チタン配合シースOFC(無酸素銅)線。金メッキ接点。
長さ 1.0m、1.5m







■ デジタルケーブル

・audio-technica GOLD LINK Fine コアキシャルデジタルケーブル AT594D

 メタルプラグでデザインも格好良いです。
長さは、1、1.5、2Mがあいます。チタン配合シース、3重シールド。OFC使用。接点は金メッキ仕様、

長さは、1、2M




・audio-technica 光デジタルケーブル 角形光端子 AT-OPX1
オーディオテクカ

 メタルプラグ採用。もちやすいラバーグリップ付き。
長さ0.5M〜5Mまで6種類あり、便利です。






■ スピーカーケーブル

・audio-technica GOLD LINK Fine スピーカーケーブル 3.0m AT567S/3.0
オーディオテクニカ

 AVメーカー製のケーブルで一番人気。3メートルの使いやすい長さです。
素材は、チタン配合被服、ケーブルはOFC
長さは、3mと100mリールが販売中。5m、10mは生産中止





■ ヘッドフォン




・Pioneer ヘッドホン 密閉型/オーバーイヤー/ベロアタイプ/オーディオ用 ブラック SE-M531
パイオニア(Pioneer)

ヘッドホンで一番人気。
買いやすい価格です。






◆ ◆

 いかがでしたか?

私自身、CDラジカセとカセットデッキは持ってます。
買い換えや 清掃用品など今の定番を知るために 今回特集してみました。

 あなたがカセットテープで音楽を楽しめますように。


■ 更新情報 


■ メーカーサイト

■ 関連記事
posted by A to D at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | AV機器:音楽プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

レコードプレイヤーと人気用品特集 +便利な清掃、収納用品。

TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH

 こんにちは。
 今はアナログブーム。カセットやレコードの人気が出て、かってのオーディオファンや新しい世代の注目を集めるようになっています。

 古いアナログレコードをったり聞いたり、ダビングできたら嬉しいですね。大事にメンテもしたいもの。

今回はそんなアナログ資産を活用したり、デジタル化もできるオーディオ特集。
アナログレコード関係のオーディオ現行機器を集めてみました。

2017年新型、アナログレコード再生機の現行モデルの特長と購入用リンク、べんりな周辺機器を紹介します。


■ アナログレコードと機器、用品について


ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500  C


 現在のアナログブームと機器について解説。
 


● アナログブームについて


longplay&cds&cassete. / Mariana Heinz


 アナログレコードが人気です。これは日本に限らず世界中で売り上げが伸びており、例えばイギリスでは1995年以来最高の売り上げになってます。

 人気の理由ですが、仕掛け人がいるわけでもなく自然に人気が出ています。
あるとすれば有名なアーティストがアナログ盤を出しているところでしょう。アナログ版はマイケルジャクソンやデビッドボウイ。日本だと布袋寅泰さんや、人気のBABYMETALやRADWIMPSなどもアナログ盤を出しています。
制作側にとっては、機器や媒体の普及の伸びしろが大きい、付加価値もつけやすいところです。

 また、オーディオとしてはアナログレコードが録音や作成方法、再生がシンプルで高音質。他にはジャケットのデザインが良かったり、インテリアとしても使える。所有の満足度が高いこと。

 ただ、やはり大きいのはかって音楽を聴いていた人が懐かしい雰囲気を楽しみたい。若い人たちにとっては
アナログレコードの存在自体が新鮮で、ジャケットを眺めたりポスター代わりに飾れたり楽しみが多いことでしょう。

 リサイクルショップなどで年配の方や若い女性がレコードを探している光景も見られるようになってます(^▽^)/

ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500  C



● アナログレコード再生機器について


ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 日本ではCD時代が来る80年代までは、レコードプレイヤーが活躍しました。
その後は縮小するものの、DJ用途などで需要があり息を繋ぎました。


 今でも、老舗音響メーカーのソニーやテクニクス、TEAC。新興メーカーがアナログ機器を作り、ブームに伴い新型も登場しています。またオーディオテクニカがケア用品を継続して販売しており心強い存在になっています。

 アナログレコード再生機はレコードプレイヤーはもちろん、デジタルでCD,MDデッキ。USBと組み合わせられる機器があり古い規格の媒体でも再生や、録音、ダビングが可能になります。

現代でも十分、音楽を楽しめる環境が作り上げられます。



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

 大きく分けて、本体と周辺機器の2種類・
ジャンル内は、新型や、人気が高いものから紹介しています。

 レコードプレーヤー

2 周辺機器 

(項目をクリックすると、項目へジャンプします)




■ 販売情報 購入先ガイド,発売日


 各モデルの特長と、購入用リンクを紹介します。
前半は、機器本体。後半は、周辺機器集です。

● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内から検索結果を表示します。


■ レコードプレーヤー



TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH

 現在、人気復活中のアナログレコード。 
現行や新型機で再生可能なプレイヤーがあります。


■ 一体型レコードプレーヤー


ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 単体再生が可能なスピーカー搭載機種。
また、CDやカセット、USBやSD搭載の一体型も紹介



・ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵
ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 最も人気があるプレイヤーで家電品やレコード取扱店でもよく見かけます。
 
 外観は出すとカバーがつき、木目デザインがおしゃれ。

ION Audio Max LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 単体でレコード再生が可能。ステレオスピーカー装備。またヘッドホン端子も搭載。
RCA端子がありコンポへの出力も可能。便利なのはUSB端子があり、デジタル機器につなげます。

 カラーは木目と黒。

 機能が多い割にはお手頃価格でレコード初心者にはうれしいプレイヤー。






・ION Audio Archive LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

ION Audio Archive LP レコードプレーヤー USB端子 スピーカー内蔵

 ION Audioのプレイヤーでは普及機です。
上のモデルとの違いは、ダストカバーが無くなります。




 >用品 ION Audio 交換針 LPシリーズ用 2個入り PT01-RS2






・ベルソス マルチレコードプレイヤー 【 レコード カセット CD ラジオ USB SD 外部音源 】 再生・録音可能 ステレオ ブラウンウッド調 MP9260

ベルソス マルチレコードプレイヤー 【 レコード カセット CD ラジオ USB SD 外部音源 】 再生・録音可能 ステレオ ブラウンウッド調 MP9260
ベルソス マルチレコードプレイヤー 【 レコード カセット CD ラジオ USB SD 外部音源 】 再生・録音可能 ステレオ ブラウンウッド調 MP9260

 機能多めの一体型プレイヤー。
CD,ラジオ、カセットプレーヤー搭載。AM/FMラジオあり。
SD,USBメモリーが録再可能。

ベルソス マルチレコードプレイヤー 【 レコード カセット CD ラジオ USB SD 外部音源 】 再生・録音可能 ステレオ ブラウンウッド調 MP9260

 単体で多くの再生媒体に対応し音楽が楽しめます。
単体で搭載機器からのデジタル録音が可能で、データを移動しやすい。






・LP-R550USB
ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー


TEAC ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー LP-R550USB-WA(ウォルナット)


 大手AVメーカー製TEACの一体型コンポで、 アナログやデジタル音源の録再やダビング。
多くの機能を持った、楽しい機種。
 レコードとカセットプレイヤーそしてCDレコーダーの一体モデル。
FM,AMチューナーと再生用スピーカーも付いてます。


 外観は、上にターンテーブル、カセットプレイヤー(再生のみ)。
前面にスピーカーと表示画面があり、CDドライブ、操作部がまとまってます。

 アナログレコードやテープをCDにダビングできます。ラジオをCDへの録音も可能。

 USB出力もありパソコンへ接続が可能、LP-R550USBで再生した音源をパソコンで録音も出来ます、
スピーカーは25W アナログ入出力端子、ヘッドフォン端子リモコン付き。

 アナログやデジタル音源を、一台でまるごと楽しめる嬉しい機種

カラー;黒、茶(ウォルナット)







■ 単体レコードプレーヤー


AKAI Professional フルオート高級レコードプレーヤー Bluetooth対応 BT100

 単体レコードプレイヤー。



・audio-technica ステレオターンテーブルシステム ブラック AT-PL300 BK

audio-technica ステレオターンテーブルシステム ブラック AT-PL300 BK

 オーディオテクニカ製の人気モデル。

普及機で一万円くらいで購入可能。

 フルオート再生可能。
フォノ・イコライザーアンプ内蔵。アンプにフォノアンプが無くても使えます。 
テーブルはアルミダイキャスト。

カラー:黒、白






・DENON DP-29F

DENON アナログレコードプレーヤー フォノイコライザー付 フルオート カートリッジ付属 ブラック DP-29FK

 大手AV家電メーカー製で人気があるモデル。

  フルオートプレイヤーです。
PHONOイコライザー搭載。 高精度アルミダイキャストターンテーブル採用
MMカートリッジ付属。

カラー:銀、黒






・AKAI Professional フルオート高級レコードプレーヤー Bluetooth対応 BT100

AKAI Professional フルオート高級レコードプレーヤー Bluetooth対応 BT100
AKAI Professional フルオート高級レコードプレーヤー Bluetooth対応 BT100

 アカイ製のプレイヤー。

 シンプルな外観と操作系。トップパネルはピアノブラックカラーで、アルミ部品が多く品があります。

デジタル機器との多様な接続ができるのが特徴
Bluetooth対応。ワイヤレス送信可能。
フルオートタイプ、USB端子装備。PHONOイコライザー内蔵(オフ可能)。
RCA,ヘッドホン端子あり。

 プラッターはアルミダイキャスト。水平、可変脚部装備。







・TN-350 Analog Turntable

TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH
TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH


 ティアック現行機で唯一の単体、アナログプレイヤー

ベルトドライブ式アナログターンテーブル
MM型カートリッジ対応フォノイコライザーアンプと、そして現代機らしくUSBデジタル出力も備えています。

 外観は、天然木を使用した筐体。
カラーは、チェリーと無垢風が用意され、お部屋や好みに合わせて選べます。
プラッターは、アルミダイキャスト製。操作ノブとインシュレーターはアルミ削りだし。

 カートリッジは、audio-technica製のMM(VM)型カートリッジ(AT100E相当)使用。

 内面では、
内蔵フォノイコライザーアンプに新日本無線(JRC)製のオーディオ用オペアンプNJM8080。
Texas Instruments製のオーディオ用A/Dコンバーターを搭載し、アナログレコードの音をデジタルデータでCD相当(最大48kHz/16bit)でUSBデジタル出力が出来ます。

 機能は、LPとEPの33 1/3回転と45回転。

大事なアナログレコードコレクションや、あたらしくレコードを楽しみたい世代でも使えるモデルです。

カラー:TN-350-CH (Cherry) TN-350-NA (Natural)







・ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500 C

ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500  C
ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500  C

 ソニー製で登場時は、人気が高く供給が追い付かなかったモデル。

特長は、レコードのデジタル録音に便利ということ。
ADコンバーター搭載で最大DSD 5.6MHz、リニアPCM 192kHz/24bitで出力可能。

 外観は、筐体はMDF。アームはアルミ製、偏心インシュレーター、
MM対応フォノイコライザー内蔵。
PCアプリ“Hi-Res Audio Recorder”付属。録音、編集が可能。







 ■ オプション


ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500  C

 便利な周辺機器を紹介します。


● お掃除用品


 レコードはホコリに弱いので、掃除用品が必要です。



・ Huya Force LPオーディオ用 高精度スタイラスフォースメーター…

 一番人気の針圧計。






・ナガオカ レコード針クリーナー ハイクリーン801/2 AM8012
ナガオカ

 定番品。
レコード針洗浄液。ブラシ付きで清掃に使えます。

 針の根元側から、先に向かって使います。







・オーディオテクニカ スタイラスクリーナー AT-607(テクニカ)

 ロングセラーモデル
プレイヤーの針先用クリーナーで、キャップ内側にブラシが付いてお掃除に使えます。








・audio-technica レコードクリニカ AT6018

 ものすご〜いロングセラ−。80年代から販売されているようです。私も使ってます。
オーディオテクニカ製レコードクリーナーの多機能上位モデルになります。

湿・乾両用で、掃除に使えます。
導電性、乾式、湿式フェルトが組みあわされていて、除電も可能。
乾燥具合が分かるゲージ付き。






・audio-technica レコ-ドクリニカ AT6012X
オーディオテクニカ(audio-technica)

乾式クリーナー。帯電防止スプレーと組み合わせて使います。






・オーディオテクニカ レコードスプレー AT-6086
1995年発売

 レコード表面のほこりを飛ばすスプレー。
帯電防止剤も入ってます。

 レコードを片付ける前に使います。





・ビスコ33
LEIQWA

 レコード用クロスで人気の有る品。
30枚入りです。





■ 収納用品





・LP保護袋(08)100枚

レコードの外袋。
厚さが0.08mmでやや厚口。






・EP保護袋(08)100枚
(有)田口化成

 こちらは、EP用保護袋。






■ イコライザー 


 フォノ端子出力が無いプレイヤーに使います。
また、フォノ端子入力が無い現代のAV機器でレコードを聴けるようになります。 



・audio-technica フォノイコライザー AT-PEQ3
オーディオテクニカ(audio-technica)

 人気あるフォノ・イコライザーです。
金属筐体。VM,MM方式対応。





■ ケーブル


 ケーブルや変換端子を変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。






■ アナログケーブル




● ステレオケーブル

・audio-technica GOLD LINK Fine オーディオケーブル ピン×2 AT564A/

 買いやすい価格のステレオケーブル。定番品です。
メタルプラグでデザインも格好良いです。
長さは、1、1.5、2Mがあいます。チタン配合シース、2重シールド。OFC使用。接点は金メッキ仕様、





● ステレオミニケーブル

・audio-technica GOLDLINK Fine ステレオミニ(オス-オス) AT544A
オーディオテクニカ

 ステレオケーブルで評価の良い製品。
ケーブル部門で人気一位。
携帯用音楽機器との接続用や、ヘッドフォン用ケーブルにも人気です。
チタン配合シースOFC(無酸素銅)線。金メッキ接点。

長さ:1m、1.5m、3m





● ステレオ Y字ケーブル

・audio-technica GOLDLINK Basic ピン×2-ステレオミニ
オーディオテクニカ

GOLDLINKのY字ケーブル版
チタン配合シースOFC(無酸素銅)線。金メッキ接点。
長さ 1.0m、1.5m






■ デジタルケーブル

・audio-technica GOLD LINK Fine コアキシャルデジタルケーブル AT594D


 メタルプラグでデザインも格好良いです。
長さは、1、1.5、2Mがあいます。チタン配合シース、3重シールド。OFC使用。接点は金メッキ仕様、

長さは、1、2M




・audio-technica 光デジタルケーブル 角形光端子 AT-OPX1
オーディオテクカ

 メタルプラグ採用。もちやすいラバーグリップ付き。
長さ0.5M〜5Mまで6種類あり、便利です。






■ スピーカーケーブル

・audio-technica GOLD LINK Fine スピーカーケーブル 3.0m AT567S/3.0
オーディオテクニカ

 AVメーカー製のケーブルで一番人気。3メートルの使いやすい長さです。
素材は、チタン配合被服、ケーブルはOFC
長さは、3mと100mリールが販売中。5m、10mは生産中止





■ ヘッドフォン




・Pioneer ヘッドホン 密閉型/オーバーイヤー/ベロアタイプ/オーディオ用 ブラック SE-M531
パイオニア(Pioneer)

ヘッドホンで一番人気。
買いやすい価格です。




■ CDレコーダー/MDレコーダー 




・AD-RW950  CD Recorder, Cassette Deck
2015年3月発売

TEAC CDレコーダー/カセットデッキ シルバー AD-RW950-S
TEAC CDレコーダー/カセットデッキ シルバー AD-RW950-S


 カセットとCDレコーダーが付いた機種で、カセットとCDは独立駆動も可能。

 サイズはフルサイズコンポ。デザインはスイッチやつまみがたくさん付いたちょっと懐かしい雰囲気。
主に、アナログ音源とデジタル音源の録再が出来る機器です。

 想い出の入ったカセットテープ。自分でレコードを編集したテープ、ラジオのエアチェックを、CDに保存したり新たにアナログレコードをテープやCDに録音も可能。
 
 主な機能は、CDとカセット間でのダビング、そして、入出力を使って、アナログ、デジタル音源の録音にも使えます。
CDは、音楽用CD-RおよびCD-RWメディアへの記録、MP3ファイルの再生が可能。
カセットデッキは、懐かしの”オートリバース”録再機。 

入出力は、 アナログライン入出力、フォノ入力に加え、デジタル入出力(同軸、光)にも対応。

 単なるレトロ機では、ありません。AD/DA変換は旭化成エレクトロクス製 24bitコーデックのAK4528VMを搭載。録再は、自動でトラックを挿入したり、レベルを自動調整できる機能も有り、アナログ時代の録音編集するお楽しみがあります。
CDは、バッファ用メモリー搭載で、音飛びを防止します。 便利なリモコン付き。

 大事な想い出を復活させる、ずっと使える嬉しい機器です。






◆ ◆

 いかがでしたか?

私自身、レコードとプレイヤーは持ってますが
友達からアナログ音源の再生方法など訊かれます。
また、清掃用品など今の定番を知るために 今回特集してみました。

あなたの大切なレコードが活躍できて 楽しめる様になれたら嬉しいです(*^_^*)

■ 更新情報 


■ メーカーサイト

■ 関連記事
posted by A to D at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | AV機器:音楽プレイヤー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする