・スポンサードリンク
>

2016年03月27日

東芝 レグザTV特集 - 2016年版[9月更新] レグザの買い方。モデル解説+周辺機器紹介

東芝 58V型 4K 液晶テレビ REGZA 58Z10X

 こんにちは。

 進学や、就職のシーズンとなり、家電が欲しくなる時期。
なかでも、気になるのはTVですね。

 家庭用テレビで良く、人気一位、上位になるのが東芝REGZA。
高画質機から、お手頃価格の機種まで、ふところの広さも強みです。

 今回は、レグザTV特集。 2016年販売中モデルの紹介。 現行機を全て紹介します。
パナソニックテレビの概略や、モデル毎の特長と購入用リンク。
そして外付けHDDや、取り付け用品など、あったら嬉しい。欲しい。便利な周辺機器を紹介します。


R0026066 / kirakiraheart


■ “REGZA”と新型TVに付いて


東芝 50V型 4K 液晶テレビ REGZA 50Z10X

 液晶TVでは、安定して人気が有るレグザ。
シンプルながら重みのある、モダンなデザイン。そして高画質と、高音質であり、また、使いやすさが強みです。
高級モデルも力を入れているのが特長です

 私も、レグザを使っており、家に2台使用しています。
使ってみると、画質も良く、シンプルな操作で使いやすく。また各社テレビの中では、レグザはかなり高音質な部類です。
電器店で、派手な展示はしてないけれど、実際は実力が高く、長く高い人気を保っているのに納得します。



■ 最近のREGZATVの特長、4K TVについて

 さて、REGZAですが、最近は、モデル数が絞り込まれて選択がしやすくなってきました。
コンパクトモデルを除くと、7シリーズ、全17機種。高画質機は、4K、フルHD機共に用意されています。

 現在のモデルを比較すると、高画質化、低価格化が主になっており、機種、モデルチェンジによる性能差が少なくて、買いやすい時期になってます。
また、大型化競争も落ち着き、現在は4K化の次。4K機種の普及段階で低価格化競争に入っておりREGZAの4kモデルも買いやすくなってます。

● 4Kモデルについて

 4Kテレビは、現在10機種あり、REGZA全体の半数以上を占めて4Kが主になっています。
価格幅は、現在10万〜20万台前半と、かなり低価格化しており、4Kも買いやすくなりました。

 大手の東芝だけあり、回路や独自技術は高性能なものが投入されおり、各社製品の中で見比べてもかなり高画質です。
タイムシフトマシーン搭載機もあり、忙しい方やテレビ好きにも向いてます。




● 買い方のポイント、欲しい機種の見分け方

東芝 24V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 24S11

 買うのに悩むような、機能差や重複部分は、ほぼ無くなっています。
お値段が上がるほど、画質と機能が上がるという分かりやすい構成。

 性能面では、高級機が細かい画質向上回路を搭載。あと、ネット対応や家庭内での連携にDLNA機能などが充実します。
実用面での性能差は、チューナー数くらいで、録画の頻度に合わせるといいでしょう。

 デザインは、ほぼ統一されてます。
ただし、2016年後半から登場したモデルは、スピーカーが前面下部に付くようになり、
直接音を聴くタイプになりました。

安いモデルでもシンプルで格好いいですし、日常での使い勝手も充分です。

 REGZAは、小型モデルを減らさずに販売してきており現在もサイズの種類がかなり多く、部屋にあわせやすくなってます。

 あと、レグザの特長として、新型が出ても、前モデルが引きつづき販売されることが多くて、
新型が予算に合わず諦めたりせずとも、値段のこなれた前モデルを買うことが出来るのが、かなり嬉しいです。

 ここ数年の東芝TVの傾向ですが、
新型はコストダウンされ新回路で画質を補完する構成が多く見受けられます。
意外と旧モデルの方が、機能が多い場合もあるので、比べてから買われるのをお勧めします。(*^^*)

■ 販売情報 購入先ガイド ,発売日


 各機種の特長と購入用リンクを説明していきます。
前半は、4Kを紹介。後半は、フルHD,HD画質機。そして周辺機器集です。


● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他の通販サイトや販売店の商品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。

■ プレミアム4Kモデル 


 REGZAの4Kテレビ。
現在4シリーズが発売中。

 高画質、高性能モデルが多く、
大きく分けて、4Kチューナーとタイムシフトマシン搭載機のZシリーズ
4Kデコーダーのみの、J、Gシリーズがあります。


■ 4Kモデル - Z20Xシリーズ

2015年10月発売

東芝 65V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 65Z20X

 REGZAの最上位シリーズ。
4Kチューナーとデコーダーを搭載し、4Kに対応しているのと高画質回路が特長。
また、DLNAのクライアント/ホストに対応し、家庭内の再生環境に対応させたい方にも向いてます。

外観は、狭い枠、綺麗な金属スタンド。パネルは、VA液晶を使用。

 Z10Xから、多くの点で進化しています。
新たに4KREGZAエンジンHDR PROを搭載。高画質映像を実現しています。
4KマスターリファインPRO搭載、高精細化が進みました。コントラストやバックライト技術も向上。
 
音質面では、REGZA最大の総合46W((15W+15W+8W+8W))
機能では、人気のNetFILXに対応しました。

4K放送対応スカパー!チューナー内蔵。、HEVCデコーダーを内蔵し、4Kコンテンツに対応。
タイムシフトマシン搭載機で地デジチューナーは9機、BSとCSが増加しており、各3基搭載になりました。
SeeQVault対応。

PCとの接続も可能で、4Kモニターとして使用可能。
DLNAに対応し、クライアント/サーバーとして利用可能。無線LAN搭載

大きさは、55、49、43vがあります。




>65


 東芝REGZA、最大画面、最上位モデル。





>58






>50v型






■ 4Kモデル - Z700Xシリーズ

2016年4月発売

東芝 55V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 55Z700X

 4K REGZA最新シリーズ。

 注目点は、IPS液晶パネルを採用。
視野角が広くなっています。

映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」と、画面のエリアごとに輝度を調節するエリアコントロールを採用した全面直下LEDバックライトを搭載

 デザインは、狭枠で、スピーカーを隠したバスレフタイプ。

 2015〜1016年前半のREGZAの最上位シリーズ。
4Kチューナーとデコーダーを搭載し、4Kに対応しているのと高画質回路が特長。
また、DLNAのクライアント/ホストに対応し、家庭内の再生環境に対応させたい方にも向いてます。

外観は、狭い枠、綺麗な金属スタンド。パネルは、VA液晶を使用。

機能性能面では、ほぼZ20X。

違いとしては、SDカードスロットが廃止されました。

大きさは、55、49、43vがあります。



>55V型





>49v型





>43v型





■ スタンダートモデル


 4Kの基本モデル。

M500X,G20X、G10シリーズがあります。

■ 4Kモデル - M500Xシリーズ

2016年4月発売

東芝 58V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 58M500X

 REGZAの2016年最初の4Kシリーズ。

4K基本モデルG20Xの後継。

 人気が無くなってきた機能を削除し、パネルをVAにして、そのぶん高画質回路で補完し
上手くコストダウンしています。

 違いを紹介していきますね。

 パネルがIPSからVAになりました。
LEDパネルが全面直下型からエッジLEDに更新。

 高画質化機能が、インテリジェント・ハイダイナミックレンジ復元からアドバンスドHDR復元に

音質面では、スピーカーが前面下部になって、直接音が聞けるようになりました。
スピーカーは、4基から2chとなり、出力が20W(10W+10W)。
レグザサウンドイコライザーになり、細分化されています。

細かい部分では、SDメモリカードスロットが廃止されています。

大きさは、58、50v、40Vがあります。
G20Xとくらべると、65Vがなくなり、40Vが追加。サイズが小画面方向にスライドしています。

40V型のみ、4K初のホワイトモデルが登場、




>58V型






>50v型




>40V型





■ 4Kモデル - Z10Xシリーズ

2014年10月発売

TOSHIBA 65V型 4K 液晶テレビ REGZA 65Z10X

 REGZAの最上位シリーズの前モデル。現行機種として販売されています。
4Kチューナーとデコーダーを搭載し、4Kに対応しているのと高画質回路が特長。

東芝のテレビは、旧モデルの人気が続くことが多いのですが、Z10Xも同様。
新型Z20との価格差は、1〜2割程度で、いまだ人気が有ります。


 パネルは、VA液晶。高画質化回路が搭載されています。
4K放送対応スカパー!チューナー内蔵。、HEVCデコーダーを内蔵し、4Kコンテンツに対応。

タイムシフトマシン搭載機で地デジチューナーは9機、BSとCSが増加しており、各2基搭載になりました。
PCとの接続も可能で、4Kモニターとして使用可能。DLNAに対応し、クライアント/サーバーとして利用可能。

大きさは、65、58、50vがあります。




> 65

TOSHIBA 65V型 4K 液晶テレビ REGZA 65Z10X






> 58





> 50v型





■ 4Kモデル - J20Xシリーズ

2014年10月発売

東芝 【REGZA】地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55V型  55J20X


 REGZAの4Kシリーズの中級モデル。
4Kチューナーを省き、現行のコンテンツ再生、高画質化する、現実に即したテレビです。

 Z10Xと同様の高画質化回路「4Kマスターリファインが搭載」
上位モデルとの差は、「4K放送対応スカパー!チューナーは非搭載。
ただし、HEVCデコーダーは内蔵しています。ネット配信などの4Kコンテンツに対応。

広色域回路、バックライトコントロールが抑えめの性能。

タイムシフトマシン搭載機で地デジチューナーは9機、BSとCSが増加しており、各2基搭載になりました。

音質面では、総合26W(10W+10W)
機能面では、NETFLIX対応、DLNAクライアント対応。無線LAN搭載。


タイムシフトマシン搭載機で地デジチューナーはZ20Xと同様です。
地デジは、9機、BSとCSは各3基搭載になりました。SeeQVault対応。

PCとの接続も可能で、4Kモニターとして使用可能。DLNAに対応し、クライアントとして利用可能。
大きさは、55、49、43vがあります。




> 55v

東芝 【REGZA】地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55V型  55J20X






> 49v






> 43v






■ 4Kモデル - G20Xシリーズ

2014年10月発売

東芝 【REGZA】地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55V型  55J20X

 REGZAの4Kシリーズの入門、お買い得モデル。

 J20Xと同様、「4K放送対応スカパー!チューナーは非搭載。
ただし、HEVCデコーダーは内蔵しています。ネット配信などの4Kコンテンツに対応。

 高画質化回路は保ったまま、チューナー数を減らして、価格を下げています。
4Kの高画質画面を楽しむ、タイムシフトマシーンが不要な人に向いてます。

 性能面では、J20Xとほぼ同じ。

チューナー数は、地デジ、BS、CS用が各3機ずつ。

大きさは、55、49、43vがあります。




> 55

東芝 【REGZA】地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ 55V型  55J20X





> 49





> 43v





■ フルHD ,地デジTV -  ハイスペック&高画質レグザ


[wiki]hd-tv.jpeg

 フルHD,HD画質機。

大きく分けて、高画質とネット機能が強いVシリーズと
入門機ののS20,S10,S11シリーズがあります。

注目点としては、小さい24V、19V型が登場し、大きさの幅が強化されました。

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S20


■ V30

40V,32V型
2016年2月発売

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40V30

 発売されたばかりの、REGZAの最新モデルです。

 高画質化回路を搭載しているのと、ネット機能が強いのが特長です。
4Kは、まだ不要。いまあるコンテンツを楽しみたい方に向いてます。

 外観は、スピーカーを前面下部に持つタイプで、なかなか格好いい。
聴きやすくなってます。出力も20W(10W+10W)と大きめ。

 パネルは40vがVAパネルでフルHD画質。32vはIPS液晶でHD画質。

HD画質機で唯一、高画質を創造する映像処理エンジン、NEWレグザエンジンCEVO搭載
高精細化機能のマスターリファイン搭載。
低画質な、動画やソースを高画質化できる、嬉しい機能が有ります。

チューナーを地デジ、CS,BS用に各3基搭載しているのが特長。裏録が可能になります。
機能面では、NETFLIX対応、DLNAクライアント対応。無線LAN搭載。




> 40v

VAパネルでフルHD画質。





> 32v

IPS液晶でHD画質。





■ S20シリーズ

 S10:40V,32V型

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S20

REGZAでは、一番人気があるSシリーズ最新版。

 S20となって、画面下部のスピーカー部が復活しました。
音質重視の傾向が復活です。

 あと、かなり嬉しいのは、S7以降の低価格機で、ここ数年省略されていた高解像度化技術がS20には、追加されています。上位機で使われているマスターリファイン採用。声が聴き取りやすくなる、クリア音声も追加。

 ネットワーク機能も強化。DTCP-IP対応になっています。

画質と機能がアップした、うれしい新型となりました。


>40V 40S20
2016/8/ 3 発売

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S20

40S20は、40V型液晶テレビでは業界No.1の省エネ性能。
画質は、フルHD







>32V 32S20
2016/8/ 3 発売

《クリアダイレクトスピーカー採用 高画質スタイリッシュレグザ》東芝 REGZA液晶テレビ32S20

 人気が高いレグザ32型の最新機。

綺麗で、視野角の広いIPS液晶を採用。部屋の色んな場所で見やすくなります。

今回のS20では。スタンドのデザインが、40V型と同じ、2本支柱になりました。


 





■ S10、S11シリーズ


東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S10

 S10:50,40V,32V型 S11:24V、19v型

 REGZAでは、一番人気があるシリーズです。

 東芝の基本、入門機シリーズで価格を抑えているのとサイズが多く用意されているのが特長。
S11が新シリーズですが、小型モデルのみの登場となり、S10と11でサイズを分担する形になっています。

 パネルは、50、40VがフルHD画質、32Vと24V、19がHD画質。
32V型のみIPSパネル搭載。他はVAパネル搭載。

 チューナーは一基搭載。
ネット機能は省かれていますが、自動の明るさコントロールやUSB録画機能など、REGZAの便利機能は保っています。

画質での大きな部分では、S11ではレゾリューションプラス。高解像度化技術やノイズリダクションが復活しています。


● S10シリーズ

2015年5月発売

>50V型

東芝 50V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 50S10

 大きな50V型






>40V

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S10

 REGZAの中で3番目に人気






>32V

東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 32S10

 最も人気が有るREGZAです。
TV全体の人気ランキングでも一位。

 Sシリーズ伝統のシンプルな外観。このモデルは、一本足のスタンドになります。
液晶は、IPSパネル搭載です。



● S11シリーズ

2015年12月発売

東芝 24V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 24S11

 レグザのなかで唯一の、日本開発、日本生産モデルです(*^_^*)

 意外と性能が高くて、S11ではレゾリューションプラス。高解像度化技術やノイズリダクションが復活しています。
低解像度の動画でも、綺麗にしてみられるのでお勧めの機能です。




>24V

東芝 24V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 24S11


 小さいREGZA。
机の上や気楽に使うのに便利。






>19V

東芝 19V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 19S11

 省スペースで使える、小さいREGZA。




■ ポータブルテレビ


 持ち運んで使える小型テレビ

・10WPI REGZAポータブルテレビ
2015年11月発売

東芝 10.1V型ポータブル 地上デジタル防水テレビ (ホワイト)レグザポータブルテレビ 10WP1


 防水仕様、小型モデルで、お風呂や台所で使いやすいモデル。
フルセグ、ワンセグ対応テレビです。

 モニター部が、防水仕様。画面はIPSパネルタッチパネル。 WEBブラウザ機能も搭載
側面に、4p径の大きめのスピーカーを搭載。

バッテリーを内蔵していて、持ち運んで視聴可能。
TV試聴で3時間。節電モードで4時間。

 録画機能は無いのですが、USBハードディスク対応で再生可能ですす。
USBメモリー、マイクロSDカード、にも対応し、動画、音楽、静止画再生が可能。(AVCHD,MP3,JPEG)
無線LAN、Bluetoothを搭載し、REGZAリンクからの再生やスマホとの接続にも対応。





■ 周辺機器集


 レグザテレビと一緒に使うと嬉しい周辺機器や、
対応したオプション品を紹介します。


■ AV機器


・ レグザサウンドシステム RSS-AZ55/RSS-AZ77

東芝 レグザサウンドシステムTOSHIBA RSS-AZ55

 レグザを更に高音質に向上させるセット。

 レグザTVと連携させることが想定されており、デザインや操作も調和が取れています。
まず、良いところは、TV背面、サイドスピーカーを好みの場所に付けられるようになっており、TVまわりがスッキリします。

 スピーカーは、20W+20W。ウーファーは40W。計80Wと大きめで、D形式のアンプで駆動させます。
音のの広がりや奥行き感を向上させる「DTS Studio Sound」を搭載。音質面の調整も可能。

性能や機能からすると、買いやすい値段に抑えられ、お勧めのオプションです。

> AZ55
AZ55は、Z20Xとの連携機能があり、テレビの操作画面から音質設定が出来ます。

HDMIと光デジタル入力があります。




> AZ77

 HDMIとアナログ音声入力があり、汎用性が高いモデルです。
レグザTVのリモコンからも基本操作が可能




■ HDD


 録画の拡張、保存整理に便利な、録画用ハードディスク、対応USBハードディスクを紹介 

人気の純正外付けHDDを紹介します。



● Dシリーズ レグザ純正USBハードディスク

 タイムシフトマシンと、通常録画に対応できるハードディスク。

 ファンレスで静音。縦横置きが可能です。
また、タイムシフトマシン用に24時間稼動対応のHDD採用しています。


・THD-500D2 (5TB)




・THD-250D2 (2.5TB)






● Vシリーズ レグザ純正USBハードディスク

 タイムシフトマシン用か通常録画用増設に使用可能。

 ファンレスで静音。縦横置きが可能です。
また、タイムシフトマシン用に24時間稼動対応のHDD採用しています。

・THD-300V2[3TB]



・THD-200V2[2TB]





● Tシリーズ 

 タイムシフトマシンと、通常録画に対応できるハードディスク。
テレビ背面に設置が可能で、50Z20X、J20X/Z10X/Z9X/Z8/Z7シリーズに対応。

 在庫限りの取り扱いになってます。

・THD-450T1A [4.5TB]




・THD-250T1A [2.5TB]





■ CANVIO DISK

● CANVIO DESK(HD-EDシリーズ)
2014年1月25日発売。

 東芝純正のHDD”キャンビオ”です。
TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。
縦置き、横置き可能。 省電力機能があり、レコーダー本体と連動して電源オフが可能。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、1、2、3TBがあります。4TB,5TBは非対応







● CANVIO CONNECT(HD-PDシリーズ)
2014年1月25日発売。


 東芝純正のHDD。”キャンビオ”コネクトです。
こちらは、小型で携帯可能なモデル。USBケーブルからのパスパワーで動作し電源が不要です。

 TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。

 特長として、添付ソフトが多くなっています。
Pogoplug PCで、外出先からインターネット経由でパソコンや本製品のデータにアクセスできます。10GBのクラウドストレージ特典つき。
バックアップソフト「ファイナル丸ごとバックアップ」を搭載しています。
簡単な操作でデータをバックアップや リカバリをすることが可能です。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、500GB、1T、2TBがあります。
カラーも豊富に用意されました。黒、青、赤、銀、白があります。500GBモデルは、赤と青はなし。





・CANVIO BASICS(HD-ABシリーズ)
対応;S5,S7, S8

 上のキャンビオコネクトから、パソコン用のソフトを外したモデル。
TVやパソコンに保存用として、普通に使うには、こちらで充分。価格がお買い得になってます。

小型で携帯可能なモデル。USBケーブルからのパスパワーで動作し電源が不要です。
 TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、500GB、1T、2TBがあります。
カラーも豊富に用意されました。黒、青、赤、銀、白があります。500GBモデルは、赤と青が無し。








● SeeQVault対応 外付けハードディスク CANVIO DESK(HD-QBシリーズ)

 対応機種 DBR-M590、DBR-T560、DBR-T550、DBR-Z520、DBR-Z510

 東芝純正のHDD。
SeeQVault対応HDDです。レコーダーで録画した番組の移行や整理がしたい時に便利。
注意点として、タイムシフトマシンには非対応のHDDです。

 縦置き、横置き可能。 省電力機能があり、レコーダー本体と連動して電源オフが可能。

 USB2.0対応。
容量は、1、2、3TBがあります。







■ 壁掛け用品

レグザTV用純正壁掛け金具

 詳しい対応表はこちら。
https://www.toshiba.co.jp/regza/support/relate/option_tilt.htm




・FPT-TA14C

 REGZAの多くの機種に対応できる壁掛け金具。
42V以上の大型モデル用です。






・東芝 壁取付けチルト金具 (角度可変型)REGZA FPT-TA11B

 32〜50V型用。

縦方向に角度が変えられます





・LCD-WP3A

 12〜26V型の小型レグザ用。
今回紹介したS11シリーズの24S11、19S11にも対応します。





■ 3Dメガネ 


・FPT-AG03(J)





■ 無線LAN 


・NECプラットフォームズ製 AtermWF1200HP 無線LAN親機  PA-WF1200HP

11ac規格にも対応し高速。




 ■ まとめ

 いかがでしたか?

 さて、残念なことに、東芝は不正会計が発覚してから
不調となり、白物家電部門もついに、中国メーカーに売却されることになりました。

 中国側は、東芝ブランドを40年間使用可能で、雇用形態は維持される模様です。

子ども頃から親しんできた東芝のような大手ブランドが、外国企業に売約されるのは、かなり悲しいです。(T-T)

しかし、テレビの開発部門が変わるわけはないようですし、
日本企画製造をアピールしたS11シリーズも登場しています。
しっかり応援していきますね。

 
■ 更新情報

2016年9月23日 M500X,Z700Xシリーズ追加 


■ 関連、参考URL

・東芝
REGZA http://www.toshiba.co.jp/regza/

・東芝トップページ > AV・デジタル機器 > 液晶テレビ レグザ TOP > オプションテレビ
http://www.toshiba.co.jp/regza/option/index_j.htm



posted by A to D at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報: 東芝のTV Regza  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

東芝から、新型4KREGZA登場 - 4K入門機。HDR機能搭載。G20Xシリーズ [特長と購入リンク+周辺機器]



こんにちは

 今、テレビ人気があるのが4Kテレビ。
主流であるハイビジョンの4倍にもなる、高画質が魅力。
大型機の売り上げでは、半数以上が4Kテレビとなり、主流になりつつあります。
 
 東芝から、4Kテレビの新型「G20X」シリーズが登場しました

今回は「G20X」シリーズの特長と、購入用リンク。そして便利な周辺機器を紹介します。

■ 「G20X」シリーズについて


東芝の4Kモデルでは、入門機となり、買いやすい価格で登場。
画面サイズは、55v、49v、43vが用意されました。

 特長として、新開発の映像エンジン「4KレグザエンジンHDR」を搭載しています。
また、上位モデルと同じく、前面直下型LEDパネル採用。
液晶は、嬉しいことに全機種がIPSパネルを採用。

● 外観

 外観は、入門機ですが、上位モデルとほぼ同じで、なかなか格好いい。
レグザらしい、直線を基調とした、シンプルで精悍なデザイン。
画面は狭額縁で、スタンドは、金属製。 省スペースとなります。
ケーブルを綺麗にまとめられるスタンドネックカバーも装備しました。

● 機能

新機能では、従来よりも高コントラストなHDRフォーマット映像のHDMI入力にもバージョンアップで対応。
今後、「ひかりTV 4K」、「NETFLIX(ネットフリックス)」、「4Kアクトビラ」など、さまざまな4Kのネット配信サービスにも対応を予定

 通信は、DLNA、Wifi対応

● 録画

地デジに加えBS/CSデジタルチューナーも3チューナー搭載し、ほかの番組を視聴しながら、2つの裏番組をUSBハードディスクに同時に録画できます。
BSでも放送時間が重なった2番組をUSBハードディスクに同時に録画することが可能になりました。
 では、「SeeQVault」に対応し、録画ファイルの、移動、管理がしやすくなりました。

● 音響

音響面では、「レグザパワーオーディオシステム」採用。
豊かな低域再生を実現する「ラビリンスバスレフ型BOX」と組み合わせ、20Wアンプで駆動します。
また、音響分離技術で、声を聴きやすくするクリア音声を搭載。ボタン一つで切り替え可能。


■ 販売情報 購入先ガイド ,発売日


 各ネット通販会社の、購入用リンクです。
前半は、TV本体。後半はHDDや壁掛け用品など周辺機器を紹介

 購入用リンクの使い方は、
写真と商品名は、楽天にリンクしています。
下のAmazon、楽天やヤフオクのリンクをクリックすると、同品名を検索します。




・55V型 55G20X
地上・BS・110度CSデジタル USB HDD録画/4K対応 LED液晶テレビ

 G20Xシリーズで最大画面。




・49V型 49G20X
地上・BS・110度CSデジタル USB HDD録画/4K対応 LED液晶テレビ






・43V型 43G20X
地上・BS・110度CSデジタル USB HDD録画/4K対応 LED液晶テレビ

G20Xシリーズで一番コンパクトな機種。




■ 周辺機器


 レグザを使う時に便利な、用品

■ HDD


 録画の拡張、保存整理に便利な、録画用ハードディスク、対応USBハードディスクを紹介 
 REGZAシリーズ対応製品。東芝と株式会社アイ・オー・データ機器の対応を元に昇華しします。。



 
■ 東芝製

 人気の純正外付けHDD

■ CANVIO DISK

 CANVIO DISKは、またメーカーが検証中です。
また、追記しますね。

● CANVIO DESK(HD-EDシリーズ)
2014年1月25日発売。

 東芝純正のHDD”キャンビオ”です。
TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。
縦置き、横置き可能。 省電力機能があり、レコーダー本体と連動して電源オフが可能。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、1、2、3TBがあります。4TB,5TBは非対応







● CANVIO CONNECT(HD-PDシリーズ)
2014年1月25日発売。


 東芝純正のHDD。”キャンビオ”コネクトです。
こちらは、小型で携帯可能なモデル。USBケーブルからのパスパワーで動作し電源が不要です。

 TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。

 特長として、添付ソフトが多くなっています。
Pogoplug PCで、外出先からインターネット経由でパソコンや本製品のデータにアクセスできます。10GBのクラウドストレージ特典つき。
バックアップソフト「ファイナル丸ごとバックアップ」を搭載しています。
簡単な操作でデータをバックアップや リカバリをすることが可能です。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、500GB、1T、2TBがあります。
カラーも豊富に用意されました。黒、青、赤、銀、白があります。500GBモデルは、赤と青はなし。



・CANVIO BASICS(HD-ABシリーズ)
対応;S5,S7, S8

 上のキャンビオコネクトから、パソコン用のソフトを外したモデル。
TVやパソコンに保存用として、普通に使うには、こちらで充分。価格がお買い得になってます。

小型で携帯可能なモデル。USBケーブルからのパスパワーで動作し電源が不要です。
 TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、500GB、1T、2TBがあります。
カラーも豊富に用意されました。黒、青、赤、銀、白があります。500GBモデルは、赤と青が無し。








● SeeQVault対応 外付けハードディスク CANVIO DESK(HD-QBシリーズ)

 対応機種 DBR-M590、DBR-T560、DBR-T550、DBR-Z520、DBR-Z510

 東芝純正のHDD。
SeeQVault対応HDDです。レコーダーで録画した番組の移行や整理がしたい時に便利。
注意点として、タイムシフトマシンには非対応のHDDです。

 縦置き、横置き可能。 省電力機能があり、レコーダー本体と連動して電源オフが可能。

 USB2.0対応。
容量は、1、2、3TBがあります。







■ アイオーデータ製

 おすすめなのが、アイオーデータ。
デザインが良く、添付ソフトが多い、ファームの更新も長くて、
サポートがしっかりしています。


・ AVHD-URシリーズ
 G20Xシリーズ対応

 AV機器用に特化された綺麗なデザインと高品質なHDD。2014年夏のVGP(電気製品の賞)も受賞しました。
薄型で、電源内蔵タイプ。背面にサービスコンセントがあり、AVHD-URを4台まで重ね置きできます。

 AV機器と使いやすくなってます。LEDランプの明るさや色が調整可能。
 気になる静音部分は、速度管理付きファンと、静音クッションで通常回転時で、同社のファンレスモデルと同等の静音性になっています。
 24時間連続録画に耐えうる高基準の品質検査をクリアしたAV用HDDを搭載しています。ATA-7規格にも対応。




◆HDCL-UTシリーズ
2014年3月発売
対応;G20X

シンプルなデザインが美しい機種。
アイオーデータのHDDでも人気が有る機種です。
USB3.0対応






◆ AVHD-ACシリーズ

 2013年2月28日発売
*対応発表待ち

・I-O DATA 長時間録画対応 USB2.0接続外付HDD ビデオカメラ接続用USBケーブル添付モデル 2.0TB AVHD-AC
アイ・オー・データ

AV録画用途に特化した高品質なハードディスクを採用した、高信頼モデルです。
容量は、1T、2TBがあります。



■ 「AVHD-UT」
2014年5月30日発売
対応;G20X

I-O DATA USB 3.0/2.0対応 録画用ハードディスク 2.0TB AVHD-UT2.0

 外観は、アイオーデータ旗艦機の「AVHD-AUT」とほぼ同じ。大きさも同じです。

 厳選HDDや、ATA-7規格の対応を省いて
「AVHD-AUT」から価格を1000円ほど抑え、買いやすくした機種です。

 多くのテレビや、パソコンはまだATA-7規格に対応してないので、普通は、「AVHD-UT」を購入しても大丈夫です。
容量は、1T、2Tの機種が用意されました。

・2TBモデル AVHD-UT2.0


・1TBモデル AVHD-UT1.0





■ 壁掛け用品


・東芝 壁取付けチルト金具 (角度可変型)REGZA FPT-TA11B
G20X対応

縦方向に角度が変えられます




■ ■ まとめ

 いかがでしたか?
大きな画面の4Kテレビも、価格がだいぶん下がって手に届く範囲になってきました。 

 PCモニターとの兼用を考えるかたも、50インチだと、パソコンの4Kモニターの高級機と価格が近づいてくるので、タイムシフトマシンや大画面に魅力を感じる場合は、候補になりそうです。


■ 更新情報 


■ 関連、参考URL

・東芝
REGZA |液晶テレビ| G20X/TOP
http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/g20x/index_j.html

・プレスリリース
http://www.toshiba.co.jp/tha/about/press/150610_2.htm

・東芝トップページ > AV・デジタル機器 > 液晶テレビ レグザ TOP > オプションテレビ
http://www.toshiba.co.jp/regza/option/index_j.htm

IOデータ対応表
・I・O DATA http://www.iodata.jp/product/hdd/taiou/regza.htm
posted by A to D at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報: 東芝のTV Regza  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

東芝から、人気のSシリーズに新型「S10、S11シリーズ」登場☆ - [特長と購入用リンク+便利な周辺機器]

東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 32S10

  こんにちは。 
買いやすい価格と、綺麗なデザインで人気なのがレグザ”Sシリーズ”。
私も使ってます。


 そのSシリーズに、2015年の新型”S10”と”S11”が登場しました。
今日は、レグザS10、S11シリーズの特長と購入用リンク、あると便利なオススメ周辺機器を紹介します。

SAYA160312540I9A3588_TP_V2.jpg


■ REGZAのSシリーズとは


東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S10

 REGZAのSシリーズは、東芝TVの中で最も売れている機種。
入門機、普及機で買いやすい価格と綺麗なデザイン。使いやすさで人気。全メーカーのテレビでも、長く首位を争うシリーズです。

 S8の後継として、S10が登場しました。

 機能は揃っており、普段使うのに充分満足出来る性能です。
録画機能があり、留守録も可能。
ニュースの自動録画や、部屋に合わせた明るさの自動調整、入力端子毎の設定記録など、普段使うのに便利な機能もあります。

部屋や居間に、安くてカッコイイTVが欲しい方に向いています。




■ 新型 S10、S11シリーズの特長

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S10東芝 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 32S10

 S10シリーズは、今回サイズが整理され、40、32型のみと、人気が有るサイズのみになりました。
23型は無くなっています。
ただ、S8シリーズはまだ販売されるので23型が欲しい方は、購入が可能。

 デザインは、S8シリーズとほぼ同じ。
黒枠を採用し美しいデザイン。流行であるナローベゼルで枠が細い。、
スタンドは、32型が一本足。40型は、スタンドがフレーム型。 特長あるリング状の電源ランプは引き継がれています。


◆ 機能と性能


 画面の大きさ以外は、機能は共通です。

40V型が、パネルはVA液晶。フルHD。エッジ型LEDバックライト。
32型が、1,366×768の解像度で直下型LEDバックライト。
注目点としては、入門モデルとしては、久しぶりにIPS液晶パネルになりました。

 最近は、全メーカーで入門機は映像技術や機能が削減傾向にあるのですが、ほぼS8と同じになっています。

目立つ機能として、部屋に合わせた明るさの自動調整、自動チャプター機能があります。 内面では、TVチューナーを一基搭載し、外付けHDD録画も可能です。

東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S10

リモコンは、最近のレグザで定番となった形状が引きつづき採用。

● お勧め部分

 レグザの良いところは、パソコンのサブ画面として使いやすいです。
HDMI出力で、表示可能。わたしはPC用モニターとデュアル画面にしています。

 面白いのは、地デジ画質のモデルでも、PC側からフルHDで表示可能。


● 追記

 50V型が追加されました。機能は、40V型と同じ。
大画面ですが省エネ性能が高いのが特長。

小型モデルをラインナップしたS11シリーズが登場しました。
19型、11型が登場。



■ 販売情報 購入先ガイド ,発売日


東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S10

 商品と、特長を紹介しています。
前半は、TV本体。後半は、周辺機器集です。

項目内は 上から、上位機種、サイズの大きい機種に並べています

 Sシリーズの特長として、新型が出ても、2〜3年販売され
価格が落ちた、1年後くらいから人気が出ます。


● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。


■ S10シリーズ 中〜大画面


 レグザS10シリーズ。
32V〜50V型があります。

・50v型 50S10
2015年10月発売

東芝 50V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 50S10

 50Vの大画面。フルHD高画質。

 40、32Vより、5ヶ月後に発売されました。

 機能は、40V型と同じ。
大画面ですが省エネ性能が高いのが特長。







・40v型 40S10
2015/5/14発売



 現在、売れ筋の上位を占めている 40Vクラスの大きな画面
フルHD高画質。
画面が大きくても、使用電力は、定格71Wで52kWh/年と省電力。





・32S10
2015/5/14発売



 人気がある32型サイズ。

 現在、価格コムのテレビランキングで32S10が人気一位です。
お手頃サイズで、使いやすい、32V型。
部屋や居間に置くのに良い機種。

 新型となって、綺麗で視野角の広いIPS液晶になりました。
部屋のどの位置からでも、画面が見やすいのでお勧めです(*^_^*)




■ S11シリーズ 小〜中画面


 レグザS11シリーズ。
10シリーズと同じ年。6ヶ月後に登場しました。

 S11シリーズは、19V〜24V型があります。
 日本で、開発生産されています。



・24S11
2015/12/22 発売

東芝 24V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 24S11


 扱いやすいサイズの24V型。
日本で、開発生産されています。





・19S11
2015/12/22 発売

東芝 19V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 19S11

 最近では、希少になってきている小型テレビ。
うれしいことに、日本で、開発生産されています。







■ 周辺機器


 REGZA S10、S11で視聴が快適になる、便利に使える用品を紹介します。


■ HDD


 録画の拡張、保存整理に便利な、録画用ハードディスク、対応USBハードディスクを紹介 
 REGZAシリーズ対応製品。東芝と株式会社アイ・オー・データ機器が、対応を正式に発表しています。
 
■ 東芝製

 人気の純正外付けHDD

● CANVIO DESK(HD-EDシリーズ)
 対応;S5,S7, S8,(5TB 4TBモデルを除く)
2014年1月25日発売。

 東芝純正のHDD”キャンビオ”です。
TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。
縦置き、横置き可能。 省電力機能があり、レコーダー本体と連動して電源オフが可能。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、1、2、3TBがあります。4TB,5TBは非対応









● CANVIO CONNECT(HD-PDシリーズ)
対応;S5,S7, S8,
2014年1月25日発売。

 東芝純正のHDD。”キャンビオ”コネクトです。
こちらは、小型で携帯可能なモデル。USBケーブルからのパスパワーで動作し電源が不要です。

 TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。

 特長として、添付ソフトが多くなっています。
Pogoplug PCで、外出先からインターネット経由でパソコンや本製品のデータにアクセスできます。10GBのクラウドストレージ特典つき。
バックアップソフト「ファイナル丸ごとバックアップ」を搭載しています。
簡単な操作でデータをバックアップや リカバリをすることが可能です。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、500GB、1T、2TBがあります。
カラーも豊富に用意されました。黒、青、赤、銀、白があります。500GBモデルは、赤と青はなし。





・CANVIO BASICS(HD-ABシリーズ)
対応;S5,S7, S8

 上のキャンビオコネクトから、パソコン用のソフトを外したモデル。
TVやパソコンに保存用として、普通に使うには、こちらで充分。価格がお買い得になってます。

小型で携帯可能なモデル。USBケーブルからのパスパワーで動作し電源が不要です。
 TV,ブルーレイの外付けHDD、パソコンにも使用可能。

 性能は、USB3.0対応。
容量は、500GB、1T、2TBがあります。
カラーも豊富に用意されました。黒、青、赤、銀、白があります。500GBモデルは、赤と青が無し。







■ アイオーデータ製

 おすすめなのが、アイオーデータ。
デザインが良く、添付ソフトが多い、ファームの更新も長くて、
サポートがしっかりしています。

◆HDCL-UTシリーズ
2014年3月発売
S10は対応発表待ち

シンプルなデザインが美しい機種。
アイオーデータのHDDでも人気が有る機種です。
USB3.0対応







◆ AVHD-ACシリーズ

 2013年2月28日発売
IOデータがS8への対応を発表 S10は対応発表待ち

・I-O DATA 長時間録画対応 USB2.0接続外付HDD ビデオカメラ接続用USBケーブル添付モデル 2.0TB AVHD-AC
アイ・オー・データ

AV録画用途に特化した高品質なハードディスクを採用した、高信頼モデルです。
容量は、1T、2TBがあります。





■ 純正用品


■ 壁掛け用品



・東芝 壁取付けチルト金具 (角度可変型)REGZA FPT-TA11B

40S10、32S10に対応
縦方向に角度が変えられます




■ 接続ケーブル



・Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル
(タイプAオス - タイプAオス、イーサネット、3D、オーディオリターン、PS3、Xbox360対応)
AmazonBasics

買いやすい価格で人気。
私も使ってます。コードは、アンテナ線ぐらいある太さでしっかりしています。

長さも豊富で 2m, 3m, 4.6m,7.6mが選択可能




■ 改善、お助け用品


 S10を使う時に、あると便利な用品

■ オーディオ用品

● スピーカー

・レグザサウンドシステム RSS-AZ77

 東芝純正のおしゃれなスピーカー。
設置の自由度が高く、レグザの背面に置いたり、スピーカーだけを
TVの両脇に置いたり、設置しにくい場所でもいい音が楽しめます。

サテライトスピーカー用に20W+20W、ウーファー用に40W*のハイパワークラスDアンプを搭載。




・Olasonic 薄型テレビ用高音質スピーカー ブラック TW-D7OPT(B)
東和電子

TV用スピーカーで人気のOlasonic
電源連動で便利です。



・ONKYO シネマパッケージ 2.1ch ブラック BASE-V50(B)
オンキヨー

TV用ホームシアターセットで一番人気




● ヘッドフォン

・SONY MDR-1A

 ヘッドフォンで一番人気。
ハイレゾ対応で、音楽再生にも使えます。
ケーブルは交換可能で、スマートフォンでも使えるように、マイク、リモコン付きケーブルもあります。

付属:ヘッドホンケーブル(1.2m)/マイク/リモコン付きヘッドホンケーブル(1.2m)、キャリングポーチ




■ ■

 長く人気のSシリーズ最新機。
お手頃価格ながら、細枠で黒く精悍。デザインも格好良く、部屋や居間に置きやすい。 

 新しいレグザで、TVをたくさん楽しんで下さいね。\(^O^)/



■ 更新情報

2016年9月23日 50S10追加、S11シリーズ追加。
製品画像差し替え

■ 関連、参考記事

・S10/TOP|液晶テレビ|REGZA:東芝
www.toshiba.co.jp/regza/lineup/s10/index_j.htm

東芝 HDD 接続確認済み機種
https://www.toshiba.co.jp/regza/support/relate/usb_hdd/usb_hdd08.html




posted by A to D at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品情報: 東芝のTV Regza  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする