SMSLから新型DAC「DO400」が登場。ESSの旗艦DACとヘッドフォンアンプも搭載する高性能・多機能機。

B0CFTHK7MX

 S.M.S.LのDACに新型「DO400」が登場した。

今回は特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介する。

■ 「DO400」とは


 B0CFTHK7MX

SMSLの新型DACが「DO400」だ。プリアンプモードや同社高級DACでは珍しいヘッドフォンアンプも備えている。2023年8月に日本でも発売された。

DO400EXは同社DOシリーズの最上位機となる。
特徴は高性能かつ多機能。ハイレゾのデコード、無線やバランス入力にも対応する。米国ESSの新世代フラッグシップDACチップES9039MSPROを搭載する。

DO300の上位機となる新型だが、デザインは一新された。価格はDO300の549$と比べて、DO400が499$となり値下がりしている。なお同時期発売のDO300EXも直営店で米469$となりこちらも値下がりしている。

 ● DOシリーズについて

DOシリーズで最初に登場したDO200は、Aoshidaaudio(ASD)とのコラボモデルだ。だがAO300ではコラボの記述は無くて関係は不明だった。DO400でもAoshidaとの関係はアピールされていない


■ 特長と性能


SMSLらしい技術指向、新型部品を採用するモデルがDO400だ。
そしてコストパフォーマンスに優れている。MQAやMQA-CD、DSD等の上級コーデックに対応。入出力は豊富で、無線にも対応しておりLDACやAPTX/HDにも対応する。 構成も凝っている。自社回路のPLFCや低ノイズ電源採用する等。

 
● 他モデルと比較。DO300EXやD400EXとDO400の違い

DO400はDO300からは大きく変化した。むしろ旗艦DACのD400EXに近づいている。DO400は旗艦DACであるD400EXを、AOSHIDAのコラボモデルにして買いやすくしたような内容だ。

・D400EXとD400
主な違いだが、DO400はSMSLの旗艦DACであるD400EXに似た構成となり、部品や回路も近づいてグレードアップしている。旗艦DACの採用やオペアンプの増加等。独自なのはDO400ではヘッドフォンアンプが採用されている。

省かれているのは、D400EXでは、全体の構成が豪華だ。例えばデュアルオペアンプを11個使用。SPDIF送信中のジッターを排除するために2nd PLLを採用。自社開発の新クロック処理回路CK-03を採用、AES端子搭載など。

・D400とD300EX
外観や主要部分の構成は似ている。だが若干D400のほうが豪華な構成だ。筐体サイズはD400が若干大きいが重量は100gほど軽い。

構成で目立つのはDACが違う。D400はESS製、D300EXはAKMの旗艦DACだ。また回路ではSMSLが上級機で搭載を進めているPLFCがD400採用されている。端子ではD400がAES/EBU端子を備えるなど。


 ● 梱包

梱包は、白い紙箱に入る。表はDO400のイラスト入り。中に緩衝材が有り、本体や付属品が収められている。本体はさらに袋に収められてる。中英日文のマニュアルや検査証も同梱される。マニュアルが日本語対応となっている。


■ 外観と内容

 B0CFTHLXJ3

 機能や部品を解説する。


・外観 

 B0CFTHK7MX

新系統で、個性あるデザインだ。「フロートウィンドウ」と呼ぶデザインを採用。液晶パネルの左上部分が奥まった、液晶パネルが飛び出しているようにも見える。また液晶パネルの上部分依SMSLのロゴが入るのも新しいデザインだ。、

大きさは幅2452㎜でハーフコンポサイズに近い。高さも42㎜で薄め。奥行きは186㎜。SMSLでは大きめのサイズだ。D300EXよりも2センチほど幅が広くなっているが、奥行きは約2㎝短い。

外観はD400シリーズに近づいた。液晶が左、ノブがセンターに配置されるデザインとなった。また同時期発売のDO300EXと同系統のデザインだ。筐体はアルミ合金。全体の重量は1.54㎏あり、SMSLのDACとしては重めだ。

日本オーディオ協会(JAS)のハイレゾ認証を取得している。


前面:ディスプレイとボタン兼用ノブを備える。
ノブは同社では珍しい溝があるデザインで「ビンテージスタイルノブ」と呼ばれる。機能は回転式でキーも兼用する。回転ノブは音量操作とメニュー操作が可能。


表示部には強化ガラスを採用。パネルは古ラミネートのIPSカラー液晶だ。
表示項目は音量、ソース・ビットや周波数、デジタルソースの規格アイコン(MQA、DSD,USB,光、同軸,Bluetooth、MQA)。出力端子と正/逆相の表示。
メニューからはPCMサウンド・フィルター7種、DSDフィルターは2種、サウンドカラー4種を設定可能。、表示ではディマーは5~60秒。明度は6段階設定が可能。音量可変と固定のプリモードを利用可能。

 B0CFTHK7MX

・ヘッドフォン部
DO400の特長が同社高級DACでは珍しい。ヘッドフォンアンプの搭載だ。前面部に4.4mm+6.35㎜ 4PinXLRヘッドフォン端子を備えている。ヘッドフォンゲインが高低の2種。

回路は、同社が最近上級機で搭載を進めているPLFC回路を搭載する。

リモコン:付属 


・内部、機能

B0CFTHK7MX

・DAC
本機の注目点がDACだ。ES9039MSPRO を搭載。SMSLでは高級機ブランドVMVのハイエンドDAC D1se2に搭載されたチップだ。PCM I/Fの対応ビットレートや周波数は広めで、最大PCM768kHz、DSD512にも対応する。

USB受信部は、第3世代となる「XMOS XU306」を搭載して最大32bit / 768kHzのPCMサンプリングレートとDSD512に対応する。またMQAとMQA-CDのデコードも対応。

MQAデコーダー:USB /光/同軸/AES
MQA-CDデコーダー:AES /光/同軸/

 B0CFTHK7MX

・ サンプルレート
USB/サンプルレート:32bit、44.1~768kHz DSD:2.8224-22.5792MHz(1bit)
光/同軸入力サンプリングレート:24bit 44.1~192kHz、

・ヘッドホンアンプ
 4つのPLFCヘッドフォンアンプ回路を搭載。


・無線機能

 B0CFTHK7MX

無線:クアルコムのハイエンドBluetoothチップ QCC5125を採用。
対応:LDAC 24bit/96kHz、APTX/HD、SBC、AAC



・背面、電源など。


背面:入力端子にUSB/光/同軸/Bluetooth/I2S。出力にRCAとXLRと4.4mm+6.35ヘッドフォンジャックを備える。端子は金メッキ。背面端子に小型アンテナの接続も可能。

電源:3ピン端子で主電源スイッチも装備する。 
電源部にはSMSL製の低ノイズ電源ユニットが採用されている。


色: 黒

・スペック
入力:USB /オプティカル/同軸/ Bluetooth / 12S / AES /
消費電力:20W
スタンバイ電力:0.5W
容積:幅 245㎜×奥行き186㎜×高さ42㎜
重量:1.45kg




● お勧めポイント

 • 個性あるデザイン
 • 多彩な入力。無線も対応する。
 • 高音質コーデックに対応。
 • リモコンも付属。

 X 弱点や気になる所

• 兄弟機DO300EXで箱潰れのコメントをAmazonで見かける。DO400ではYOUTUBEの海外動画でも箱がつぶれており、取り扱いが怪しい。
 • コンセント部分は海外仕様なので、変換アダプターが必要。(販売店や個体により違う可能性あり)




 ■ 感想

旗艦機からの技術や部品を上手く組み込んで、DO400は性能が高くても価格は抑えられました。
またヘッドフォンアンプを持っており、統合アンプとしても魅力がある。

ESS旗艦DACのサウンドを手に入れやすい。そして入出力も豊富で扱いやすいモデルになりました。


according-to-214445__340.jpg


■ 購入用リンク


 現在の所、amazonに取り扱い有り。

 ・AMAZON

AOSHIDAが参加するページ

 


・通販リンク

[入荷未]YAHOO、楽天




■ アンプ AO300

 300のDAC&パワーアンプ。DO300EXとデザインやサイズが揃う。

・Amazon 
[入荷待ち]

・通販リンク
[入荷待ち]



■ 周辺機器


 使う時に便利な用品



■ ケーブル

◢・SMSL w6 Audiophilesオーディオ単一クリスタル銅RCAケーブル1ペア

 SMSL社のコンポであるパンダシリーズ用に作られたケーブル。オヤイデを使用している。







■ 記事について

  • 注意点


■ データ

S.M.S.L社は、中国は深圳市にある会社。社名は地名が由来。
(S.M.S.L =深圳市双木三林电子有限公司/ Shenzhen shuangmusanlin electronic Co., LTD)

家庭とカー用音響製品企画から製造まで統合しておこなう企業。製品はヨーロッパ、アメリカ、中東、東南アジアに20以上の国と地域に販売され日本でも販売。

AV機器はヘッドフォンアンプや小型アンプ、DACと小さく可愛い製品が主です。新製品とロングセラーモデルが混在するのも特長。最近は高級機が増加している。


■ 更新情報

2023年9月27日 作成


■ 参考SNS

■ 関連動画

・ファンの使用動画


■ 関連、参考サイト

公式SNS:https://facebook.com/S.M.S.LOfficiaI/

ESS AUDIO DAC: https://www.esstech.com/products-overview/digital-to-analog-converters/sabre-audiophile-dacs/

https://www.esstech.com/wp-content/uploads/2022/10/ES9039MPRO_ES9039PRO_v0.2.1.pdf

■ 関連記事

S.M.S.L製オーディオ機器の紹介 2018年版 [特長と購入リンク]

この記事へのトラックバック