TOPPINGから人気のLシリーズに最上位機「E70」が登場。ESSの新フラッグシップDACを搭載。

 B0BKKDMWPZ

TOPPING社から新型DAC『E70』が登場。人気のEシリーズ最上位機だ。

今回は特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ E70とは


B0BKKDMWPZ

 TOPPING社の新型DACで、プリアンプ機能も持つ。 日本では10月末に発売された。「E」シリーズの最上位機として登場。ヘッドフォンアンプを持たないDACでは、同社では上位級機になる。

特徴はディスプレイ装備で、新たに音量ノブも備えた。DACとDAC+プリアンプのモードの利用が可能。さらにESSの新フラッグシップDACを搭載。そして無線対応となった。本体カラーは2色用意された。

ヘッドフォンアンプ「L70」が同時発売となる。デザインや大きさが揃う。

B0BKKDMWPZ


■ 特長と性能 


 B0BKKDMWPZ

 筐体サイズは、同社のヘッドフォンアンプでは大型に属する。
現代で主流の入出力に対応しながらも、高い性能を持つ。全体の構成や機能は「E50」を強化したような内容だ。

目立つ部分では、DACチップにESSを採用する。そしてバランス出力に対応。MQA形式対応は省かれた。

薄型なので小型オーディオの構成や、リモコンも有るためAV機器との組み合わせに向いている。
同社製品との組み合わせもおすすめされている。ヘッドフォンアンプ「L70」ならデザインやサイズも揃う。

B0BKKDMWPZ


■ 梱包

 説明書には、中英、そして日本語解説も記載。

 B0BKGWRKB5



■ 外観

B0BKGWRKB5

E70のデザインは、「E30」や「E50」と似ている。「E」シリーズは、同社で新しい系統のデザインだ。
アルミ製の筐体に、前面が黒パネル。そして最近のモデル同様に、E50でも端部が曲面加工されている。上面には「Hi-Res Audio認定」と「Hi-Res Audio WIRELSS認定」のシールが貼られている。

操作系はシンプルで前面にボタンが1つあるのみ。音量制御機能をオフにすることで純粋なDACとしても動作する。

サイズは同社では大きめ。ハイエンドの90番台に近い大きさだ。E50では電源がACアダプターだったが、E70では電源が内蔵された。E70は幅が20㎝でCDケース2枚分くらい。高さは4.4センチでカーオーディオの1DINよりやや小さい。なお同時発売のヘッドフォンアンプ「L70」と同サイズだ。

● 前面


 B0BKGWRKB5

前面はディスプレイとボタンを備える。表示画面はセンター配置になった。液晶は数字部のセグメントが分割された新しいデザインになっている。
通電すると待ち受け状態に入る。電源でオンオフが可能。入力は多機能ボタンかリモコンで切り替え。出力はつまみを押すかリモコンを使う。循環切り替えが可能だ。

・表示パネルと設定項目
表示画面は白色OLED液晶を持つ。ソース・ビットや音量、周波数を表示。
PCM,DSD形式、チャンネルバランス設定、音量、ミュート、db表示、サンプリングレート単位(㎑、㎒)、入力チャンネル(BT,COA、OPT)、出力チャンネル(RCA,XLR)、出力モード(ヘッドフォンアンプ、プリ)。

・機能
マルチファンクションボタンで電源操作や設定が行える。 
設定ではラインアウトのモードが、プリアンプ(音量調整あり)とDACモード(音量調整無し)で指定可能。各種設定のオンオフも可能。
PCMフィルタが7種。DSDが4種。チャンネルバランス、リモコンとBluetoothのオンオフ。0DBFSでの最大出力設定(4V,5V)
機能では3段階の明度調整とディマー(30秒)を持つ。オートオン、オフあり。

リモコンも付属しており、設定や各機能を簡単に操作が可能。


● 内部

 B0BKKDMWPZ

DACと、DAC+プリアンプのモードの動作が可能だ。音量はプリモードでノブやリモコンで出力可変が可能。

・バランスXLR出力とRCA出力を搭載。

・新開発のI/V変換回路を採用。


 ● DAC

 B0BKGWRKB5

DACは、ESSのフラッグシップであるSABRE PRO DAC シリーズ。ES9038OPROを搭載。ToppingのDACでは初搭載となるチップだ。
ES9038OPROはES9018S の進化版だ。PCM 768kHz、DSD1024 までのハイレゾ音源に対応しており、また、従来製品を凌ぐ特性 (DNR、THD+N) で世界最高の性能を実現した。ESS 社が独自開発した特許取得済みの D/A 方式HyperstreamⅡ とジッター除去技術 Time Domain Jitter Eliminator が採用されて、オーディオ情報を忠実に再現する。

対応ビットレートや周波数は広めで、PCM最大768kHz、DSD512にも対応する。サウンドフィルタは、PCM用では6種類が切り替え可能。USB受信部はXMOSのXU216を採用した。 

 
 B0BKGWRKB5

第3世代XMOS「XU316」を採用。TOPPINGでは初搭載となる。 
 
・入力
USB IN: 44.1kHz-768kHz/16bit-32bit DSD64-DSD512(Native) DSD64-DSD256(Dop)
OPT/COAX IN: 44.1kHz-192kHz/16bit-24bit DSD:DSD64(Dop) 

■ 無線機能

B0BKGWRKB5

LDACの認証を取得。最新のQCC5125チップセットを採用。Bluetooth5.1
対応:LDAC/AAC/SBC/aptX/aptX LL/aptX HD/aptX Adaptive

別体のBluetoothアンテナが付属する。

● 背面

B0BKKDMWPZ

出力はバランスと、RCAを搭載した。

出力:RCA,XLR

電源部はE30、E50のUSBから変更されて内蔵電源となった。電源は、背面の3ピン端子から供給可能。主電源スイッチも装備した。 機能では自動スタンバイを備えオフも可能。
ファームウェア更新用のUSB端子も搭載。

・12V TRIGGER機能 : Eシリーズ初となるトリガー端子を装備。他機器との連携が容易になった。

・付属品:リモコン、ヘッドフォン変換アダプタ

色: 黒、銀


● お勧めポイント

B0BKGWRKB5

 • 豊富な入出力端子。
 • 高性能。
 • プリアンプとして使用可能
 • 電源は内蔵。

 X 弱点や気になる所

 • 無し


 
● スペック

B0BKKDMWPZ

B0BKKDMWPZ



 ■ 感想

 according-to-214445__340.jpg

 Toppingは、小型モデルも低価格かつ高性能で人気が高い。
人気のEシリーズで、新たに高級なE70が登場しました。

入出力も使いやすい端子が揃う。 TOPPINGのファンに人気が出そうな機種です。


■ 購入用リンク


amazonとYahooに取り扱い有り。

・Amazon (リンク先からカラー選択可能)




 >通販サイト検索リンク
 
 Yahoo,楽天では入荷待ち。

■ 周辺機器


 使う時に便利な用品



・ヘッドフォンアンプ『L70』

「L70」は高音質なヘッドフォンアンプ。
プリ機能もあり、E30との使用もおすすめされている。

特徴は旗艦機A90譲りの回路「NFCA」を搭載する。






■ ケーブル


 ケーブルを変えて高音質に。買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。

 ・ ケーブル型番のルールと読み方

最初2桁のTCがトッピング性ケーブルの略。
3桁~4桁目がコネクタの形状。R=RCA、T=TRS、X=XLR
数字がケーブルの世代。ハイフォン後の数字がケーブル長。

例;TCRX1-25 = RCAとXRS混合型の第一世代。長さ25センチ。



 ● ラインケーブル

・ Topping ラインケーブル TCR2-10, 10cm RCA cable

 純正ケーブル。10センチモデルのみ独立しており仕様が異なる。ややケーブルが細身だ。
コネクタ径と長さが小型化されている。そのためスタック(積み重ねた)機器等で、短距離の接続時に取り回しがしやすくなっている。(太く硬いケーブルだと短距離接続で曲げられない。)

ソフトX-9を採用、 X-9はMPSが2016年11月に発売した新設計のオーディオ信号ケーブル。。X-9 の外皮はまMPS開発の光沢のある黒糸を柔らかく織り目加工。内部構造は超高純度6N/OCC導体と6N/OCCS導体で構成される。外部電磁波やEMC干渉を遮蔽するネットを採用。21芯の0.06MM OCCSと40芯の0.05MM 0CCが使用されている。

金メッキプラグ採用。

長さ: 10cm





• Topping ラインケーブル TCR2-25/75/125, 25/75/125cm RCA cable

 純正のケーブル。
新型でケーブル径が太くなった。コネクタやケーブルにメーカーロゴも入りカッコよくなった。

25センチ以上のモデルは、コネクタ径や長さ、ケーブル径が大きめになっている。またコードを束ねるベルクロや、片側の端子にプラスチックの保護チューブが追加されている。

ソフトX-9を採用、 X-9はMPSが2016年11月に発売した新設計のオーディオ信号ケーブル。。X-9 の外皮はまMPS開発の光沢のある黒糸を柔らかく織り目加工。内部構造は超高純度6N/OCC導体と6N/OCCS導体で構成される。外部電磁波やEMC干渉を遮蔽するネットを採用。21芯の0.06MM OCCSと40芯の0.05MM 0CCが使用されている。

長さ: 25cm、75cm、1.25m

 








● バランスケーブル

・Topping XLRケーブル TCX1

 純正のケーブル。同社で採用が進んでいるバランスのXLRタイプだ。
25センチ以上のモデルは、コネクタ径や長さ、ケーブル径が大きめだ。またコードを束ねるベルクロや片側の端子にプラスチックの保護チューブが装備される。

 6N単結晶銅ケーブルは、銀メッキされている。

長さ: 25cm、75cm、1.25m









 ■ 動画








■ 注意事項  ➤ ウェブサイトのご利用条件


■ データ

 TOPPING(トッピング)はブランド名。中国は広東省の省都、广州市にある会社。 ~ ブランド名は”伸びる物、トップの品質である”から。 製品の品揃えは主に小型アンプとDAC。そして現在は高級機が主流となる。

 中華アンプの中では高価格の部類で 品質や高性能を求める方にお勧め。販売傾向は同型をまめに部品を更新し磨き上げる。小型機では珍しく長寿機が多い。



■ 更新情報

2021年12月17日(金) 作成

■ 関連SNS

■ 参考動画

■ 関連、参考サイト

GLOBAL ELECTRONICS > 電子部品 ESS Technology > ES9038PRO / ES9028PRO / ES9026PRO ハイレゾ音源 SABRE PRO DAC
https://www.gec-tokyo.co.jp/components/ess-technology/sabre-pro-dac_ES9038PRO_ES9028PRO_ES9026PRO


■ 関連記事

2018年版 TOPPING 全現行モデル紹介。特長と購入用リンク

この記事へのトラックバック