最新型のFire TV Stick の使用感想 - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属モデル

 [AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_155646tibi.jpg

今日は、Amazonの「Fire TV Stick Alexa対応音声認識リモコン付属」を紹介。

低価格で気軽にネットの映画やドラマを楽しむのに便利な機器です 。 FireTVの最新版を購入した。我が家では3台目となる。感想と旧型との比較も紹介。


■ Amazon Fire TV & Stickについて


 B09JDGYSQW

 Amazon Fire TV& StickはTV拡張機器。
ネット非対応TVに機能を追加し、ネット動画やアプリが楽しめるのが特徴。

 FireTV は2種類あり、箱型と小さい棒型がある。初代が2014年4月に箱型で発売。追って11月に「FireTV Stick」が登場。そして2018年から4Kモデルも上位機種として販売中。通常のFireTVStickは 3代目が2020年に登場。マイナーチェンジでリモコンを変えながら今に至る。



■ 入手のいきさつ

 [AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_155101tibi.jpg

今まで、FireStick第2世代(2017)を家族用のテレビで使っていた。 
だが母親がリモコンを壊したので、新調することにした。理由はリモコンのみの注文と、本体を購入しても金額差が少ないため。リモコンが約3千円、本体が5千円だ。

プライムデーに、FireTVを購入した。価格はなんと2千円。2980円するリモコンよりも安く購入できた。

 ● その他

[atod][Firetv-2nd-newrimocon]IMG_20190724_013516tibi.jpg


なお私も自分のテレビ用に、TV Stick Alexa対応音声認識リモコン付属版(2019)を使用している。リモコンが第2世代のモデルだ。


[firetv-stick]DSC_1476tibi[atod].jpg




■ 本体解説


tv-2223047_960_720.png


tv-627876_960_720.jpg


 外観や画質、音質について解説。実際に使ってみた。



■ 外観

 [AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_155013tibi.jpg

[AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_155041tibi.jpg

 まず気付くのが箱が正方形になった。旧モデルとは、デザインが異なる。

[atod][Firetv-2nd-newrimocon]IMG_20190724_014517tibi.jpg

参考:2017、2019モデル 

旧型はお菓子の箱のようなデザインで、気軽な雰囲気をアピールしていた。現行機ではIT小型機器で多い、正方形のデザインになった。

[AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_155201tibi.jpg

本体はガムやキャンデーの箱ぐらいのサイズでかなり小さい。 付属品は上手に梱包されており、USBケーブル、電源アダプタ、HDMI延長ケーブル、単4電池2本、スタートガイドが収納されている。

 ● 接続

[AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_155348tibi.jpg

TVとの接続に必要な用品は揃っており、簡単に使用開始できる。
HDMIの延長ケーブルが短いのが難。これは旧モデルから変わっていない。あと5センチほど長ければ良いのだが。



 ■ 使用開始 ~ 設定

 
 [AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_162112tibi.jpg

 初期設定は、本来なら10分ほどくらいで済む。簡単な作業だ。

設定でやることは少ない。大まかに言えば、使用言語、Amazonのアカウント(会員情報)、ネットワークサービスの設定程度だ。画面説明に従うだけなので簡単だ。

 [AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_161902tibi.jpg

● 不具合例
 
今回、少しセットアップで手間取ったので、不具合例を紹介しよう。
今回は、ネット接続にモバイル回線からテザリングした。しかし回線速度が遅くて、エラーが頻発した。FireTVのセットアップでAmazonIDとパスワードを繰り返し要求されて面倒だった。

これは認証できないのが、回線の不安定さが原因だ。しかしFireTVの警告は、パスワードエラーとして表示される。パスワードエラーではなく回線速度の問題だと理解するのに時間が掛かった。
~ 解決方法だが、回線を再接続して速度が向上すると解消した。




■ 新型の特長

 [AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_155442tibi.jpg

 現行機の進化点が、第3世代となったリモコンだ。 新機能は新たに番組表ボタン、ネット配信サービスのボタンが追加された。ネット配信サービスのボタンは、Amazonではアプリボタンと呼称している、

ネット配信サービスはPrimeVideo,Netflix、DAZN,ABEMAだ。マイナーチェンジ前と比較すると、以前はPrimeMusicだったボタンがABEMAに変更された。

旧モデルと同様な部分は、テレビの電源,音量調整と消音が付く。LEDランプも搭載。 

[AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_160350tibi.jpg

[AtoD][firetvstick-3rdgen-rimocon]IMG_20220718_160355tibi.jpg
 ・[画僧]2017年型リモコンと現行リモコン

形状では2017年型と比較するとリモコンの長さが変わった。やや短くなっている。

機能は、引き続き音声サービス”Alexa”に対応。FireTVで便利な機能であり、音声でのネット検索や操作が可能だ。


 ■  操作感

 B08D2VL1PD
 
リモコン部分の、不満点はほぼ無い。以前のモデルに有った、電源カバーが硬い、開けにくい等の不具合も改善されている。

良い点を見てみよう。新型の特長である、アプリボタンはなかなか便利だ。最近のTVリモコンでも搭載が多い、Netflixに対応してるのが良い。

ただし、不満点もある。イマイチだと感じた部分を紹介する。

● アプリボタン

利便性が低い。アプリのショートカットと言うアイデアは良いのにもったいない。

アプリの選択に問題が有る。
まず「PrimeVideo」用のボタン。FireTVは「プライムビデオ」の使用が基本だ。トップやホーム画面はプライムに特化されている。なのになぜ搭載するのか、不要ではないか。 ~ AmazonはサイトデザインやGUIで引き算が苦手だ。重複した項目をよく見かけるが、その悪い面が新型リモコン出ている。

その他のボタンは、サービスのチョイスが良くない。アプリの選択に疑問を感じた。DAZNは、利用者が多いサービスでは無い。アベマも同様だ。
搭載するなら、YOUTUBEやTVer、GYAOの方が良い。 どちらかと言えば、FireTVで一つ前のモデルが使っていた、[PrimeMusic]ボタンを搭載しているリモコンの方が良い。~ 現行機の販売初期は、新型のアベマボタン搭載機と旧型のPrimeMusicボタン搭載モデルは併売されていた。だが2022年4月頃から売り切れ。現在は選択項目も消えており廃番になっている。 なおリモコン単体販売ではPrimeMusicボタン搭載モデルは販売が継続されている。

● 番組表ボタン

B08D2VL1PD

新しく追加されたのが、番組表ボタンだ。正直、私は結構期待していた。
だが、不可思議な仕様になっている。番組表ボタンを押すと、なぜかアベマの番組表が開くのだ。汎用性が低い仕様だ。テレビの番組表ボタンやネットサービス用ではない。ネットサービスの番組表が開けばかなり便利だと思うのだが・・・。これも一言で言えば「不要」なボタンだ。


● 以前のリモコンから継続される特長。

その他の機能は便利だ。

B08D2VL1PD

音声入力のボタンはデザインが変わった。以前はマイクの絵が描かれていた。新型はブルー地にアレクサのマークが印刷されてる。

 B08D2VL1PD

2世代目リモコンから付いた電源ボタンはテレビをオン・オフにする際に便利。 第一世代リモコンではTV電源のオンはHDMI CEC対応テレビで有れば可能だったが、オフは出来なかった。

LEDインジケーターは、外観からは普段は見えない。音声入力でのAlexa使用やBlutoothのペアリングの際に光る。

使用頻度が高いのは音量ボタンだ。私は音量差の広い映画を観る場合に音量をかなり細かく変えるので、以前はFireTVリモコンとテレビリモコンとの持ち替えがストレスだった。 新型リモコンは音量も操作できて、リモコンの持ち替えが不要になりとても便利です。




■ 動画視聴

[firetv-stick]DSC_1488tibi[atod].jpg


 さまざまな方法で動画を視聴してみた。


● 新型の特長

 全体の動作は快適だ。本体のスペック自体は第3世代となった2018年から進化していない。しかしソフトウェアのアップデートのおかげだろう。GUIの操作感は随分と快適になっている。リモコンを使って、ホーム画面からの各項目の選択は快適。 アプリの切り替えや立ち上がりも素早い。TVの後付け機器とは思えない快適さだ。

  •  ネット動画を簡単に楽しめる。

  amz prime video[player-gui]WS2016000539.JPG


現行のリモコンにはアプリボタンが付属する。
我が家ではNetflixと契約しているので、視聴が楽になった。メニューからネットフリックスを探す手間が省ける。 


 •  アベマが使いやすくなった。

新型リモコンでは、ABEMAボタンと番組表ボタンが追加された。
『アベマ』の特長はいつでもニュースが見れる。韓流やアニメ作品も多く、好みの人にはボタン追加により利便性が高まっている。


● 旧型から継続される特長。

  • YouTubeも見れる。



 ブラウザやYouTubeアプリで、自分好みの芸能人の配信やアーティストのPVも見れるが、高画質だ。Firetvはネット動画専用に作られているだけある。私は結構高スペックのPCを使っているが、Firetvのほうが画質が良い。

ただPCやスマホと違って、広告が多いのと消しにくいのが残念なところだ。


• スマホや家族の写真が気楽に見れる。

[firetv-stick]DSC_1490tibi[atod].jpg

 スマホやデジカメの写真や動画が、TVで気楽に見れる。Amazonのクラウドに写真を集めて、家族で大画面で見れる。旅行の後など活躍する。


•  省エネで頑丈

amz prime video[player]WS2016000550.JPG


 低電力で静かなのが良い。私はかってパソコン経由でネット動画やプライムビデオを観ていたが、FireTVなら電気代節約になる。




■ 残念な部分

•  アプリが少ない。

[atod][firetv-browser]IMG_20171224_134248_1tibi.jpg


 AmazonのFireTV用アプリは、相変わらず少ない。初代が2014年に登場してから、もう8年も経つのに停滞している部分だ。 天気予報など実用で使うものですら少ない。RadikoやSHOWROOMなどもアプリが無く、未対応なのが残念。



■ 良いところ

 

d4612-942-802590-1[prt].jpg


・ 小さいので、場所を取らない。
・ ACアダプタも付属。
・ 持ち運びも可能
・ Bluetooth対応
・ DVDやBlue rayなどの大きな再生機械やメディア置き場が不要。

■ 弱点

 ・ 現行機は不要なボタンが多い。
 ・ 有線LANや記憶媒体用の外部入力は無し




● まとめ

[firetv-stick]DSC_1491tibi[atod].jpg


今回はプライムデーで購入したので2千円と爆安でした。

低価格で映画やドラマが楽しめる娯楽用途にはとても良い機器です。
新型で追加されたボタンの趣向に不満はある。しかしFireTV本体やリモコン。GUIなどは使いやすいレベルに達している。

2千円で新しいネットサービスを楽しめる機器と考えると、かなり満足度の高い機器だ。
クロームキャストやスマホでネットを見るより断然便利で安易だ。

お勧めできる機種だ。


YUKA863_ok15185909_TP_V2.jpg





■ 購入用リンク


[AtoD][lan+otghub][route-r_RUH-OTGU3E+C]IMG_20190726_111038tibi.jpg

 本体や便利な用品の紹介。
Firetvの購入に合わせて、新しい機器もいろいろ購入してみました。



■ Fire TV

・Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー




・新登場 Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー






■ 周辺機器


FireTVを使うのに便利な用品。 

・Alexa対応音声認識リモコン(2021年発売 第3世代)
 Amazon

 新型リモコン。定価は据え置き。


 >AmazonMusic版





・Amazonベーシック ハイスピードHDMI2.0延長ケーブル オス-メス

発熱対策や受信感度を上げたい時に便利。 ケーブル長が変わっても価格はほぼ同じなので、使いやすい長さを選べり。

長さ: 0.9m、1.8m、3m、4.5m




■ 無線キーボード+タッチパネル


・EW-RB03 ゲームパッド形状、Bluetooth接続。
 2015年5月発売



私も購入した。発売されてやや期間が経っており、不具合が少ない。
タッチパネル装備でマウスとキーボードとして利用できる。設定の入力やブラウザ閲覧に便利。

カラー:白黒




→ その他のミニキーボードの紹介記事 
 無線式ミニキーボードの使用感想やお勧め点。 FireTVでも便利。


■ ネットワーク機器





・Amazon イーサネットアダプタ

Amazon イーサネットアダプタ [Fire TV Stick (New モデル)、Fire TV対応(2017年発売モデル)]

イーサネットアダプタ。有線LANで接続可能になり通信が安定します。

Fire TV Stick (無印New~第3世代、4K~Max)に対応。90日間限定保証。

私も買いました。有線LANで接続可能になる。 Wifiで繋ぐよりFireTVの発熱が少ない。また回線速度が安定して気に入ってる。






・ルートアール 有線LAN搭載 3ポート充電OTGハブ + microUSBケーブル1.0m RUH-OTGU3E+C

[AtoD][lan+otghub][route-r_RUH-OTGU3E+C]IMG_20190726_105745tibi.jpg

 私も2台目のFireTV用に購入した。有線LANとUSB端子を備えたハブ。
USB対応マウスやキーボードを繋げる。また記憶媒体の増設用にUSBメモリーやHDDを接続して、動画再生などが可能になる。







■ おすすめサービス。

 動画配信の契約はしたほうが良い。YouTubeやアベマでも使えるけど、動画配信を契約したほうが楽しめます。



■ Amazonプライム

Amazonプライム。Amazonの会員サービスです。
映画や音楽も結構充実しているのでお得なサービス。他社サービスにくらべかなり安め。

 登録自体は簡単で、Amazon会員ならクレジットカードの番号を入れるだけ。3ステップほど。数分で終わります。






■ 学生向けサービス Amazonスチューデント

 学生向けのサービス。
プライムとほぼ同様のサービス内容ですが年会費が安くて、6ヶ月の無料期間があります。注意点としてプライム・ビデオやPrime Music特典は無料期間中は使えず、会員に移行すると使えます。

本は10%ポイント還元、文房具・ノートが20%OFFとお得。学生時代は本をたくさん購入するので、お得なサービスだと思う。

AmazonStudent




■ 関連記事

アマゾンのFireTV Stickを使った感想 + 用品集


■ 更新情報

2022年8月18日(木) 作成

■ 関連URL、参考サイト



参考:購入用リンク



この記事へのトラックバック