ドラマ『孫子兵法』を全話見た感想と、あらすじや見所紹介

  

  今回はドラマ『孫子兵法』を全話見た感想と、簡単なあらすじや見所を紹介。

若干ネタバレに近い解説も含むので、知りたくない方は見ちゃダメです。

 ■ 『孫子兵法』とは


 『孫子兵法』の原題は「兵聖」。 中国のTVドラマで、2009年12月から常徳市で放送された。全41話。

主演は朱亜文(中国語版)(チュウ・ヤーウェン)が演じる。

  > プライムビデオ 『孫子兵法』


 ● あらすじ

  

中国は春秋時代。兵法書「孫子」を書いたと言われる孫武の人生を描く。

序盤は斉で、隣国との戦いと家の争い。そして呉国に移って将軍としての活躍。宰相の伍子胥と共に、兵力の強化と隣国との戦いを行う晩年までを描く。

主な展開は隣国との戦い。そして呉の王達や重臣との内紛だ。 そのなかで孫武の采配や行動が見所となる。



■ 全話を見た感想 


  

 前半は面白かった。  
20話まではかなりテンションも高く,展開も早い。戦闘シーンも多くて夢中になって見た。
ただし20話以降は失速する。権力争いや謀略が続くが、孫武側が押される場合が多く、爽快感が大きく減った。

全体では、古い作品なので映像や展開がやや粗い印象。例えばCGが荒っぽくて違和感がある。




 ■ 作品の要素毎の解説。

 
tv-2223047_960_720.png


 見どころを紹介する。


 ■ 話作り、構成について

  

 作品の雰囲気だが、誰でも楽しめる作りだ。
善悪がはっきりしており、キャラクターの行動も明確だ。良い意味で歴史に疎い人や子供でもわかる作りだ。

歴史上の人物で有名だが謎も多い孫武を、ヒーローとして仕立てている構成だ。作戦の打ち合わせや戦闘シーンが多くて、動きが多い。恋愛や脇キャラの生い立ちなどをバッサリと排除しているので、孫武や国の行方に集中して見ることが出来る。

 ● 話の展開

  

 話の軸は主人公孫武の人生。そしてドラマ面では二つあり、隣国との争い。そして国内の問題解決が主体となる。

まず孫武の軸だが、軍師としての成功が目標だ。隣国を責めるにあたり、国内の武力強化。そして戦時では戦略指揮が主体。王族や重臣たちによる暗殺と冤罪、謀略を避ける。そして先読みしての他国攻略が見どころだ。恋愛や友情での葛藤も有るが、良識があり安定している。俯瞰して行動する為、安心して見れるヒーローだ。

惜しい面もある。史実に沿わせるため、各キャラの行動が暴走気味になったり突飛な場合も多い。バランスが崩れている部分も多い。重要なキャラが突然暗殺されたり、伏線泣く翻意したりと驚くエピソードも多い。だが中国史を知るのと意外性の面では良かった。

 ● 構成

  

史実をベースとした創作部分が多いが、展開が面白い。良い意味で荒っぽくパワフルだ。合戦やアクションを増やして、興味を引く。
日本の大河がかなり劣っていると感じた。

ありえないような巨大兵器や大量の兵同士の激突など、まるでロードオブザリングだ。また忍者がいたり、ゲームキャラのような甲冑や兵器が有ったりとやや破天荒な部分もあるが、娯楽性を高める意気込みが凄い。

正直なところ、日本の時代劇や大河が貧相なので「孫子兵法」の勢いはうらやましい限りだ。



● キャラクター

  

 魅力有る人物たち多い。

そして良い人と悪人がはっきりしており、分かりやすい。残念なのは、史実に沿わせるたに悪側が強くて、良い人がほんろうされる。スッキリしない展開が多い。各国の王の堕落。国家間や家同士の諜報や謀略。呉の重臣暗躍など。

見た目では、服装が綺麗だ。また女性陣が綺麗。惜しいのは女性陣は添え物の印象が強い。

わき役は魅力があり演技のレベルも高めだ。意外と度のキャラも長く登場するので、各キャラに愛着がわく。孫武と共にする黥豺(けいざい)、歌人の虞夢など楽しいキャラが目を惹く。

  

・悪人
悪役は残念ながらイマイチだった。堕落する王や金銭欲の強い重臣など。役者の演技は良い。どのキャラも良く似合っていた。若くして堕落していく楚昭王。こずるい伯嚭や費無極など。だが信念や道徳がないため、単なる不愉快な人物で観ていてストレスがたまる。

悪である理由が生い立ちなどで説明されていない。私利私欲で行動して、またしつこく生き延びて成敗されない。



■ 印象に残る・感動したシーン

  

・17話「背水の陣」 将軍役をはく奪された沈尹戌と息子の沈子成は、孫武たちの前に立ちはだかる。
呉軍の猛攻撃に立ち向かい、弁慶の立往生のように沈親子が絶命する姿は圧巻だ。


■ 謎解きと解説


 不可解な部分とオチやラストシーンの解説。 ネタバレと謎やオチ解説なので知りたくない方は見ちゃダメ。



■ キャラ解説

  

孫武: 謎が多いため作中の人生では脚色が多い。
史実では、柏挙の戦い後に闔閭が亡くなる。そして孫武たちが越に勝利するが、その後くらいからは記録が無い。

黥豺(けいざい):創作の人物。真っすぐで力もち。安心できるキャラだ。

国無咎(こくむきゅう):創作の人物。復讐心が不幸を招くという設定で、孫武や伍子胥に対する暗黒面のような存在だ。俳優は、目が大きくなったイ・ソジンのような雰囲気だ。

  

高紫蘇:架空の人物。三角関係や敵の娘であるなど、ヒロインの素質は十分だった。

  

伍子胥(ごししょ): 作品では、楚の軍人時代に既に孫武と会っていると脚色された。”死屍に鞭打つ”が有名だ。

翟芊;架空のキャラ。後半のヒロインとなった。終盤で出自が明らかとなり、驚く展開となる。

欧冶子(おうやし): 刀匠のおじいちゃん。古代中国の刀鋳造の創始者。越、楚、呉など各国王の剣を多く鍛造した。鉄を切ったりや岩をも砕くと言われる剣を作った。伍子胥の持っていた剣(七星龍淵劍)や呉王を殺害した魚腸刀も作っている。欧冶子の剣は、首都を包囲する敵軍を気で一層したなど。RPGの世界を具現する凄いじーさんだ。

  


干将と莫耶: 名剣の製作者。


■ エピソード解説 

 
clapperboard-146180_960_720.png

 エピソード毎の謎や説明不足な面を解説。 時間順に紹介。

・穹窿山;実在する山。江蘇省蘇州で最も高い山。孫子が棲んで、「孫子」を書いたとされる山。


・ 30話「伝説の刀匠」

  

後半で大事なのが武器の調達と開発だ。そのため刀鍛冶が鍵となるが、名剣を作る為に驚く展開となる。王達の陰謀で刀匠が犠牲になる。見るとトラウマになるエピソードだ。

だが伝承で欧冶子が炉に入れられたという話は無い。 似た話では、干将と莫耶は剣の完成が遅れたので王によって殺された、復讐の為子供が犠牲になったなど残酷なものが残っている。また『呉越春秋』での剣の製造の記述を、莫耶自身が炉に身を投じたと解釈される場合もある。身を投じたのは創作と言われている。 「孫子兵法」の作中では、干将と莫耶に関する残酷な伝承から刀匠の殺害を創作したと思われる。

エピソードとしては、武器に関しては軍装の開発と王剣制作と二つの話が絡んでおり、やや混乱と破たんしている。


■ ラスト


 

 最終話。キャラとやや分かりにくいオチを解説。

史実で孫武の最期は謎だ。王に殺害されたともいわれる。
ドラマでも暗殺説を採用しているが、痛快にアレンジされている。後半は報われることが少なかった孫武たちだが、子どもたちと友人を連れて故郷へ向かう。視聴者が喜ぶ、楽しいエンディングだ。

 ● ラストシーン。

ラストで孫武たちは船で呉の國を後にする。孫武は船上から、岸に残る呉の王と奸臣に忠告する。

「戦いでは、仁義を元に行う。そして政治は民を考える。そして得を重んじて小人を遠ざける。正義を貫くように」
孫子兵法の大事な部分で有り、ドラマでも孫武が一貫して示した信念だ。 最後にもう一回唱えることで、作品のテーマを強調している。


・ 孫家族はどうなった? 

 作中での孫家族は、孫武が生まれた斉へ向かう。
作品序盤で、孫武の祖父が「成功したら帰ってこい」の言葉に従ったわけだ。「生きてるうちは際には帰らない」と強がっていた孫武だが、最後は祖父の願いをかなえた。また孫武の親友である国無咎と、青年時代孫武の恋人でもあった紫蘇の子供が国に帰ることを成功させた。

史実での孫臏に繋がる展開だ。孫臏は斉の軍師であり、孫臏兵法を作ったとされる。





■ 國や登場人物。その後

 作中では触れられない、その後。

● 呉の国、その後はどうなった?

作品で呉の後は描かれていない。 歴史から紹介する。

呉は越によって滅ぼされる。なお倭人が「呉の太伯(句呉を建国した君主)の子孫」とされる伝説もある。
敵対していた越もやがて楚によって滅ぼされる。 


● 人物

・伍子胥は越を警戒して国力浪費を心配する。それゆえ覇者となろうとする夫差との間に軋轢が生じる。そして伯嚭による讒言で、夫差の命により自害する。

  

・越の王勾践は、伯嚭が夫差を説得して越に帰ることを許される。越の滅亡に成功するが、その後勾践は讒言に惑わされ始める。重臣の范蠡は去り、勾践は文種を自殺させる。そして越も衰退していく。

  

・夫差は後に他国へ侵略するが、やがて越に脅かされる。そして山に逃げて、かって自分が侮った勾践と同じ状態になる。
勾践は呉の説得により夫差を島流しで許そうとする。しかし夫差は、伍子胥に謝りりながら自害する。

・伯嚭は、勾践によって処刑される。



■ その他


・ 他作品との関連性

 残念ながら、今作「孫子兵法」からのキャラが重複するシリーズやスピンアウトした様な作品はないようだ。

・孫子《兵法》大伝 ;2010年の中国テレビドラマ。孫武を扱う作品。35話。

 日本でもWOWWOWで放送された。
 https://www.wowow.co.jp/drama/sonshi/

・「鬼谷子-聖なる謀-」。2016年の中国のテレビドラマ。

全52話。孫臏の師と呼ばれ、算命学を生み出した鬼谷子の人生を描く。
冒頭から孫子兵法が重要なアイテムとして登場する。


・ロケ

涿州影视城や横店映画村(横店影視城)などでも撮影。

孫武が済んで兵法を書いたと言われる、穹窿山でも撮影された。





■ 作品の長短所

 ● 良いところ

・ お金が掛かってる、映画並みのセットやアクションで進行する。
・ アダルトなシーンが無いので家族で見られる。
・ 前半は展開が早い。
・ 恋愛要素が少なくて話がシンプル。

 ● 気になる点


・キャラが多くて名前が覚えにくい。
・史実に合わせるため不整合な展開や説明不足なキャラの動きが多い。
・後半はやや退屈。

● 勉強になったところ

 人は位が上がると、堕落の道へ落ちやすい。奸臣も増えて讒言に惑わされやすくなる。




■ 総評とこれからへの期待


 総評 70点。 

 観終わった感想だが、後半が疲労感があったものの、全体では学ぶ部分が多い作品だった。
現在でも人気が高い孫子兵法を上手く取り込み、ドラマに仕上げている。

史実がベースとなるため無理が出る部分が多いが、娯楽性も高くて良く出来た作品です。




■ 関連用品

ドラマ「孫子兵法」に関わる製品。



■ 作品リンク

 • プライムビデオ 『孫子兵法』


 ■ 映像作品


clapperboard-146180_960_720.png

 DVD-BOX化されている。ブルーレイは未発売。






■ 音楽作品


 サントラ等の発売は無いようだ。


■ 更新情報

2022年4月11日 作成

■ 参考、関連リンク

• Amazonプライムビデオ
  > プライムビデオ 『孫子兵法』


参考: Amazonプライム
amz prim [logo] WS2016000535.JPG

この記事へのトラックバック