TOPPINGからUSBアイソレーター「HS01」が登場。 簡単に使えるノイズ低減機器。

B09LCRCT8T

 TOPPINGから新型USBアイソレーター「HS01」が登場した。

今回は特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ HS01とは


B09LCRCT8T

 TOPPING初のUSBアイソレーター。日本では2021年11月に発売された。 

新系統の拡張機器となる。特徴は小型で接続も簡単。

■ USBアイソレーターとは

USB
USB / Kevin Doncaster


 USB接続時のノイズ低減機器だ。
例えば、PCやスマートフォンから入力した信号とDAX間でのノイズ低減が可能だ。

価格や原理、効果は各社によって異なる。TOPPINGの場合はグランドループ分離に力を入れている。
形状は主に2種類。USB端子に接続するだけのUSBメモリーのようなタイプ。そしてケーブルの途中に挟むタイプが主流だ。



■ 特長と性能


B09LCRCT8T

 ざっくりいうとノイズリダクション機器だ。
対応はUSB2.0のみ。なお外部電源供給も対応している。



■ 評価と性能

 B09LM6FRYG

気になるのは性能ですね。
USBアクセサリーは、価格や原理もさまざま。そして購入者の評価が真っぷたつの場合が多い。

だがHS01の場合は購入者は海外レビューサイトでの評価も良好。
ノイズの実測値も、公開している。実際に効果があるようだ。

B09LM6FRYG

B09LM6FRYG



■ 外観と内容

B09LCRCT8T

外見は、シンプルなデザインだ。USBメモリーを大きくしたような、LANアダプターに似た形状だ。

上面にTOPPINGのロゴが入る。

多くのUSBアイソレーターは筐体が樹脂製だ。だがHS01では金属合金製のシャーシが採用さている。

サイズ;0.9*5.3*2.3CM(L*W*H)


● 梱包

白い紙箱でTOPPINGのロゴと側面にURLが入る。そして型抜きされたスポンジへ本体と付属品が収まる。

 説明書は英日文が用意される。内容は簡素なものだ。機器の接続例。そして本体解説では
ランプと端子の説明くらいだ。

B09LM6FRYG


● 接続

B09LCRCT8T

入力側はUSB-のBタイプ(メス)。出力はUSBのAタイプ(メス)だ。
なおハブ経由での接続ではなく、直接接続が薦められている。


USB / matsuyuki


ケーブルは入力側のみ付属している。

USB2.0のオーディオ機器以外には対応しない。例えばUSB1.0のキーボードやマウスなどだ。

B09LM6FRYG

● 側面 

側面にLEDインジケーターを備える。
ランプは電源接続と、入力信号の認識を示す。接続時には点滅する。


● 内部、機能


B09LCRCT8T

 機能としてはグラウンドループのノイズ防止が目的の機器だ。

ソース側の機器のグランド接続を流れる電流れる電力によって引き起こされるノイズからDACを電気的に分離する。

なおTOPPINGらしく、細かい回路構成や使用部品などは公開されていない。

・高品質のUSB変換

最大32ビット/ 768kHz PCMをサポートし、ネイティブDSD512をサポートする、


● 背面、電源など。

電源供給は USB-Cで5Vが可能だ。なお接続機器がバスパワー(電源供給が不要に場合)の場合は使わなくていい。


色: 黒

B09LCRCT8T



● お勧めポイント

 • バスパワーと電源供給にも対応。

 X 弱点や気になる所

 • USB2.0のみ対応。




 ■ 感想

 TOPPING製のオーディオアクセサリーが登場です。

USBのノイズ低減アクセサリーは低価格で接続も簡単。気になる人も多い機器です。

HS01も人気が出るか注目のモデルです。





■ 購入用リンク


 販売ショップは多め。AmazonやYahoo、楽天に取り扱いがあり。

・Amazon 



・通販リンク







 ■ 注意事項 ・ウェブサイトのご利用条件
 
  * 文章を読みやすくするため、敬称は略させて頂いている場合があります。


■ データ

TOPPING(トッピング)はブランド名。中国は広東省の省都、广州市にある会社。 ~ ブランド名は”伸びる物、トップの品質である”から。 製品の品揃えは主に小型アンプとDAC。そして現在は高級機が主流となる。

中華アンプの中では高価格の部類で 品質や高性能を求める方にお勧め。販売傾向は同型をまめに部品を更新し磨き上げる。小型機では珍しく長寿機が多い。



■ 更新情報

2022年4月7日(木) 作成


■ 参考動画

・ fanの動画

■ スペック


■ 関連、参考サイト


■ 関連記事

S.M.S.L製オーディオ機器の紹介 2018年版 [特長と購入リンク]