TOPPINGの新型 ヘッドフォンアンプ「DX5」の解説

B09WHLDFD5

 TOPPINGから新型 ヘッドフォンアンプ「DX5」が登場した。

今回は特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ DX5とは


B09WHLDFD5

TOPPINGの新型ヘッドフォンアンプでDACも内蔵する。日本では2022年3月に発売された。 
同社では新系統の高級機となった。同社ではDACに分類されている。特徴は高性能でバランス出力も搭載する。


■ 特長と性能


同社では中~上級機。液晶画面採用機では上級機となり入出力は多い。
流行の機能を持つ新系統のモデルだ。DACやリモコンも装備する。出力モードは4つ。「ヘッドホンアンプ」、「ヘッドホンアンプ+ライン出力」、「DAC」、「プリアンプ」だ。

さらに無線や高級コーデックに対応する。MQAやLDACに対応。

B09WHLDFD5




■ 外観と内容

B09WHLDFD5 

外見は、新しいデザインだ。両端部が弧を描いて絞り込まれる。
カラーは黒と、銀モデルは黒との2トーン構成。

本体はアルミシャーシで、CNC加工。
大きさは幅が180㎜で奥行きは148㎜、高さは45㎜。カーオーディオの1DINに近い。

天板にハイレゾとハイレゾワイヤレス、そしてMQAの認証シールが貼られる。

● 前面

前面は液晶画面とヘッドフォン端子と回転ノブを備える。
パネルはOLEDを採用。表示項目は入出力端子。音量、ソース・ビットや周波数、デジタルソースの規格アイコン(MQA,DSD,USB)。

メニューからはPCMサウンド・フィルター3種設定可能。
表示ではディマー機能が利用可能で、30秒。明度は3段階設定が可能。ラインアウトのプリとDACモード切り替え、ヘッドフォンアンプのゲイン切り替え、出力チャンネル設定、ラインアウトの出力設定。Bluetoothのオンオフが可能。

ノブがマルチファンクションボタンを兼用する。電源の待ち受け状態の操作が可能。また自動待ち受け機能の利用も可能。ノブは設定の選択や変更、保存を行える。またリモコンからほどんでの機能が設定可能だ。

ヘッドフォン端子はXLRバランス、6.35mmアンバランスを採用。


● 内部、機能

B09WHLDFD5

NFCA(Nested Feedback Composite Amplifier)回路を搭載。同社高級機に搭載される回路で電流電圧、ゲインをフィードバックして低ノイズを実現する。

B09WHLDFD5

DAC:ESSの32ビットDAC 9068ASを2基搭載。SABRE 2チャンネルオーディオファン向けのDACで、世界初のMQAハードウェアレンダリングを備えた。 対応ビットレートや周波数は広めで最大でPCM768kHz、DSD512にも対応する。7種のデジタルフィルターやDSDフィルターを備える。
USB受信部: 第2世代XMOSであるXcore200 XU216を採用。最大32bit / 768kHzのPCMサンプリングレートやDSDに対応する。

・ サンプルレート
USB/サンプルレート:1-32bit、44.1~768kHz DSD最大サポート:DSD512 
光/同軸入力サンプリングレート:16~24bit 32~192kHz、

デュアルオペアンプOPA1612を5個使用。

● 無線

B09WHLDFD5

クアルコムの最新Bluetoothチップを採用。QCC5125チップセットを搭載。
対応:LDAC 24bit/96kHz、APTX/HD/LL、SBC、AAC


● 背面、電源など。
背面:入力端子にUSB/光ファイバ/同軸/Bluetooth。出力にRCAとXLRを備える。端子は金メッキ。背面端子に小型アンテナの接続も可能。

電源:電源部は内蔵される。3ピン端子で主電源スイッチも装備する。


色: 黒、銀



● お勧めポイント

 • コンパクトで高性能。多機能
 • バランス出力に対応。
 • 入出力が豊富。
 • リモコン付属。

 X 弱点や気になる所

 • デザインは個性が有る。




 ■ 感想

同社では、新系統のデザインとなった。
海外サイトでの性能評価も高い。DACの統合ランキングで5位内にはいるなど、なかなかの性能。
これから人気が出るか注目のモデルです。


■ 購入用リンク


 販売ショップは少ない。Amazonに取り扱いがあり。

・Amazon 
 


・通販リンク

[入荷待ち]


■ 周辺機器


 使う時に便利な用品



■ ケーブル

 ケーブルを変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。



• Topping ラインケーブル TCR1
 2017年9月日本入荷。

 純正のケーブル。
材質:金メッキ銅RCAヘッド+銀メッキ無酸素銅線

長さ: 25cm、75cm、1m、1.5m、2m

 





 ■ 注意事項 ・ウェブサイトのご利用条件
 
  * 文章を読みやすくするため、敬称は略させて頂いている場合があります。


■ データ

 TOPPING(トッピング)はブランド名。中国は広東省の省都、广州市にある会社。 ~ ブランド名は”伸びる物、トップの品質である”から。 製品の品揃えは主に小型アンプとDAC。そして現在は高級機が主流となる。

中華アンプの中では高価格の部類で 品質や高性能を求める方にお勧め。販売傾向は同型をまめに部品を更新し磨き上げる。小型機では珍しく長寿機が多い。



■ 更新情報

2022年4月7日(木) 作成


■ 参考動画

  

・ fanの動画

■ スペック

B09WHLDFD5


■ 関連、参考サイト


■ 関連記事

S.M.S.L製オーディオ機器の紹介 2018年版 [特長と購入リンク]