Toppingから人気DACのバージョンアップ「D10s」が登場。

B08CTZ3CH8

 TOPPING社から、DAC『D10s』が登場した。
今回は『D10s』の特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ 『D10s』とは


B08CTZ3CH8

 TOPPING社で人気が高いDAC「D10」の後継機。

D10シリーズはヘッドフォンアンプを持たないDACで、同社では低価格でとても人気が高いモデル。特徴はディスプレイ装備で小型。
『D10s』では同社がマイナーチェンジ機に与えている「s」の記号が付いた。

B08CXM8BWX


■ 特長と性能


B08CV1DSX4

 小型DACだが、かなりの高性能機。DACのみに機能を絞り込んで、高性能ながら低価格で人気機種になっている。D10の入力はUSBのみ,出力はデジタルとアナログ対応。PCとの使用と、出力にパワーアンプやヘッドフォンアンプとの組み合わせが推奨されている。




■ 外観と内容

B08CV1DSX4

  大きさは同社製品では小さい。床面積はCDケースくらい。高さは3.7センチと薄い。

B08CV1DSX4

 外観は「D10」から継続されて、オレンジの表示部を搭載するデザイン。上面に「Hi-Res Audio認定」のシールが貼られている。「D10」と外観はほぼ同じで「D10s」では機種名の書体が変わっているぐらいだ。

B08CXM8BWX

画面は、周波数と入力形式を表示可能。自働ディマー機能も有り。

B08CV1DSX4

特長はXMOSを搭載しDSD対応。USB入力にはXMOSのXU208チップを使う。DACは「D10」が使用していたESS TechnologyのES9018K2Mから、「10s」ではES9038Q2Mへ更新されており低ノイズ化されている。対応ビットレートや周波数は広めで、PCM最大768kHz、DSD512にも対応する。

USB DAC対応: 44.1kHZ-384kHZ/16bit-32bit、DSD64-DSD256(Native)、DSD128(Dop)
光 / COAX OUT対応:44.1kHz-192kHz / 16Bit-24Bit。DSD64(Dop)
デジタル出力:OPT / COAX。アナログ出力:LINE OUT

B08CV1DSX4

オペアンプ部はD10と同様にソケット化されており、LME49720NAを使用する。

最近の同社DACと同じく、カスタマイズされたThesyconドライバ(Windows)を採用。
電源は機能はPCと電源連動可能。バスパワー供給。

色: 黒、銀

B08CTZ3CH8



● D10sのお勧めポイント

 • 高性能ながら価格がとても安い。Toppingでは最安クラス。
 • コンパクト。
 • バスパワーで駆動する。
 • ESSのオーディオ用DACを搭載する
 • 扱いやすい入出力端子が揃う


 X 弱点や気になる所

 ・リモコンは非対応。
 



 ■ 感想

according-to-214445__340.jpg

 低価格で人気が有る「D10」がパワーアップしました。小型で高性能、また入出力も使いやすい端子が揃う。

後継機でも、TOPPING入門に人気が続きそうな機種です。




■ 購入用リンク


amazonに取り扱い有り。
価格は1万円程で、とても安い。




 >通販サイト検索リンク




■ 周辺機器


 使う時に便利な用品



■ ケーブル

 ケーブルを変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。



• Topping ラインケーブル TCR1
 2017年9月日本入荷。

 純正のケーブル。
材質:金メッキ銅RCAヘッド+銀メッキ無酸素銅線

長さ: 25cm、75cm、1m、1.5m、2m

 


 ■ 動画





■ 注意事項  ➤ ウェブサイトのご利用条件


■ データ

 TOPPING(トッピング)はブランド名。中国は広東省の省都、广州市にある会社。 ~ ブランド名は”伸びる物、トップの品質である”から。 製品の品揃えは主に小型アンプとDAC。そして現在は高級機が主流となる。

 中華アンプの中では高価格の部類で 品質や高性能を求める方にお勧め。販売傾向は同型をまめに部品を更新し磨き上げる。小型機では珍しく長寿機が多い。


 ・D10との比較表
B08CTZ3CH8



■ 更新情報

 2020年8月28日 作成

■ 関連SNS

■ 参考動画

■ 関連、参考サイト


■ 関連記事

2018年版 TOPPING 全現行モデル紹介。特長と購入用リンク