Toppingから新型ヘッドフォンアンプ「A90」が登場。解説と購入用リンク。

B088RDH4DP

 TOPPING社から新型ヘッドフォンアンプ『A90』が登場した。
今回は『A90』の特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ A90とは


B088R9W518

 TOPPING社の新型ヘッドフォンアンプ。プリアンプとしても機能する。
3月に公式Twitterで翌月に発売が予告された。やや遅れて5月18日に発売。日本では6月に発売された。

ヘッドフォンアンプでは、同社で最上級機になる。特徴はバランス出力に対応。


■ 特長と性能


B088R9W518

 多くの入出力に対応しながらも、高い性能を持つ。
筐体サイズは同社ヘッドフォンアンプでは最大となる。「A90」にはプリ機能があり、同社DACやパワーアンプと組み合わせられる機種となった。

B088R9W518



■ 外観と内容

B088R9W518

 TOPPING製ヘッドフォンアンプに多い、センターにヘッドフォン端子、右端にボリュームを配するデザイン。先行したDAC「D90」と揃うデザインとなった。そして最近のToppingモデルと同様に、A90でも端部が曲面加工されている。 

B088R9W518

 大きさは同社製品ではやや大きめ。幅が22㎝でCDケース2枚分くらい。高さは4.5センチでカーオーディオの1DINよりやや小さい。

B088RDH4DP

 前面はヘッドフォン端子と、操作系はトグルスイッチとボリュームを持つ。

B088RDH4DP

スイッチで電源、プリとヘッドフォンアンプモードの切り替え。入力切替、ゲイン切り替えが可能。
 
内部にはNFCAモジュール(ネストフィードバックコンポジットアンプ)が搭載。0.2uVの超低ノイズと145dBの高ダイナミックレンジを持つ。

B088RDH4DP

背面にバランスとRCAの入出力を装備。電源は背面の3ピン端子から供給可能で100V~240Vに対応する。背面に主電源スイッチあり。 

色: 黒、銀




● A90のお勧めポイント

B088R9W518

 • 入出力が豊富
 • バランス出力に対応
 • プリアンプとして使用可能


 X 弱点や気になる所

 ・価格はやや高め。
 



 ■ 感想

B088QZX14D

 同社ヘッドフォンアンプは小型モデルが多く、「A90」では珍しく大きめの筐体を持つモデルになった。

 最近は、DACやDAC内蔵アンプで人気が高いToppingだが、アンプに力を入れた「A90」は人気が出るか注目のモデルです。



■ 購入用リンク


 現在の所、amazonに取り扱い有り。




■ 周辺機器


 使う時に便利な用品

・ DAC「D90」

 Toppingの新型DAC。A90とサイズが揃う。

 ● 標準版




 ● MQA対応版





■ ケーブル

 ケーブルを変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。



• Topping ラインケーブル TCR1
2017年9月日本入荷。

 純正のケーブル。
材質:金メッキ銅RCAヘッド+銀メッキ無酸素銅線

長さ: 25cm、75cm、1m、1.5m、2m

 


 ■ 動画






■ 注意事項  ➤ ウェブサイトのご利用条件


■ データ

 TOPPING(トッピング)はブランド名。中国は広東省の省都、广州市にある会社。 ~ ブランド名は”伸びる物、トップの品質である”から。 製品の品揃えは主に小型アンプとDAC。そして現在は高級機が主流となる。

 中華アンプの中では高価格の部類で 品質や高性能を求める方にお勧め。販売傾向は同型をまめに部品を更新し磨き上げる。小型機では珍しく長寿機が多い。


■ 更新情報

 2020年6月5日 作成


■ 関連SNS



■ 関連、参考サイト


■ 関連記事

2018年版 TOPPING 全現行モデル紹介。特長と購入用リンク