GYAOで『ブラック・ジャック』テレビシリーズ版の無料配信が開始。+解説

 

 GYAOで『ブラック・ジャック』テレビシリーズ版の無料配信が開始された。

『ブラックジャック』はジャンルが人の生死にかかわる医療であり、原作では医療のタブーや倫理観など深い部分に切り込んでいる作品だ。そのため時勢によっては作品掲載やアニメ版は放送が自粛される場合も有る。 しかし『ブラックジャック』の本質は、生命や医療へ多くの問題提起や解決方法も含んでいる。 いま、この時期にこそ多くの人に見てもらいたい作品だ。


今回は作品解説と、配信について紹介する。


 ■ 「ブラック・ジャック」TVアニメ版とは


 2004年のテレビアニメ版が、GYAOで配信が開始された。

 TV版「ブラック・ジャック」は、よみうりテレビのアニメ。
2014年10月11日 ~ 毎週月曜 7:00 - 19:30に放送されて、全61話+スペシャル版2話

 2003年のテレビスペシャル版での好評を受けて制作された。手塚治虫原作『ブラック・ジャック』では初のテレビシリーズ。監督は手塚眞。アニメーション制作は手塚プロダクション。声優はOVAの出崎・杉野版からの流れを受け継いでおり、ブラック・ジャックを大塚明夫、ピノコを水谷優子が担当している。

 ● 構成や制作スタッフ

構成は1話完結のオムニバス形式。なおアニメ化や現代に沿わせるため、ストーリーや医療部分に若干の変更やアレンジ、エピソード追加が行われている。またゴールデン帯放映のため手術描写が少ない。そして展開も死亡するオチなどが改変されて、優しい話になっている場合が多い。 構成では、レギュラーキャラが追加された。喫茶店マスターにひげ親父、ブラックジャックの恩師である本間の娘、飼い犬ラルゴや写楽が追加されいる。シリーズものとして流れがあり見やすい。

 面白いのは、キャラクターデザインが話によって変わるシステムが採用されている。話によって色んな絵が楽しめる。音楽では、邦楽や日本の映画やドラマで有名な松本晃彦が担当しているのも面白い。

作品は2006年3月に終了。4月から『ブラック・ジャック21』にタイトル変更され、連続ストーリーになった。


■ 簡単なあらすじ


 

 神のようなメスさばきで、奇跡を生み出す生命の芸術家。時代が望んだ天才外科医「ブラック・ジャック」。

第一話は、原作版で最終発表となる「オペの順番」が選ばれている。 


■ 公開された動画について

 
 GYAO放映版は本編と次回予告、本放映時に有ったおまけコーナーも含まれている。再放送時に省かれることが多いので、希少だ。

 

 ● 今回の配信内容  

更新予定: 月・木・土 00:00

 1話づつ追加されて、2週間無料公開。 なお一話のみ8月17日まで公開。

 ➤ ブラック・ジャック Karte:00 オペの順番



■ 感想 


 最近、アニメ版の『ブラック・ジャック』が見たいと思っていたので、うれしい。

今見るとTVアニメ版は、原作に沿った優しい絵柄で制作や声優も最強の布陣だ。内容もTV向けに優しくされており、多くの人に伝わりやすくなっている。




■ 関連製品




■ 映像作品

・アニメ(ブラック・ジャック)DVD-BOX TV全63話 完全版 16枚組

 TVアニメ版のDVDボックス。

 



・ブラック・ジャック ~Blu-ray BOX~

 OVA、劇場版をまとめたもの。

 




■ オンデマンド、ネット配信

 ・ YouTube【公式】ブラック・ジャック 第1話『オペの順番』 - YouTube
   

   YouTubeで一話が無料配信中



 ・ Amazon 『ブラック・ジャック』

   プライムビデオでも配信中。現在はdアニメストアで扱われている。

  → 『ブラック・ジャック』





■ 音楽作品

・ブラック・ジャック オリジナルサウンドトラック SOUND KARTE SPECIAL

 




■ 『ブラック・ジャック』とは 

 手塚治虫の漫画。1973年から連載された。

 発表時期の手塚治虫は、漫画界流行の変化に苦戦していた。作品の不振、虫プロの倒産など不調・苦境時の作品で、手塚最後の作品となる予定だったともいわれる。 

 『ブラック・ジャック』は、当初読み切りだったが徐々に人気を上げて長期連載作品となる。後に不定期でも掲載された。
現在は『鉄腕アトム』や『火の鳥』にも負けない、手塚治虫の代表作になっている。




■ 関連記事