「PowerDVD 20」の解説と使った感想 ~動画やディスク再生を高画質・高音質化できるプレイヤー

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001712tibi.jpg

 動画プレイヤー「PowerDVD20」が登場。
多様な再生に対応し、そして画質や音質向上機能を持つのが特徴。

最新版となる「PowerDVD 20」を使った感想を紹介する。
sound-64.png

 

「PowerDVD 20」とは



  [PowerDVD_20][atod]WS2020001681tibi.jpg

 PowerDVD はパソコン用動画再生ソフト。
歴史の長いソフトで、現在はBDやDVD,動画にも対応する。そして新サービスやネット動画にも対応。13年連続でビデオ関連・再生ソフトでナンバーワンの販売数を誇る。

最新版「20」は、2020年4月14日(火)にダウンロード版が発売。パッケージ版は5月15日(金)からと今回は遅くなった。

 [PowerDVD_20][PR][atod]maintibi.jpg

製品版は3種のグレード(ウルトラ,プロ,スタンダード)が有り、他に期間契約の『ライブ』が『365』に名称変更。そしてアカデミックとアップグレード版、30日無料体験版の『エッセンシャル』がある。なお販売形態はパッケージ版とダウンロード版がある。


■ 最新版「20」の特長

  [PowerDVD_20][PR][atod]sub3tibi.jpg

 「20」の進化点は、 基本機能ではブルーレイ再生速度が向上した。そして、クラウドと多機種間での対応力と機能増加が主となる。

近年はPCやスマホなど、異なる2つ以上の端末による視聴が増加した。そこでPowerDVDはサイバーリンククラウドでの異なるデバイス間での視聴を提供する。PowerDVDを持っていないユーザーでも、ブラウザーからコンテンツ視聴が可能だ。

 ● Ultra,365の新機能

・ブルーレイの再生開始速度向上。
・マルチデバイス再生:PowerDVDライブラリ内の動画、音楽、写真を家庭内LAN、WiFiで共有可能。スマートフォン、タブレット、パソコンなど複数のデバイスで同じコンテンツを再生可能。
・機器間での続き見再生が可能なクロススクリーン再生
・クラウドが100GBに容量アップ。
・スマートフォン連携:Android、iOS 用アプリPowerPlayerでサイバーリンククラウドやスマートフォンにあるコンテンツ再生、オフライン用にダウンロード可能
・Webブラウザーでコンテンツ再生:PowerDVDがインストールされていないパソコンでもWebブラウザーから共有されたコンテンツを再生。対応はWIN、MacOS上のSafari、Chrome、Firefoxなど。
・AI顔認識エンジン:写真を貌認識で分類し管理可能。
・YouTube 8K 動画再生
・Blu-ray、UHD Blu-rayでISO対応
・HDR to SDR :HDR10動画をSDRモニターに最適化 

 ●  全バージョン共通

・映画/シリーズ動画 情報データベース
・サムネイル付きのチャプター/ブックマーク



使用 音質や操作感解説


  [PowerDVD_20][atod]WS2020001659tibi.jpg

 最新版「20」のエッセンシャルを、Win10PCへインストールして実際に使用する。Ultra、365の上位版機能がほぼ使える。


■ 使用感と特長


 歴史のあるソフトで、外観やGUIは完成している。
私が感じる特長紹介。



■ 外観

  [PowerDVD_20][atod]WS2020001665tibi.jpg
   画像: PCモードのメニュー

 外観は綺麗でシンプル。今回は外観の変更は抑えめで「PowerDVD 19」からの大きな変更点は無い。

メニューやボタンがコンパクトに配置されており、画面が広くて全体に洗練されてる。背景画像は、規定で綺麗な画像が用意されており変更も可能。 

 表示画面はPCとTVモードが選択可能。TVモードではシンプルな画面で操作が可能だ。GUIの構成は「19」とほぼ同じ。

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001752tibi.jpg
   画像: TVモードのメニュー

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001747tibi.jpg
     TVモードのプレイヤー画面




新機能や独自機能


 [PowerDVD_20][PR][atod]sub4tibi.jpg

 今回目立つ進化点は、多機種間での連携と、クラウドのストリーミング再生が強化された。ウルトラと365での機能だ。

従来の「POWERDVD」は、主にPC向けの機能が多かったが「20」では現代環境に合わせて、スマートフォンやタブレットとの連携が便利になった。例えば、家族との共用や外出での視聴に使える。

 実際に使ってみる。



1 . クラウドからのストリーミング

 [PowerDVD_20][PR][atod]sub5tibi.jpg

サイバーリンクのクラウドから、PCやスマホでもストリーミング再生が可能になった(以前は、動画はダウンロード再生だった)。動画や音楽、画像にも対応している。スマホ側アプリが無料なのが良心的だ。PCはブラウザーからも、スマホはアプリ経由で簡単に使えた。  なお近年は各社クラウドの容量が縮小傾向にあるが、PowerDVDウルトラ購入の場合は1年間100GBが使える。



2. 映画/シリーズ動画 情報データベース

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001666tibi.jpg

サイバーリンク運営データベースから、ライブラリ内の動画情報を表示する。試したところ、海外データであり英文が表示される。例えば、マイケルジャクソンのBDは英語で情報が出る。日本アーティストのDVDでは情報自体が表示されなかった。~ 登場したばかりの機能なので今後に期待したい。



3. 多機種間での連携

 tv-627876_960_720.jpg 

 実際に家庭内でデスクトップPCとタブレット、FireTV装着の家庭用TVで連携させて使用した。

・ PCの「POWERDVD」とFireTVの連携。

 PoweDVDは、PCの再生動画をTVへWifi経由で転送が可能だ。TV側からの操作も可能で、続き見が容易になっている。

  [PowerDVD_20][atod]WS2020001754tibi.jpg  
 画像: TVに動画転送中のPC画面

 導入は簡単だ。FireTV側で無料アプリ「PowerDVD Casting」を入れて起動させるだけ。あとはPC側のPowerDVDで[キャストボタン]を押せば、あっさりと転送されてる。FireTV側でミラーリング機能の操作は不要。PC,FireTV側から操作できてレスポンスもまずまず。なおWifi向けの機能だが、有線LANのネットワークでも動作した。


 ・ タブレットとPCを連携  

 [PowerDVD_20][PR][atod]sub1tibi.jpg

PCとタブレットをWifi経由でLAN接続した。DLNAでPC内ファイルの再生がスマホなどで可能。またPC側からスマホで撮影した写真や動画を見ることも可能だ。利用には「Power Media Player」 を使う。 使用感だが、Windowsのメディアサーバー機能よりは気楽に使える。 クラウドファイルの再生もアプリから簡単に行える。



■ 新機能と独自機能を使ってみて

 クラウド再生やDLNA機能は簡単で使いやすい。「POWERDVD」とサイバーリンクのアプリを揃えるだけで、多機種間で連携出来て便利に感じた。またWindows規定のDLNA機能や、他アプリの使用や設定を難しく感じる方には心強い。 

LANやDLNAで行う多機種間での連携は、様々な機器とソフトの組み合わせと接続方法があり、頭を使う。「PowerDVD」なら気楽に出来て楽だった。



動画再生と画質


  clapperboard-146180_960_720.png
 [PowerDVD_20][atod]WS2020001710tibi.jpg

 動画を再生して、「20」の性能や画質を紹介する。
 


 ● 動作
 
前回のPowerDVD「19」から64ビットエンジンとなり、全体の動作が高速化された。「20」にも受け継がれてプレイヤーの動作は軽快だ。操作反応が良くて、動画が即再生される。メニューの切り替え,早送りや最大化も早い。そして全体の動作も安定している。


 ■ 画質

 tv-2223047_960_720.png
 [PowerDVD_20][atod]WS2020001736tibi.jpg
   画像: YOUTUBE1080P動画 画質向上ON
 
 気になる画質はファイル,BDディスク,ネット再生とも良好。動画プレイヤーでも最上の部類だ。



 ● 高解像度「TrueTheater 技術」の実力は?

  [PowerDVD_20][atod]WS2020001724tibi.jpg
    画像:TrueTheater ON

 画質向上機能「TrueTheater 技術」を紹介。

PowerDVDの最も売りである機能で「20」にも搭載される、独自機能のアップスケール,ノイズリダクション,色,画質,手ぶれ補正が可能。実際に使ってみる。

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001727tibi.jpg
  画像:TrueTheater ON

今回のPowerDVD20でも、19から大きな変化は無いようだ。規定設定の画質は派手で鮮やかな印象。「はっきりして、カラフルで綺麗」で好む人が多い画質でしょう。「TrueTheater 技術」も「19」と同様に[目のアイコン]をクリックするだけで適用可能だ。


 [PowerDVD_20][atod]WS2020001739tibi.jpg
  画像:左 通常/ 右 画質向上ON

「TrueTheater 技術」をオンにすると映像が精細になる。全体の動作は64bit化されてかなりスムーズになり、高精細化されている。

規定値では自動補正されて、画質は明るく鮮やか。
明度とコントラスト,色彩が強調されシャープネスがやや上がる。解像度もエッジが強調されて、樹木や芝生などの細かいディテールや輪郭が明確になる。

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001714tibi.jpg
  画像:YOUTUBE動画で画質向上ON

画質補完は、ディスクやYoutube動画再生にも対応できる。特に、DVDやVGA以下の低解像度動画やネット動画に効果が有り、高画質化されてかなり見やすくなる。

画質補完に対応するプレイヤーは多いが、CPUパワーを使う上に動画毎の設定変更が手間だ。 しかしPowerDVDの高画質化は、既定ならほぼ常時オンで使える上に、設定も簡単であり実用に耐えるプレイヤーになっている。




■ 各種再生 

  [PowerDVD_20][atod]WS2020001679tibi.jpg

 ディスクや各種形式の再生と使用感。
「20」であまりアピールされてないが、私が驚いたのはディスク再生の高速化。 BD,DVD再生共に起動からシーク・再生がかなり速くなっている。私が今まで使ったWin用のBD・DVDプレイヤーで最速だ。

DVDディスク再生: かなり高速。メニュー表示や一時停止&再開動作がとても早い、ルートやチャプターメニュー表示も簡単。 再開時に開始位置を記憶してるのが便利。また、PowerDVDのメニュー画面に静止部の画像が表示されるのもおしゃれだ。

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001693tibi.jpg
 画像:DVDで画質向上をON

画質も音質も良好。現代ではDVD規格は視聴に辛い画質だが、POWER DVDはかなり見れる画質まで改善する。ぼんやりとした画質が、補完するとはっきりした画質になって今風に彩度が上がり見やすい。また補完のおかげで文字のジャギーなども目だたなくなる。

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001703tibi.jpg
  画像:左 通常/ 右 画質向上ON


BDディスク再生 : 画質も音質も良い。そしてBDの動作もかなり高速化されており驚いた。起動や操作が高速化、そしてドライブの反応も良くてアクセスもシークもかなり早い。爆速だ。PCのBD再生ソフトは重いイメージが有ったが、「20」ではDVDを扱うような感覚で再生できる。

動画再生: 主流形式に対応。特に問題なし。
ISO再生 : 上位版が新たにBDのISOに対応した。



 ● ネット動画対応 

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001708tibi.jpg

 PowerDVDで面白いのが、ネット動画の再生機能。  ウルトラと365が装備する。

YoutubeやVimeo動画を再生可能で、画質向上機能も使える。 「ピン止め機能」は、動画のお気に入り登録とオフライン再生が可能だ。PC内にキャッシュされて高速化される。

ピン止め機能で、お気に入り動画や公式MV等をリスト化しておくと楽しい。 低画質のPVやライブ動画を、高画質化に加えて即再生できるのでかなり便利。

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001728tibi.jpg
 画像:Youtube再生でTrueTheater ON


■ 音質。音楽、動画のアップサンプリングが可能


 sound-64.png

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001683tibi.jpg
  [画像]Flac形式の音楽ファイルを再生

 『20』の音質面もチェックしたが『19』からの変化はほぼ無い。対応力は高くてハイレゾやFlac形式も再生可能。今回はハイレゾ24bit-96kHz規格 の作品を試聴した。

 音質は、なかなか良い。 押しが強いはっきりしたサウンドで、音色がキラキラしておりメリハリがある。定位や分離感も良く解像度も高くて、私は好みの音質です。

動画や音楽にはTrueTheaterサラウンドやドルビーも使用可能。 変化は明確で、オンにすると派手目になり音が厚く盛られる。そして音場が広がりライブや映画に向いている。

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001690tibi.jpg

操作はフォルダツリーからの再生も可能。設定ではWASAPIと排他出力に対応し、グラフィック・イコライザーも装備する。全体のレベルは高めで音楽プレイヤーとしても常用できる。
 

基本操作から特殊な操作方法 ~使い方のコツ 


 • インストールについて

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001657tibi.jpg

 今回も体験版『エッセンシャル』が用意された。上位版の「ウルトラ」「365」レベルの機能が、30日間ほぼ制限なして利用可能。 インストールは簡単で、公式やベクターなどからダウンローダーをDLしてから使用する。ファイルサイズは320Mある。

初回起動時には、サイバーリンクアカウントの登録を促される(無料)。試用はメニューに従って登録を行い、サインインすると起動する。 ~ アカウントを取得するのは手間だが、そのぶんクラウド機能も体験できる。また公式で購入時用の割引が付属する。

 ➤ サイバーリンク公式オンラインストア


■ PowerDVDの良い点

・ 多機能
・ 画面が見やすく操作もしやすい
・ 高画質化が簡単。音質も良い   
・ 連携用のAndroid、iOS、FireTV用アプリは無料。

■ 気になる点

・ 価格は、ややお高い。
・ 高画質と高音質化の設定が可能だが、ややCPUパワーが要る。
・ 3D Blu-rayには非対応になった


■ 総評



[PowerDVD_20][atod]WS2020001749tibi.jpg

  老舗の商品であり、ナンバー1の売り上げソフトが最新版となった。私は動画やディスク再生をしっかり見たい時には「POWER DVD」を主に使っている。「20」の登場も楽しみにしており、発表当日にダウンロードした。

今回「20」では、多機種間の連携が強化された。肝心のプレイヤー部分ではBD,DVD再生がかなり高速化されており驚いた。 安定度も増しており、多機能化されても不安定な動作がほぼ無い。以前はなんらかのツッコミどころや不満点があったが、「20」ではほぼ見当たらず安定版の印象を受けた。

 PC用の動画・メディアプレイヤーは数多くあるが、高画質化の設定が面倒な場合が多くて常用し難いのが現実だ。しかし「POWER DVD」は操作や設定が簡単で、高画質化が気軽に出来る。しかも64bit化されて基本性能自体が大幅に向上した。

そして「POWER DVD」はPC用プレイヤーから 万能なメディアプレイヤーに進化している。 BD/DVDプレイヤーとしても、AV用途を充実させたい方にもおすすめできるソフトだ。


■ 購入用リンク


 

  B086Z7Y3WJ

  販売はパッケージ版、ダウンロード版が有る。ライセンス式の365もあり。 グレードは3種でウルトラ、プロ、スタンダート。

  ダウンロード版は2019年4月14日(火)発売。パッケージ版は今回は遅れて5月15日(金)からの販売となる。

● 購入用リンクの使い方

 製品画像と商品名は楽天の製品にリンクしています。
”○○で検索”をクリックすると、該当通販サイトから取り扱い商品やバージョン違いを検索できます。




 ■ ウルトラ

 最上位版。最も対応形式と機能が多い。
最新かつ多機能を使いたいならウルトラがおすすめ。高画質&高音質機能と4K、HDR、クラウド、VR機能、ISO対応等が追加される。

種類:パッケージ、ダウンロード版、アカデミック版、乗り換えアップグレード版

 > ダウンロード版
 


 > パッケージ版 


 > 乗り換え、アップグレード版(パッケージ版)
対象:すでにサイバーリンク製品のいずれか、もしくは他社製動画再生ソフトウェアをお持ちお持ちの方が対象 ※OS 付属の Media Player や、フリーソフトウエア、体験版などは対象外。

 

 > アップグレード ダウンロード版 (Ver18/19のUltraのみに対応)
 





 ■ プロ

 BDディスクやネット動画再生に対応。なおUHD BDは非対応。

実用性の高い機能に絞ったバージョン。 DLNAは非対応。VRやクラウド、ISO再生など特殊な機能が省かれる。

 > ダウンロード版

 


 > パッケージ版

 




 ■ スタンダード

 DVD再生に絞り込み価格を抑えた基本版。BDは非対応。
なお「19」からダウンロード販売は公式のみになったようだ。

 >パッケージ版

 





■  公式ストア 

サイバーリンク公式オンラインストア

> CyberLink 公式オンラインストアへ行く 

 公式ストア。利点は割引額が多め。 ウルトラの新型を2年以下の間隔で購入するなら、期間契約式の『365』のほうが安上がり。

リンク先からバージョン選択可能。+アップグレード版もあり。30日の無料体験版もあり。

 > 公式サイトで PowerDVD の詳細を見る




■  Vector 

 ➤ PowerDVD 20
 リンク先からバージョン選択可能。+アップグレード版もあり。




■ 関連アプリ

・ Google PLAY > Power Media Player
 
  2014 年 2 月 18 日から、「PowerDVD Mobile」 アプリ (iOS / Android / Windows モバイル向け) が名称変更された。DVDの名前がユーザーを混乱させるからとのこと。なお以前はユーザー向けアプリだったが、現在はPowerDVDからは独立しておりユーザーでなくても利用可能だ。無料で利用可能だが、課金すると機能が追加されるのと広告が無くなる。


・ AMAZON > PowerDVD Casting

 PowerDVDからFireTVへ動画を転送するアプリ。FireTV側からの操作も可能。

 




● サイバーリンクとは

 サイバーリンクは1996年設立。台湾の台北に本社が有るソフト会社。
ビデオ再生と編集ソフトが有名で、パソコンやドライブの付属ソフト採用も多い。

 ➤  CyberLink 公式オンラインストアへ行く




■ 試聴について: 私の環境下での感想です。
  注意事項  ・ ウェブサイトのご利用条件
  使用バージョン: PowerDVD 20.0.1519.62(64ビット)


■ 視聴環境

 使用PC : Win10、パイオニア内蔵BDドライブ、外付けBDドライブ。ASUS内蔵DVDドライブ。DELLモニタ、東芝TV REGZA


■ 今回 視聴に使った作品 

 ・ マイケル・ジャクソン - THIS IS IT [Blu-ray]
 ・ SKE48 「この日のチャイムを忘れない」初回限定フォトブック仕様[CD+DVD]
 ・ 乃木坂46 - 今が思い出になるまで (Complete Edition)  Flac 24bit 96kHz

 ● PV : ネット動画の再生と画質検証に使用させて頂きました。 

 ・乃木坂46 『Sing Out!』 - YouTube
 ・乃木坂46 『三番目の風』Short Ver. - YouTube 
 ・日向坂46 『ドレミソラシド』 - YouTube


■ 更新情報

2020年8月6日 画像やアイコンの位置とサイズ調整。
2020年6月21日 Ultraパッケージ版のリンクを差し替え。検索をパッケージから通常版に変更。アップグレード版の詳細説明追加
2019年4月15日 作成




■  参考、関連リンク

*1 データでは、消費者の 80% 以上が 2 台以上のデバイスを所有し、5 台以上デバイスを所有する割合も3分1に上る。

 ・公式動画
 

 >チュートリアル動画 一覧
 
 > PowerDVD Mobile の製品名が Power Media Player に変更されたのはなぜですか?


■ 関連記事

 
  [2018年版] Windows用の有名動画プレーヤー対決。使いやすく高画質なソフトを探せ! 特徴と感想。: 「A to D」映像と音楽機器情報
[2018年版] Windows用の有名動画プレーヤー対決。使いやすく高画質なソフトを探せ! 特徴と感想。: 「A to D」映像と音楽機器情報



■ 画質向上機能でのおすすめな使い方

 [PowerDVD_20][atod]WS2020001706tibi.jpg  [PowerDVD_20][atod]WS2020001707tibi.jpg
 画質調整:スマートと詳細モード 

 画質向上機能は、推奨値ならCPUパワーも余り使わないので常時オンで使える。

[ツルーシアターHD]はアップスケール時のノイズ低減だが、得手不得手が有る。お勧めの使い方は、普段は「スマート」モードを初期状態で使う。じっくり見たい作品の時には「詳細」モードで高解像度化やフレーム補完を調整すると良いでしょう。 どのような解像度の動画でも効果が有るモーション補完を普段からオンにしておくのもおすすめです。

苦手な動画:[ツルーシアターHD]は高解像度動画には余り必要ない。またホールでのライブや夜間などの暗い画面が苦手。スモークや明暗部の階調を整えようとして、バンディングノイズ(階調飛び)になってしまう。雪や紙吹雪のような動きが複雑でノイズか物体か区別しにくいものも苦手ですね。他には動きが激しいものも苦手で、例えばライブで複数人が激しく踊る動画など。

得意な動画:[ツルーシアターHD]が得意なのは明るい屋外などの動画。樹木や建造物などの輪郭が多い物体を描くのも得意だ。また動きの少ない画面も得意で、精細化しやすい。