BD/DVDプレイヤー『sMedio True BD』の特徴と使用した感想。低価格BD対応プレイヤー。

  [sMedio_True_BD][atod]WS2020001623tibi.jpg

 BD/DVDプレイヤー『sMedio True BD』が新たに登場した。
低価格でシンプルな操作系が特徴のソフトだ。

「sMedio True BD」の解説と使った感想を紹介します。

 sound-64.png


■ 「sMedio True BD」とは


 screenshot-new.png

 2019年3月に販売開始されたのが「sMedio True DVD」。そして9月24日から「sMedio True BD」の販売が開始された。Windows10専用アプリで10Sにも対応する。

 「sMedio True BD」は「sMedio True DVD」の上位版。新たにBlu-ray Discの再生に対応した。Windows10専用アプリとしてBlu-ray/DVDプレーヤーとして必要な機能に特化し、Microsoft Storeからのダウンロード販売のみとすることで、買いやすい価格を実現している。

 市販BD,DVDディスクの再生や、BDプレイヤーやPC等で自分で作った動画ディスクにも対応する。

 ● sMedioとは

 2007年に前身のビデェイス株式会社が設立。2010年にsMedioに商号変更。一時期、WINDVDの販売やサポートも行っていた。


■ 使用してみた感想、使い勝手


tv-2223047_960_720.png


 [sMedio_True_BD][atod]WS2020001592tibi.jpg

 Win10使用PCへインストールし、実際に使ってみました。

 特長は「Windows 10 UWP(Universal Windows Platform)完全対応」。UWP版であるため、インストールやアップデート、再インストールなどが簡単になっている。マイクロソフトストアからインストール可能。 → sMedio True BDicon




■ 外観

 [sMedio_True_BD][atod]WS2020001599tibi.jpg

 外観はかなりシンプル。配色は黒と白が主体で見やすい。「マウスでもタッチでも使いやすいシンプルな操作画面」を持つ。

設定項目は絞り込まれ分かりやすい。 ディスク再生に絞り込まれて、フォルダ再生やプレイリスト機能などは無い。

 [sMedio_True_BD][atod]WS2020001626tibi.jpg

 再生には操作パネル(コントロールパネル)の表示・非表示がクリックで可能。ボタンからルートメニューを操作する「ナビゲーションコントローラー」。同様に追加機能のパネルで「サブメニュー」を表示することも可能で字幕やアングル切り替えなどの特殊な機能に対応する。

 [sMedio_True_BD][atod]WS2020001637tibi.jpg
 ・[画像] サブメニューを展開したところ。

■ 再生、画質


  clapperboard-146180_960_720.png

[sMedio_True_BD][atod]WS2020001610tibi.jpg

 気になる画質を紹介。画質は普通。
アップコンバーターや補完などの画質・音質向上機能は持たない。 今となってはBDは良いとしても、DVDそのままの画質は視聴が苦しいところだ。

 便利な機能ではリジューム再生に対応する。そして指定場所をブックマークできるお気に入り機能が便利だ。

 ● 動作

 [sMedio_True_BD][atod]WS2020001631tibi.jpg
 
 プレイヤーの動作は軽快。すぐに起動して、早送りや最大化も早い。

DVDディスク再生: 総じて良好だ。アクセスは早めで停止&再開も早い。DVDではタイトルのマウス操作も対応している。気になるのは、タイトルメニューが「ナビゲーションパネル」やショートカットキーを使わないと表示できないのが不便だ。 またPC側で音声設定を合わせないとノイズが出たり、再生速度が低下する。

BDディスク再生 : 画質は普通。アクセスはやや遅く感じる。動作は安定している。 PC用BD再生ソフトでありがちだが、タイトルメニューではマウス操作非対応。キーボードで選択かオンスクリーンのコントローラー(ナビゲーションコントロール)を使う。なお本編ではキーボードと操作パネルからの操作に対応する。こちらもDVD同様に音声で不具合が出た。




■ 音質

 sound-64.png
[sMedio_True_BD][atod]WS2020001628tibi.jpg

 音質は普通。細かい出力や音質設定はほぼ無い。Dolby DRCのオンオフが可能。

気になるのはディスク再生時にPC側の音声出力設定を合わせないとノイズが出たり、再生速度が低下する。私の環境では特定周波数以外の再生に対応していない、もしくは不具合が出るようだ。普段からDACやサウンド出力でビットレートを上げている場合は注意が要るかもしれない。

 ・音声の不具合と対処法DVDとBDの市販ディスク再生時の不具合について。 DVDではDAC出力設定が24Bit 192kHzで動画再生がスローになり、音割れが起きる。16bit 44kHzではややノイズが乗る。BDではDACの出力設定が24Bit 192kHzでは動画再生がスローになり音割れが起きる。16bit 44kHzではやや歪んでノイズが乗る。

当方の環境か、それともプレイヤー側が対応してないのか悩んだ。対処法だが、BD,DVDの両方でまともに再生できたのは24Bit96kHz設定だった。
 

 ■ 基本操作から特殊な操作方法 ~使い方のコツ 


  question-64.png

  便利な機能や操作方法を解説。


■ 便利なショートカット

・ 操作 
早送り    = >
再生、一時停止= スペース
巻き戻し   = <
次のチャプター= N
前のチャプター= P
停止     = S
トップメニュー= F8
タイトルメニュー= F9



■ 気になる点

・ 音声でPC設定を合わせないと不具合が出る
 


■ 評価

使いやすさ; 普通
カスタマイズ性: ほぼ無し
動画再生時の画質,音質:39点

結果総合: 41点

おすすめ点: 低価格。




■ 感想

[sMedio_True_BD][atod]WS2020001615tibi.jpg

 操作は簡単で動作は軽快。ノートPCやタブレットにお勧めのソフトだ。BD,DVD再生用ソフトとしては価格が安めなのが強み。

ファイル再生は他のプレイヤーに任せて、「sMedio True BD」は市販DVD&BDメディアなどのディスク再生のみに使う場合に向いている。デスクトップ用途で高機能を求める人には向いてない。

 使いこむと簡潔で、機能も上手く絞り込まれて分かりやすい。ただしPC初心者がトラブルや操作で引っかかると苦労しそうだなと感じた。


 使用バージョン V3.1.31.0




 ■ ダウンロードについて

 ・マイクロソフトストア


 Microsoft Public Affiliate Program (JP)

 ダウンロードはマイクロソフトストアから可能。製品と、7日間の無料お試し版が用意された。

 ➤ sMedio True BDicon
  
 ➤ sMedio True DVDicon




■ 視聴環境

 使用PC;Win10、パイオニア内蔵BDドライブ、外付けBDドライブ。ASUS内蔵DVDドライブ。