TOPPINGの人気DAC『DX3 PRO』とLDAC版解説

B07KCCSDP2

 TOPPING社で人気のDAC『DX3 Pro』に、LDAC版が登場した。

今回は『DX3 Pro』とLDAC版の特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。

■ 『DX3 Pro』とLDAC版とは


B07KG84853

 TOPPING社のDACで『DX3 Pro』は2018年11月に発売された。同社ではめずらしい多機能が特徴でDACとプリアンプ機能、ヘッドフォン出力,無線入力が可能。

 2019年3月頃にバリエーションでLDAC対応版が追加された。


■ 特長と性能


B07PS1H8YC

 プリアンプやヘッドフォンアンプ機能を持ち、多機能なDACが欲しい人に向いている。

 ● 梱包

 黒い箱の中に、型抜きしたスポンジへ本体や周辺部品が収められている。



■ 外観と内容

hi-reso.tibi.jpg

B07PS1H8YC

 筐体は前面にヘッドフォン端子とノブ。RCA出力は可変と固定が選択可能で、プリアンプとしても使用可能。ACアダプターは15Vで専用コネクター採用。本体とリモコン操作が可能。

B07PS1H8YC

 ハイレゾ対応機で部品や性能は高い。構成はUSBがレシーバーにXMOS XU208採用で最大32bit768kHz , DSD512に対応。光とデジタル同軸入力はAK4118使用で24bit192kHzまで対応。DACはAK4493を2機使用。 オペアンプはOPA1612、ヘッドフォン用にOPA2140。

Bluetooth5.0にも対応してBC, ACC, APTX, APTX-II, APTX-HDをサポート。チップはCSE8675。

 リモコンも標準装備する。

 ● LDAC版

  2019年9月に発売されたアップグレード版。

 外観はほぼ同じ。  Blutooth部のチップがCSR8675になった。ヘッドフォンアンプはTPA6120に変更。

 音質面ではHi-Res Audio Wirelessおよびソニーの高音質コーデックLDACの認証を取得しており、Bluetooth用にCSR8675チップセットを使用してLDAC / AAC / SBC / APTX / APTX LL / APTX HDプロトコルをサポートする。

 外観の違いは上面のステッカーが一枚多くて「Hi-Res Audio Wireless認定」のシールが追加されている。

B07PS1H8YC




● DX3プロシリーズお勧めポイント

 • 入出力が豊富
 • 小型
 • 高性能


 X 弱点や気になる所

 ・電源は専用アダプタからの供給となる。
  なお高音質化する電源ユニット「P50」がオプションで2019年に登場した。
 



 ■ 感想

according-to-214445__340.jpg

 TOPPINGでは珍しい多機能機種です。
DACやヘッドフォンアンプとしても使えるし、小型でも多様な機器と繋いで使いやすくなっている。



■ 購入用リンク


現在在庫は新型のLDAC版に置き換わっている。



・DX3 Pro 

 リンク先からカラー選択可能。



 > 通販検索





■ 周辺機器


B07X98GKLB

 使う時に便利な用品



 ■ 新型電源

B07W717MM7
B07X88735M

  TOPPING社の新型電源でD50 / D50s / DX3pro/A50に対応する。

 現行機では同社で唯一の電源アクセサリーとなっており日本では2019年9月に発売された。サイズは50シリーズと揃えられている。





 




 ● セットモデル : P50+D50s
 
 
 





■ ケーブル

 ケーブルを変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介。



• Topping ラインケーブル TCR1
 2017年9月日本入荷。

 純正のケーブル。
材質:金メッキ銅RCAヘッド+銀メッキ無酸素銅線

長さ: 25cm、75cm、1m、1.5m、2m

 


 ■ 動画

 外観と機能、リモコンの操作方法が解説されている。






■ 注意事項  ➤ ウェブサイトのご利用条件


■ データ

 TOPPING(トッピング)はブランド名。中国は広東省の省都、广州市にある会社。 ~ ブランド名は”伸びる物、トップの品質である”から。 製品の品揃えは主に小型アンプとDAC。そして現在は高級機が主流となる。

 中華アンプの中では高価格の部類で 品質や高性能を求める方にお勧め。販売傾向は同型をまめに部品を更新し磨き上げる。小型機では珍しく長寿機が多い。


■ 更新情報

 2019年10月19日 作成


■ 関連SNS

■ 参考動画

■ 関連、参考サイト
 

■ 関連記事

2018年版 TOPPING 全現行モデル紹介。特長と購入用リンク