TOPPINGの人気DAC『D50』と新型『D50s』解説

B07VJM11ZK

 TOPPING社から人気DACの『D50』に、無線機能搭載の『D50s』が登場した。

今回は『D50』と『D50s』の特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ D50とD50sとは

B07VJM11ZK

 TOPPING社のDACで『D50』は2018年3月に発売された。ヘッドフォンアンプを持たないDACでは、同社中級機になる。

 なお2019年9月にバリエーションで無線対応版『D50s』が追加された。


■ 特長と性能


B07H96NVQSB07H96NVQS

 パワーやヘッドフォンアンプ機能は省かれており、シンプルなDACが欲しい人に向いている。
コンパクトながら高性能。 性能重視タイプだが入力端子も多くて対応幅が広い。また有機液晶パネルを持ち情報量も多い。



■ 外観と内容

hi-reso.tibi.jpg
Dilvpoetry TOPPING D50 ミニHIFIオーディオDAC ES9038Q2M2 USB DAC XMOS(XU208) DSD512 32Bit768Khz OPA16123 USB OPT COAX入力 RCA出力 (シルバー)
B07BGTC664

 デザインは薄型筐体で美しい。アルミ筐体に白色OLED画面を持つデザイン。画面にはソースや音量サンプリングレートなどを表示。前面は電源、操作&音量調整ノブを持つ。

 スペックは強力で、第2世代XMOSを搭載してPCMの対応周波数は768KHzに拡大しDSD512にも対応する。

デジタル部は同社の高級ヘッドフォンアンプ搭載DACのDX7sに似ており、DX7sからヘッドフォンアンプとバランス、同軸出力を省いた構成。PC用途がアピールされ、電源は5V1AでDC用のケーブルのみが付属する。使用には別途USB型アダプタが必要。

B07H96NVQS

 チップ構成はUSBがXMOSのXU208。以降がSS Sabre ES9038Q2Mを2基搭載。そしてTI OPA1612。

USB対応:DSD64 ~ 256(DOP)DSD64 ~ 512(Native)、PCM最大32bit/768khz。
同軸,光対応:PCM最大 24bit/192k対応でDSD64(DOP)対応。
入力:USB / OPT / COAX |ラインアウト:RCA
色:銀、黒

TOPPING D50 ミニHIFIオーディオDAC ES9038Q2M2 USB DAC XMOS(XU208) DSD512 32Bit768Khz OPA16123 USB OPT COAX入力 RCA出力 (シルバー)




 ● バリエーション: D50s Blutooth搭載機

B07VJM11ZK

 2019年9月に発売された。D50のアップグレード版。

 外観はほぼ同じ。 
D50からの進化点は「D50s」は新たに無線入力対応となった。従来の有線接続も備えており、PCや携帯端末との接続がさらに容易になっている。

 音質面ではHi-Res Audio Wirelessおよびソニーの高音質コーデックLDACの認証を取得しており、Bluetooth用にCSR8675チップセットを使用してLDAC / AAC / SBC / APTX / APTX LL / APTX HDプロトコルをサポートする。Bluetoothからさらに優れた音質を得るために、CSR8675の内蔵DACおよびそのデジタル信号をES9038Q2Mに接続してデコードする。

 外観の違いは、背面に無線アンテナ端子が追加される。また上面のステッカーが一枚多くて「Hi-Res Audio Wireless認定」のシールが追加されている。

B07VJM11ZK

重さは30g増加した。

また付属品でリモコンが標準装備となった。



● D50シリーズのお勧めポイント

 • 入出力が豊富
 • 小型
 • 高性能


 X 弱点や気になる所

 ・電源はUSBからの供給となる。
  なお高音質化する電源ユニット「P50」がオプションで今年登場した(後述)。
 



 ■ 感想

according-to-214445__340.jpg

B07H96NVQS

 TOPPINGらしい、良質な部品を盛り込んだ高級なDACです。

 注目点はDACチップにESS製を使っており、旭化成を使ったDX3 proより、最高レベル部分での相互変調歪みが低いようです。

 「D50」シンプルな構成であり、入出力も多くてBlutooth搭載機も登場。 高音質ながら多様な機器と繋いで使いやすい機種になっています。



■ 購入用リンク


現在在庫が有線モデルの『D50』は減ってきている。

 新型の『D50s』が主体になっている。



・ D50s

[NEW!] • Topping D50s ハイレゾ対応DAC usb+光+同軸

 D50のアップグレード機。
新たにハイレゾオーディオ・ワイアレス規格に対応する。またリモコンも付属する。







・ D50

 有線接続タイプ。 なおリモコンは別売。
現在在庫が減ってきている。

 



■ 周辺機器


B07X98GKLB

 使う時に便利な用品



■ 新型電源

B07W717MM7
B07X88735M

  TOPPING社の新型電源でD50 / D50s / DX3pro/A50に対応する。

 現行機では同社で唯一の電源アクセサリーとなっており日本では今年9月に発売された。

 サイズはD50と揃えられている。






 




 ● セットモデル : P50+D50s
 
 
 





■ ケーブル

 ケーブルを変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。



• Topping ラインケーブル TCR1
2017年9月日本入荷。

 純正のケーブル。
材質:金メッキ銅RCAヘッド+銀メッキ無酸素銅線

長さ: 25cm、75cm、1m、1.5m、2m

 


 ■ 公式動画

 外観と機能、リモコンの操作方法が解説されている。






■ 注意事項  ➤ ウェブサイトのご利用条件


■ データ

 TOPPING(トッピング)はブランド名。中国は広東省の省都、广州市にある会社。 ~ ブランド名は”伸びる物、トップの品質である”から。 製品の品揃えは主に小型アンプとDAC。そして現在は高級機が主流となる。

 中華アンプの中では高価格の部類で 品質や高性能を求める方にお勧め。販売傾向は同型をまめに部品を更新し磨き上げる。小型機では珍しく長寿機が多い。



■ 更新情報

 2019年10月19日 作成

 


■ 関連SNS

■ 参考動画

■ 関連、参考サイト


・Review and Measurements of New Topping D50s DAC | Audio Science Review (ASR) Forum


 

■ 関連記事

2018年版 TOPPING 全現行モデル紹介。特長と購入用リンク