S.M.S.LからDAC搭載ヘッドフォンアンプ「M500」が登場

B07XB19ZWZ

 S.M.S.L 社から新型 DAC搭載ヘッドフォンアンプ「M500」が登場した。今回は「M500」の特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ M500とは




 S.M.S.L 社の新型オーディオDAC&ヘッドフォンアンプ。海外で8月末にプレ販売され、日本では9月に発売された。最近の同社DACやアンプで採用されるキューブ形の綺麗なデザインとカラーを合わせ持つ。特徴は高性能・高級仕様でヘッドフォンアンプも搭載している。


■ 特長と性能


B07XB19ZWZ
B07XB19ZWZ

  同社キューブ型タイプでは最上位となり機能と性能が向上した。またキューブ型アンプ初のハイレゾ性能でバランス出力も備えている。



■ 外観と内容

B07XB19ZWZ

 同社DACの「M100」やアンプ「SA100」を合わせたような外観。外観は直方体の美しいデザインで筐体はアルミのCNC加工。大きさはMシリーズ同様に小さめのサイズだが「M300」よりは縦横、奥行きとも1.5~1.7㎝ほど大きくなった。

前面はディスプレイと電源ランプ、回転ノブを備える。パネル部は新たに強化ガラスが採用されて長寿命に貢献する。表示画面は2.19インチのLG社製TFT液晶を持ち、表示項目は音量、ソース・ビットや周波数、新たにデジタルソースの規格アイコン(DSD,MQA,Hi-resロゴ)。メニューからは7種類のサウンド・フィルターも設定可能。表示で9段階のディマー機能あり。

B07XB19ZWZ

 本体操作はノブ一つで可能となっており、各種操作と音量を兼用する。なお音量はプリアンプとヘッドフォンアンプを独立して操作可能。ノブは押してメニュー/エンター,長押しで電源を操作する。 ヘッドフォン端子は6.35mmを採用。なおRCA端子などにも金メッキが採用されている。


B07XB19ZWZ

 先行したキューブ型アンプ「SA100」はハイレゾ対応では無かったが、「M500」はハイレゾ性能になった。

 DACはESS社の最新世代フラッグシップDACチップ「ES9038PRO」を採用。なお同チップはオーディオ高級機で採用が多くて、SMSLの旗艦DAC「D1」をはじめOPPO社やSOULNOTE社ハイエンドDACが搭載している。

 M500のUSB受信部は「XMOS XU216」を搭載して最大32bit / 768kHzのPCMサンプリングレートとDSD512に対応する。 新たにMQA音源にも対応した。

 ヘッドフォンアンプはディスクリート構成。オペアンプICは 「OPA1612」を2機。電源チップにES9311。

リモコンも付属しており、各種操作がしやすくなっている。

USBサンプルレート:1-32bit、44.1~768kHz DSD最大サポート:DSD512 
光/同軸入力サンプリングレート:16~24bit 32~192kHz、DSD64(DoP)

電源は背面で従来のマイクロUSBから変更されて、2相の端子になった。電源スイッチは背面に用意されている。

 色: 赤、銀、黒



● お勧めポイント

 • デザインがカッコいい。
 • プリアンプ、ヘッドフォンアンプも備えた。
 • バランス出力に対応
 • MQAなど新形式も対応。

 X 弱点や気になる所

 ・価格は高め。




 ■ 感想

according-to-214445__340.jpg

 既発のキューブ型はカラフルなカラーを揃えて価格もお手頃で有り、SMSLの間口を広げていた。ところが今回の「M500」はバランス接続やESSのDACチップを搭載して技術指向になっておりSMSLらしい尖った部分が出ている。 人気が出るか注目のモデルです。



■ 購入用リンク


 現在の所、amazonに取り扱い有り。
9月3日に入荷した。

>SMSL公式ショップが参加している商品リンク





■ 周辺機器


 使う時に便利な用品



■ ケーブル

◢・SMSL w6 Audiophilesオーディオ単一クリスタル銅RCAケーブル1ペア

 SMSL社のコンポであるパンダシリーズ用に作られたケーブル。オヤイデを使用している。







■ 注意

 * 文章を読みやすくするため、敬称は略させて頂いている場合があります。

 • 注意点

仕様は変更される場合が有ります。一部にリンク先データを参考もしくは引用しています。なお引用先の誤記の場合でもそのまま転載し、記事中で修正されない場合が有ります。また仕様変更や取り扱い店で本体や付属品が変更される場合が有ります。 リンク先記載や購入時の疑問や不明点は、リンク先や購入会社窓口にお問い合わせ下さい。


■ データ

 S.M.S.L社は、中国は深圳市にある会社。社名は地名が由来。
(S.M.S.L =深圳市双木三林电子有限公司/ Shenzhen shuangmusanlin electronic Co., LTD)

 家庭とカー用音響製品企画から製造まで統合しておこなう企業。
製品はヨーロッパ、アメリカ、中東、東南アジアに20以上の国と地域に販売され日本でも販売。

AV機器はヘッドフォンアンプや小型アンプ、DACと小さく可愛い製品が主です。新製品とロングセラーモデルが混在するのも特長。


■ 更新情報

 2019年9月11日 作成

■ 参考動画



・同社公式アカウントのリリース情報


■ 関連、参考サイト

The ES9038PRO SABRE DAC



■ 関連記事

S.M.S.L製オーディオ機器の紹介 2018年版 [特長と購入リンク]