無線式ミニキーボードの使用感想やお勧め点。 FireTVでも便利。

B00XMOT0BQ

 今日は、FireTVやパソコンに便利な機器。Ewinの「ミニキーボード」を紹介。

私も買ったので使い勝手と感想、購入用リンクや周辺機器も紹介✨


■ Ewinと「ミニキーボード」について


 ・ ミニキーボードとは

 小型のキーボード。 以前はマニア向けや非常用の趣が強かった。しかし最近はスマホやタブレット、そしてTV用に人気が出ている。

PCやスマホメーカー製は少なくて、社外品が主体。ジャンルは小型化優先で機能を絞り込んだものや折りたたみ型、ゲーム用などに特化したものが有る。 価格は中国製が多くて2~5千円台が多い。

B00XMOT0BQ




 Ewinは興和国際貿易株式会社のブランド。国際貿易を主にしている。仕入れ先は中国の経済特区はシンセンにあり主に日本向けの商品を企画している。家電小物を取り扱う。スマホ用アクセサリーやカー用品小物も多い。




 ● 入手のいきさつ

[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_022333tibi.jpg


 FireTV用に購入した。 ネットでの検索や設定用に期待している。ミニキーボードでタッチパネル搭載型は大手では少ないが、「EWIN」キーボードは売れ行きが良いのと商品種類が多い。購入者の評判もまずまず良いので、自分で試しに購入する。😃





■ 本体解説


[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_021918tibi.jpg


 外観や操作感について解説。

 今回はゲームパッド型でBluetooth型を購入した。実際にREGZA+FireTVで使用する。


 ・ 接続機器  

 レグザTVとFireTV Stick





■ 外観

[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_022300tibi.jpg

 
 amazonで購入。Amazon倉庫からの出荷取り扱いが有ったので、安心して買えた。
商品は綺麗な箱に入っており感心した。箱は白モデル用になっているのには少し焦った。

外観は”まぁまぁ”です。色はツヤ消し黒でゲームリモコン風。 大きさは想像よりは小さくて薄かった。ボタンは小さめだが指の腹でも押せるくらいの大きさ。

 同梱物には、USBケーブルと保証書と日本語説明書が付属する。保証書は接続法やキーの説明が上手にまとめられている。他には購入のお礼が書かれたカードも付いており好感が持てた。

[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_022506tibi.jpg


背面のフタの中にバッテリーとBTレシーバーが収納されている。リチウム電池で3.7Vを使用。BL-4CやBL-5Cが使えるらしい。なお充電端子部は以前ミニUSBだったが、現在はマイクロUSBに変更されており汎用性が向上した。

[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_023050tibi.jpg





■ 操作感 ~ 軽い、押しやすい
 
[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_022615tibi.jpg


 EWIN製のキーボードを使った感想。良いなと思った部分を紹介していく。

・ 持ちやすい。薄めで変な凹凸もないので楽です。 重さは191gと軽い。機能が多い割には軽い印象

・ 押しやすい。ボタンは小さめだが、ボタンが中央が高い形状になっている。 硬さもやや硬めで押しやすい。使用はゲームパッドのように両手で支えてぽちぽちと親指で押す感じになる。 キー間が狭いのでブラインドタッチは無理ですね。

・ 反応は良い。Bluetooth接続なのでしっかり認識する。 使用しないとキーボードスリープ状態となり、接続が切断される。キーを押すと復帰して再接続される。

・タッチパネルの操作感も良い。ユーザーのコメントだと移動速度が「早すぎる」等の苦情も見受けられたが、速度変更は可能で充分使えます。




 ■ FireTVで使い方と感想

[firetv-stick]DSC_1491tibi[atod].jpg


 ミニキーボードは、無線接続の種類で2.4GHzとBluetoothがあるが、FireTVが対応するのはBluetooth型。

接続はFireTVの設定>Bluetoothから行う。あとはキーボード側のBluetoothマークのボタンを押せばペアリングを開始。簡単です。
スリープ機能があり、一定時間使わないと接続が切断される。キーボードを操作すると再び接続されて使用可能。再接続があるため常時リモコンの替わりに使うのには、若干表示が煩わしいので向いていないでしょう。

 ● FireTVでの使用感

 ほぼすべての機能が使えるので便利。 純正リモコンだとマウス操作ができずに使えなかったアプリでも、ミニキーボードなら使用できる。特にブラウザで活躍する。純正リモコンで操作できない動画サイトのリスト部分がスクロール可能だった。タッチパネルが使えるので移動が楽。文字検索もキーボード入力ができる。ただし文字入力はアプリ毎に異なるので、使いづらい場合もあった。

B00XMOT0BQ





 ■ 機能

 小さいがパソコン用のキーボードと比べても、「Ewin」ミニキーボードは機能ボタンをほぼ全て装備している。

 良い所はPC用では現在搭載が少ない特殊な機能用のボタンやタッチパネルがある。メディアキーやホーム、ブラウザ、メーラー(Outlook)起動用ボタンなど。FireTV用にもキーは殆ど対応していた。

■ FireTVとミニキーボードの対応表

 十字(リング)キーと選択 = 右側十字キーとOKボタン

 ホーム = 機能キー”e”
 戻る = Esc *Fireのメニュー内で使用可能。アプリ内では未対応が多い。

 早送り、巻き戻し、再生停止 = 左側十字キーと中央ボタン
 再起動 = Fn+Enter

■ キーボードのみの機能

 次の項目へ移動する = Tab
 Fn+スペースキー = カーソル移動速度変更 3段階

 ➤ アプリによって使用の不可や動作が異なるもの 

 ページ送りと戻し = Fn+Back、Fn+Del
 スクロール = スペース、Shift+スペース
 スクロール(大)= タッチパネルを2本指で操作
 シルクの検索で入力モード(文字種)切替「≡」= Shift+スペース
 決定 = タップ。主にブラウザで使う。~ Fireのメニューやアプリによっては未対応。また誤爆しやすい。


● FireTV用新型リモコンにあって、キーボードに無い機能

  電源、音量調整、消音、「≡」(3本線)のメニューボタン、音声入力 



■ お勧め点と長短所

 Bluetooth搭載機なら、古くても新しくても使える万能選手です。 
USB受信部も付属するので、Bluetooth未搭載機でも使える可能性が高い。

おすすめは機能重視の人。小型だがボタンが多くて使いやすい。 ~ 向いてないのは、大きめのボタンが欲しい人や素早く打ちたい人。メーカー純正やフルキーボードをお勧めする。 価格から考えれば小型だし、よくまとまってる。オモチャぽいかなと思ってたが、充分実用レベルです。携帯端末やスマートTVを『パソコンに使い勝手を近づけたい・差を埋めたい』と考える人にお勧め。

「FireTV用にはたまに使うのに向いている」と感じた。主にネットブラウジング、設定、ゲーム用など。文字入力特殊な操作が必要な場面で便利です。スマホやタブレット、PC用途にも使えるので持っていれば役に立つ場面があるでしょう。

惜しいのは新型リモコンが出る前ならかなり便利だった。現在はFireTVリモコンの機能が増加しており、ミニキーボードに明らかな優位性は無くなっている。また自動スリープで接続が切断されるので常時使うのには向いてない。


 ● 良いところ

 ・ 小さい、軽い。
  ・ タッチパネルがあり、マウス変わりにもなる。
  ・ 意外とボタンが押しやすい。
  ・ 多くの機能が簡単に使える
  ・ 純正リモコンで操作できないアプリが使える。
  ・ PC.android、iOS、スマートTVなどに対応して汎用性が高い。
 
 ● 弱点

 ・キーボードのボタン対応は、機種やOS,アプリによって異なる。
 ・価格が他社よりやや高い。
 ・耐久性が未知数。




■ 感想とまとめ

[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_022249tibi.jpg

 良いと感じた。機能も多い。ここまで機能を詰め込んで小型化がすると不具合や使いにくい部分が出そうだが、見あたらない。

Ewin製のキーボードは公式サイトやネットに情報が少ないので、買うに不安だったがまずまず使えて安心した。

 タッチパネル付きのキーボードは結構高価で大型モデルが多いが、Ewin製のキーボードは買いやすい価格で場所も取らない。お試しあれ😊✨

sound-64.png




■ 購入用リンク


 Ewin製でBluetooth用を集めてみました。種類が多いので、人気が有るものとおすすめに絞り込んでます。

● 購入用リンクの使い方 

 EWIN製のリモコンはamazonや楽天で販売されています。
 商品写真と横の商品名リンクは基本として楽天へのリンク。なお色違いや他の通販サイト、ショップ販売品を見たい場合は、○○で検索をクリックすると通販サイト内からの検索結果を表示。

■ ミニキーボード


 形状は四角いものとゲームパッドに似たもの、折りたたみ型。 そして無線接続方式に2.4GhzとBluetoothがある。



・EW-RB03 ゲームパッド形状、Bluetooth接続。
 2015年5月発売

 今回紹介したモデル。発売されてやや期間が経っており不具合が少ない。

カラー:白黒







・EW-RB12 ゲームパッド形状、Bluetooth接続。
 2015年12月発売

 やや新しいモデル。
上のRB-03との違いはバックライトが付く。ボタンの変更はメール用ボタンがライト、eボタンが検索用ボタンになった。

カラー:白黒





・EW-RB05 長方形、Bluetooth接続。
 2014年12月発売

 四角い形状のモデル。
90度回転できるタッチパッドと左右クリックキーを搭載。LEDランプ付き、バックライト搭載。

カラー;白黒





・ EW-ZR050 折りたたみ型、Bluetooth接続。
 2018年1月発売

 持ち運びしやすい折りたたみ型。スマホ・iPad汎用スタンド付き。





・EW-RW21 折りたたみ型、Bluetooth接続。
 2018年1月発売

 更に小型化された三つ折り型。タッチパネルを搭載する。スマホ・iPad汎用スタンド付き。






■ 用品

 今回使用した機器。

・新登場 Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属 
 2019年1月23日発売。

 新型Fire TV。







■ あとがき。

[atod][ewin_bt-keybord ew-rb03]IMG_20190724_022321tibi.jpg


 あとは耐久性ですね。またレポートします

 ・ 記載について

 一部にリンク先データを参考もしくは引用しています。
なお引用先が誤記でもそのまま転載し、記事中で修正されてない場合が有ります。また仕様変更や取り扱い店で本体や付属品が変更される場合が有ります。リンク先記載や購入時の疑問や不明点は、リンク先や購入会社窓口にお問い合わせ下さい。

equalizer-153212_960_720tibi.jpg

■ 関連記事


■ 更新情報

 2019年7月25日 作成

■ 関連URL、参考サイト