映画「U・ボート」の謎やオチ解説。感想。

 B00005FXNB

 今回紹介するのは、映画『U・ボート』

  潜水艦映画で有名であり、人気が高い作品です。
さて今作は、Uボート側からの視点で語られており説明不足の部分も多い。

今回は『U・ボート』の見どころと不可解な部分の解説。
一度見て分からない方向け。ネタバレと謎やオチ解説もあるので知りたくない方は見ちゃダメ。

■ はじめに 映画『U・ボート』とは


 B007TDN2IS

 原作者が、実際に従軍記者としてU96に乗った経験を元に作られた。

 原題は、Das Boot。1981年の映画で、ウォルフガング・ペーターゼン監督。
監督は、後に「ネバーエンディングストーリー」「エアフォース・ワン」や「トロイ」など、ヒット作を多く担当。また「パーフェクトストーム」や「ポセイドン」など海洋の舞台も得意とする。

1997年にディレクターズカット版が公開された。

 ■ 映画のあらすじ

 

 映画のジャンルは戦争映画。
 
 第2次世界大戦でドイツ軍Uボート「U96」乗組員と連合軍との戦いを描く。
U96は、大西洋の連合軍船団への攻撃が主な任務。護衛の駆逐艦と戦う。 そして後半は、ジブラルタル海峡突破をめざす。損傷による恐怖と逆境からの復帰が見どころだ。


■ 謎解きと解説


 B002FO6XGO

作品はUボート側の一人称視点であり説明が省かれる。さらに、Uボートの行動や登場機体の説明もないので分かりにくい。

疑問に思いやすい物や場面を紹介する。

■ エピソードと解説 

 
 clapperboard-146180_960_720.png

 人物や謎の物体、作品中で解説されていない設定。メディアの特典やメイキング等から、私が面白いと思ったものを抜粋して紹介する。



■ 登場アイテム

 ・ Uボート (U-96)

 B01MSBDWYS

 Uボートは、ドイツ語ではウーボート。Unterseeboot(水の下の船)の略。

U96は原作者が実際に乗った艦で、映画「Uボート」でも登場艦はU96として扱われる。 UボートVIIC型で、626隻が竣工したうちの一隻。VIIC型はドイツ潜水艦隊の主力として大西洋で活躍した。水中航続距離は4ktで80海里(148㎞)/2ktで240海里。主機であるディーゼルエンジン2基と電動モーターが組み合される。主に水上ではディーゼルで、水中ではモーターを使う。作中ではモーターは”E機関”と呼ばれている。

元となったU-96は、1940年8月1日に進水。1945年2月15日に退役。練習艦となるが1945年に米軍の攻撃で沈没している。
作中では実物大模型や、撮影用の艦橋や艦内セットが組まれた。


 ・ Uボートのマーク「笑うソードフィッシュ」

 B01IQ6DSGM

Uボートの司令塔に描かれている「笑うソードフィッシュ(カジキ)」。 ~ネットではノコギリザメ、ノコギリエイとも書かれている。隊員の帽子にもシルエットでマークがついている。


 ・ 大量のレモン

 Lemons
Lemons / CocteauBoy


船員たちが大量のレモンを食べてるシーン。 これは病気対策であり、主に壊血病の防止策。 長い船内生活でのビタミン不足による壊血病はかって恐ろしい病気であり、大航海時代に多くの船乗りが命を落としている。細胞が破壊されるので体や精神を病んでしまう恐ろしい病気を、レモンの摂取で防いでいる。


 ・ Uボートカクテル

作中で作られるカクテル。レモンとコンデンスミルクを混ぜて作られた。 他のメンバーが呆れた顔で見ているので「ネタ」でしょう。なんだかファミレスでカルピスを作る裏技みたいだ。




■ 謎のシーン、分かりにくい行動など。

 ・ 弱いUボート

 B01IQEA20O

作品を見て感じるのが、”Uボートが弱い”こと。 映画予告はUボートが勇壮な音楽に合わせて格好よく描かれるが、作中では連合軍の駆逐艦に追い回されて潜んだり、飛行機に攻撃されるなど劣勢です。主役が華々しく活躍する映画ではありません。

これはUボートが既に弱くなった時期を描いたから。2次大戦の終盤には、連合軍のUボート対策が進んでおりUボートの優位性は既に下がっていた。連合側の艦隊による護衛 そして技術面ではレーダーやソナー探知が進んでおり、浮上すればレーダー、潜行すればソナー探知が待っていた。


 ・ 赤い電球

戦闘に入って照明を赤に切り替えるシーンがある。これは監視に備えて目をならす(暗順応)させるため。


 ・ 海峡前にイタリア船での豪華な食事
 
海峡突破前。イタリア船に上官たちが招かれて豪華な食事で接待される。大量の肉と海鮮やフルーツ。そしてお酒がふるまわれる。商戦の艦長はやたらご機嫌でUボート艦長をもてなす。

連合軍の厳戒な監視下であるジブラルタル海峡を、Uボートで突破する無茶な行動に、興奮しているようにも見える。もしくは無謀な作戦の挑戦者達へ、最後の晩餐をふるまっているようにも見える。


 ・ ジブラルタル海峡突破。

 

かなり困難な行動。なぜなら海峡幅は11㎞と狭いうえに、英軍の地中海唯一の修理基地もあり警戒は厳重であり、哨戒機も飛んでいる。


 ・ なぜUボートは浮上して海峡に近づいたのか。

船長はUボートで海峡に近づいてから潜航する予定だった。それは大西洋から地中海へと向かう海流に乗って燃料を節約するため。 しかし敵の索敵能力が上回っていたため、Uボートは潜航前に攻撃されてしまう。


 ・ 攻撃から沈没

 Sinking of Germany Uboat
Sinking of Germany Uboat / San Diego Air & Space Museum Archives


実際の英軍機は1940年からレーダーを搭載している。作中では航空機がU96への攻撃に成功している。 沈没するUボートは舵が破壊されて沈んでおりエンジンも故障。そして配管が壊れて浮上できなくなる。

Uボートの潜航深度は230m、圧壊深度250 - 295m。作中ではメーターは260mをはるかに振り切ってしまう。


 ・ 飛ぶボルト

船体が水圧に耐えれず、船内のボルトが銃弾のように吹っ飛んでいく。演出であり、実際の潜水艦では溶接されている。



■ ラストとオチの解説 


B00AKQMQ9W

作品のラスト。戦闘機の攻撃をUボート乗組員が受ける。 そして、語り部以外の主要人物はほぼ全滅する。

助かったと思ったら、悲劇で終わる。戦争映画の、結末であるパターンのひとつです。 



■ テーマとオチのまとめ

敗戦国側を視点に作った映画であり、英雄としては扱えなかったのだろう。 映画「Uボート」は、戦争賛美にならないように悲惨な結末で終わる。
 


■ あとがき


 B00E5Q9NI0

潜水艦を主題に扱う映画は面白い作品が多い。だがUボートの面白さは抜き出ている。

CGが無い時代であり、実写撮影が多くて迫力が有る。さらにUボート側のみの視点で描かれるなど、緊迫感を挙げる仕掛けも見事です。日常の描き方も丁寧で、艦内に生活感が凄くあふれいる。バナナやパイナップルが吊るされているのに親近感が湧いて面白かった。

ふっと思い出して、猛烈に見たくなる映画のひとつです。


■  関連商品 


 媒体や関連製品


■ 映画


 ● U・ボート ディレクターズ・カット [Blu-ray]

 ブルーレイの高画質で見られる。







■ DVD






■ 配信

• Amazonプライムビデオ







■ TV版

 1985年に公開されたTVシリーズ。




・Uボート ザ・シリーズ 深海の狼 (2018)

 映画版Uボートの続編と宣伝されている。
2018年から制作されているTVシリーズだ。実際には、新造Uボート「U612」の話であり、映画版とのつながりはない。簡単に言えばUボートを題材にしたテレビドラマだ。見た感想だが、TV版らしく間延び感がある。無駄な残虐シーンや暴行シーンなどあり不愉快。またテーマも無くて面白くはなかった。





■ 音楽


 音楽はクラウス・ドルディンガー 。 Uボートのウォルフガング監督とは『ネバーエンディング・ストーリー - 』でも組んでいる。軽快で上昇していくような雰囲気が似ている。『Uボート』では、オーケストラとソナー音との組み合わせが印象に残る。

U96のテーマなど、高揚感のある音楽はカッコいい。



・Das Boot: Original Filmmusik
 クラウス・ドルディンガー 形式: CD

 30曲入りバージョン。4曲目の「U96」がカッコいい。後半はセリフ入りの音楽が入っている。






・Uボート オリジナル・サウンドトラック
 Lothar-Günther Buchheim 形式: CD

 18曲入りバージョン。ジャケットは実際のUボートを映した写真が使われている。





■ トイ



 • タルガ 鋼密度模型Uボート U-96

B00181SLH4

 全長46cmの大型モデル。内部も再現されている。




■ 更新情報

2022年8月30日 Uボート ザ・シリーズ 深海の狼を追加。
2021年8月27日 画像位置調整。
2019年7月19日 作成