S.M.S.LのDAC「M300」「M300MKⅡ」の解説と購入用リンク。[2020年5月更新]

B07PTYC3PZ
 
今回はS.M.S.LのDAC「M300」と「M300 MKⅡ 」の特長と購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ M300とM300MKⅡとは


B07Q855P29

 S.M.S.L 社の新型DAC。2019年3月に発売された。
同社のDACでは先行したM100に似た形状で、サンスクリット10thのような綺麗なデザインとカラーを合わせ持つ。特徴はディスプレイ装備とバランス出力に対応した。

 2020年5月にアップデート版「M300MKⅡ」が登場。大幅に機能が強化されて、プリアンプモードやBluetoothを搭載。リモコンに対応した。


■ 特長と性能


B07Q855P29B07Q855P29

  性能重視タイプで新たにバランス出力を備えた。先行したM100とスペックが似ているが、DACチップが異なりAK4492を採用する。独立電源端子は廃止された。



■ 外観と内容

B07PTYC3PZ

 M100のデザインとサンスクリット10thを合わせたような外観。外観は直方体の美しいデザインで筐体はアルミのCNC加工。大きさは同社製品内でもかなり小さくて、M100と同じ大きさ。

B07Q855P29

前面はディスプレイとスタンバイLEDと電源/入力ボタンを備える。表示画面はIPS液晶を持ち、ソース・ビットや周波数を表示、新たにデジタルソースのコネクタアイコンが表示されるようになった。表示色の変更も可能。本体操作は電源ボタンと操作ボタンで行う。

B07Q855P29

DACは旭化成のポータブルオーディオ向け高級DACであるAK4492EQ。対応ビットレートや周波数は広めでDSD512にも対応する。

USBサンプルレート:1-32bit、44.1~768kHz DSD最大サポート:DSD512 
光/同軸入力サンプリングレート:16~24bit 32~192kHz

 USB受信部は第2世代XMOSであるXcore200 XU208を採用。電源は背面のマイクロUSBから供給可能でUSB入力と兼用。バスパワーになった。

色: 黒、青、赤




 ● M300MKⅡ

B07Q9KXXFH

  2020年5月に発売されたアップグレード版。外観はほぼ同じだが、内面での変更部分が多い。

まず機能で大きな部分は、音量調整を搭載してプリアンプモードが搭載された。そして前面ボタンが音量調整を兼ねるようになった。 リモコン対応も追加。また3つのサウンドカラー、DSDフィルターがサポート。

B07Q5ZJR8T

 そして無線機能に対応して、Blutooth5.0を搭載した。apt-Xに対応している。外観ではアンテナ端子が追加。
独立した同軸と光端子は廃止され、3.5㎜の同軸・光端子に変更されている。

B07Q9KXXFH

 電源部は初代がバスパワーだったが、「MK2」では独立電源端子が採用された。

 ・ 開封動画





● お勧めポイント

 • デザインがカッコいい。
 • バランス出力に対応した
 • 初代は純粋なDAC。MK2では音量調整ボタンやリモコンが付属した。


 X 弱点や気になる所

 ・価格は高め。同社M100の倍以上する。




 ■ 感想

according-to-214445__340.jpg

 SMSLの機器は随分とデザインが洗練されてきた。 今回のM300では、先行したサンスクリット10thのカラフルさとM100のデザインを上手く取り込みました。そしてバランス接続がしたい人に嬉しいモデルになりました。



■ 購入用リンク


初代「M300」の販売は終了して、現在は「M300MKⅡ」に置き換わっている。



・「M300MKⅡ」

>SMSL公式ショップが参加している商品リンク






・初代「M300」

 amazonに取り扱い有り。2019年3月18日に入荷した。

 



■ 周辺機器


 使う時に便利な用品



■ アンプ

・SA100

 M100と同時期に登場したパワーアンプ。Mシリーズとデザインが調和する。
アナログ入力と無線入力に対応する。注意点として奥行きがM300より少し長いのと、周波数帯域はハイレゾではない。







■ ケーブル

◢・SMSL w6 Audiophilesオーディオ単一クリスタル銅RCAケーブル1ペア

 SMSL社のコンポであるパンダシリーズ用に作られたケーブル。オヤイデを使用している。







■ 注意

 * 文章を読みやすくするため、敬称は略させて頂いている場合があります。

 • 注意点

仕様は変更される場合が有ります。一部にリンク先データを参考もしくは引用しています。なお引用先の誤記の場合でもそのまま転載し、記事中で修正されない場合が有ります。また仕様変更や取り扱い店で本体や付属品が変更される場合が有ります。 リンク先記載や購入時の疑問や不明点は、リンク先や購入会社窓口にお問い合わせ下さい。


■ データ

 S.M.S.L社は、中国は深圳市にある会社。社名は地名が由来。
(S.M.S.L =深圳市双木三林电子有限公司/ Shenzhen shuangmusanlin electronic Co., LTD)

 家庭とカー用音響製品企画から製造まで統合しておこなう企業。
製品はヨーロッパ、アメリカ、中東、東南アジアに20以上の国と地域に販売され日本でも販売。

AV機器はヘッドフォンアンプや小型アンプ、DACと小さく可愛い製品が主です。新製品とロングセラーモデルが混在するのも特長。


■ 更新情報

 2020年6月8日 MK2の動画を追加
 2020年5月11日 S.M.S.L M300 MKIを追加、文章とリンクを変更。
 2019年4月25日 動画追加
 2019年4月2日 公式販売のリンク、画像を追加。英語版画像を日本版に差し替え。
 2019-04-02 07:00:00 公開
 2019年4月1日 作成
 
■ 関連SNS




・同社公式アカウントのリリース情報




■ 参考動画

・M300 MK2


・M300


■ 関連、参考サイト


AKM > プレミアムDAC>プレミアムDAC NewGeneration>AK4492ECB
AK4492ECB 127dB 768kHz/32-bit 2ch Premium DAC for portable audio devices




■ 関連記事

S.M.S.L製オーディオ機器の紹介 2018年版 [特長と購入リンク]