映画ボヘミアン・ラプソディ のオリジナル・サウンドトラックCDを聴いた感想



B07GW2PFR3

 ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)が発売されました。

アルバム内容と聴いた感想を紹介。

■ 💿 ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)について


cd-158817__340.png

 2018年10月19日に発売。日本ではCDとダウンロード版が販売される。今作は11月に公開される同タイトルのクィーン伝記映画のサウンドトラックとなる。
 
 

・ アルバムアート

 ジャケットはQUEENらしいデザイン。バンドエイドでウェンブリースタジアムの演奏シーンを再現しており、ラミ・マレックがフレディお得意のエビぞりポーズで映ります。




■ 収録曲を聴いた感想

B07GW2PFR3

  CD版を聴きました。

  収録内容は22曲とかなり多くて、時間もCDの収録限界に近い79分44秒と長め。

 プロデュースはブライアン・メイとロジャー・テイラー。
そして今作はサウンドトラックと呼ばれているがQUEENの曲で構成されている。サントラらしいのは冒頭の「20世紀フォックス・ファンファーレ」ぐらいでブライアン・メイがギターを弾いてます。

Queen live @ Boston - 1976
Queen live @ Boston - 1976 / Comunità♔Queeniana


 収録曲は映画にふさわしい音源が選択されており、オリジナルとライブ録音が収められる。主体は2011年のボブ・ラドウィックによるリマスター盤が元となる。細かく調整されており、一部曲ではライブやスタジオ版をミックスしたり、ギタートラックが追加される。

Live-Aid-25
Live-Aid-25 / raymaclean


 新曲ではQUEEN結成前の曲で「ドゥーイング・オール・ライト」が収録。そして今回注目されるのがライブエイドの音源。21分で5曲が収録される。ライブエイドはアフリカ難民救済を目的としたバンドエイド活動の派生で、ライブにはQUEENも参加した。この時期はQUEENのメンバーはソロ活動が活発になっており、不仲でした。しかしQUEENはライブエイドで「RADIO GA GA」や「We Are the Champions」などの人気曲を熱唱し見事なパフォーマンスを見せつけた。ライブは高評価を受けて、QUEEN人気が再上昇するきっかけになりました。

 アルバム船体の音質はおおまかに揃えられており聴きやすい。ただアルバム後半になるにつれ(新しい曲になるほど)高精細になる印象でした。曲構成もライブ演奏が上手く挟まれており、楽しく聞けました。



 ■ 感想 

Freddie Mercury tribute
Freddie Mercury tribute / Nuno Alex Silva


 サントラは、日本でオリコンチャート4位を記録しており、QUEEN人気の強さと映画人気をうかがわせました。
サントラ自体は全部で22曲も有るので聴きごたえが有る。クィーンが初めての人やファンでも楽しく聞けるでしょう。



■ 購入用リンク


 各バージョンの解説と購入用リンクを紹介。

● タイプ解説

 日本ではCDと配信版が発売。海外ではカセットも発売。2019年3月にアナログLP(ビニール)が発売される予定。


■ CD 


cd-158817__340.png



・ CD「ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)」 UICY-15762

 ユニバーサルから発売。日本盤のみSHM-CD仕様。





■ ネット配信 - ハイレゾ版・MP3 


hi-reso.tibi.jpgmp3-255.png

 ネット配信は今のところ圧縮音源のみ。


● MP3

・amazon MP3版のみ

 

 > クィーンのページ(CD&MP3)
 > MP3販売


・Apple




ボヘミアン・ラプソディ (オリジナル・サウンドトラック)クイーン




■ ライブ


 ボヘミアン・ラプソディに関連する映像作品。
 
・ ライヴ・エイド



 1984年のアフリカ支援を目的としたバンドエイドから派生して生まれたライブ。
バンドエイド提唱者のボブ・ゲルドフが提案。1985 年7月13日に世界を繋いでのライブが行われた。

2004年にDVDが発売。本作の収益金はバンド・エイド・トラストに寄付される。4枚組とハイライトを集めた1枚版がある。








・伝説の証 ~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985 [Blu-ray]
 クイーン (出演, アーティスト) 形式: Blu-ray

ライブ2公演をBD化。アルバム「ザ・ゲーム」時代のワールド・ツアー最後を飾ったカナダ・モントリオール公演と1985年の「ライヴ・エイド」を収録。 QUEENの映像作品では長く人気がある。







■ 関連MV

 収録曲の試聴プレイヤーが公開されています。




■ 関連作品


・文章について  敬称を略している場合が有ります。


■ 更新情報

 2018年12月3日 作成


■ 関連記事

QUEENの作品紹介 経歴や作品解説、聴いた感想。
QUEENのアルバムがハイレゾで新規配信開始。限定プレイヤーとヘッドフォンも登場
第3回 「CDは、音が悪い? 音圧問題」 - 映像と音楽機器情報 「A to D」
ロジャーテイラーの作品と経歴。作品集「Lot」の紹介。



■ 関連、参考サイト

公式
 >『ボヘミアン・ラプソディ』 オリジナル・サウンドトラック10/19全世界同時発売!



■ 目次と見出し - ジャンルについて

 ■ CDアルバム 

 ■ 配信版 ハイレゾ、MP3
   配信限定 Complete Edition

(ジャンルをクリックすると、項目へジャンプします)