音楽プレイヤー「Amarok」の特徴や操作感、音質を解説

[AtoD][Amarok 2.08][kykz]WS2018001117tibi.jpg

 今回は音楽プレイヤーの「Amarok」の紹介。

LinuxやWindows用で歴史の長いアプリです。特徴や操作感、音質を解説。


■ 「Amarok」とは

[AtoD][Amarok 2.08]WS2018001119tibi.jpg

[AtoD][Amarok 2.08][MJ]WS2018001126tibi.jpg

 「Amarok」はパソコン対応の音楽再生ソフト。
統合型プレイヤーであり、ネットの検索機能が多めなのが強み。

 初回は2003年リリースで長い歴史を持つ。利用は無料。名前はMike Oldfieldのアルバム『Amarok』からで狼の意味でアイコンも狼。

 KDEアプリケーションの音楽プレイヤーでLinux/Unix, Windows (KDE for Windows),そして日本語表示に対応。 なおAmarokは2009年のVer2.0から大きくデザインが変更された。


■ Amarokの特長


 おすすめの特長を3つ紹介。



 1 外見と操作

[AtoD][Amarok 2.08][kykz]WS2018001118tibi.jpg

 標準状態の外見は3列(ペイン)型のタイプで、質素です。

 上部が曲情報と操作パネル。左端が大項目のプレイリストブラウザで音源ソースやデータベースを切替え可能。中列がコンテキストビューと呼ばれる情報窓でブラウザや曲情報を表示する。 右ウィンドウがプレイヤーウィンドウ(プレイリスト)。

 特長は中央列の情報窓で、さまざまな音楽情報が取得可能。カスタマイズ可能で右下歯車のアイコンを押せばメニューが開く。追加ウィジェットが用意されており、アルバムカバー、トラックの評価、関連写真・アーティスト,歌詞、LastFMからタグ取得など10種ほどが用意されている。

・動作感

 全体の動作速度は普通。ただし私の環境では設定変更やインポート時に不安定な場合が多く、フリーズもあった。また登録曲数が増えるとかなり遅くなる。

 操作は右脳型の『使って覚えるタイプ』で、使いやすいとは言えない。あとカスタマイズ可能な中央窓等は面白いとは思うが、機能が多いぶん動作も不安定。

[AtoD][Amarok 2.08][kykz]WS2018001125tibi.jpg




 2 統合プレイヤーとしての能力。

[AtoD][Amarok 2.08][ngzk]WS2018001128tibi.jpg

 音楽管理もできるようにファイルの整理機能を持つ。タグ付け,カバーアートの編集や取得など。内蔵データベースで、曲の再生スコアを保存可能。

 ● ネット対応 - サービスフレームワーク

 ネット音楽サービスを統合している。オンライン音楽ストア、メディアサーバー、Web音楽倉庫などが使える。スクリプトで追加が可能。なお私の環境ではストリーム,ショップ,Wiki検索は動作しなかった。

 • ネット対応

 標準で音楽サイトが登録されている。海外インターネットショップやポッドキャストも対応。


 • 歌詞表示可能。

[AtoD][Amarok 2.08][MJ]WS2018001122tibi.jpg

 簡単に歌詞表示できる。設定は不要で音楽を再生するだけで歌詞を自動取得する。ただし日本のアーティストは登録が少ない。画像はアルバム「Bad」から歌詞を表示しているところ。 なお音楽フォルダと同じ場所に既存の歌詞ファイルがあれば自動で読み込む。



■ 音質

 音質は普通。ミキサー経由でややノイズっぽい音。
出力や音質設定は無し。標準状態ではWASAPI排他やASIOは設定できない。音質調整はイコライザーを装備する。

 音声ファイルはハイレゾも対応。WAV形式やFLAC 24bit-192kHzのファイルでも再生可能でした。


 ■ 基本操作から特殊な操作方法 ~使い方のコツ 


 question-64.png


 基本操作や特殊な部分の対処方法を紹介。



■ ダウンロードとインストール

[AtoD][Amarok 2.08]WS2018001121tibi.jpg

 公式 http://amarok.kde.org/

 >ダウンロード>WINから、インストーラーをダウンロード可能。なおLINUX用に2.9が出ているが、WIN版の最新は2.8.0。
 
 インストーラーにはWindows KDEも同梱されている。 インストール時にはEnglishを選択。言語ファイルの選択で「Japanese」を追加しておきます。ただし日本語ファイルの再生と表示には対応するだけで、メニューの日本語化は出来ないようです。



■ 基本操作

 • 監視フォルダーの指定、常用するフォルダの登録方法 : 初回起動時に音楽用フォルダを登録する。 後に設定から変更・追加可能。

 • 音楽ファイル再生: 基本はプレイリスト経由での再生。ローカルのフォルダをドラッグ&ドロップで登録可能。また既存プレイリストのD&Dも可能。

 • ブックマーク機能を使う:お気に入りの音楽を入れているフォルダを開いて、左ペイン上の☆ボタンを押せばブックマークが可能。


■ 使いこなし。 Tips


  便利な小技。


■ 便利なショートカット

 • 終了 =ctrl+Q 

 • 設定 =ctrl+P

 • 曲操作 

 フォルダ選択  = Ctrl+O
 再生、一時停止 = Space
 一曲送る    = Ctrl+→
 一曲戻す    = Ctrl+←
 早送り10秒 = →
 巻戻し10秒   = ←
 早送り1分 = Shift+→
 巻戻し1分   = Shift+←

・ ショートカットの設定 ;  Settings > Configure Shortcut


■ FAQ

  • 音が出ない : なぜか右上に大きな消音ボタンがあり、間違って押しやすい。

 ・ 登録していたファイルやフォルダを認識しない。

  = 対策:音楽ファイルを再認識 させる。

  方法1: Tools > update Collection
  方法2: 設定  > Local Collectiom> Full Rescan



■ 長短所 
 
○ 良い点

 • スクリプト拡張が可能。珍しい機能が有る。
 • 曲やアーティストの情報表示機能が多い。歌詞検索と表示も可能
 
X 弱点

 • 日本語化ファイルは無い。ヘルプファイルも無い。
 • 音質部分が弱い。
 • 設定変更時の動作が不安定。登録曲が多いと異様に重い。



■ 総評

 音質: 60点
 総合面:55点

お勧め: 海外アーティストやサイトに強いので、洋楽が主体の方に向いてる。他OS(LINUX,Unix)と音楽アプリを揃えたい方。




■ 感想

[AtoD][Amarok 2.08][ngzk]WS2018001129tibi.jpg

 歴史があるソフトで、多くの機能を持つ。

全体の動作や設定は、個性やクセがあり使いこなしが難しい。再生用途にはフィルタや検索機能も多くて、日本の対応サイトを設定すればかなり面白そう。上手く使えばかなり便利そうです。既定の状態でも、海外アーティストのアルバム再生は自動で歌詞も表示できて便利に感じました。

また、面白い機能を見つけたら紹介しますね😊



■ 更新情報

 2018年10月9日 作成 使用バージョン Win版2.8


■ 関連記事

 •[2017年2月更新☆] Windows用の音楽再生ソフト対決。使いやすくて高音質なソフトは? [有名、マイナーソフト対決]


■ ■ 参考、関連リンク

 • Amarok 公式サイト http://amarok.kde.org/

 ・ FAQ https://userbase.kde.org/Amarok/QuickStartGuide/ja

 • WIKI EN marok_(software)

 • Clementine:Amarokにインスパイアされたプレイヤー。旧バージョンで人気のあるAmarok1.4をフォークして作られている。


■ 試聴機器、テスト用アルバム

 • Core i7搭載機、Win10
[PC2017-01] WS2017000702[atod].JPG

 SSD化し、メモリー、HDD増設。電源を強化。


 • FOSTEX ヘッドホン T20RPmk2n

 世界で愛されるロングセラー。スタジオ・モニターヘッドフォン。

 ・ YAMAHA NS-10M PRO



■ 試聴アルバム 参考;今回特に聴いた作品。

 • マイケルジャクソン BAD
 • 真っ白なものは汚したくなる 欅坂46
 • Vivaldi Le Quattro Stagioni