ドラマ「マジムリ学園」の全話を見た感想。あらすじと見どころ解説

 今回のお題はAKBドラマ「マジムリ学園」。

全話を見た感想。簡単なあらすじや見所と関連商品を紹介します。
ネタバレ・オチの解説もあるので、知りたくない方は見ちゃダメです。


 ■ 「マジムリ学園」とは




「マジムリ学園」は、日本テレビ制作のドラマ。
2018年7月26日~毎週 木曜0:59 - 1:29に放送。Huluで先行配信。

出演は48グループ系から登場。主演 小栗有以。
その他各チームから若手の人気メンバーが出演。

小栗有以さん(@tokyo8marron)がシェアした投稿 -




■ 簡単なあらすじ


 これはどこにでもある小さな世界の革命の物語。

 主人公は謎の転校生・リリィー。
舞台は私立嵐ヶ丘学園。生徒会長を中心とするグループが「選民」と呼ばれ「平民」を統括する。

 リリィーは有る事件で現場に残った嵐が丘カードを追い、転校してきた。リリィーは生徒会の命令に従わず、生徒会長カイザーは粛清すべく次々に刺客を送り込む。
「私の前に立つな」。次々に生徒会の刺客を倒すリリィーに、変化への希望を感じた生徒たちがリリィーの元へ集い始める。






■ 作品の流れ

 作品の流れは「支配された学校に転校生がやってくる」王道パターンで、救世主もの。

 今作の主人公はフランスの悲劇のヒロイン「ジャンヌ・ダルク」に重ねて描かれる。構成は『マジすか学園1』とほぼ同じ。主人公の設定は前田敦子に近くて、無口で訳アリの転校生がリリィー。大島優子がカイザーの本間に。武闘派集団ラッパッパ(吹奏楽部)が生徒会に相当。週替わりの刺客を男性俳優やタレントが担当する。いつものように上手く再構成してる。

 今作の特長部分。理不尽な格差・圧制社会は昭和少年コミックのノリで、ヨーヨーを持たない『スケバン刑事』といったところ。クールな主人公であり、まゆゆの後継と言われる小栗有以さんとのギャップが面白い。 後半はドラマ面が強くなって、リリィーの素性と過去が明らかになり悩みをみせる。挫折したり自暴自棄になっては周りに助けられ、成長していく。




■ 良い点、見どころ

 作品自体をあくまでオリジナルにして、安易に『スケバン刑事』等にしなかったのは偉いと思った。

•  人気、注目メンバーが登場



 AKBグループの新鋭が主体となる。綺麗もしくは可愛いメンバーが多い。全体ではNGTの支配へチーム8が立ち向かう構造となる。

選抜選挙で上位のNGTメンバーからは本間日陽や荻野由佳、人気が高いチーム8から倉野尾 成美や岡部麟など、そして注目メンバーの馬嘉伶や山内瑞葵などが登場。 STUからは瀧野由美子、NMBから城恵理子など各チームの期待メンバーが出る。『豆腐プロレス』に続いて人気の向井地美音やベテラン横山由依も出演。私感だけど好みのメンバーが多い。


•  イケメンの刺客

 キャラの立った男性ゲストが登場する。刺客クラスのキャラは経歴部分もドラマを抱えてしっかりしてる。俳優以外のタレントやモデルも登場するが、演技も気合が入ってる。惜しいのは一話毎に使い捨て。




● いまいち&惜しいところ。

・ カタルシスが少ない。

 全体に殺人事件や格差社会を描くハードな話。悲劇が多くて緊張感は高いが開放が少ない。惜しいのは全体に暗い雰囲気が拭えなかった。

脇キャラの喜びや笑顔がもっとあれば良かった。仲間が増える、生徒会のアインツやツヴァイが味方についた喜びが少なくて、放火・暴行被害や裏切られる悲しみが多い。 リリィーは何度さまよっても力強く立ち直るが、敗北した男性刺客や去っていくバラなど周りのキャラは幸薄そうだった。


•  お楽しみやドラマの押しが少ない。

 AKB主体のおふざけや宣伝感が強かった従来作品より、『マジムリ学園』は普通のドラマ寄りに作られている。 

 娯楽面ではAKBの紹介部分が減った。『豆腐プロレス』『きゃばすか学園』のようなコスプレや歌唱のお楽しみは無し。

AKBグループは「プロデュース48」との参加が重なり、新人があまり参加しなかったのが惜しい。男性陣やAKB側の向井地美音は、真剣なシーンもガス抜きも上手くて目立つ。そのぶん未だ若手メンバーが演技に照れてる印象で惹き付ける所が出てない。脇を固める横山総監督やまちゃりんも、もっと魅力が出せそうに思う。 




•  物足りないアクション

 今作では刺客を倒すのが見せ場。百合のように華奢な女の子が、ごつい男と本音をぶつけ合い殴り合うのは新しい。小栗有以さん自体はクールでカッコいいし、男性陣に俳優やガチの格闘家が出たのも良かった。しかし『豆腐プロレス』での反動かアクションが弱い。 格闘練習をメンバーが長期間行った『豆腐プロレス』との差が出ている。

 AKB側のキャストでは、『マジすか学園』のゲキカラ役で松井玲奈が見せたキレた演技や暴れっぷり、サド役篠田麻里子のような迫力は無い。終盤で瀧野やジョーが奮闘したが、間に合わなかった感じ。




• 無料オンデマンドでの再放送が無い。 放送地域以外が見づらい。


■ オチ 「そこに愛はあるのかい?」

Ever So Yellow
Ever So Yellow / Jocey K


 最終話後半は嵐が丘と荒れ地の対決。そしてリリィーと卍、カイザーの葛藤が一気にぶつかる。結局はリリィーが救う形になり、無抵抗と自己犠牲で映画版”ナウシカ”状態です。ただし人見知りだったリリィーが成長してちゃんと自分の思いをぶつけるのが良かった。

 リリィーが最後に選んだ道は「戦いをやめること」。 皆が争いをやめて同士となる、そして小さな世界からでも変えていく革命だった。リリィーは犠牲となって争いを終わらせる。カッコいい。 

 ジャンヌダルクのような悲惨な終わり方にはならなかった。嵐が丘と登場メンバーのその後は、エンディング映像とナレーションで解説されている。リリィのその後もチラ見せで出ており、希望を持たせて作品は終了。




■ おまけ: 作品のテーマについて。

 『マジムリ学園』は「昭和のノリを利用できるか」試しているようで興味深い。「圧制、反逆、暴力、仲間、救世主」など。

 当然、そのまんまでは時代に合わないので現代風の要素も加えられている。ドラマには格差社会や日和見の裏切りがある。

解決にも、現代のアプローチがされた。未来を見失う生徒達に対しは、エロ先生が方向を示す。カイザーも結局は、父親に操られ虐げられる被害者でした。 視聴中は問題が多くて収集着かないかな?と思ったが、短い話数で良くまとまっています。昭和風にボスと格闘して、後悔や捨て台詞で終わる形にはならない。 リリィ側には共闘が加えられ、リリィー自身が最後に葛藤を超えて解決するのがとても良かった。


■ 統括 全体の感想 


stargazer lily
stargazer lily / nina.jsc


 評価: 65点

 『マジムリ学園』を初めて見た時は、旧シリーズから変わりすぎてて違和感を感じたが、重ねてみる度に新しい発見があり面白い。全体に新しいチャレンジが多いのが良かった。 登場人物が抱えた悩みや怒りなどの気持ちをはっきり言うのも良かった。

 作品で描かれる問題は、巨大化して最近は競争が激しいAKBグループに重なるようでもある。

 8話とかなり短い期間で終わるのが残念😭 その分リリィーに集中してスピーディーな展開だった。
もっと面白くなりそうだし、これからの展開に期待します✨


 ● これからの予定 ~ リアル興行開催と続編への期待。



 マジムリ学園の舞台が発表されました。10月19~28日に開催。新メンバーも登場します。

 




■ 関連商品


 ドラマや関連製品を紹介。



■ 映像作品


■ オンデマンド

 •  Hulu


 Huluが取り扱い中。2話以降は一週間分が先行配信されている。
メイキング1話は無料公開されています。(^o^)





■ 音楽作品


cd-158817__340.png

 サントラはワーグナーなどをオマージュして作られている。『ヴァルキューレの騎行』など。
販売製品は主題歌があります。



■ 主題歌

•  百合を咲かせるか? 
2018年9月19日(水)発売予定 NMAX-1307

 主題歌。AKB 53thシングル「センチメンタルトレイン」の劇場盤に収録。
ちゃんとドラマの内容に沿ったリリィーを題材にした歌詞で格好いい。歌唱メンバーは主要キャストが登場。

選抜: 岡部 麟、荻野由佳、小栗有以、小畑優奈、加藤美南、倉野尾成美、城 恵理子、髙橋彩音、瀧野由美子、谷口めぐ、本間日陽、馬 嘉伶、松岡はな、向井地美音、山内瑞葵、山本彩加、横山由依



> MP3





■ 小物


 ● カイザー様の使用しているオーディオ

 敵ボスのカイザーは音楽ファンでワグネリアン。いつもいる部屋にオーディオが置かれている。さすがカイザー様、オーディオの趣味もなかなか素敵です。


 • アンプ

 マランツのアンプが使われている。
1990~2000年くらいのプリメインアンプで、フロントが平面パネルのもの。PM6100SAかなと思う。




• スピーカー

 スピーカーは、おそらくパイオニアのバーチカルツイン。1990年発売のパイオニア S5000Twinが似てる。セットで約100万円する高級機。



■ 関連Twitter








■ 注意点

 文章を読みやすくするために、敬称を略させて頂いてる場合が有ります。


■ 更新情報

2018年9月21日 作成


■ 参考、関連リンク

マジムリ学園|日本テレビ
舞台版 マジムリ学園
Twitter 
 キングレコード 2018年8月23日 AKB48 53rd Single「センチメンタルトレイン」Music Video・ジャケ写・新アーティスト写真公開!収録内容も決定!

■ 関連記事

AKB48の新曲「♯好きなんだ」を聴いた感想とタイプ解説、購入用リンク