バンド・エイドと「Do They Know It’s Christmas?」の歴史と解説



 今回は、バンド・エイドの経歴と作品情報。

作品の時代背景や解説。感想を紹介します。


■ バンド・エイドと「Do They Know It’s Christmas?」とは


ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス

 1984年に「バンド・エイド」はアフリカの飢餓救済募金を集めるために作られました。

 参加者は当時のロックスター、有名プロデューサーが集結。
そして作られた曲「Do They Know It’s Christmas?」は、全世界で大ヒットしました。

 ● その後の活動や展開

Do They Know Its Christmas? (3 track single)

 1985年にライブエイドが開催。そして1989年にバンド・エイドⅡ、2004年にバンド・エイド20が結成。2014年にバンド・エイド30、エボラ出血熱の救済金を募りました。リメイク版もすべてイギリスで一位を獲得している。

 今でもクリスマス時期になると流れてる曲。 各年度版に大まかな部分は引き継がれ、作品ごとにアレンジがされています。


■ 特長と ネット通販各社 購入用リンク


 作品を発売順に紹介していきます。
 (項目をクリックすると、該当部へジャンプします)


■ 目次と見出し - ジャンルについて

 CDアルバム
 バンド・エイド 1984年
 バンド・エイドⅡ 1989年
 バンド・エイド 20 2004年
 バンド・エイド 30 2014年

 音楽配信サイト

 映像 DVD,ブルーレイ 
ライブエイド、バンド8




● 購入用リンクの使い方 

 製品の特長と購入用リンクを紹介します。

商品写真と横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお他のネット通販販売品を見たい場合は○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。



■ オリジナル・アルバムCD 

 
  burn-1294593__340.png

 アルバムCD。発売順に並べました。 


■ バンド・エイド 1984年




 1984年12月3日に発売。1984年にエチオピアで起こった飢餓の救済をするため、イギリスやアイルランドの有名スターが集まりました。

 きっかけはBBCニュースが「地球上で地獄に最も近いもの」とエチオピア飢饉を報告した。 テレビ局の女性スタッフと夫の歌手が援助の方法を模索して、チャリティーレコードを制作するのがベストだと判断した。 歌手ボブ・ゲルドフとミッジ・ユーロにより「Do The Know It's Christmas?」は書かれた。参加者はトレヴァーホーンも協力して集められた。フィルコリンズやスティング、ジョージマイケル、デュランデュラン他。凄い顔ぶれです。曲の録音に合わなかったメンバーはB面のコメントに参加しました。

 トレヴァー・ホーンが関わったサウンドは今聴いても良いですね。歌詞はストレートな表現や宗教感が強いがインパクトがありました。「Do The Know It's Christmas?」は英国や世界13か国で一位を獲得。後に続く、チャリティーソングや救済イベントの先駆となりました。


 ● 販売について

 アナログ時代でありレコードで発売されています。
7、12インチシングルが流通。日本では「Band Aid Special」というアルバムも発売されました。

 現在だと、レコードかMP3で入手するのが容易。CDも存在するようだが、正規では無いので怪しいですね。 

・ アナログシングル、12インチ盤

 B面にはコメントを収録した「フィード・ザ・ワールド」が収められる。





・ Band Aid Special
 1985年

 日本のみの発売。レーベルはMercuryでアナログレコードとCDも発売。
特別コンピレーションアルバムであり「Do They Know It's Christmas?」のシングルとロングバージョン収録。12インチMIXのロングバージョンは参加アーティストのコメントが入っている。そしてBand Aidプロジェクトに参加したThe Boomtown Rats、Big Country、Genesis、Status Quo、Marilynの曲が含まれる。




■ バンド・エイドⅡ 1989年




 1989年12月11日にリリース。 日本でも翌年1月25日に発売。

 ボブ・ゲルドフがピート・ウォーターマンに電話をかけて、エチオピアを継続して救済するために新バージョンが作られた。イギリスの音楽プロデューサーチームであるSAW=ストック・エイトキン・ウォーターマン(Stock Aitken Waterman)に監督された。

 SAWが制作していたアーティストや80年代のヒットアーティストが参加。
「Do They Know It's Christmas? 」の曲調はアレンジされ、綺麗なサウンドになってる。私は好みのバージョンです。

CDは「Do They Know It's Christmas? 」とインスト版の全2曲。








■ バンド・エイド20 2004年
 



 2004年11月29日発売。CDとデジタルダウンロードでリリース。 

 オリジナルから20周年記念として結成。アイデアはColdplayのChris Martinによって促されましたが、ゲルドフとウレの両方がすぐに関与しました。

 曲調は随分と変化した。スピードが上がり、音が派手になってユーロビート調になっている。後半はファンクっぽい部分もある。

EU圏やカナダなど多くの国でチャート一位を獲得しました。



 > MP3





■ バンド・エイド30 2014年




 2014年版のバンド・エイド。10年ぶりの結成となります。2014年アフリカで、拡大するエボラ出血熱への募金を集めるために結成されました。

 U2のボノが今回も参加。クィーンのロジャーティラーも出ています。
今回の募金に対し、イギリスは非課税に、Itunesも手数料を取らないそうです。ただU2のボノは曲の販売価格が10年前にくらべ3分の1になっているので売り上げが落ちることを危惧しているとのこと。

 今作で全体のアレンジは落ち着いた。PVと同じく呼吸器の音から入るインパクトの強い出だし。歌詞も変化して理解しやすい。例えばFeed the world(世界の人々に食料を届けよう)と連呼する部分が、Feel The world(世界を感じよう)やHeal the world(世界を癒そう)に変更。そして有名な歌唱パートである”Well tonight thanks God it's them instead of you”が”Well tonight we're reaching out and touching you”と穏便な歌詞になった。

 新曲はイギリスのヒットチャートで一位を獲得。日本では、アルバムが12月8日に発売。日本で発売されるCD版のアルバムは、なんと!歴代のバンド・エイド曲もセットになってます。 初めて買う方でも、歴代の曲を楽しめる。




> MP3

 デジタル版は、11月17日から日本でも発売中





■ ライブ




 バンド・エイドからは、派生してライブも生まれました。

・ ライヴ・エイド

 バンド・エイド提唱者のボブ・ゲルドフが提案。1985 年7月13日に世界を繋いでのライブが行われた。

2004年にDVDが発売されました。本作の収益金はバンド・エイド・トラストに寄付される。4枚組とハイライトを集めた1枚版がある。






・LIVE 8

 2005年夏に活動家のボブ・ゲルドフが企画したコンサート。






■ 音楽販売、配信サイト


hi-reso.tibi.jpgmp3-255.png

 バンド・エイドを取り扱うサイト。

 ・レコチョク →バンド・エイド

 ・Amazon バンド・エイド ストア 



■ 『Do They Know It's Christmas?』の歌詞と活動について


Merry Christmas  ...  dedicated to those we love , who are far away this Christmas
Merry Christmas ... dedicated to those we love , who are far away this Christmas / Nick Kenrick . thanks 40 mill views

 
 バンド・エイドで気になるのは歌詞ですね。
『Do They Know It's Christmas?』は、実は楽しいクリスマスソングでは無い。

一見楽しいリズムだが、歌詞は極端なことを言う。「自分たちが(飢餓の犠牲者でなく)大丈夫なことを神に感謝しよう」とか。私も昔聴いた時はものすごい傲慢だと感じた。反語とも言われるが、それならもっと激しいメロディーや歌詞にすればいいし、主張が中途半端に感じる。そして毎年、歌詞の意味を考えこんでました。

 冷静に考えれば、制作側は優しい歌詞や批判を避けられる歌詞にできたはず。しかしプロジェクト自体がお金を集める事から逆算し作られている。『Do They Know It's Christmas?』は宗教観やお金など批判の対象になりやすい部分にあえて踏み込んだ。結局言いたいことは、最後の”食料を届けよう”に掛かってるのでしょう。

 ウーレ自体は、後のインタビューや自伝で『Do They Know It's Christmas?』に低評価や自虐的なコメントをしています。曲は2次的なもので金を生み出すのが目的、チャリティーが優先だったと。

 バンド・エイドや『Do They Know It's Christmas?』が評価されるのは、批判されても行動した、後の活動も続けたからでしょう。バンド・エイドは、ライブエイドやUSAフォー・アフリカなど後の救済活動へとつながっていきました。批判し思考停止に陥り何もしないのはたやすい。批判されても誰かを救おうと道を切り開いたのは素晴らしい。

私はクリスマスが近づく度に、この曲を聴いて考えこされます。
 


■ 更新情報

 2018年9月16日 作成


■ 関連、参考サイト

・ Wiki (日本、英語)
 >https://ja.wikipedia.org/wiki/バンド・エイド#バンド・エイド_30(2014年版)
 >https://en.wikipedia.org/wiki/Do_They_Know_It's_Christmas?
  曲解説の一部を参考にさせて頂きました。

・Discog バンド・エイド・スペシャル https://www.discogs.com/ja/Band-Aid-Band-Aid-Special/release/1578394
 https://www.discogs.com/ja/Band-Aid-Band-Aid-Special