ドラマ「マジムリ学園」の中盤まで見た感想。あらすじと見どころ解説


 今回はAKBドラマ「マジムリ学園」。

前半を見た感想。簡単なあらすじや見所と関連商品を紹介します。


 ■ 「マジムリ学園」とは


小栗有以さん(@tokyo8marron)がシェアした投稿 -



「マジムリ学園」は、日本テレビ制作のドラマ。
2018年7月26日~毎週 木曜0:59 - 1:29に放送。Huluで先行配信。

出演は48グループ系から登場。主演 小栗有以。
その他各チームから若手の人気メンバーが出演。




■ 簡単なあらすじ


 主人公は謎の転校生・リリィー。
舞台は私立嵐ヶ丘学園。生徒会長を中心とするグループが「選民」と呼ばれ「平民」を統括する。

 リリィーはある事件で現場に残ったGカードを追い転校してきた。リリィーは生徒会の命令に従わず、生徒会は粛清すべく次々に刺客を送り込む。

「私の前に立つな」。次々に生徒会の刺客を倒すリリィーに、変化への希望を感じた生徒たちがリリィーの元へ集い始める。

本間日陽さん(@hinata_homma1110)がシェアした投稿 -






■ 作品の流れ

 作品の流れは「支配された学校に転校生がやってくる」王道パターン。
 構成は『マジすか学園1』とほぼ同じ。主人公の設定は前田敦子に近くて、無口で訳アリの転校生がリリィー。大島優子がカイザーの本間に。武闘派集団ラッパッパ(吹奏楽部)が生徒会に相当。週替わりの刺客を男性俳優やタレントが担当する。いつものように上手く再構成してる印象です。

 今作の特長部分。理不尽な格差・圧制社会は昭和少年コミックのノリで、ヨーヨーを持っていない『スケバン刑事』といったところ。クールな主人公であり、まゆゆの後継と言われる小栗有以さんとのギャップが面白い。

 漫画をオマージュする設定が多くて、キャラの設定でリリィーが使う「私の前に立つな」はゴルゴ13。本気を見るためにお金を要求したり、みょうに優しいのは『ブラックジャック』から。 暴力で服従を強いるボスキャラやふざけた刺客設定は『北斗の拳』からか。 







■ 良い点、見どころ

 作品自体をあくまでオリジナルにして、安易に『スケバン刑事』等にしなかったのは偉いと思った。

•  人気、注目メンバーが登場



 AKBグループの新鋭が主体となりました。綺麗もしくは可愛いメンバーが多い。全体ではNGTの支配へチーム8が立ち向かう構造となる。

選抜選挙で上位のNGTメンバーからは本間日陽や荻野由佳、人気が高いチーム8から倉野尾 成美や岡部麟など、そして注目メンバーの馬嘉伶や山内瑞葵などが登場。 SKUからは瀧野由美子、NMBから城恵理子など各チームの期待メンバーが出る。『豆腐プロレス』に続いて人気の向井地美音やベテラン横山由依も出演。私感だけど好みのメンバーが多い。




•  イケメンの刺客

 キャラの立った男性ゲストが登場する。刺客クラスのキャラは経歴部分もドラマを抱えてしっかりしてる。俳優以外のタレントやモデルも登場するが、演技も気合が入ってる。惜しいのは現在の所は一話毎に使い捨て。


•  百合要素

flowers
flowers / FishTech


 ついに伝家の宝刀を使う時が来たか。意外と少ないAKBドラマでの”百合要素”が今作では見られる。カイザー様が周りのメンバーをもてあそぶ。





● いまいち&惜しいところ。
 
 見る態度が決めにくい作品です。 

振れ幅が少なくて、ふざけてるのかカッコつけてるのか判断しにくい。セリフに例え話やカッコつけてぼかすセリフが多くて感情移入しにくい。 そしてドラマ全体に温度が低い。登場人物に表情が少ない上に「怒り・憎しみ・嫉妬・苦しみ」など負の感情が多く、見ていて楽しくない。


•  ドラマの押しが弱い。


AKB主体のおふざけや宣伝感が強かった従来作品より、『マジムリ学園』は普通のドラマ寄りに作られている。 

 娯楽面ではAKBの紹介部分が減った。従来あった魅力だと『きゃばすか学園』のようにメンバーが歌ったりするお楽しみ部分は無し。既存作との重複を恐れたのか刺客はイケメン軍団。全体に設定が大げさな割には、行動が真面目すぎる印象を受ける。

 男性陣やAKB側の向井地美音は真剣なシーンもガス抜きも上手くて目立ってる。そのぶん未だ若手メンバーが演技に照れてる印象で惹き付ける所が出てない。脇を固める横山総監督やまちゃりんも、もっと魅力が出せそうに思う。




•  物足りない設定とアクション

DSC00317
DSC00317 / CraigShipp.com Photos - Events / People / Places


 今作では刺客を倒すのが見せ場。小栗有以さん自体はクールでカッコいい。

しかし『豆腐プロレス』での反動かアクションが弱い。  格闘の練習をメンバーが長期間した『豆腐プロレス』との差が出ている。

 男性の敵が登場するのに対し戦いの演出が弱い。体重差が3~4倍あるような男を、華奢なリリィーが正攻法で倒すのは説得力が無い。逆転シーンで大男に頭突きしたり,素手でナイフを掴んだりするのは自滅に見える。 娯楽性に頼るわけでもなくて、『マジすか学園』のふざけた大技や『豆腐プロレス』での”咲良スペシャル”のような目立つ必殺技もない。補完するのには見る者が納得する設定や漫画や娯楽映画の女性ヒーローが繰り出すようなアクションが出ればいいが、そこまで映像や演出が到達してない。

 AKB側のキャスト全体では、『マジすか学園』のゲキカラ役で松井玲奈が見せたキレた演技や暴れっぷり、サド役篠田麻里子のような迫力は未だ無い。キャラにNMBのジョーやSTUの瀧野が控えてるので、これから暴れるのを期待。





• 無料オンデマンドでの再放送が無い。 放送地域以外が見づらい。


■ 全体の感想 


 今までのAKBドラマの印象を捨てて観るほうが良い。

 私は今作を楽しみにしてたので、『マジムリ学園』を見て最初は「うーん?」と不満に思った。 ただ冷静に見ると新しい挑戦も多いので、初見で物足りなく感じるのは既存作品と比べるからでしょう。記事を書く前に『マジムリ学園』を何度も見直してみて、まずまずだし面白くなりそうと感じた。

放送期間が不明だが、1クールとすれば放送は半分を超えたところ。 今作は新しい部分が多いので、仕込んだ伏線や仕掛けが活きてくる、花が咲くのはこれからと言ったところでしょう。

私が好みのメンバーが多く登場してるし、これからにも期待してます。(*^▽^*)





■ 関連商品


 ドラマや関連製品を紹介。



■ 映像作品


■ オンデマンド

 •  Hulu


 Huluが取り扱い中。2話以降は一週間分が先行配信されている。





■ 音楽作品


cd-158817__340.png

 サントラはワーグナーなどをオマージュして作られている。
販売製品は主題歌があります。



■ 主題歌

•  百合を咲かせるか? 
2018年9月19日(水)発売予定 NMAX-1307

 主題歌。AKB 53thシングル「センチメンタルトレイン」の劇場盤に収録。






■ 小物


● カイザー様の使用しているオーディオ

 敵ボスのカイザーは音楽ファンでワグネリアン。いつもいる部屋にオーディオが置かれている。さすがカイザー様、オーディオの趣味もなかなか素敵です。


 • アンプ

 マランツのアンプが使われている。
1990~2000年くらいのプリメインアンプで、フロントが平面パネルのもの。PM6100SAかなと思う。




• スピーカー

 スピーカーは、おそらくパイオニアのバーチカルツイン。1990年発売のパイオニア S5000Twinが似てる。セットで約100万円する高級機。



■ 関連Twitter





■ 注意点

 文章を読みやすくするために、敬称を略させて頂いてる場合が有ります。


■ 更新情報

2018年8月30日 作成


■ 参考、関連リンク

マジムリ学園|日本テレビ

Twitter 


■ 関連記事

AKB48の新曲「♯好きなんだ」を聴いた感想とタイプ解説、購入用リンク