高音質な音楽プレイヤー「HQPlayer」の解説と感想。

[AtoD][hqplayer]WS2018001048.JPG

今回は音楽プレイヤー「HQPlayer」を紹介。

ハイレゾ再生に対応し、アプコンも搭載。高音質で評価が高い音楽再生ソフトです。特長や使用感想を紹介。

sound-64.png


■ 「HQPlayer 」とSignalyst社とは


[AtoD][hqplayer][既定] WS2018001039.JPG

 「HQPlayer 」はパソコン対応の高品質オーディオプレーヤー。
Windows、LinuxおよびMacOS用の販売ソフトで、オーディオメーカーのDACやネットプレイヤーに付属する場合もある。2010年頃から発売され歴史があるソフト。日本版が2013年末ごろ登場したが、今年3月に終了。

オーディオファンに人気と評価が高いソフト。高音質再生に特化されており、リアルタイムでアップサンプリング再生が可能です。

・ Signalyst社について。

Signalystはフィンランドの会社。消費者向けの高品質なオーディオ再生、プロフェッショナルな低周波信号(主にオーディオ)測定、録音および再生システム用のソフトウェアおよびハードウェアシステムに特化したソリューションベンダー。


■ 使用 音質や操作感


[AtoD][hqplayer]WS2018001047.JPG

 Windows用の体験版を使用しました。

● インストールと使用。

Windows版は、インストール中で32,64bitの選択が可能。今回は64bit版を使用。


 ■ 特長


equalizer-153212_960_720tibi.jpg

 歴史のあるソフトで、外観やGUIはほぼ完成している。

 私が感じる特長を3つ紹介。



1. シンプルな外観と操作

[AtoD][hqplayer]WS2018001040.JPG

 プロ用の雰囲気です。デザインはほぼ完成している。
外観は再生機能に絞り込まれ飾らない。上段にプレイヤー操作と下段にリストが並ぶだけの画面。愛想のないデザインでWin98~2000頃のソフトを彷彿させる。今となってはシンプル過ぎて戸惑う。

音楽を聴くにはプレイリスト再生が基本で、複雑なことはできない。迷うような部分は無し。

癖があるのは、Windows用ソフトでもシングルクリック操作が基本。例えば曲名を選択のためにクリックすると、いきなり曲が切り替わり再生される。他OSとの互換性のためでしょう、やや戸惑う。

<対応フォーマット>
サポートされているソース形式:
CDDA(オーディオCD)、FLAC、DSDIFF(DFF、非圧縮)、DSF、RIFF(WAV、DXD / RF64を含む)、AIFF
RAWストリーム、
サポートされているプレイリスト形式:M3U / M3U8、PLS





3. アップサンプリング

[AtoD][hqplayer]WS2018001044.JPG

 アップサンプリング再生が可能。ソフト側で行う。既定ではDACの上限まで周波数をアップコンバートする。CD音質のFlacやWAV,ハイレゾ音源もさらにアップコンバート可能。


3. 特殊機能

 やや上級やプロ向けの部類です。再生設定、フィルターや変換方式、サンプリング等が細かく調整できる。設定は既定でも充分な音質で、トラブルもない。



■ 音質 

hi-reso.tibi.jpg

a0002_002359.jpg

 音質は良い。今まで聞いたWin用音楽プレイヤーでは一番の音質と正確さ、解像度だと感じた。それなりに歴史のあるソフトですが、現在でも高音質の部類です。

音は飾り気がない「モニター系で全部出すタイプの音質」。好き嫌いが分かれそう。気持ち良い音・味付けされた音色を好む人には向いてません。

音はとにかく正確に再生しようとする。高音が補完され硬めの音。音は細かくモニターや機器確認用には良い。ノイズに聞こえるような微小な音も再現する。高音部が目立つためハイ上がりの音になりパリッとしている。反面聴き疲れする音で、ノイズもごまかさずに出す。分解能が高く多数の楽器が重なる時などで音が崩れにくい・混ざりにくい。再生の安定度も高くて音のブレや歪が無い。DSPの効果か、音場全体は広い。定位はボーカルや楽器がやや中央に固まっている。


 ● リアルタイム・ハイレゾ化や音楽ファイル再生について

• ハイレゾ化とCPUパワー

 基本はハイレゾへ高解像度化しながら再生する。アプコンはCPUパワーを消費する場合が多いが、HQplayerでは音の遅延等は鳴く、正確に再生する。CPUの要求スペックもさほど必要ないようで、多数のアプリを使いながらでリソースをメーターで確認したところ、CPUは数パーセントしか使ってません。


• 音質

 FLAC,ハイレゾ、WAV主流形式を再生してみたがトラブルもなくあっさり再生する。各音源を比べるとWAV形式の音質が良かった。



 question-64.png■ 基本操作から特殊な操作方法 ~使い方のコツ 


 基本操作や特殊な部分の対処方法を紹介。



■ 基本操作

• 音楽ファイル再生方法

  基本は単一リストでの再生。
ドラッグ&ドロップ対応。 リストにドロップすると曲が追加。
 



■ 高音質化、おすすめ設定

 File > Settings > Multicore DSP ON


■ 気になる所、注意点

• 日本版の販売が終了した。
• MP3やAAC等の圧縮音源には非対応。
• 機能が少ない。調整機能は多くて細かい。素人にはお勧めできない。
• ダークモードに対応していない。例えばボタンのオンオフが分からない。
• 体験版は30日間使用可能。使用は30分でシャットダウンするので注意。




■ ダウンロードとソフトの種類

 ダウンロードは公式から可能。なおライセンスがAmazonで発売中。

• 公式 https://www.signalyst.com/consumer.html
• Amazon Windows,Linux Ubuntu,mac



•  ネット通販 検索リンク


 




■ 総評

音質: 92点
総合面:45点

お勧め点: 音が正確で解像度が高い。モニターや音源・機器チェック向き。

[atod][fostex_t20rpmk2n]DSC_0995.tibi.jpg


■ 感想

message-64.png

 プロやDTM向きと思った。正確で高解像度のプレイヤーを求めてる方に向いてる。

便利さは犠牲にして音質を追及する場合に向く。音源や機器確認用に活躍するでしょう。現在はiTunesなど大型の統合音楽再生ソフトが主流なので、高音質に特化したHQPlayerは珍しい存在です。そしてアプコン搭載の音楽アプリも多いが色付けされる場合が多いので、HQPlayerのような精度重視の音は珍しい。

 最初は、HQPlayerで音楽を聴くと色気のない音質と感じるが、実は正確で情報量が多い。やがて他プレイヤーの音が物足りなく感じる。高音質再生に特化された貴重な存在です。

30日の体験版が有るので、興味があれば体験するのも良いですね。


・ 試聴について
私の環境下での感想です。今回は複数PCでのテストは無し。

・ 記載について
 一部にリンク先データを参考もしくは引用しています。なお引用先の誤記の場合でもそのまま転載し、記事中で修正されない場合が有ります。また仕様変更や取り扱い店で本体や付属品が変更される場合が有ります。 リンク先記載や購入時の疑問や不明点は、リンク先や購入会社窓口にお問い合わせ下さい。






■ 試聴機器、テスト用アルバム

 使用バージョン : HQPlayer 3.22.1 64bit

・Core i7搭載機、Win10 1803

  SSD化し、メモリーは16GB、HDD増設。電源を強化。
[PC2017-01] WS2017000702[atod].JPG

•  FOSTEX ヘッドホン T20RPmk2n

 世界で愛されるロングセラー。スタジオ・モニターヘッドフォン。

•  YAMAHA NS-10M PRO, Pioneer SP-A4


■ 試聴アルバム

• マイケルジャクソン BAD,DANGEROUS / CDと配信ハイレゾ版
• カルミナ・ブラーナ / CDと配信ハイレゾ版


■ 更新情報

2017年06月17日 作成 使用バージョン Ver2.2.12.0


■ 関連記事

[2017年2月更新☆] Windows用の音楽再生ソフト対決。使いやすくて高音質なソフトは? [有名、マイナーソフト対決]


■ 参考、関連リンク

・公式 https://www.signalyst.com/consumer.html