FALCOの作品解説と経歴 +購入用リンク



 今回は、FALCOの経歴と作品についての情報。

 FALCO作品は、再発やベストが多いので分かりやすいように整理してみました。
なるべくオリジナルやアルバム独自の曲が多い作品を選んでます。アルバムの時代背景や解説。感想を紹介します。

 
■ Falco(ファルコ)とは 




 ファルコはオーストリアのミュージシャン。
本名はヨハン・ヘルツェル、Johann Holzel。1957年2月19日 - 1998年2月6日

 名前は同国の有名スキージャンパーのFalko Weißpflog氏から取られ、国際マーケットを意識してKをCに変えてFALCOにしている。*1



● 音楽活動

 幼少時から音楽の素養が有り、4歳の誕生日にアコーディオンを欲しがりました。音楽教師のアドバイスでベビーグランドピアノを買ってもらう。週に2回レッスンを受けて、家ではラジオの音楽を聴いて覚えてピアノ演奏しました。

 軍隊に勤めた後にウィーン・ジャズ音楽院へ3学期通う。音楽活動は17歳でベーシストとしてバンド活動を開始。音楽仲間の間では社交的で控えめ。バンド活動開始時はデビットボウイのファンで、会いたくてベルリンに在住。

1981年 ソロデビュー。、シングル「Der Kommissar」がリリース。
1982年 アルバム「Einzelhaft」発売。
1985年 「ロックミーアマデウス」が世界でヒット。
     ツアー開始しオーストリア、ドイツ、スイスで公演。
1986年 世界ツアー。日本にも来訪。
1992年 アルバム「Nachtflug」発売。「タイタニック」が世界でヒット。
1993年 6年ぶり世界ツアー、10万人規模のフェスティバルにも参加。 彼の子どもが実子ではないと判明。
1996年 ドミニカ共和国に移住。最後のシングル「Naked」リリース
1997年 プロデューサーの意見を受けて、金髪にした。
1998年2月6日 アルバム制作中に移住先のドミニカ共和国で事故死。
       3週間後にアルバム「Out of the Dark 」発売


Falco / Harrison Crowfly Vienna



 

■ ファルコの特長。才能とスタイル


・公式アカウントによるPV

 ファルコは黒のイメージ。オールバックにタキシードというオペラ歌手のような姿が多い。アルバムジャケットもモノトーン主体のシンプルなデザインで、時代に左右されない。

 完璧主義者であり、プロデューサー変更や曲の作り直しを何度も試行していり。市場戦略にも熱心で、クラシック楽団を起用したり、大聖堂や市庁舎前などで大規模な演奏も行い成功させた。また亡くなる前にも金髪にしたり、イメージチェンジも果敢に行っている。

 曲は独特。基本はドイツ語ラップスタイルで、世間一般にラップが普及する前に人気が出。ただしアメリカで主流のラップと異なり、滑舌が良くて強く語るような独特の歌い方で聴きやすい。有名な「ROCK ME AMADEUS 」で、母国の有名人モーツアルトを題材にして注目を集め大人気となります。

 演奏はデジタルサウンドが主体で、歌唱と併せて押しが強い。初期はロックとラップの組み合わせて、後にクラシックやデジタルサウンドとの融合もした。貪欲に色んな音楽を取り込み昇華させました。

 デジタルサウンドを使った音楽の多くは古びやすいが、ファルコの場合は音楽センスが良くて、いつ聴いてもカッコいい。 正装に個性あるサウンドとラップ。今だに似たスタイルの人は存在せず、ファルコの個性と才能は際立っています。

 

■ 逸話

 何度か世界でアルバムやシングルが大ヒットし、各国で一位や上位に入りました。
その栄光の重圧でファルコはドラッグやアルコールに溺れ、家庭問題も起きて苦しむ。 多くのアーティストが陥る罠にはまってしまいました。しかし引っ越しや移住したり慈善活動も行い、彼は憂鬱と戦い何度も軌道修正を図り制作に挑みます。 40歳で亡くなりました。

 オーストリアは音楽家やF1ドライバー、スキー選手が有名ですがファルコもなかなかの有名人。没後20年経つにも関わらず、いまだにアルバムが発売されてランキング一位を獲っています。

 ● 日本との関係

 1986年の世界ツアーで日本を訪れています。他国では無い熱狂で迎えられました。ファルコ初めての経験でした。 日本に好感を持ったかも知れません。数年前まで、公式サイトのタイトル部に日本語が書かれていました。




■ 特長と ネット通販各社 購入用リンク


 作品を紹介していきます。
公式サイトに掲載されているもの、本国と世界発売作品を中心に選びました。
地域版やマイナーな企画物を含めると数が多すぎるので省いています。



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

 発売順に紹介しています。
(項目をクリックすると、該当部へジャンプします)

 CDベスト盤

 CDアルバム
  存命中、没後


 シングル

 CDライブ

 CDその他

 音楽販売、配信サイト ファルコ関係


 映像 DVD,ブルーレイ 

 書籍







● 購入用リンクの使い方 

 製品の特長と購入用リンクを紹介します。

商品写真と横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお他のネット通販販売品を見たい場合は○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。

 データ: アルバム発売年、タイトル


■ ベストアルバム CD 


burn-1294593__340.png




 公式で案内されるベスト盤は少なめ。発売年度が古い物もありますが、人気アーティストなので版を重ねながら継続販売され手に入れやすい。現在は生誕60周年アルバムが出たばかりです。

 編集物や地域版は、かなりの数が有るので省いています。



・1986: Collectors Items レコード。

ジャケットにファルコン(鳥)のイラスト。

 [取扱店なし]




・1991: The Remix Hit Collection 
世界発売。日本では未発売 参考:Discog 

 イーストウエスト・レコード から発売。
いろんなレーベルが持つ人気曲とリミックスを集めたアルバム。






・ Final Curtain -The Ultimate Best Of
1999年

 EU圏、ドイツで発売。CD一枚で17曲収録。
Coming Home Jeanny Part 2はCD収録用に20秒カット。






10: Hoch wie nie (Limited Edition)
  2007年 EU・オーストリアで発売。日本盤未発売

 ファルコ50歳の誕生日に出された2枚組ベスト。限定版も発売。同名でファルコのDVD有り。
有名曲が詰め込まれています。限定版には、ビニールのみだった"Urban Tropical"(1985年のシングル "Rock Me Amadeus"シングル)が含まれる。 



 

10.5: ファルコ・アルティメット・コレクション
  リリース: 1999年 LABEL : BMG BVCM-35438

 日本では2008年発売。ソニーミュージックジャパンが取り扱う。

 今作はDisk一枚組で、有名曲が詰め込まれている。SMJ解説によるとこのベスト・コレクションはヒット曲14とボーナス・トラック4つで計18曲を収録。ボーナス・トラックには、ドイツのトップ・プロデューサーThorsten Börgerによるミックス・ヴァージョンやアウトテイク、アルバム未集録曲を含む。




10.6: ORIGINAL ALBUM CLASSICS Box set, Import
 2014年 EU圏発売(日本未発売)レーベル: ARIOL、Sony Music

 5作品の詰め合わせ。スタジオアルバム1~3作と「Falco Symphonic」「Donauinsel Live」のセット。低価格でお得。






11: Falco 60  2017年
  レーベル:riola

 最新作品。 ファルコ生誕60周年アルバム。
日本はソニーミュージックジャパンからCD2枚組が発売。輸入盤は3枚の限定版あり。LPとDVDも発売。配信版でハイレゾあり。

 ジャケットはファルコのタキシード姿とモーツアルトのコスプレをコラージュ。
人気曲とリミックスが収録。「ロックミーアマデウス」はアメリカンエディット収録なのが嬉しい。CD初収録の曲が多いように見受けます。曲順も良くて、流して聴きやすい。ついにハイレゾ版が登場したのも嬉しい。

日本盤では『WELCOME TO JAPAN』を収録。YMOみたいな曲でカッコいい。
注目は海外の限定版で、Disik3にレアトラック。ライブや12インチリミックスが収められている。

 >限定版


 >日本版


 >レコード


> e-onkyo ハイレゾ版 ➤ FALCO 60 ハイレゾ


 アルバムセット販売では52曲収録。このアルバム専用曲が含まれます。




■ オリジナル・アルバムCD 

 

 アルバムCD。 発売順に並べました。大きく存命中と没後に分けています。


● 存命中の作品 1~8作目


 一作目『デアコミッサー』から『 Out of the Dark』まで。



1: デア・コミッサー 原題: Einzelhaft
 リリース: 1982年 レーベル: GIG Records

Einzelhaft

 デビュー・一作目。
タイトルも曲名もドイツ語。 原題の”Einzelhaft”は独房拘留の意味で、ジャケット写真もファルコが牢屋にいる雰囲気。服装はレザージャケットとスニーカーでカジュアル。プロデューサーはRobert Pongerさんが連名。先行シングルでも関わりました。

 デジタルサウンドとラップ調のスタイルはこの時点で出来てます。
ドイツ語のラップソングである " Der Kommissar "のシングルがヒットとなり各国で一位を取りました。今聞いてもカッコいい。サウンドは、ややポップス色が強いものがあったり色々と試してます。

 アルバム売り上げは好調。いきなりオーストリアでランキング一位を取りました。
2007年にデジタルリマスタリングされ、ファルコの元プロデューサーやマネージャーが関わっています。2枚組となりミックス曲とインタビューが追加されている。



 >25周年版





2: ユンゲ・ローマ― 原題: Junge Roemer
 リリース: 1984年 レーベル: GIG

Junge Roemer

 ジャケットは今でもカッコいい。タキシード姿となりビジュアルが完成します。プロデューサーはRobert Ponger。ファルコとポンジャーは前作の成功にプレッシャーを感じ録音は遅れました。*2

 アルバム内容は一作目の延長にある雰囲気。押しの強いデジタルサウンドと穏やかな曲が組み合わされてます。ポップス色が強い曲もあり。

前作以上の売り上げにはならなかったが、オーストリアで一位を獲得し好調です。





3: ロック・ミー・アマデウス 原題: 「Falco 3」リリース: 1985年
  レーベル: A&Mレコード(日本盤) / GIG

FALCO 3 25TH ANNIVERSARY

 制作背景は、ファルコは2作目の売り上げに納得できずにおり、3作目に賭けていた。ツアーをキャンセルするが、重圧からアルコールとドラッグで麻痺していく。しかし距離を取るためにタイに行き、一ヶ月の滞在で心のバランスを取り戻しました。プロデューサーはボーランド兄弟になります。

 タイトルは”ファルコ3”とストレートになりました。アナログとCD版の初期ジャケットは、タキシードを着たファルコの写真。

人気曲「ロックミーアマデウス」は、オスカー受賞映画から触発され制作。そして「アメリカ」「タンゴナイト」と最初から印象強い曲が並ぶ。ファルコの個性が良く出ており完成度が高い。「ジーニー」はヨーロッパでヒット。

 豪華で厚みあるサウンドと多彩な音楽性。いつの時代に聞いてもカッコいいアルバムです。大ヒットとなり、アルバム売り上げは各国で上位に入りました。最初のシングル「ロック・ミー・アマデウス」は世界でヒットして、米英では一位を獲得。

・バージョン解説

 今作「Falco3」がややこしいのが、発売時代や媒体で曲名や収録内容が異なることです。そもそもタイトルが「Falco3」だったり「3」の場合も有る。
各国や年代でバージョンが90種類ほど存在する。*3 主なバージョンを紹介します。

 1996年に海外で再発され、ジャケットが赤地にファルコのサインとなる。2010年にソニーから25周年記念盤(ボーナストラック追加)・デラックス版(CD+DVD)が発売されてジャケットはタキシード版、デジタルリマスタリング。 

 曲題に(~Mix、Version)等が装飾されているが、単なるアルバムバージョン。25周年版で整理され、リミックスがある曲は区別されました。
なおCD版収録の「ロックミーアマデウス」はGoldMixのロングバージョン(8分)。1986年発売の国際版(英語圏)での記載は”Solieli Mix(Salieri Mix)”となり、日本版も従っている。 1996年盤は3分版に変更されている。




 > 25周年記念盤 Falco3 - 25th Anniversary Edition

 2010年に発売された25周年記念盤。
日本はソニーミュージックジャパンが取り扱い。ケースはデジパック仕様。デジタルリマスタリング。

 6曲が追加され、未発表曲や12インチ曲などCD初の曲も収録。デラックス版はビデオ素材が追加される。








4:  エモーショナル 原題: Emotional
 リリース: 1986年 レーベル: TELDEC

Emotional

 3月に生まれた、ファルコの娘キャサリーナ・ビアンカに向けたアルバム。
ボーラン兄弟がプロデュース。 ジャケットは普通の髪型と服装で、チャーリー・シーンに似てる。

 音に厚みが出てきて豪華にそして聞きやすくなりました。音楽ジャンルは彩り豊かでサンプリング音が入ったりさまざまな試行をしている。 分厚い音と尖ったデジタルサウンドとドスの効いた歌い方で、基本の音楽スタイルがこのアルバムで完成してます。

シングル3曲がドイツ語圏でチャートトップ獲得。世界ツアーも開始され、日本でも熱狂で迎えられました。





5: ウィーナー・ブラッド 原題: Wiener Blut
  リリース: 1988年 レーベル: TELDEC

Wiener Blut

 制作状況ですが、若いファルコはスターの重圧と父親の役割に参って深刻な状況に陥る。
気分転換と子どもを自然に触れさせることも考えて田舎に引っ越す。しかしアルバム制作は、ファルコの過大な要求と弱いデモテープでボーラン兄弟と決裂する。 新しいプロデューサーを捜して試行錯誤するが、完璧主義な彼は準備されていた曲を捨てて、再びボーラン兄弟に連絡を取りアルバムを完成させる。

 2年ぶりのアルバムでビアンカに捧げられています。
ギターが入りロック色が強い曲やコーラスが入ったりと色んな音楽が試されている。歪みや尖った感じが強くなり、良い意味でロックらしくてカッコよくなった。穏やかな曲ではベースやドラムが重く重厚感が増してます。

 タイトル曲「Wiener Blut」は『FALCO3』の頃に録音されており、「Medizin(薬)」というタイトルで呼ばれていたが、タイトルと歌詞を書き直し演奏している。「Untouchable」「Satellite To Satellite」などカッコいい曲が多い。ヒットしても型にはまらず、いまだ新境地を目指す。破たんも無く完成度が高いアルバム。

 残念ながらアルバムは余りヒットせず、前作より売り上げを落とす。ヨーロッパツアーはキャンセルされました。






 6: データ・デ・グルーヴ 原題: Data de Groove
  リリース: 1990年 レーベル: Warner Music Group

Data De Groove [Analog]

 制作背景ですが、88年6月にイザベラとロスで結婚します。
ファルコは肉体も精神もダウン。ツアーはキャンセルし、アルコール問題で結婚は失敗。4か月半の失踪となります。彼は元の軌道に戻ろうと図り、1989年に本妻と合意離婚する。

 作品タイトルは、コンピュータ時代と流行サウンドを融合させている。 プロデューサーは再びRobert Pongerを起用。デジタルサウンドが目立つようになりました。ゲームサウンドみたいな音作りが増えたかな。「U.4.2.P.1. Club Dub」ではインストに時々掛け声が入ってYMOのような雰囲気。ちょっと混とんとしてるがロック調やジャズ風、コーラス、インスト主体の曲など色んな挑戦をしている。なおこの頃にリミックスアルバムも2作制作されました。

 ファルコ自体もこのアルバムは気に入ってるようです。現在は絶版で希少なアルバム。






7: Nachtflug (日本盤未発売)
 リリース: 1992年 レーベル: EMI Electrola GmbH

Nachtflug: Deluxe Edition

  EMI Electrolaに変更。再度ボーランド兄弟がプロデュース。
公式サイト解説によるとファルコいわく、このアルバムは過去10年間の人生を表している。

内容は、クラシック調の大げさな音やファルコの歌い方が強調された曲が多い。プリンスの不調時アルバムに似てる印象で、マンネリを打破しようともがいてる感じが伝わってくる。

一曲目「タイタニック」はファルコらしい曲。世界でヒットしアルバム人気も押し上げた。「Dance Mephisto」はタンゴとラップ、豪華な音の組み合わせ。全体にファルコ節が強化されて炸裂しており音も分厚くなって豪華。前作よりは少しデジタル色が弱まり、「FALCO3」がパワーアップした印象で完成度は高め。

 今作で人気を取り戻します。6年ぶりに世界ツアーが開始されて、10万人規模のフェスティバルにも参加しました。
2012年にリマスター版が発売。

 >リマスター







 8:  Out of the Dark (Into the Light) (日本盤未発売)
  リリース: 1998年2月27日 レーベル: EMI Electrola

Out of the Dark (Into the Light) [2012 - Remaster]

 全作より発売間隔が大きく空きました。
私事では 前作成功の後に、娘の実父確定検査が否定されてファルコは苦しみます。憂鬱と戦いドミニカ共和国に移住。

 今作の原題は『Egoisten』になる予定でした。まさに完璧主義者の彼は発売日を延期し、曲を何度も作り直します。 しかし発売前に事故死。3週間後にアルバムが発売。

  彼は90年代の音楽感覚で、自分自身を主張しました。テクノも取り入れられている。2曲目「Out of the Dark 」では”私は生きるために死ぬ必要がありますか”と意味深な歌詞があります。「Shake」はゴスペル調、「Mutter」はスピード感あるサウンドと女性ボーカルが強烈で、歌詞にドラッグを意味するコークスが含まれる。「CyberLove」は派手なデジタルサウンドでコンピューター社会を唄う。「EGOIST」「Naked」は強いデジタルエフェクトで、印象深い曲が多い。

今作は死期が近いアーティスト特有の『後がない、切羽詰まった』印象。しかしファルコは私生活の苦しみやヒット後でも、果敢に新しい音楽に挑戦した。

 アルバムは発売後にドイツ語圏でヒット。オーストリアでは1位、ドイツでは3位、スイスでは4位。 2012年にリマスターが発売。2枚組でDisk2がリミックス曲集。現在はストリーミング版も販売中。



>リマスター




● 没後作品


burn-1294593__340.png

 1998年の没後以降に登場したアルバム




9:  Verdammt, wir leben noch! 
 リリース: 1999年 ヨーロッパ発売 (日本盤未発売)

Verdammt Wir Leben Noch

 タイトルは「俺たちはまだ生きている」。
注意点は、同名映画のサントラアルバムが2008年に発売されてます。

 今作は既発アルバムの未収録曲が主体でリハーサル曲を編集したものが含まれる。
タイトル曲は、栄光と生きる苦悩を描き『俺たちは精一杯生きてる』と歌う。ファルコの人生に重なります。





11: The Spirit Never Dies (日本盤未発売)
  リリース: 2009年12月4日

Spirit Never Dies

 新たに発見された楽曲が収録。新曲が8つと既発曲のアレンジが違うものなどがあります。

 ファルコのプロデューサーGunther Mendeが音源を発見。1987年に使用した録音スタジオで、水道管が破裂した時に見つかったそうです。 テープはデジタルリマスタリングされ編集、アルバムとしてリリース。

「Sweet Symphony」などカッコいい曲もありますが、全体にまとまりが無くて聴きにくい曲が多い。 プロデューサーがJeanny Trilogyの最終曲と主張する「 The Spirit Never Dies 」が収録されています。

 売り上げは、オーストリアで一位獲得。





■ シングル 



・ Falco - Rock Me Amadeus - 30th Anniversary

 30周年記念としてリリース。ダウンロード販売のみです。海外ではハイレゾ24bit版も発売中。*3

「Rock Me Amadeus」のバージョン違いが揃う。 アナログやCDシングルでは5曲収録が多いが、今作では7曲入り。
ファルコのベストやアルバムに収録される「Rock Me Amadeus」はバージョンがまちまちですが、今作の登場で一期に聴けるようになりました。アメリカンエディットの12インチバージョンが格好いい。

 収録曲

01 Rock Me Amadeus (The Gold Mix) 03:22
02 Rock Me Amadeus (Salieri Mix) 08:21
03 Rock Me Amadeus (Extended Version) 07:04
04 Rock Me Amadeus (The American Edit) 03:14
05 Rock Me Amadeus (12" American Edit) 05:50
06 Rock Me Amadeus (Canadian Version) 04:08
07 Rock Me Amadeus (Canadian/American '86 Mix) 04:07





■ ライブ


Donauinsel Live [DVD] [Import]

 ファルコはライブも魅力。かなりアレンジが強めで、スタジオアルバムとは違う楽しみが有ります。

ライブ作品は数が多いので、有名なものに絞りました。



・Falco 「Live Forever」
 1999年発売

 ファルコの死後に発売されたライブアルバム。

1989年のベルリンでのライブを収録。会場のテンションも高くて、ファルコも気合入れて歌ってます。どの曲もかなりアレンジされおり、やはり突き詰めていく人なんだと思った。






・L.I.V.E Donauinsel
 2004年発売 ヨーロッパ、ドイツ語圏。 日本未発売

 [取り扱いなし]




・「Symphonic」 
 ソニーBMG 2008年発売

 CDとDVD版が発売。曲構成は異なります。
1994年のオーケストラとの共演を収録。元の録音が低品質だったため、ライブに合わせて再録されました。

 すごく良いですね。おすすめです。クラシックとの共演はアーティストが飲み込まれる場合が多いが、
ファルコはオーケストラの音にも負けていない。ファルコの個性を保ちながら音の調和も取れている。

 売り上げはオーストリアで発売週に一位を獲得しました。



 >DVD

 撮影時のカメラ数が少なかったため、アマチュア撮影の映像が挿入されている。






・「Donauinsel Live」
  2008年発売

 CDは現在取り扱い店無し。
なおベスト版で紹介している「ボックスセット Falco ‎– Original Album Classics」に含まれている。

 > DVD版も有ります。






・2011 Donauinsel Live (Neuveröffentlichung)

 [取り扱いなし]



・ Viva La Poesia I 2002
2002 Viva la Poesia mit Allen Ginsberg & Nick Cave

[取扱店なし]



■ その他の作品 



・ FALCO - STERBEN UM ZU LE 2018
  アナログ、CD、CD限定版(Tシャツ付き)がリリース。  

 ファルコ没後20年企画のトリビュート・アルバムで、ファルコの代表曲をドイツのラッパーがカバーする。
ちと聴くのはキツイですね。フツーのアレンジばかりで上手いラッパーも居ない。ファルコがどれだけ凄かったか分かります。 

ただしジャケットはすごく格好いいので、Tシャツ目当てで限定版を買うといいかも。






・Verdammt Wir Leben Noch (Falco) sound track
 2008年発売。

 ファルコ伝記映画のサントラ。主役俳優が歌ってます。





11: Falco 60  2017年
  輸入盤 レーベル:SONY

 ファルコ 12インチシングルのセット。





■  音楽販売、配信サイト ファルコ関係 


hi-reso.tibi.jpgmp3-255.png

 FALCOを取り扱うサイト
配信サイトは、ハイレゾや絶版CDもあるのが強み。


● CD&DVD

 ・ ソニーミュージックショップ
   ➤ ソニーミュージックストア - FALCO
icon


 2010年ころからのファルコCD,DV作品を取り扱っています。


 ・ Amazon ファルコストア


■ 配信サイト

 ・レコチョク Falco
 
  ファルコのアルバムがほとんど配信されてます。


 ・ e-onkyo music Falco

  ハイレゾ専門で、現在はFalco60を配信。



■ 映像作品 


clapperboard-146180_960_720.png

  ライブや映画。



・Falco 60 
2017 Falco

 生誕60周年記念に発売された作品のDVD版。





・Hoch wie nie (Digipack) 2007年発売。
販売元: DoRo Sony 1998

 ベスト集。ディスク一枚、ドイツ語で41曲収録。EU圏で発売。





・ROCK ME AMADEUS ~ファルコ 運命に翻弄されたスーパースター
 原題: _Verdammt,_wir_leben_noch!



 没後10周年作品。 ファルコの伝記で、栄光と苦悩を描く。





・Donauinsel Live [DVD] [Import]

1993年。ヨーロッパ最大級のお祭り、ウィーンドナウ川の中州でのコンサート。




■ 書籍 



・ 「ファルコは私の父だった」Falco war mein Vater Gebundenes Buch – 1. Januar 2008
von Katharina B Vitkovic (Autor)
[日本版未発売]

 娘ビアンカさんの著書。



 


■ あとがき ~偉大なるエゴイストへ

 
FALCO [12 inch Analog]

 私はファルコの音楽が好み。CDは新品や中古を見かける度に購入してきました。
本国で依然ファルコの人気は高いが、日本では盛り上がりに欠ける。日本でファルコを知る人も減りこのまま消滅していくのは惜しく感じます。

 ファルコが亡くなって随分と時間が経過しており、ネットから情報が消える前に記事を作りました。紹介するのにあたり、ファルコのCDは輸入盤が主体で日本語解説が無い上に、ネットもドイツ語の情報が主体で苦戦しました。

 アルバムを時間軸順に聞き直して、改めてファルコはカッコいいと思った。現在でも迫力があるのに驚きます。完璧主義で完成度が高いのと、センスが有るからでしょう。いまだ魅力あるアーティストです。彼が生きていたら、後にどんな音楽を作り上げたのだろう?と強く思う。

 記事がファルコを久しぶりに聴く,また興味を持った方が、聴き始める参考になれば幸いです。


■ 更新情報

2018年11月16日 「Rock Me Amadeus - 30th」「STERBEN UM ZU LE」を追加。「FALCO3」と「Rock Me Amadeus」バージョン解説追加。
2017年10月31日 公開
2017年07月20日 18:46:13 作成


■ 引用

 *1 公式解説より
 *3 Discog FALCO3


■ 関連、参考サイト

公式サイトで、エピソードの時系列が前後しており、私の略歴紹介が間違えてる可能性が有ります。持ってない作品の発売データは、公式や海外通販サイトを参考に書いてます。

・ 公式 http://www.falco.at/

・ Wiki (日本、*2英語)
  > https://ja.wikipedia.org/wiki/ファルコ_(ミュージシャン)
    アルバム名、発売年、型番とランキングを参考にさせて頂きました。
  > https://en.wikipedia.org/wiki/Falco_(musician)
    曲解説の一部を参考にさせて頂きました。

この記事へのトラックバック