「X-ファイル」全シリーズを見た感想。 話の概略解説。+配信、購入用リンク



海外ドラマで有名な作品と言えば『X-Files』
今でも根強いファンを持つ。

 2016年から新作がスタートした。新作に合わせ『あらすじを見たい、旧作を見直したい方』も多いのではないでしょうか?

 今日は『X-ファイル』の概要。
そしてキャラやあらすじ、現在発売されている媒体の購入用リンクも紹介。

概略案内にとどめていますが、全く話を知りたくない場合は見ちゃダメです。


■ 『X-ファイル』(エックスファイル)とは 




 原題は「The X-Files」。
1993年から2002年にかけて放送されたアメリカのTVドラマ。2016年から新作がスタート。
 
 SFやオカルトを扱い、大ヒットしたシリーズ。超常現象の捜査と巨大な陰謀との戦いが描かれる。魅力あふれるキャラクターとストーリー。そしてミステリーやUFO,陰謀論を扱って多くの作品に影響を与えた。日本でも「新世紀エヴァンゲリオン」や「相棒」に影響が見えます。


・ X-ファイル課について

 

 FBIの部署でX-ファイル課は俗にいう窓際や閑職。
怪奇事件や迷宮入り事件を担当しており、エリートコースから外れた主人公モルダーと相棒スカリーの二人で構成される。




■ X-Filesの話構成と見方。



 構成は基本は一話完結。 内容はUFOやオカルト,怪奇事件をFBIの主役二人が捜査する。 

 視聴は何話から見ても楽しめる。ウィルスや未知の生物を扱う大きな話もあり。主軸は「ミソロジー(神話)」と呼ばれる巨大な陰謀との戦い。物語の流れだけ観たいなら、クールの節目に放送されるミソロジー関連の話だけを追っても大体の概要が理解できる。

 楽しみ方は犯人当ての推理が基本。ただし情報提供者やゲストのミスリードが上手で、犯人当ては難しい。まさしく誰も信じれない。またモルダーに近づく人物で、誰が本当に味方なのか見抜くのも楽しみの1つ。




■ 全シリーズ見た感想。そして「オチはつくのか。全部の謎は解けるか?」

 

 私がX-Filesを観る前に心配してたのは「ちゃんと全部の謎にオチはついてるのか?」。
 アメリカのTVドラマは視聴率が下がると容赦なく打ち切られて、話が完結しない場合が多い。少年ジャンプ形式ですね。人気が有りすぎても冗長になり、空中分解したような結末を迎える作品がほとんど。「X-Files」は10シーズンで200話以上も有るし、全部見て不可解な終わり方をされたら時間損失が大きい。

 そこで私が全部見た感想です。まず巨大な陰謀だが、第9シーズンで大体の謎が明らかになる。ほぼ疑問は解決されるので納得できるレベルだった。 ただし結果までは未到達で、陰謀側を全滅させるとか謎組織の結末までは決着がつかない。この辺りは惜しい。

 そしてキャラが抱える謎部分。 気になるモルダー妹の行方は、どうなったかは途中で説明される。なかなか進まないモルダーとスカリーの恋の部分も描かれてた。

 全体の緊張感も高めで、長年放送されたドラマとしてはレベルも高い方で充分楽しめる。


SPECIAL AGENT ... / mrbill78636



■ キャラクター解説




 「X-Files」の魅力は、多彩な登場人物。
くせ者ばかりですが、それぞれが信念に基づいて行動しており憎めません。 

 重要キャラの役職や目的を紹介。




  ● FBI

・フォックス・モルダー FBI捜査官



 モルダーは子供の頃に妹をUFOに誘拐されている。妹の捜索や手がかりを求めて、あえて不可思議な事件に関わる。特徴はプロファイリング能力に長けており犯罪の真相を見抜く。ただし暴走して痛い目に合うことも多い。 日本人が親しみやすい性格で、ぼーっとした感じだが実は頭が切れる、そして弱者には優しい。横暴な圧力には徹底して行動するなど。


・ダナ・キャサリン・スカリー  FBI捜査官



 モルダーの監視役として相棒に任命。特徴は医療の知識が豊富でモルダーを補佐する。ボケ役がモルダーでツッコミがスカリー。 スカリーはいつも冷静であり、子供のようなモルダーを軌道修正する母親のような役。口ぐせが「私はFBIよっ!」「モルダー、あなたどうかしてるわ」。偏見も無いし、廻りに常に丁寧に接する、余りパニックにならない。 誰にでも好まれる人物で作中でもファンが多い。


・ジョン・ドゲット 特別捜査官


 
 T1000役で有名なロバート・パトリックが演じる。有名俳優だけあり演技力の高さと風格はさすが。第8シーズンから、モルダーと入れ替わるようにX-File課へ配属。元海兵隊員で判断力と推理力に長けており、行動力も有る。 過去に息子を誘拐されており心の傷になっている。


・モニカ・レイエス 特別捜査官

 第8シーズンから、スカリーと入れ替わるように登場。優秀な捜査官です。特長は宗教に詳しい。まっすぐな性格で根っこはスカリーと似た感じ。


・スキナー副長官



 作中では中間管理職のような立場。FBI副長官なのに、謎の組織から圧力を掛けられてる。脱線気味のモルダーやスカリーを心配しカバーする。気が弱そうで憎めない感じだが、モルダーにはなぜかえらく嫌われてる。

 時々感情が爆発して、すごい行動力を発揮して意地を見せるのが日本人ぽい。




 ● ライバル、協力者

・ スモーキングマン、キャンサーマン



 一話から登場。いつもたばこを吸ってる男。最初はキャラが固まっておらず情けないザコ風。中盤くらいからモルダーを惑わせる重要な役となる。


・ ローン・ガンメン 3人組。政府監視団体

 モルダーの友達&ファン。 好事魔に見えけるが実力が有り、ハッキングや情報収集などに強い。モルダーが困ってる時に難関突破の手助けをする。メンバーは悲壮な最期を遂げる。


・情報提供者 ディープスロート、X、ウェル・マニキュアード・マン



 モルダーの情報提供する謎の人物たち。モルダーを利用したり、自己保身のために間違った情報を提供することも多いなど、くせ者が多い。




■ 発売情報 - 購入用リンク




 今回は、Xfiles作品。最新のブルーレイや本などのメディアを紹介しますね。
解説はネタバレにならないように、雰囲気などを案内。

■ 目次
・映像作品
・書籍
・ゲーム


● 購入用リンクの使い方 

 商品写真と横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンク。
なお他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。

■ 配信


 amazonプライムが全話配信。
プライム会員は2016年頃はX-Filesシーズン1~9が無料だった。プライムは会費も安いのでお勧め。年3900円 月払い400円。

追記:2018年6月頃から無料対象から外れた。

amz prim [logo] WS2016000535.JPG

Amazonプライムビデオ



■ 映像製品


clapperboard-146180_960_720.png

 映像作品。現在はブルーレイとdvdが発売中。

■ セット品


 全シリーズが一気に揃うボックスやセット版。



■ 2016年発売

・X-ファイル コレクターズブルーレイBOX(57枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]



 シーズン1~9、劇場盤を収めたBOX。全202話。
オリジナル・フィルムから完全デジタルリマスター。

日本テレビ放映分の吹き替え入りでファンも納得の内容。

特典;シーズン1第1話の吹替台本2冊を封入(ソフト版+テレビ朝日版)。X-ファイル パーフェクトガイドブック(68P)。



>DVD版 X-ファイル コンプリート DVD-BOX(「X-ファイル 2016」付)




>【Amazon.co.jp限定】X-ファイル コンプリート ブルーレイBOX(「X-ファイル 2016」付) [Blu-ray]

初回盤に、「X-ファイル 2016」(全2枚)を追加収録。
初回盤の吹替台本2冊、パーフェクトガイドブック及びシーズン9特典ディスクは省略。





 ■ 単体発売 

 
burn-1294593__340.png


 各エピソードの単体発売版。
Blu-ray最新版は2017年に発売されたばかり。DVDは2010年に発売。

話の内容は、雰囲気の解説にとどめました。



・シーズン1
 放送期間 1993年9月10日 - 1994年5月13日(24回)



 ファーストシーズン。この時点で一話完結のスタイルが完成しています。
モルダーとスカリーの役割も出来てる。全体に緊迫感が高くて面白い。UFOやオカルトの真実が出そうで出ない寸止め感が絶妙。

 今シリーズでキャラは謎の情報提供者ディープスロートが魅力。最終話でモルだー達はUFOや政府の陰謀に近づいて驚く展開を見せます。









・シーズン2
 放送期間 1994年9月16日 - 1995年5月19日(25回)

 仕切り直し。Xファイルは閉鎖される。
陰謀部分の話が大きくなる。謎の人物が増えて、ミステリー色が強くなる。モルダー側の被害が増加してかなり話が膨らむ。最終話「アナサジ」から陰謀の概要が見えてくる。








・シーズン3
 放送期間 1995年9月22日 - 1996年5月17日(24回)

 1話はシーズン2最終話の「アナサジ」からの続き。政府が50年代に行っていた陰謀部分にやや踏み込んで行く。単体話では猟奇、オカルト話が多め。







・シーズン4
 放送期間 1996年10月7日 - 1997年5月18日(24回)

 スモーキングマンの存在が大きくなって、モルダー側に関わってくる。
政府の陰謀を暴くために研究機関へモルダーが突入して、大きな話になってきた。しかし陰謀側シンジケートの力は強大。モルダーはまたもや手がかりを失う。








・シーズン5
 放送期間 1997年11月2日 - 1998年5月17日(20回)

 モルダーがさらに陰謀を暴くため政府機関へ突入。陰謀の概略や敵側の構成が大体明らかになる。

しかしモルダー側も戦いの影響で、スカリーが散々な状態になる。モルダーはついに妹の行方の一端をつかむ。








・X-ファイル ザ・ムービー

 第5と6シーズンを埋める話。
満を持して作られた映画版だけあり、ロケや映像も豪華。







・シーズン6
 放送期間 1998年11月8日 - 1999年5月16日(22回)

 区切りといえる話があり、UFO部分の陰謀が解き明かされる。
かなりSF要素が増大している。









・シーズン7
 放送期間 1999年11月7日 - 2000年5月21日(22回)

 さすがに長いシリーズなので息切れか。やや各話は散漫な印象。

コメディー話が増えます。私の場合は息抜きに楽しめたし、家族も楽しんでました。
最終話で驚く展開に。









・シーズン8
 放送期間 2000年11月5日 - 2001年5月20日(21回)



 ドゲット捜査官とレイエス捜査官登場。モルダーは単独行動。
メンバーが大幅に変わりどうなるかと思ったら、なかなか良い感じ。新しいエックスファイルの魅力が出てきました。

 神話部分は、だいぶんSF色が強くなりました・・・というか、もうSF作品ですね。








・シーズン9
 放送期間 2001年11月11日 - 2002年5月19日(20回)

 長く続いたXファイルも今期でいったん終了。
ドゲット捜査官が主体で展開する。 ローン・ガンメンがワシントンを防衛するため大活躍する。モルダーたちは壮絶な戦いを見せます。

 スカリーの子供の役割が大きくなっており、今後の話用にネタを仕込んでたんだろうと思った。

ラスト2話。X-Filesの神話部分の謎が一気に解き明かされる。








・[映画] X-ファイル: 真実を求めて
 2008年公開

 劇場第2作。原題は、I Want to Believe。UFOポスターに書いてあった言葉ですね。

 第9シーズンのラストから6年後の話。
陰謀からは離れて、謎の事件を追います。大人の雰囲気。





 
■ 最新シリーズ 


 2016年から始まった新章。



・シーズン10 X-Files 2016
 放送期間 2016年1月24日 - 2016年2月22日(6回)

 X-Files活動再開。作品中でも時間は経過している。
モルダーとスカリーが新たな謎を追い、陰謀と戦います。







■ 音楽








■ 書籍



・X-ファイル超研究【シーズン1第1話「序章」収録DVD付き】 (TJMOOK) 大型本 – 2016/8/6

 発売されたばかりの大型本。
110ページで、ストーリーの概略を解説。




■ アイテム






■ あとがき



 ネタバレ記事や、謎解説にしようか迷ったが、
今回は、2016年版もスタートしたばかりなので入門者向けに簡単解説にした。

 また覚え書きも兼ねて、X-Filesの主要な謎の解説は書いてみたいと思ってます。

■ 関連動画



■ 更新情報

 2017年7月7日 作成

この記事へのトラックバック