タブレットに保護フィルムを貼る + 道具や便利な用品も紹介。8インチタブレット編

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1467tibi[atod].jpg

 こんにちは。

季節の変わり目で、新しいタブレットやスマホを買う時期ですね。

本体を買うと、次に気になるのが保護用品。フィルムとケースはまず欲しい用品です。

 今回はタブレットの保護フィルムを貼るのに挑戦。
ミニ・タブレットに保護シートを貼ります。

保護フィルムの貼り方や道具の使い方、便利な用品も紹介します。

Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック


■ 保護フィルムについて。


【Fire 専用保護フィルム】 Digio2 液晶保護フィルム 指紋防止 高光沢 気泡レス加工 2枚入り

 時計やスマホは傷がつくと気になります。
保護フィルムは、画面を守るために欲しい用品。

 保護フィルムやガラスがあれば少々ぶつけたくらいなら大丈夫です。万一、硬い地面などに激しく落とした場合でも画面が割れるのを防ぐことがあります。実際、私はスマホを落としてケースと背面のガラスは割れても、保護ガラスを貼っていた画面側は大丈夫だった経験があります。


■ 保護シートの流行

 最近は、保護用にはガラスが主流になってきました。
利点は強く、指滑りが良い。

 ただ、保護フィルムも利点があります。
特殊な機能が備わった製品があります。自己修復機能や化粧汚れ防止、のぞきみ防止の偏向フィルム。
今回紹介する反射防止の艶消しタイプは、屋外や動画視聴がしやすくなるタイプです。

第6世代(2016) Amazon Fire HD 8 タブレット 16GB , 32GB (8インチ HD) 専用【ノングレアフィルム3】 アスデック・映り込み防止・防指紋 ・気泡消失・アンチグレア 日本製 NGB-KFH09 (2016年モデル Fire HD 8, マットフィルム)

■ 貼り込み


 それでは、貼り込み込み作業を紹介します。
準備、用品、実際の作業を解説します。


■ 対象機種

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1443tibi[atod].jpg

 今回は8インチタブレット。 
Fire HD 8で A5サイズの大きさ。

ネクサスやiPadミニくらいの大きさで人気が有るサイズです。


■ タブレットを張る事前準備。必要な物


[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1446tibi[atod].jpg

 ゴミを入れない&綺麗に貼りたい場合の作業と対策方法です。

■ 季節ごとの対策。

 季節毎に起きやすいトラブルと対処法。

・春秋 花粉が飛ぶ時や黄砂の飛ぶ時期は難しい。雨の日がややマシになります。
・冬  加湿して静電気防止。
・夏  汗の防止に涼しい夜にエアコンで温度を下げて挑戦します。

・服装

お風呂に入って繊維の少ない服、静電気の出ない服を着ます。
髪が長い場合は、ゴムやバンダナをしたりまとめましょう。


● 用意した物。

 LEDライト
 クリーニングクロス
 アルコール、綿棒
 カッター、ピンセット


■ 保護フィルムの準備


第6世代(2016) Amazon Fire HD 8 タブレット 16GB , 32GB (8インチ HD) 専用【ノングレアフィルム3】 アスデック・映り込み防止・防指紋 ・気泡消失・アンチグレア 日本製 NGB-KFH09 (2016年モデル Fire HD 8, マットフィルム)

 使用するフィルムを紹介しますね。
最近は、スマホ用にはガラスタイプを使ってるのですが今回は、機種専用のフィルム。

kindleが、ガラスの反射が大きいのと動画閲覧やネット閲覧を主体にするので、艶消しタイプにしました。

専用フィルムは、カットが要らないという利点が有り、掃除用品がついてるのも便利。






■ 大きいサイズ、フリーカット型 

 他機種で使う場合用に紹介します。
大量に使う場合や、専用フィルムが無い場合に便利。

・Digio2 液晶保護フィルム ブルーライトカット 23.0インチワイド対応 反射防止 グレー色タイプ SF-FLGBK230W
ナカバヤシ

 同シリーズで最も大きい23型。
サイズは509x286反射防止型。機能は、表面に防汚層。シリコン吸着型で気泡を分散します。





・ELECOM 液晶保護フィルム フリーカットタイプ DJP-F001
エレコム

多くのタブレットに使える、カットして使うタイプ。




■ 掃除


超極細繊維・高級クリーニングクロスw400mm x d500mm t=2mm キャメル・WIPING CLOTH #101 WC101MC
 
 画面の掃除をします。

・タブレットが新品 

袋から出した時や保護フィルムをはがした直後に貼り付けると楽。

・機器本体を使用していた場合

水拭きやウェットシートで汚れをとり クリーニングクロスで磨きます。
保護フィルム付属のクロスは、小さすぎるので自前の物を使います。

 LEDライトで、ホコリや手油が残ってないか確認しホコリを取っていきます。
コツとしては外周部にホコリや汚れがたまりやすいので、掃除しておくと楽です。

■ 貼り込み開始。


[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1448tibi[atod].jpg

 それでは、張り込み本番です。
光の差し込まない夜が楽です。昼だとホコリが見えないのと、明暗が激しすぎて疲れます。 

部屋を掃除してはじめます。



■ 位置調整


[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1450tibi[atod].jpg

 保護フィルムを貼るのに大事なのが位置。
最近のフィルムは余白が少なく作られ難しめ。ホコリが入っても位置を優先します。

 まず、タブレットの上にフィルムを仮置きして外周やカメラ部の余白を確認。今回のシートは余白が0.5ミリくらいで難しめ。

 フィルムのカバーシートを剥がし貼っていきます。位置決めを一発でするのはまず無理。 ~ わたしも出来ません。大体2~3回くらいやります。一番注意するのはカメラ部。保護シートがレンズと重なると後で修正も難しい。カメラ部を優先して貼ります。長辺方向から張ると楽なのですがキンドルは短編方向にカメラがあるので、上端部から張ります。

 次に全体。フィルムが寄ったら片側から剥がし位置を調整。
 今回の場合はフィルムが硬くかなり難しい。掃除した画面と、保護フィルムのシートを剥がした静電気が凄くてフィルムが画面に引っ張られる。曲がらない強化ガラスのほうが楽です。

 3回ほど合わせ直して、綺麗な位置に貼れた。


■ ホコリ取り。

 今回は花粉の時期に貼ったので、ホコリが多い。

 結局、画面領域内にホコリが幾つか入ってたので、パッと見た瞬間に気になるサイズのホコリだけ取ります。

 2、3個。小さい繊維のホコリが入ってたのでテープでフィルムをめくって取りました。綿棒にアルコールを付けて取る方法もあります。

 中央付近のホコリは諦めた方が無難。作業をしてると完璧に綺麗にしたくなるけど、手や静電気で余計に画面を汚す可能性が高い。適当なところで切り上げましょう。 ~ 少々のホコリは、使ってる内に気にならなくなります。




■ しわ伸ばし、エアー抜き

 中央から外側に向かって、柔らかい布でエアーを抜きます。
小さな泡は指で押します。

● 確認 


 画面を点灯させて気になるホコリがないか見てみましょう。
大きなゴミが無いようでしたら完成。


■ 完成。


[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1451tibi[atod].jpg

 最近の泡が抜けるエアーレスタイプ・フィルムは 泡が残っても気にしなくて大丈夫。 ~ ほとんどが一日~数日で消えます。

 かなり綺麗にはれました。

 艶消しで映り込みが無くなってるのが分かるでしょうか?
そして汚れにくくなり、汚れても拭えばすぐ取れる。満足です。

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1459tibi[atod].jpg


■ 参考 今回のフィルムの場合

 今回は反射防止のフィルムで、貼った後に画面がぼやけて見えました。
「フィルムの選択を失敗した」と思ったのですが、まだ密着してなかったようで、一日程経つと透明度が増しました。

 張ってすぐ気に入らない場合でも、一日待ってみるといいです。


■ 貼り込み用品


保護フィルムを貼るのに便利な用品を紹介しますね。

日常でも、掃除やメンテナンスに使えたりする便利な用品です。


■ 作業に欲しいもの、必要な物


・クリーニングクロス

 綺麗に貼るために必要なのが、綺麗な布。
メガネふきでも大丈夫です。 ホコリ取り、あぶらとりに使います。





・無水エタノール

 ホコリ取りや汚れとりに便利。AV機器の清掃にも使えます。
単にエタノールの商品名でも、エタノール(C2H6O)のみの製品が、今回のような掃除や汚れ落とし作業には便利。
消毒用などでは添加物にイソプロパノールが入っている製品があるのでご注意。塗料やコートを溶かしてしまいます。 

日常でも掃除に便利なのでお勧め。




・綿棒 ジョンソン

 定番製品。
精密機器の掃除、細かいホコリ取りにも使えます。
ふやけにくく、繊維がほどけにくく使いやすい。 安物は折れたり、繊維が抜けるのでジョンソンをお薦めします。







・ライト

 お家にある電気スタンドや懐中電灯でも構いません。
ホコリのチェックに使います。 スタンド式の方が、両手が使えて便利。




● あると良い物





・ルーペ

 キズミと呼ばれる時計屋さんが使う物です。

フィルムを貼る時も便利。
ホコリかガラス内の汚れか液晶の不具合か確認出来ます。
フィルムの大きさがギリギリの製品は余白の位置や、カメラ部にかかってないか見ることができます。 

日常でも、とげ抜きやラベルの小さい文字や電池表示などが見れて便利。






・TAMIYA 精密ピンセット (ツル首タイプ)
タミヤ

 精度が高めのピンセット。
薄いものでもつかみやすい、




■ まとめ

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1461tibi[atod].jpg

 いかがでしたか?
保護フィルムの貼り込みの方法と、便利な用品を紹介しました。

 フィルムを貼ったら、安心して画面を触れるようになります。

あなたのタブレットも活躍することを応援してます。



■ 更新情報

2017年5月10日 キャプチャー画像を削除

■ 関連記事





この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449248972

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック