0コメント

AmazonのFire HDタブレットを使ってみました♪ 画質や音質の感想。

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1435tibi[atod].jpg

 今日は、音楽や映画を楽しむのに便利な機器。

 Amazonの「Fire HD 8 タブレット」を紹介。
低価格と高画質が魅力のタブレットです。

Fireタブレットの画質や音質や使い勝手。購入用リンクや周辺機器も紹介しますね。

■ AmazonとFireタブレットについて


Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック

 Fire は、Amazonのタブレットでカラー液晶搭載機のシリーズ名。
HD8は昨年発売された最新機。後ろのHD8は、HD画質の8インチ画面を示します。

 定価16 GBが¥ 12,980 32 GB¥ 15,980とかなり低価格。さらにプライム会員は4千円割り引き。
低価格でAmazonサービスに強いタブレット。

今回紹介するのは32GVB。Wifi専用端末。

Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック

■ 入手のいきさつ

 もともと「Fire」が安いタブレットで、評判も良く気になってて
「家族で使うタブレットにしたら便利そう」と思ってた。

 そうしたらAmazonで春のセールで5千円引き。「買わねば!と注文しました。 
~ちなみに後で気づいたけどプライム会員は普段でも4千円引き(^_^;)


■ 本体解説


[kindle_fire_hd8_2016][Linn_Kazoo]Screenshot_2017-05-10-05-08-25[atod].png

実際に使用した感想。 

外観や画質。音質について解説。



■ 外観
 
[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1442tibi[atod].jpg

 外観は、普通。タブレットらしいデザイン

 大きさは8インチ。A5の紙くらいのサイズ。
HD8はステレオスピーカーを左側面(長辺)に装備。

 操作部は上部にスイッチが有り、電源、音量。マイクロUSB端子とイヤホンジャック。カメラはフロントとリア。フラッシュは無し。無線形式はBluetooth A2DP対応。電源アダプタが付いてるので嬉しい。コードも硬く長めで良い感じ。



■ 画質

video-64.png[free]hd-tv.JPG
[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1461tibi[atod].jpg

 画面は「おっ」と思うほど綺麗。色鮮やかで視野角も広い。高級とされるIPSパネルを使用し地デジと同じHD画質。安いのに想像以上の画質で驚いた。弱点はガラスの映り込みが激しい。

 プロセッサとメモリも十分で、映画を見ても画面の遅延などは無し。ふつうに楽しめます。



■ 音質

sound-64.png

 まずはAmazonミュージックでストリーミング配信を聴いてみました。

 本体スピーカーから出る音は普通。
音量は結構おおきめの音が出ます。贅沢言うと”やや割れるような感じ”。ヘッドフォン端子からの音は・・・出力も低く音量が小さい。価格相応。

 出来れば自分でCD音源を用意するのをお勧め。Fireは高音質音源が再生可能です。試しにCD(EAV)を再生すると、満足できる音質。そしてカタログ表記されてないのですがハイレゾに対応。CD音質に変換されて簡易再生できる。

 ■ 使い心地

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1459tibi[atod].jpg

 FireHDは独特。ずばり「Amazon専用機」。
想像よりAmazonに特化されてる。FireHD発表時にCEOジェフベゾスは「Fireはガジェットではない、サービスである」と語ってます。 ~なるほどFireは”統合力で勝負”しており、Amazonサービスを使う&買い物向け。

● アプリは少ない。

 主流のアンドロイドが持つ使い勝手は無い。Androidベースで独自のFireOS採用。
操作系は前世代なみですね。ウィジェット無し。Amazon独自ブラウザSILKで検索はBING。Google PLAYは無しと徹底しグーグル排除。取扱いアプリが少なく、有名アプリはほとんど無い。
 
 ただ考え方を変えると「シンプルで考えなくて良い」。ゲームも少ないし楽しみも無いですが、トラブルや更新などメンテの苦労もない。1万円でネットもメディアも楽しめる。 私は、Fireから使わないアプリはばっさり片付けて『音楽と動画。ネット閲覧専用機』に決めました。


● 使ってて良いなと思った部分。

 Fireの良い点は電池が長持ち。ネットや映画を見ても一時間で10%減るくらい。
以前使ってた他社タブレットは一時間で2~3割減少してたので、進化を感じます。

あとAmazonクラウドが便利。他社クラウドのように無理に全部同期しない。クラウドというよりストレージ(保管場所)。バックアップや写真など必要なものだけ自動保存されて安心。 あと画像は無制限に保存可能。

[kindle_fire_hd8_2016]Screenshot_2017-04-18-14-11-26tibi.png



■ 良いところ

 ・安い。
  ・画面が綺麗
  ・電池が長持ち。ACアダプタ、USBケーブル付属。
  ・SDカードスロットがある。
  ・Flac対応、ハイレゾ簡易再生可能。

■ 弱点

 ・ 電池が持つ分やや重い。
 ・ ヘッドフォン端子からの音質はいまいち。
 ・ カメラの画素数が低い。古いケータイ並みでフラッシュも無い。
 ・ GPSなし。
 ・ 非プライム会員は楽しめるコンテンツが少ない。
 ・ Google PLAY非対応。アプリやゲームが少ない。Widjet機能無し。
 ・ 保証は90日。

■ 採点

 画質: 85点 
音声再生: 68点
 総合評価 :76点

 FireHDの購入が向いてる人は

○ 『アマゾンを使う方。気楽に使える動画や音楽再生器が欲しい』方。
X 向いてないのは『アマゾンを使わない人やアプリやゲームで遊びたい方』。無理すると出来るけど、他社のタブレットを買うほうが良い。




● まとめ

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1466tibi[atod].jpg

 サブ機や動画&音楽専用としてお勧め。

 FireHDの強みは、価格が一万円ほどと安く破格値。Amazonが『お客さんを増やすためのサービス』でしょう。Amazonを使う、限定するならかなり便利。

  おすすめは『メディアプレイヤーとして割り切る』こと。
音楽もプライム会員はAmazonミュージックで聴けるし、Fireに保存して再生可能。家庭内で、家族tp使うのにお勧め。ラジオやTVの代わりに買っても後悔はしないでしょう。接待用途にも便利。そしてネットで調べものしたり。Twitterやスカイプぐらいは出来るので実用機または予備機として十分。気楽に楽しめる格安タブレット。

 私の母も音声入力で調べ物や、プライム動画を見て楽しそうに使ってます。
買って良かったと感じました。



■ 購入用リンク


info-64.png 買うときのコツですが、プライムに入ると、kindleの価格が4千円くらい引かれるのでプライム年会費とほぼ相殺されます。定価で買うのを考えてる方は、先にプライム会員になるのをおすすめします。

■ Amazonプライム


● 購入用リンクの使い方 

 商品写真と横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンク。
なお色違いや他の通販サイト、ショップ販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。



・Fire HD 8 タブレット

 私も買いました。おすすめ。
バッテリーの持ちもFireシリーズで最長です。

2017年モデルになって千円ほど値下がり。


・32GB、16GB



・(旧型)2016年モデル 32GB、16GB






■ 姉妹機

・Fire HD 10

 画面が大きい10インチ。
カラーに、ホワイトとシルバーが追加されます。

 プロセッサーがやや早く1.5G。カメラがHD.リアが5Mピクセル。
16.32、kindle最大の64Gモデルが用意されます。

>32GB

シルバー(アルミ筐体)、ブラック、ホワイト
  

>16GB

  




■ 兄弟機

・Fire タブレット

 姉妹機。廉価版です。

違いは、画面が少し小さい7インチ。利点は価格が安く、30グラムほど軽い。
弱点は解像度がやや落ちて1024 x 600 (171 ppi) モノラルスピーカー。Wifiがシングルバンド。
価格差が少ないのでFire HD8がお勧め。


>16GB,8G




>・(旧型)2016年モデル 16GB,8G






■ 周辺機器


Fire HD 8 タブレット 32GB、ブラック

KindleFireを使うのに便利な用品。 



■ Fire TV

・Fire TV Stick

 新型は大きくパワーアップ。価格も下がった。
音声入力リモコンがついて、無線とCPU性能も向上。

Amazonの映画やドラマに加え、HuluやNetflix、AbemaTV、DAZNなどにも対応。



・Amazon Fire TV

 据え置きタイプ。
ステックとの違いは、こちらは4K対応。有線LANも使えます。
カードスロットあり。メモリーが倍の2G。





■ 便利用品

・microSDメモリーカード【同時購入特別割引】: 64GB ¥ 3,980 → ¥ 2,985

 サンディスクのメモリー。
一緒に買うと1000円引き。







・ 事故保証 (落下・水濡れにも対応): 1~3年間

FireHD用の保証。
Kindleは安くするために保証が90日と短めになってます。

 不安があるかたは保証に入るといいです。
事故補償や、ガラス割れ。バッテリー劣化も対応。

 アップルケアなんかは結構高いので、こちらの保証は良心価格に感じます。
リンク先から期間を選択可能

>Fire HD 8(Newモデル)用


旧モデル用





■ Tips +お勧めアプリ

・ ちょっと困るのがGoogle音声入力が無い。タブレットで文字入力は手間です。
しかしストアにヤフー製の秘書アプリがあり『Siriやコルテナのように』使える。タブレットが初めての私の母も、楽しそうに使ってます)





■ おすすめサービス。

 Amazonプライム。Amazonの会員サービスです。
入会するとkindle Fire4千円引き。

 映画や音楽も結構充実しているのでおとくなサービス。
年会費¥3,900(税込)で、月330円相当。他社サービスにくらべかなり安め。



■ Amazonプライム

 無料体験期間有り。

 登録自体は簡単で、Amazon会員ならクレジットカードの番号を入れるだけ。3ステップほど。数分で終わります。






■ 学生向けサービス Amazonスチューデント

 学生向けのサービス。
プライムとほぼ同様のサービス内容ですが年会費が1900円と安く、6ヶ月の無料期間があります。
注意点としてプライム・ビデオやPrime Music特典は無料期間中は使えず、会員に移行すると使えます、

本は10%ポイント還元、文房具・ノートが20%OFFとお得。
学生時代は本をたくさん購入するので、お得なサービスだと思う。

AmazonStudent




■ 関連記事

・Fire HD 8タブレット 2016年モデル おすすめ!用品集
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/449236618.html

■ 更新情報

2017年8月27日 文章調整、文章を平易にしまとめる。キャプ画像追加、Tipsを後半に移動。2017年モデル追加
2017年5月10日 文章整理、キャプチャー画像削除。

■ 関連URL、参考サイト




参考;購入用リンク





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック