0コメント

■ ECHOESの作品解説。 全アルバム、映像の解説。+経歴や作品背景紹介。

[ECHOES]WS2017000663[AtoD].JPG

 こんにちは。

 私は、音楽ジャンルのなかでも一番聴くのはロック。
そして日本のアーティストで”ECHOES”は特に聴きました。CDを初め著作もほぼ全部持ってます。

 ECHOESは文学性の高い歌詞と問題提起。そしてシャープな音で独自性の高いバンド。1989年に解散し、2011年に再結成。その後は解散宣言が出ておらず”現在進行形のバンド”です。

 ただし「ECHOES」は活躍した時期が20~30年以上前となりネット普及の遙か前。作品解説がほぼありません。そこで自分で記事を書いてみました。

 今回は、ECHOESの経歴と作品についての情報。
アルバムの時代背景や解説。聴いた感想を紹介します。

 
■ ECHOESとは 


バンドスコア ECHOES BEST OF BEST (バンド・スコア)

 音楽を聴くには、時代背景を理解することが大事ですよね。
今回は、ECHOESの作品を親しめるように、経歴をざっと紹介してみましょう。



● メンバー構成

 元は辻と今川の二人。クォークというバンドでした。
残りのメンバ-はオーディションで結成。


メンバー

辻仁成(ボーカル、ギター)
伊藤浩樹(ギター)
伊黒俊彦(ベース)
今川勉(ドラムス)





● 歴史 音楽活動開始 ~ 現在

NO Kidding

 創立の経緯は、後の辻仁成のインタビューによるとパンクブームが終わり、時代がややワンパターンになってきた頃で、『新しい音楽を作りたかった』とのこと。

 ECHOESはCBSソニーのオーディションで最優秀賞を獲得。
1985年4月21日 プロデビューとなるアルバムとシングルが同時発売。


 ロックバンドの間では、エコーズの評価は高かったのですが、なかなか人気は出ませんでした。しかし「JACK」を境に人気が徐々に上昇。

1989年 シングル「ZOO」がヒット。そのころボーカルの辻がすばる文学賞を受賞。アルバム「EGGS」を出し、武道館ライブ後に解散。
解散理由ですが、以前からメンバーの体調不良などもあり何度も解散の危機があったようです。引き留め役の辻仁成が「小説活動に力を入れたい」といったことをきっかけに解散に至りました。

2000年12月28日 一夜のみの再結成。
2001年 辻と伊藤で『ECHOES OF YOUTH』を結成。シングルは3枚発売。

2011年 福島を応援するため、オリジナルメンバーで再結成。
2012年 ライブを実施。




 ● 音楽性について

[ECHOES]WS2017000664[AtoD].JPG

 音楽性は、重くシャープでエッジが効いている印象。
曲の雰囲気は、U2やアラームに似て重く、硬く尖っています。

 特徴があるのは歌詞。かって反逆やロックと言えば不良のもの。流行バンドの音や歌詞は大げさすぎたり、暴力性がありました。ほぼ同期の尾崎豊でさえ、やや不良少年寄りの歌詞です。しかしECHOESの場合は社会になじめない少年少女たち。等身大を描きました。

 『化粧してどこかへ出かていく母、仕事ばかりで家をかえりみない父。不登校となり孤独な時間。』今の定義ならネグレクトやいじめ。時代より先にコミュニケーションを取れない少年達を題材としている。例えば後の「エバンゲリオン」など、今ではアニメや漫画でも当たり前になった表現ですが、ECHOESは80年代には存在しない珍しいテーマを扱い、孤独な少年少女に焦点を当てています。

路上 (河出文庫 505A)

 文学表現も魅力。初期の曲だとジャック・ケルアック「路上」から名前を引用した「JACK」、コクトーの小説から引用した「畏るべき子どもたち」など。繊細な描写と外国の街角にいるような雰囲気が得意。「Goodby Gentle Land」まで異国の雰囲気は続きます。後に、ロックバンドの活動を題材とするストレートな曲もあったものの、アルバム「EGGS」では東京や都会を舞台とし問題提起する新しい世界観に挑戦。文学性の高さは続きました。

 サウンドは基本がシンプルな音でシンセサイザーも少なめ。それ故あまり時代に左右されず、今聞いても古さは感じません。

時代を超えて、音と歌詞に魅力があるバンドです。


On the Road, Wild West / faungg's photos



■ 特長と ネット通販各社 購入用リンク


 ECHOESの作品を紹介していきます。



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

 発売順に紹介しています。
音楽、映像作品をほぼ集めています。古くて流通してないものは省きました。

(ジャンルをクリックすると、項目へジャンプします)

 CDアルバム

 CDベスト盤

 CDシングル

 CDライブアルバム


 映像 DVD,ブルーレイ 

 書籍




● 購入用リンクの使い方 

 製品の特長と購入用リンクを紹介します。

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。




■ アルバムCD 


burn-1294593__340.png

 アルバムCDを紹介していきます。発売順に並べました。
エコーズの曲調が変わる前期、中期、後期に分類。

なお商品バージョンは、初期版→再発→廉価版→紙ジャケット版が発売されています。


● 前期 1-4作目  


 初期4作品。
世界観が似ており、外国の街角にいるような雰囲気と暗いSF小説のような重々しさを持ちます。
そして、自身を内省と無感動で制御するクールな少年が歌う感じが強い。

 現在でも通用する内容です。
 


・ WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB(1985年4月21日発売)

WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB

 デビューアルバム。
プロデューサーは、井上鑑。

 ジャケットアートは、手を差し伸べあう影絵。
孤独な少年少女を題材とする内容に調和してます。初期の帯に書かれたキャッチコピーは「諦めてしまう前に俺たちと組まないか?」

 全体は”問題に対して声を上げ始める。愛を求めはじめる気持ち”を歌います。

 収録曲は「レプリカの街から」シャープなギターで始まります。異国の街頭で、周りにあふれる疑問に少年が立ち上がり声をあげる雰囲気。
「ヒューマニズムにがまんできない」では辻の朗読と街頭の音から始まります。
「BadMornig」は鮮烈。電話を掛ける音から始まり、両親に構われず孤独な少年の気持ちを歌います。団地で景色を眺め、学校にもなじめず嘘で繕う。今でもインパクトがあり、深刻であまり類をみない曲です。シングルカットもされました。
「恐るべき子供たちへ」はフランスの詩人ジャン・コクトーの小説を引用したタイトル。「諦めてしまう前に俺たちと組まないか?」と語り掛け一曲目につながるような曲調。同じような境遇の仲間たちに、手を組もうと言ってアルバムを締めます。

 シャープな音。異国での孤独な少年少女を題材とする、初期エコーズの幕開けを飾る作品。エコーズの主張と井上さんの綺麗な音作りがぶつかり凡庸さに陥らずに、絶妙な緊張感と綺麗さを持っています。
 
 シンプルな音と、研ぎ澄まされた歌詞に迫力があって、今聞いても結構いいアルバム。






・HEART EDGE(1986年6月1日発売)

HEART EDGE(紙ジャケット仕様)

2作目。ハートエッジ。

 ジャケットはレイアウトが凝り過ぎてる感じ。メンバーも小さい。当時の流行デザインかな?ポップ過ぎて似合ってない。

 しかしアルバム内容は良い。
テーマやサウンドも、ほぼ前作を引き継いだ内容で正常進化しています。
今回は、前作で扱った問題に対しての経過。戦い始めた少年少女の持つ『戸惑う、解決しようとする気持ち』が主題。

 シャープなギターと切れのいいドラムから始まる「カッティング・エッジ」
一曲目にふさわしく期待感をもりあげ街の中で、仲間たちに新しく始めようと強く歌いかけます。
「メモリアルパークのチャーリーブラウン」ではありふれた少年たちが発する”SOS”に、気づいてほしいと訴える。
「アフタースクールコミュニケーション」は、エコーズを語る時によく話題に上る曲。家にこもりゲームやコンピューター。機械とネットワークでつながる少年を歌います。発表時はやっとアメリカで商用インターネットが始まった時代で、先見性に驚く。
「ユースクエイカーズ」はアナログA面最後の曲。仲間を見つけた喜びを歌います。

「天秤にかけた地球儀」は切ないラブソング。”もしも僕が君ならどうするだろう”と問いかけます。相手の気持ちになって考える、同化しようとする。愛と戸惑いを歌います。
「ブルーマンデー」では一週間の憂鬱な気持ちを。
「STELLA」はコンプレックスを抱える少女が題材。

「ハミングバードランド」は、後のヒット作「ZOO」につながるような題材。街を鳥かごに例えます。
「最終出口」ではスローで終わると思わせて、少年が仲間と戦う歌。”ナイフだけでは戦えない。街を味方に付けて出口を求め走り続ける”と今までよりも強くなった感情を出して終わります。

 全体の雰囲気は、製作者側はポップでおしゃれにしたかったのでしょうが、エコーズは上手く自分たちの形に取り込んでシャープな音になりました、まさに”エッジ”が効いてる。

 曲の構成やレベルも高め。
バランスが良く2枚目にして既に完成度の高い作品。






・No Kidding(1986年11月21日発売)

NO Kidding

 エコーズの魅力が出た傑作。

 今作も、前作のテーマに続く内容。街角で仲間とのすれ違いや去っていった心情、励ます気持ちを歌います。

 CDアルバムは、アナログ盤とは違う構成。元は6曲のアルバムにアナログ12インチシングルを足しています。そのため曲数が多くボリュームがあります。

「What can I Do?」でREBECCA(レベッカ)のNOKKOさんがゲストボーカルで参加。

「愛はゆずれない」では、女の子を守ろうと強く生きる男の子の歌。
「My protest song」は団地で生まれ、転校を繰り返す少年の歌。辻仁成自身の経験が重なる内容。
「SOMEONE LIKE YOU」は、もう会えなくなった友達(好きな人かな?)への気持ちを語る切ない歌。エコーズのバラッドでは名曲。
「ONEWAY RADAIO」はラジオを題材にした歌。バグルスの「VIDEO KILLED RADIO STAR」のような感じ。後に、この曲に対して答えるように辻仁成がDJを務めたラジオのコーナーで「2WAY RAJIO」というコーナーができて、留守番電話でメッセージに応えています。本当に歌詞やリスナーに真剣だったのがうかがえます。

 そして「JACK」はエコーズ初期の人気曲。一分近いイントロがあり驚きます。
 今までは、ファンが盛り上がりづらい曲『一人称や他人を描写する曲』が多かったエコーズが、このJACKでは ”街で疎外されている仲間たちに語り掛ける構成”になりロックバンドとして成長しました。 エコーズがライブで観客が一緒に歌える曲となります。 アンコールが終わらずライブで何度も立て続けに演奏されました。

「ピーナッツバターの海に沈めて」では、戦い続ける者に語り掛け静かに終わります。

アルバムの音圧が低めに設定されていて、音が綺麗でかつメリハリがあり迫力がある。シンセサイザーも控えめで音作りがカッコいい。

サウンドも歌詞もレベルが高く調和している。エコーズではトップレベルの作品で、お勧めのアルバムです。



>アナログ盤

【収録曲】
★SIDE 1★
1. One And Only
2. Dancing Tonight
3. Raindrops

★SIDE 2★
1. What can I do?
2. Crossroad again
3. My protest songv






・[ミニアルバム] JACK+STELLA(1998年5月21日発売、CD選書オリジナル企画)

 アナログ時は特殊な仕様でシングルとアルバムの間に位置する物。当時は高音質で新しいジャンルでした。2000年の再ブーム時に12インチアナログレコードをCD化し発売。

 ジャケットはアナログ時代の物。アートデザインは尾崎豊や浜田省吾の作品も担当した田島照久さんだと思う。すごく格好いい。このジャケットだけでも”買い”。

 アルバムは6曲も入っています。エコーズの人気曲となった、JACKとSTELLAが収録。

収録曲:
1. JACK:Welcome to the Lost Child Club-JACK
2. SOMEONE LIKE YOU(Visitor Part2)
3. BAD BOY
4. STELLA
5. ONEWAY RADIO
6. ピーナッツ・バターの海に沈めて







・ Goodbye gentle land (1987年5月21日発売)

Goodbye gentle land

 「Goodbye gentle land」。
初期4作のテーマは終焉を迎え、エピローグとなる作品。これも傑作アルバム。


 ”ジェントルランド”という題名は、辻が考えたときはジャングルランドでした。 ~しかし制作の打ち合わせで聞き間違えた人が「ジェントルランド」と言い、”面白い”と採用。そしてアルバムのテーマに沿わせるために”グッドバイ”が付与されています。

 古いSFのような、モノトーンのジャケットがカッコいい。
アルバム全体のテーマに対し問題と解決策を描く曲と、人物や人生の細かい描写の曲を挟んだ見事な構成。

 収録曲を解説しますね。 
一曲目は「Hello Again」は都会での息苦しさを歌います。描写も丁寧になりました。
「Bulldog」では夢を追っていても生きるため社会に飲み込まれる、青年や女子の現実をブルドックに例え歌います。

 エコーズでも人気作である「GENTLE LAND」は、ジャックの進化版といった内容。舞台は日本に置き換えられて共感しやい。少年少女を描写し「愛されたい」と声を挙げます。そして問題に対し「からかわれたとき嫌がると、次はターゲットになるから胸を張って生きていこう」と戦い方を指南する。エコーズでも人気がある曲でシングルカットされ、NHKで辻が出演していた番組の主題歌にもなりました。

「Tonight」はクリーニング店で働く青年の歌。短編小説のような雰囲気と丁寧な描写で辻の詩人としての能力を感じます。
「Air」は流されて生きる大学生の歌。「Sandy」は派手になってしまった女の子を嘆く歌。

「Good-by BlueSky」は、まとめの歌。
ダンサーや新聞記者。うまく街に溶け込めない不器用で失敗した友人たちを描写する。クールに務める自分が”一度は別れてしまうが、今度会った時は上手くやろう”と語りかけ終わります。 アウトロのリズムが一曲目とつながる構成。

 初期4作は、小説を見るような雰囲気。
今作で、エコーズが提示した問題全ては解決はしなかったが、来るべき時に備え別れていく。期待感を持たせ終焉します。

 私が初めて買った邦楽CDでした。私が悩んだ時に聞くことが多いアルバム。
人生の中で一番聞いたと思う。おすすめのアルバムです。




● 中期 4-5作目  


 やや 明るくなってきました。

 内容は、歌詞は”言いたいこと”をはっきり主張しはじめました。当時のバンドブームにも合わせ「バンドらしさ」を打ち出したアルバム。

コンセプトが無くなって、一発録音を主体にしたり
ライブに強いエコーズの力を見せ、魅力を打ち出しています。



・HURTS (1988年4月21日発売)

HURTS(紙ジャケット仕様)

 アルバムジャケットは、4人がくっきり映るようになりました。
 
 制作時代ですが、この頃のエコーズは快調。ライブの演奏も素晴らしく、インタビューに残るメンバーや辻の声は弾んでおり仲が良さそうです。

 今作「ハーツ」では前作までのようなアルバム間で続くようなテーマ性は無くなっています。歌の内容は、現実の世界で地に足がついた感じ。テーマも音楽性も再スタートしたアルバム。全体はロック色が強くなった。スタジオで作りこんでた今までと異なり、今回は一発録音がほとんどでライブ感を出そうと挑戦。雰囲気が変わっています。

 内容は友との絆や別れの歌が多い。エコーズ自体やアーティストの気持ちを歌う。ストレートな友情を題材にする曲が増加。対として別れや失敗を悔やむ歌が有ります。やや小難しい部分が減って、言いたいことをはっきり出しており聴いてても気持ちいい。

 一曲目「(This is) Radio “K・I・D・S”」は”こどもの心”をラジオに例え、夢を失った大人に問いかける。「Freedom」は変わらない毎日を嘆き、「Money」はバブル景気でお金に狂う世の中に『俺の心を買ってみろ』と揶揄する。

「Alone」は名曲。感情を閉じて涙も流さなくなった孤独な男の気持ちを歌います。
「Foolish Game」は『競うのは愛にしたい、世界の人が譲れれば皆が座れる』と解決策をパワフルに歌う。
「Tug of street」はロッカーの人生と仲間との絆を唄います。ECHOESの生い立ちと重なる内容。エコーズの初期はなかなか売れず、実際には余ったチケットは買い取らなくてはいけなかったそうで過酷だったようです。 バンドの事をストレートに歌っており、思うに歌詞を書いた辻仁成がこの頃からエコーズ解散を予感していたのかなと感じます。

 最後の3曲は旅の途中を描く歌。
今作もエコーズが得意とする締めの歌で、上手くまとめず戸惑う感じ。問題の中でさまよう現在進行形のままで問題が解決せずに終わります。

今までに無い人間性。生身の部分が垣間見えてきた作品。






・Dear Friend(1989年4月21日)

 アルバムジャケットは、4人がくっきり映りカラーになりました。

作品内容は、前作の雰囲気を昇華。そして文学性が出てきてロック色が太く強くなってます。

 今回は、友情や愛情を強く歌う曲が増えました。曲名も漢字が増えて、やや和風になってます。

 収録曲を解説していきますね。
「Dear Friend」は変わってしまった友達を嘆き、そして待つ歌。
「ZOO」は人気が出た曲。JACKやGentle Landと似た構成で、街を動物園に例える。「片想い」はエコーズでは珍しい、女の子への片想いを題材とする可愛い唄。
「アンカーマン」は、疲れた時代のバトンを渡された気持ちを前向きに歌う。

 全体の印象が、片想いや比喩。ひとりごとや文句が多い。例えると女の子に惚れた少年の独り言を聴いてるような・・。小説に力を入れ始めていた”辻仁成節が炸裂”してる。聴いている側は冷静に考えて、だから何?と突っ込みたくなります。力強さの反面、迷走している感じを受ける。思うに、もうこの頃から辻仁成に独立する想いや、バンド内が分裂していたんだろう思う。ただし良い曲も多い。

 内容も繊細、悪ぶって周りに”やや斜めに構えていた”今までと変わって、純情な少年が告白するような恥ずかしさを出しています。
今作だけの、魅力があるアルバム。






● 後期 7~9作目  


 後期というか、もう最後になってしまいます。

7作目「EGGS」がオリジナルアルバムでの最終。
コンセプトが復活した野心作です。

残りはベストに近い内容。




・ EGGS (1990年4月8日)

EGGS

 新スタート。
中期作品で休んでいたコンセプトが復活し、3部作の始まりとなる予定だったアルバム。


 初回版のジャケットは、当時は珍しいデジパック仕様。エコーズ人気が高まっていたのが分かります。

 「EGGS」のタイトルとジャケットから、テーマは”都会を舞台に新しく展開”しようとしていたようです。

 アルバム内容は辻仁成の文学性が高まるのと、サウンドも新しい試みが多く、異様な濃さ。初めて聴いた時は「何。このアルバム?」と思いましたが、時々聴きたくなる魅力がある。分厚いステーキのように噛みごたえがあるアルバム。

 「LOVIN' YOU」はストレートなラブソング。エコーズでは珍しい強めの愛情表現。”いつまでも君を愛し続けたい”と歌います。直接語りかける構成のラブソングで、最初で最後となりました。

 CD音質は、音圧が上がったのと辻仁成のボーカルが太くなりすぎ。また歌い方がくどく編曲も大げさ。エコーズと言うより”辻仁成バンド”感が強い。しかし今までにない図太いサウンドで、増えた楽器とメンバーの演奏テクニックも熟成しており聴きどころは満載。

 改めて聞くと辻仁成が暴発してるようにも感じる反面、エコーズとしてマンネリを打破し変化しようと挑戦してたようにも取れる。詰め込みまくり。

 しかし残念ながら、今作後にエコーズは解散。見事に絶頂時に終演を迎えました。ちょうど翌年にはバブル景気が崩壊するびで、エコーズは上手く時代を先取りしてる。ぜひ残りの2作を出して欲しかった。実に勿体無いアルバム。
時々聴いては「次作はどうなる予定だったのだろう?」と想像を掻き立てます。






・ GOLD WATER (1990年12月1日発売)

 アルバム「EGGS」と同年に発売されました。
オリジナルアルバムとして扱われているのですが、どちらかというとベスト。おそらくレーベルと契約消化で出された。

 アルバム内容ですが 手が込んだアルバムでEGGSの延長線上にある音作り。
エコーズの代表曲が多く入って派手目の曲が多い。でも人気曲だけでなく、なかなか通好みの曲もあります。

 新しい部分は「JACK」「BETWEEN」「SOMEONE LIKE YOU」がニューバージョン。
「STERRA」「メモリアルパークのチャーリーブラウン」「Good by BlueSky」がリミックス。
新曲は「ONE NIGHT DREAM」。最後のシングルとなりました。NHK教育の番組で主題歌に使われています。

「JACK」は原曲で長かったイントロ部がカットされ、歌い方もかなり変わりました。
全体に音圧が上がって、辻の歌い方が濃くなり楽器も増えて音が厚め。後期エコーズの雰囲気になってます。

 ファンには新しい部分が多く、買っても良いアルバムです。
ただし『エコーズに興味がある。新しく聴いてみたい、もしくはベストが欲しい』という方は、「BEST OF BEST」をおすすめします。

 ソニーのカタログからは消えており、現在は廃番のようです。






・Silver Bullet(1991年5月2日発売)

SILVER BULLET

 「GOLD WATER」と対をなすようなアルバム。タイトルは”銀の弾丸”

 良く分からない存在の作品で、帯には「メモリアルベスト」と記載されていますが、ソニーのカタログではオリジナルアルバムに分類されてる。
  こちらも実質はベスト版といえる内容。
収録曲は「GOLD WATER」を補完する構成。エコーズ後期のアルバムを中心に選曲しバラード、スローな曲が中心。

 新曲は「シルビア」、「ロックンロールは歩く鏡である。」
初収録は「BAD BOY(ライブ・バージョン)」

 「シルビア」は女性名のタイトルで以前のエコーズを思い起こさせます。
「ロックンロールは歩く鏡である。」はロックバンドエコーズと辻仁成の文学を共存させようとし激突しており興味深い。

 おそらく「シルビア」「ロックンロールは歩く鏡である。」が、アルバム「EGGS」に続くアルバム用に作られていた曲と思われ、ともにエコーズ終盤のパワフルな歌詞と音で良い曲。アルバムが出なかったのが残念。

 今作もソニーのカタログからは消えて現在は廃番のようです。





■ ベストアルバムCD 





・BEST OF BEST(2000年9月20日発売)

BEST OF BEST

 2000年の再ブーム、再結成時に合わせて発売。

 一応、ソニーサイトでは、今作がエコーズ”初ベスト”と案内されています。
辻仁成が選曲&プロデュースをし、マイケルツィマリングのサウンドプロデュース。佐久間正秀さんと良く組む人です。

 アルバム全体の感想は、音質の変化が特長。全曲が良く整えられ聞きやすい。
古い曲は音圧が上がり高音域も持ち上げられてます。悪く言うとドンシャリ寄り。良いのは後期アルバムで強くなった辻のボーカルが抑えられているところ。中央よりの狭い音場が広くなってます。

 辻本人の監修もあって、レーベルが勝手に出したのとは異なる、しっかりしたベストアルバム。
全曲で音の雰囲気と音場、レベルが揃えられて聴きやすい。ファンが久しぶりにエコーズが聞きたい時に向いてる。単なる寄せ集めではなく、新鮮な雰囲気で全曲を通して楽しめます。







・GOLDEN☆BEST ECHOES(2010年3月10日発売)

GOLDEN☆BEST エコーズ

 シングルコレクション。
2011年のエコーズの復興支援で再々結成した前年に、たまたま発売されたアルバム。

 このころ、辻と伊藤は元JUDY AND MARYの恩田快人・五十嵐公太と共にZAMZA N'BANSHEで活動している。今作は、偶然に復興時期と重なったけど、エコーズ再始動の伏線だったのでしょう。

 アルバム内容は歴代シングル集。
 エコーズ解散(1991年)までに発売されたシングル商品(CDシングル、400円シングル、12inchシングル)の音源(A面・B面・カップリング曲)から16曲を収録。

 現在ではもうエコーズのシングルを全部集めるのは難しい、不可能に近いので、ファンにはシングルが一気に揃えられて嬉しい内容。 エコーズのまとめになっています。

 初収録は「Surprise」。1989年版シングル「ZOO」のカップリング曲でなかなかレア。




■ シングル 


 シングルは現在ほとんどが廃盤。
ただしベスト版「GOLDEN☆BEST」に、ほぼ入っています。

 今回は、現在手に入る物を紹介。





現在は廃盤。ただし「GOLDEN☆BEST」にほとんど収録。

Bad-Morning(1985年4月21日発売)
Jack(1985年10月21日発売)
STELLA(1986年4月21日発売)
GENTLE LAND(1987年3月21日発売)
Foolish Game(1988年2月26日発売)
ZOO(1989年3月21日発売)
LOVIN' YOU(1990年3月21日発売)
TWO HEARTS(1990年7月1日発売)
ONE NITE DREAM(1990年11月1日発売)





・ ZOO(2000年7月19日発売)

再発版。カップリング曲が「GENTLE LAND」に変更。
エコーズでも人気がある、JACKやGENTLE LANDの進化版。街の仲間たちに語り掛ける構成です。

 カップリングの「GENTLE LAND」と聴き比べると面白い。







・ALONE(2000年10月29日発売)

ALONE
 
 再結成時に発売。
「ALONE」が入ってます。「ALONE」ライヴ・ヴァージョンがカップリング曲。









・そのうち愛がないなら、今すぐ僕らは手をつなげ Solidarity
(2012年10月4日 ZIZZ STUDIOより「ECHOES LIVE CD in 渋公ワンマン2012」とセットで発売)


[限定発売] 





● 新ユニット『ECHOES OF YOUTH』


 2010年の再結成ライブ後に作られた、辻と伊藤でのユニット。

 名前の由来は、初期エコーズのファンクラブ名から。
シングルを3枚発売。アルバムは未発売。 なかなか良い曲ばかりです。アルバムを出して欲しい。



・恋するために生まれた

 ストレートなラブソング。後半に盛り上がっていく感じが良い。






・REAL

 成長したエコーズと言ったところ。
辻仁成ソロ作品とエコーズの中間の雰囲気。






・SLOW





■ ライブアルバムCD 


 
 ライブも定評あるECHOES。

エコーズはスタジオアルバムも完成度が高いのですがライブにかなり強いバンド。演奏に力強さと辻のパワフルさがあり、アルバムとまったく違った魅力を見せます。

 ギターも冴え、ドラムも切れがいい。ベースもばっちり。辻も元気。原曲と違うカッコイイアレンジもありお勧め。



・ECHOES LIVE CD in 渋公ワンマン2012(2012年10月4日ZIZZ STUDIOより発売)

 復興支援で行われた2012年5月8日のライブ。 1990年10月以来、22年ぶり11回目の渋谷公会堂。
渋谷公会堂でのライブ来場者への配布用非売品CDを、LIVE盤CDとセットで400セット限定で販売。

 [ショップ限定版 ]


参考ページ:ライブ告知 http://echoes.zizz-studio.com/

・再販売版
EUPHORIA ECHO > ECHOES > ECHOES LIVE CD in 渋公ワンマン2012
http://amnicola.shop-pro.jp/?pid=49131731



■ 映像作品 


clapperboard-146180_960_720.png

 ECHOESの映像作品自体は多いのですが、現在はほぼ廃盤。
ただし、限定でまとめられたBOX集が出ています。

 ライブはパワフルで、「Border Line」などアルバム未収録の曲も演奏してファンには嬉しい内容


VHS,LD時代の作品で 現在は廃番、入手難。

・ FOOLISH GAME(1988年2月26日発売)
・ THE BORDER Vol.1 ECHOES LIVE AT SHIBUYA KOKAIDO(1988年9月21日発売)
  THE BORDER Vol.2 ECHOES LIVE AT SHIBUYA KOKAIDO(1988年9月21日発売)
  ※Vol.1とVol.2のセットも発売


・SELECTION(1989年10月8日発売)

・LIVE at 武道館 Columbus' Egg '90(1990年発売)

・the echo of echoes -LIVE RUST TOKYO 1981-1991(1991年発売)






・ONE NIGHT STAND IN THE ZOO(2001年7月18日発売)」 DVD

 10年ぶりの再結成。
2000年12月28日、一夜限りの復活を果たしたエコーズの武道館ライブを収録。

 メインは辻と伊藤。
アンコールで伊黒、今川が「ZOO」「ONE WAY RADIO」「SOME ONE LIKE YOU」で参加。

 新曲「恋するために生まれた」が収録♪






・DVD-BOX「ECHOES on the MOVE」
(2011年 ソニーミュージックショップ:オーダーメイドファクトリーで商品化)

 2011年、再始動時に発売。1991年に解散したエコーズの映像作品の集大成です。

 4枚組のDVD BOXで「完全生産限定盤」。映像商品5作品を初DVD化。
『Foolish Game』『Selection』『THE BORDER LIVE AT SHIBUYA KOKAIDO』『LIVE at 武道館~Columbus’Egg‘90』『THE ECHOE OF ECHOES』収録



■ 書籍 





・エコーズ タッグ・オブ・ストリート (宝島コレクション)

 小説風。エコーズ結成とバンドの経緯を描く。
BOOWYの本「大きなビートの木の下で」みたいな感じ。






・バンドスコア ECHOES BEST OF BEST (バンド・スコア) 楽譜 ? 2000/11/25

  2000年発売のCDベストと同内容。

人気の12曲入り







・ECHOES―Scrap and Build 大型本 ? 1989/5
中村 ねこ

 写真集。ややプレミア気味。





■ ■ あとがき 「Tug Of Street」


Telecaster
Telecaster / Konrad Karlsson


エコーズは、主流に乗らず自分たちの音楽を貫き、時が経っても古くならない普遍性を持つ。

 最近色々有って、私も人並みに落ち込んでました。
 そこで、気に入ってるエコーズの全作品を 改めてじっくり聞きました。


 聞き直して感じたのは、ほとんどの曲が現在進行形で提起した問題に結論が付かず終わる。アルバムGENTLE LANDでは「からかわれたときに嫌がると、次はターゲットになるから胸を張って歩いていこう」と、どんな現状でも戦い歩くと歌います。時には仲間を見捨てる、機会を待つために逃げる歌詞もある。

 確かに現実も同様で 問題や逆境に悲しんでも答えが出なくても、死別や恋人との別れはある。今勝てないなら、チャンスを待つのも賢い生き方でしょう。エコーズ作品はシニカルにクールに状況を見つめ問いかけます。

 以前、辻仁成は明るい応援歌の流行曲に憤り「(リスナーは)何かある度に、頑張れと応援する曲を聴くのか?それでは成長しないだろう」と応援歌流行を批判している。流行に迎合せずに持論をはっきり言うのがエコーズの魅力です。

ECHOESの歌には現実味があり、エコーズ自体の活動も不器用な経歴を持つ。一度目の解散は良く分からないまま空中分解。アルバムもどれがラストか分からない。けじめを着けて解散した”BOOWY”とは違い、曖昧な終わり方。ただしBOOWYと同様にエコーズも人気絶頂時に解散している。この辺りがエコーズの強さでしょう。

 解散後に、メンバーの着実な活動は現在に繋ります。2000年のリバイバルブームに乗り一夜限り再結成。その後は辻と伊藤でエコーズユースを結成。そして4人で再々結成して解散宣言をせずに今に至る。「ちょっと追いかけて、ちょっと逃げよう」。エコーズのメンバーは集散を繰り返す。辻仁成は結婚を繰り返し長髪の怪しい雰囲気。変わってしまったんだね、と問いかけたくなる。しかしエコーズユース名義で曲を出せば内容は良いし、再結成の機会を逃さず行動する。見た目やスキャンダルとは異なり、地に足が付いた感じ。

 メンバーや辻仁成も大人になり、距離感を取るのが上手になったみたい。無理して別れずに、再開する余地を作るように成長しました。

 そして活動も続く。
なかなか20年以上間を空けてオリジナルメンバーの結成って無いでしょう。すばらしい友情とロック精神です。


これからも、ECHOESの活動に期待します。



■ 更新情報

2017年9月11日 私事削除。
2017年4月19日 文章調整、プレイヤーのアルバムアート画像追加。


■ 関連、参考サイト

・ソニー > エコーズ
http://www.sonymusic.co.jp/artist/Echoes/discography/MHCL-1706

・Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/ECHOES
https://ja.wikipedia.org/wiki/辻仁成のオールナイトニッポン

■ 関連記事

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック