・スポンサードリンク
>

2017年03月03日

マイケルジャクソンの作品解説。 〜経歴やアルバムを聴いた感想。

マイケル ジャクソン アルバムカバー ポスター

 こんにちは。

近年で最も有名なアーティストといえば、誰もがマイケル・ジャクソンをあげるでしょう、
音楽販売での多くの記録や受賞歴を持っています。

 音楽ファンなら、一枚はマイケルのアルバムを持っていることが多いと思います。
私もマイケルのアルバムはコンポの近く。手の届くところに置いて、良く聴いてます。
 
 さて、新しくマイケルを聞き始める、聞きたい方には、販売されている作品の内容が気になる方が多いと思います。
マイケルは経歴が長く、移籍もしたし そして多くのアーティスト同様に死後にベスト盤や企画物、再発版が多く販売され 入門者には分かりずらくなっています。

 今回は、購入を考えてる方や知識を得たい方の為に、マイケルジャクソンのアルバムを解説。
発売経緯や、聴いた感想を紹介します。

マイケル・ジャクソンの音楽スターアート布ポスター20X13 [並行輸入品]
 
■ マイケルジャクソンとは 



Michael Jackson 1988 / Alan Light


 名前は、マイケル・ジョセフ・ジャクソン。

アメリカの歌手で、キング・オブ・ポップ・・”ポップスの王様”の呼称を持ちます。
ダンスパフォーマンスの高さでも有名。

 アルバム「Thriller」は世界で最も売れたアルバムと言われています。

コスプレ衣装♪マイケルジャクソン♪dangerous風 完全セット  コスチューム




● 音楽について

コスプレ衣装♪マイケルジャクソン風 Michael Jackson  MTV版 コート 革の服 XXXS-XXLサイズ コスチューム、コスプレ

 幼少期から家族とともにプロとして活躍しました。

 声は4オクターブという広い音域を保ちます。
声について研究もされています。2010年のNHK放送「マイケルジャクソンのバラードにみる歌声分析」で、日本音響研究所がマイケルの声を解析したところ『 7つの音が混ざっている、特殊な揺らぎを持っている 数十万に一人の声質』で彼自体が最高級の楽器である、と言われました。

Michael Jackson Live At Wembley July 16, 1988

■ 経歴


MICHAEL JACKSON - Michael Jackson (Triptych)/ ポスター/ 【公式 / オフィシャル】

 幼少期は、「ジャクソン5」で活躍。メジャーデビュー曲でいきなり全米一位を獲得。
1971年にソロデビュー。その後クィンシージョーンズと組んで「Thriller」「Bad」と大ヒットアルバムを作ります。
その後も「Dangerous」などヒット作を作りアルバムチャート一位を連続して取りますが レーベルEPICソニーと対立、また私生活で裁判に巻き込まれた影響で、音楽活動が遅延し始めます。

 その後ソニーと和解し、私生活での裁判も全て無罪となり終了。記念アルバムの発売などで徐々に活動を再開し 2009から世界ツアー「THIS IS IT」公演に向けて準備活動を開始しましたが 6月25日に急逝します。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]




● 日本との関係

 親日家で日本にも何度か来訪しました。
日本のゲームやアニメも大好きで、日本製ゲームに登場させてとせがんだことも。

スペースチャンネル5 パート2

 音楽はもとより、ダンスも多くの日本人アーティストに影響を与えています。

ポスター マイケルジャクソン/ムーンウォーク PP-31944


■ 特長と ネット通販各社 購入用リンク


マイケル ジャクソン Michael Jackson  公式 ポストカード 7枚セット 並行輸入品


 マイケルの作品を紹介していきます。



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

 発売順に紹介しています。

■ CD

 CDアルバム

 CDベスト盤

コンピレーションアルバム

リミックスアルバム

サウンドトラック

 CDボックスセット


 ■ 映像 DVD,ブルーレイ 

 ミュージックビデオ 

 ライブビデオ 

 映画 


 書籍


(項目をクリックすると、項目へジャンプします)





● 購入用リンクの使い方 


 製品の特長と購入用リンクを紹介します。
商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。

 なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。

 また、マイケルは多くの形式(限定、再発、SACDなど)で販売されているので ○○で検索から、販売されているバージョンが探せます。




■ CD 


マイケル・ジャクソン ソングス

 マイケルの音楽CDを紹介します。
ジャンル毎に分けて、現在手に入りやすい、お勧め盤を記載しました。

 解説について。
なるべくCDを聴いて解説しました。あとAmazonプライムの無料試聴も使ってます。
マイケルの作品は仕様が多くあったり、勘違いも有るかと思います。


■ アルバムCD 



マイケル・ジャクソン ソングス


 アルバムCDを紹介していきます。
節目毎にに区切ってます。


● 1-4作目

 
 モータウン時代のアルバム。



・Got To Be There
1971年 9月13日

ガット・トゥ・ビー・ゼア

 ソロデビュー作。
まだ、女の子かとおもうような綺麗な声です。
「I Wanna Be Where You Are」では明るく天まで伸びるような声。

 全体にリズムも穏やか。マイケルの可愛い声とあいまってなごみます。
のんびり過ごす時にお勧めアルバムです(*^_^*)





・Ben
1972年 8月4日

 全米チャートで5位となかなかの好記録。映画ベンの主題歌が入っています。

2013年にはデジタルリマスター版が出ました。





・Music & Me
1973年 4月13日

14才の時の作品。
変声期前に相当します。





・Forever, Michael
1975年 1月16日

  モータウン時代最後のアルバム。
10代後半の声が聴けます。





● 5〜7作目 クィンシー共作時 


ポスター マイケルジャクソン/アルバム スリラー PP-31864

 エピックソニー 時代のアルバム。
クィンシーとタッグを組んでた時代。人気は過熱し、アルバム売り上げは世界一に。世界の頂点に立ちます。




・ Off The Wall
1979年 8月10日

 レーベルはエピックに移りました。
今回はプロデューサーがクインシージョーンズとなり、マイケルの曲やアイデアも盛り込まれるようになりました。

 時代を反映してディスコ調。明るくダンサンブルな曲が増えています。
出だしやメロディーが印象強くなり、ヒット曲の雰囲気が強くなりました。マイケルの時代が来ることを感じさせます。
あと、派手だけど生演奏で音の厚みを増しており、聴きやすい。

 アルバムチャートは3位。シングルも一位が2曲と好調でした。




Amazonプライム会員は無料で聴けます。




・ Thriller
1982年 11月30日

スリラー

 クィンシーのプロデュース。

 全体の完成度が高く素晴らしいアルバムとなりました。
「Beat It」ではエディ・ヴァン・ヘイレンを起用。「Thriller」はMVが大人気。「Human Nature」は穏やかな名曲。

 史上最も売り上げたアルバム。グラミー8部門受賞。



>25周年盤

2008年に発売されました。




Amazonプライム会員は無料で聴けます。




・Bad
1987年 8月31日

BAD


 今回もクィンシーが担当。
マイケルは60曲以上作り、その中から収録曲が選ばれています。

 スリラーを超えるべく作られました。売り上げスリラーには及びませんでしたが、十分な大ヒット。
スリラーが正常進化し、音もパワーアップ。豪華で聴きやすくなって大傑作になってます。

「Bad」 「Speed Demon」格好いい曲が並びます。
「Man In The Mirror」「Smooth Criminal」印象に残る曲も多め。

 今作でもアメリカ、イギリスでチャート一位。
私としては、マイケルのアルバムではスリラーを超える傑作と思います。



>25周年版

BADを既に持ってる方にもオススメ。
未発表曲を含んだ2枚目。ライブCDとDVDが付属します。




Amazonプライム会員は無料で聴けます。


● 8作目〜

 

 クィンシーと離れてからの作品。依然ヒット作を連発。頂点に君臨します。



・Dangerous
1991年 11月13日

デンジャラス

 4年ぶりのアルバム。
プロデューサーが、テディー・ライリーに変わりました。従来のポップ調から、テディー・ライリが推奨している重い音とメロディーを組み合わせたサウンドとなりました。

 ガラスを割る音から入る「Jam」。「Black Or White」では人種差別をテーマにしました。
「HEAL THE WORLD」は、マイケルが思い入れのある曲。優しい歌です。

13曲と曲数も多く、充実した内容。3000万枚を売り上げるヒット作となりました。今作でもアメリカ、イギリスでチャート一位。

私はマイケルのアルバムの中で、このアルバムが一番聴きます。音質も良くて機器の試聴にも使います。



Amazonプライム会員は無料で聴けます。




・ HIStory /ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1
1995年 6月16日

History

 ヒストリーというと、ベストアルバムかと思いますが違います。
1枚目はベスト、2枚目はオリジナルアルバム。新作の曲数も多くて、どちらかというとベストがおまけについている感じ。オリジナル部も15曲も収録されていて豪華です。

新作には「Scream」でジャネットジャクソンと歌いました。
全体として、ファンク色が強くなりましたが、音が分厚く音色も多く聴きやすい。

格好いい「They Don't Care About Us」
穏やかな「Stranger In Moscow」「Earth Song」「You Are Not Alone」「Childhood」。

 今作でもアメリカ、イギリスでチャート一位。日本では4位と好成績。
名前で損をしているのですが、良いアルバムです。

2016年にBlueSpec2版で再発。



Amazonプライム会員は無料で聴けます。



・Invincible
2001年 10月30日

 前作から6年が立ちました。

タイトルは「無敵」や「最強」の意味。
全体に、ファンク色が強くなりました。

 今作でもアメリカ、イギリスでチャート一位。

今作後、ソニーと対立、私事での裁判など不和が続き音楽活動が滞ってしまいます。
マイケル存命中に出された最後のアルバム。



Amazonプライム会員は無料で聴けます。



・ MICHAEL
2010年 12月15日

 マイケルが録音していた「カシオトラック」と呼ばれる素材から作られました。

 外部アーティストによるアレンジが強くて、オリジナルアルバムと言うにはキツイ印象。リミックスアルバムの感じです。

注目曲は、長く存在が噂されていたYMOの「Behind The Mask」が収録されていること。
クィンシーが気に入り、スリラーへの収録が計画された曲です。

 派手に宣伝されたので米3位。イギリス4位とそれなりに人気になりました。



Amazonプライム会員は無料で聴けます。


■ ベストアルバムCD 


 初めて聴く方。人気曲を聴きたい方に向いているのがベスト版。
日本で人気が有ったため、日本限定版もあります。 



・「フォーエヴァー・マイケル」One Day In Your Life
1982年3月25日

 モータウン時代最後のアルバム。





・ Looking Back To Yesterday
1982年3月25日





・ Anthology
11月14日






・「ベスト・オブ・マイケル・ジャクソン」The Very Best Of Michael Jackson
1996年4月9日

 モータウン在籍時の楽曲とジャクソン5の楽曲が収録
2009年マイケル急死後、再発され世界初CD化音源であるアイル・ビー・ゼアのアコースティック・ヴァージョンが追加






・Greatest Hits グレイテスト・ヒッツ〜ヒストリーVol.1(Greatest Hits - HIStory Volume I)
2001年11月18日

「ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1」のDisc1の再発。
デジタルリマスター。

「Off The Wall」「Dangerous」までのアルバムから選曲。
同名のグレイテストヒットというアルバムがありますが構成が違います。







・Number Ones
2003年11月19日

 ベストアルバム。18曲収録。
有名曲と落ち着いた曲がバランス良く入ってます。

新曲「ワン・モア・チャンス」とニュー・ヴァージョンで「今夜はドント・ストップ」「スリラー」収録

 イギリスでは一位、日本でも6位と売れたアルバム。






・The Essential Michael Jackson
2005年7月16日

 2枚組。38曲となかなかのボリューム。
ジャクソン5、モータウン時代も含めた オールタイムベストいえる作品。
発売順に並んでいて、マイケルが初めての方に変化が分かりやすくなってます。
幼いマイケルの可愛い声から大人へ。音楽スタイルの変化も分かりやすい。

イギリスで一位を獲得しました。






・King Of Pop
2008年9月24日

 ネット投票で選曲。
日本版では投票順に一位から曲が並んでます。

 有名曲が揃っており、入門用や車で聞き流すのに良いです。

2009年のマイケル急死後に人気が上がりイギリスでチャート一位。日本でも6位になりました







■ コンピレーションアルバム 



 特定の方針に基づき作られたアルバム。



・Farewell My Summer Love
1984年

 モータウン時代、1973年から9月までの未発表音源を、再構成したアルバム。
1984年に発売。

 2009年にCD化。
ジャケットでは何のアルバムか分からないのですが、
内容は、普通にスタジオアルバムの感じ。







・Xscape

Xscape

 コンピレーションとありますが、オリジナルアルバムに近い内容です。

マイケルのボーカルトラックはそのままに、複数の有名プロデューサーによって構成された曲が収録。
デラックス版では2枚目が付属し、素材音源が入っています。



Amazonプライム会員は無料で聴けます。


■ リミックス・アルバム 





・Blood On The Dance Floor
1997年

Blood on the Dance Floor

 発売時期は、「HIStory」から「インヴィンシブル」の間に出ました。

 リミックスアルバムでは世界で最も売れた作品。
新曲5曲+ HIStory 新曲のリミックス8曲で構成。

 テディ・ライリーが関わった曲もあり完成度はかなり高い。
価格も安く 新曲も多めだし、ファンは買って良いアルバムです。




Amazonプライム会員は無料で聴けます。




・Immortal
2011年

シルク・ドゥ・ソレイユのマイケルを題材とした公演に作られたアルバム。
タイトルは不滅の意味。

  マイケルの有名曲を現代風に作ったリミックスといった感じ。
 効果音が入り、楽器が重ねられ再構築されています。「スリラー」など聞き慣れた曲もけっこう新鮮に聴けます。

 サウンド自体は新しめ。BGMとして聞き流すのに良いです。



Amazonプライム会員は無料で「デラックス版」が聴けます。


■ サウンドトラック 





・THIS IS IT

 サウンドトラックと言うより、ベスト盤と言って良いアルバムです。
映画で使われた曲を、既発アルバムの音源から再構成しています。「THIS IS IT」のセットリストに基づいて、編集されています。

2枚目は、未発表音源と朗読音源

 急逝直後ということもあり
チャートはアメリカで3位。イギリス3位。日本で1位と売れたアルバム。





■ ボックスセット 


 一度に揃えられるボックスセット。




・アルティメット・コレクション2004
マイケル・ジャクソン

CD4枚62曲とDVDのセット
DVDはライブイン・ブカレスト。





・Visionary
2006年発売。

 20枚のシングルで
世界初のデュアルディスク。片面がCD、裏面がMVの入ったDVD。





・The Collection
2009年 6月29日

 「THIS IS IT」公演と同時に発売予定だったアルバム。
マイケル急逝の4日後に発売。日本では12月に発売。

 限定生産ボックスセット。
ソニー時代の1〜5作アルバムが収録。

 




■ 映像作品 


マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]


 マイケルの映像作品は、ちょっと多め。今回は お勧め作品を紹介します。


■ ミュージックビデオ作品 





・Michael Jackson's Vision
2010年 11月24日

マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD]

3枚組。うち2枚に全42曲のビデオ・クリップを収録。3枚目に特典としてジャクソンズの映像。




■ ライブ・ビデオ


マイケル ジャクソンのポスターライブコンサート12x18 [並行輸入品]



・Live In Bucharest
2005年発売






・Michael Jackson: Live in Japan [DVD] [Import]

 1987年の日本 横浜ライブを収めた作品。

どうもTV放送を収録した海賊版のようです。

[未リンク]


■ 映画



・Michael Jackson's This Is It
2009年10月28日

 マイケルが予定していたツアー公演のリハーサルが収められています。

 マイケルの真剣な姿が見られます。世界トップクラスのスタッフ、アーティストと打ち合わせするマイケル。
なぜマイケルが世界の頂点に君臨したか、納得できる作品。

 クリエイターや音楽関係を志望している方にオススメ。感化される作品です。
最近は価格も下がり買いやすくなりました。






■ 書籍 




・ムーンウォーク --- マイケル・ジャクソン自伝 
マイケル・ジャクソン、 田中 康夫
単行本

 1988年に発行。 マイケル唯一の自伝。

2009年に再版されました。





・マイケル・ジャクソン全記録 1958-2009 単行本(ソフトカバー) – 2009/11/10
エイドリアン・グラント (著), 吉岡正晴 (翻訳)

マイケル公認のファン雑誌編集長が著者。
マイケルの生涯の記録を記載しています。

500Pの大ボリューム。






■ ■ あとがき


ポスター マイケルジャクソン/ブラック&ホワイト PP-31936

 私は、いつもマイケルのCDを聴いてきました。

 マイケルが裁判に巻き込まれ、世間に陰険な噂が広まり 友人達が話題にしたときも
「マイケルはそんなことしない!」と擁護しました。結局裁判でマイケルの無実は立証されました。

 ちょっと変わったところはあるかも知れませんが、幼少からプロの世界にいる特殊な環境だからです。
やはり綺麗な声を出し続けるというのは 中身もしっかりしてないと出来ないと思ってたからです。

 元気が無い時、元気が欲しい時に。なんとなく音楽が聴きたい時に。
田舎であくせく生きてる時も。夢を見て一人暮しで都会に住んでる時も。マイケルのCDをラジカセに入れて聴いてました。

 その歌声に安らぎました。また映像作品では凄いダンスパフォーマンスで。いつも力をくれる存在でした。


 きっとあなたの心に響く作品と出会えるでしょう。
今回の記事が、聴き始める方の案内になれば幸いです♪ (^o^)


■ 関連記事


・第3回 「CDは、音が悪い? 音圧問題」 - 映像と音楽機器情報 「A to D」
http://analog-to-digital.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=443833011

・アルバム「MICHAEL(マイケル)」の情報。販売経緯や聴いた感想。おもうこと。
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/428967078.html


・マイケルジャクソンのアルバム「スリラー」の紹介。 歴史や概略。各媒体の音質
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/434469095.html

・マイケルの「XSCAPE」のMP3、CD、そしてハイレゾ版を、聴いた感想
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/428908560.html



■ 更新情報


■ 関連、参考サイト

・ Home | Michael Jackson Official Site
http://www.michaeljackson.com/

マイケル・ジャクソン | ソニーミュージック オフィシャルサイト - Sony Music
http://www.sonymusic.co.jp/artist/MichaelJackson/


・Amazon マイケルストア
>ディスコグラフィー
http://amzn.to/2lGjGsd


>書籍
http://amzn.to/2lACLvh


・Amazon プライム

 プライム会員だと、Amazonミュージックでアルバム現在12作が無料で聴けます。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447558236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック