0コメント

QUEENの作品紹介 経歴や作品の解説、聴いた感想。

Freddie Mercury tribute
Freddie Mercury tribute / Nuno Alex Silva


 こんにちは。

日本で人気が高い、海外ロックバンドと言えばQUEEN。
世界でも人気が高く多くの記録を持っています。

 今回は、QUEENの経歴と作品についての情報。
アルバムの時代背景や解説。聴いた感想を紹介します。

 
■ QUEENとは 



Queen II (Deluxe Edition)

 イギリスの男性4人バンド。

 1973年にデビュー。現在アルバムのセールス記録では世界第5位。イギリスのアルバムチャートで、中期から後期はほとんど一位になっています。ベスト盤の「グレイテスト・ヒッツ」はイギリス史上で一番売れたアルバムとなりました。

 QUEENは日本でも人気が高く初期は容姿。後にはポップス寄りになって一般のファンも急増。また、CMや主題歌でも使われるため何度かブームが起きています。 現在でも、QUEEN仕様のオーディオ機器が発売されたり、ハイレゾで発売されるなど人気の高さが分かります。




● 音楽性

メンバー全員が作曲が可能、楽器のレパートリーも広い。
何重にもダビングして行われる「ギター・オーケストレーション」、コーラスが特長。また、独特な音色のギターも目立ちます。転調が多いのも特長。

 初期の頃は、ハードで重い音でしたが、中期以降からシンセサイザーが使われ音楽の幅も広がり、ポップスよりとなって認知度を高め、ヒット作も多く出ました。





■ 経歴


バンドエイドで成功したり活動を続けますが
1991年にボーカルのフレディが死去。残りのメンバーで活動は続けられました。
2004~ 2009年にポール・ロジャースと活動。
2011年にアダムランバートをボーカルに迎え活動しています。



● QUEEN時代 メンバー

Platinum Collection




・ フレディマーキュリー :ボーカル


Freddie Mercury / kentarotakizawa


 高い歌唱力を持ちます。バルセロナ・オリンピックの公式テーマ曲も歌いました。

イギリス領の東アフリカ・ザンジバル島生まれ。幼少期はインドで過ごします。 若い頃はそれなりに美形でハードロック風の格好。途中からヒゲをはやし、服装もタイツをはいたり独自性を高めました。(~_~;)


・ ブライアンメイ:ギター・コーラス


Brian May / kentarotakizawa


 長身で、髪量が多いのがブライアン。
独特の音色を持つギター。メロディーが特長。「ウィ・ウィル・ロック・ユー」を作っています。インテリな方で、天体物理学博士。ギターは自作で「レッドスペシャル」と呼ばれます。コインで弾くのも有名。

 親日家で、本田美奈子さんに曲を提供したり、日本のCCCD(コピープロテクト)に対して反論していました。最近は、BABYMETALと一緒に写真を撮ってたのが話題になりました。


・ ジョン・ディーコン:ベース


John Deacon / kentarotakizawa


 縁の下の力持ち。「マイ・ベスト・フレンド」「ブレイク・フリー」他ヒット曲を作曲しています。最年少で温厚。QUEEN内での不和を何度も解消したそうです。器用な方で、ブライアンのアンプも作っています。
フレディ死去後の活動には否定的で、物静かな性格もあり活動が減り引退しました。


・ ロジャー・テイラー:ドラムス
 

Roger Taylor / kentarotakizawa


 金髪で美形。キレの良いドラムが特長。「レディオ・ガ・ガ」で作詞を担当、ヒットしました。
マルチプレイヤーでソロでも活動。クロス名義で活動して、自分一人で演奏してアルバムも作っています。私はロジャーのファンなのですが、なかなかソロのアルバムもカッコ良くてお勧め。 今もクィーンや、息子さんと活動を続けてます。



● 逸話

Queen
Queen / CLender


・ファッション

 まず気になるのは”フレディの服装”。「QUEEN」というバンド名から”そっち系”の指向があるのは推測できますが。途中から吹っ切れて、タイトな服やヒゲの格好になっていきます。 あと、タイツ。有名な市松模様のタイツは、ピエロを元にしているそうです。タイツ自体は、身体のラインのアピールでしょう。

・マイケルとの関係

 気になるのが、マイケルとフレディの関係。

 ベルトで過剰に装飾された服や派手な色をした革ジャンのファッションなどマイケルが影響を受けているのが分かります。
音楽では マイケルとフレディは、共作のために会う機会が有りましたが頓挫しています。噂によると『マイケルのペット趣味にフレディが嫌気がさした』と言われています。




● 日本との関係

 海外でまだ不調な時期に 日本で人気が出ました。 異国の地で熱狂で迎えられたことに メンバーはとても励まされたそうです。

 メンバーは親日家となり、5作目アルバムでは「手を取りあって」で日本語歌詞も収録。 音楽性では、コーラスやサウンドも音楽界に影響を与えました。日本で有名な方だと、アルフィーのメンバーもQUEENのサウンドを時々、話題にします。ギタリストの本田毅さんもブライアンが好きで、音色やメロディに影響が伺えます。


Freddie Mercury
Freddie Mercury / nico7martin




■ 特長と ネット通販各社 購入用リンク


Complete Studio Albums [12 inch Analog]

 QUEENの作品を紹介していきます。



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

 発売順に紹介しています。


 CDボックスセット

 CDベスト盤

 CDアルバム

 映像 DVD,ブルーレイ 

 書籍


(項目をクリックすると、項目へジャンプします)




● 購入用リンクの使い方 

 製品の特長と購入用リンクを紹介します。

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。

なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。

 また、QUEENは、多くの形式(限定、再発、SACD、DVDオーディオなど)で販売されているので
○○で検索から、販売されているバージョンが探せます。



■ ボックスセット 


 人気バンドだけ有り、アルバムが何度かセットで発売されています。



・Queen 40: Complete Deluxe Album Box Set Box set, CD, Limited Edition, Import

 40周年のセット。30枚組。
オリジナルアルバム全てと ボーナスCD。音はリマスター

 10枚ずつ、3つに分割したものも発売されています。





・Orb (Usb Stick Box Set)2011
Queen
CD

定価29800円。USBメモリー。限定発売。
24bit/48KHz wav形式で保存。今で言うハイレゾです。

 最近は、プレミアがついて販売されてます。




■ ベストアルバムCD 


Platinum Collection

 クィーンを初めて聴く方。人気曲を聴きたい方に向いているのがベスト版。
日本で人気が有ったため、日本限定版もあります。 



・Platinum Collection
 
Platinum Collection

 グレイテストヒッツ3作をまとめた物。
QUEENが初めての方にオススメ。





・ グレイテスト・ヒッツ(1981年)

 一作目から、9作目「フラッシュゴードン」までのベスト。
イギリスで最も売れたアルバムで、ビートルズを超えました。

 QUEENの代表作が並んでいます。








・ グレイテスト・ヒッツ(1981年)






・ グレイテスト・ヒッツII(1991年)

 QUEEN後期『ホット・スペース』から『イニュエンドウ』までのアルバムから選曲。
フレディ存命時のアルバムからの曲となります。

イギリスではチャート一位を記録。





・ グレイテスト・ヒッツIII 〜フレディー・マーキュリーに捧ぐ〜(1999年)

 フレディの追悼アルバムです。
クィーンと他アーティストの演奏曲も収録。






・グレイテスト・カラオケ・ヒッツ(1998年)

なんと。公式のカラオケアルバム。
Greatest Hits 1&2を元に、カラオケにしたもの。

旧盤がお勧め。新盤はCCCDです。

http://amzn.to/2mHJ15m





・クイーン・イン・ヴィジョン(2000年)
※日本限定発売、日本総売り上げ20万枚





・ジュエルズ(2004年)
※日本限定発売、日本総売り上げ180万枚

ジュエルズ

 日本のドラマやCMでクィーンの曲が使われている中での発売。ヒット作となります。
クィーンのアルバム全体から収録されました。公式のベストで、タイトルはブライアンが命名。

オリコンで一位を記録。
人気曲がバランス良く入っており、車で聞き流すのに良いです。

初期はCCCDでしたが、後に非CCCDで再発されました。





・ジュエルズII(2005年)
※日本限定発売、日本総売り上げ15万枚

 ジュエルズのヒットから2年後に発売されました。
前作が有名でポップな曲が多かったですが、今回はハードな曲が入ってます。「手をとりあっても」収録。

今回は、非CCCDの通常仕様です。





・伝説のチャンピオン ~アブソリュート・グレイテスト(2009年)
世界総売り上げ350万枚

20曲収録。デジタルリマスター。
「グレイテストヒッツ」をまとめた物で、QUEENが選曲。





・クイーン・フォーエヴァー - Queen Forever (2014年)

2枚組。




■ アルバムCD 


Complete Studio Albums [12 inch Analog]
 
 アルバムCDを紹介していきます。
5作毎に区切ってます。


● 1-5作目

 
 初期のクィーンは、重厚な音作りが特長。



1:戦慄の王女 - Queen (1973年)

 デビュー・一作目。
イギリスでの批評家は辛口だったそうですが、日本や米国では好評。

「炎のロックン・ロール - Keep Yourself Alive 」から派手に始まり
ブライアンのギターが唸ります。
特長であるコーラスやギターオーケストラレーション、激しい転調。ドラムが目立つ曲。色んな可能性を示しています。輝ける7つの海(インストゥルメンタル) で締めます。

2011年にリマスター盤が出ました。限定版ではディスク2が付き、デモ曲が収録。






2: クイーン II - Queen II (1974年)

 コンセプトアルバムで、アナログ時代のLPでは「白」と「黒」に分けれています。
CDでは、1枚にまとめられてしまうので 間を空ける事で表現しています。

ジャケットは黒が主体でメンバーが浮かび上がり、格好いい。

 前作は、やや詰め込んだ感じでしたが、今作では混乱が収まり聴きやすくなりました。
クィーンらしさは強まってるのですが、曲毎のメリハリが付きバランスが良くなってます。、
「オウガ・バトル」「フェアリー・フェラーの神技」出だしがカッコ良く印象に残る力が強くなりました。「輝ける7つの海」で締めます。

 QUEENの世界感が伝わりやすくなりました。
イギリスチャートで5位を取り、人気も急上昇。







3: シアー・ハート・アタック - Sheer Heart Attack (1974年)

 タイトルは直訳すると突発性心臓発作。
アルバムの意味としては「暗殺者のナイフ」や「心臓をつく」。

 制作はメイが体調を崩し、録音は苦労しています。
24トラックで録音され、32トラックは扱えない、問題を制御するため使用しなかったそうです。

 ギターオーケストレーションもパワーアップ。
「ナウ・アイム・ヒア 」「キラークィーン」。人気曲も出ています。
落ち着いた曲が増えて安定してきました。

イギリスチャートは2位米で12位と躍進。売り上げも800枚と前作から倍以上になってます。







4: オペラ座の夜 - A Night at the Opera (1975年)

 クィーンを代表するアルバム。
今までで最も制作費用がかかったそうで、メイは「売れなかったら解散していただろう」と言っています。

 ジャケットはメンバーの星座からフレディがデザインした物が元。
襟付きのシャツを着て、一応タイも結び、貴公子らしくなってきました。
しかし、前作と同様のへんてこなジャケットを相変わらず着ていて、しっかり自己主張しています。
 
「 You're My Best Friend」「Bohemian Rhapsody」人気曲も誕生。

ついに、イギリスで週間チャート一位。米4位。日本でも9位と大躍進。

 オーディオの新形式が出る度に発売されるアルバムでもあり、SACD,DVDオーディオ、最近ではブルーレイオーディオでも発売、





5: 華麗なるレース - A Day at the Races (1976年)

 初のセルフプロデュース。
前作の延長線上にあり、対にある作品。ジャケットも似ており、タイトルも映画題から。
クィーン一期のピーク、締めだと思います。

 しっとりとした人気曲が多くなってます。
「ロング・アウェイ」 ミリオネア・ワルツ」「ユー・アンド・アイ」「愛にすべてを」「懐かしのラヴァー・ボーイ」、日本歌詞が入る「手をとりあって- Teo Torriatte (Let Us Cling Together)」が収録されました。

 派手目の曲は減りましたが、前作と上手くコントラストが出来て
また、長く愛される曲が多くあり成功したアルバムです。

チャートはついに英日米で一位。頂点に立ちました。




● 6-10作目


 人気も出てアルバム売れ行きも好調。
次第にポップス寄りに変化していき、多くの人に人気が出るようになります。



6:世界に捧ぐ - News of the World (1977年)

 ジャケットはSF好きのブライアンが提案し、SF小説で使われたロボットのイラストを引用。

 メンバーの曲がバランス良く配置され、メリハリがついてます。
今作から”No Synths”クレジットが無くなりました。
クィーンの代表作でもある「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン 」から始まります。
 
 チャートは英日2位、米3位となかなかのヒット。





7:ジャズ - Jazz (1978年)

 プロデューサーにロイ・トーマス・ベイカーが復帰。

 うまく表現幅を広げたアルバム。ポップス寄りになってきました。
音楽のジャンル、表現幅が広がりある意味クィーンらしい「なんでもあり感」がパワーアップ。

ムスターファ 「ファット・ボトムド・ガールズ」「バイシクル・レース 」など個性が有る曲が増えました。「ファン・イット」では、ディスコ調。「ドント・ストップ・ミー・ナウ(「僕を止めないで」)」 など明るいボップな曲も。

チャートは英2位、米6位、日5位と好調。







8: ザ・ゲーム - The Game (1980年)

 クィーン2期でピークとなル作品。

 音に厚みが出てきて、ずいぶん聴きやすくなってます。
クィーン節全開の「プレイ・ザ・ゲーム」で始まります。
「地獄へ道づれ」「愛という名の欲望」。人気曲も生まれました。

 英米で一位。 オリジナルアルバムでの売り上げが米で最大となった作品。世界でも1500万枚とクィーンの中でも2番目に売れたアルバム。







9: フラッシュ・ゴードン - Flash Gordon (1980年)

 映画『フラッシュ・ゴードン』のサウンドトラック。 

 映画のセリフや効果音が節々に入っています。
音楽は、シンセサイザーが多く使われはじめました。






10: ホット・スペース - Hot Space (1982年)

 ジャケットはアンディウォーホールの作品風。

  シンセサイザーが増えてすっかりポップになりました。
マイケルジャクソンのスリラーが発売される半年前の作品であり、流行のファンク、ディスコ調が出てきました。

「ライフ・イズ・リアル(レノンに捧ぐ)」、「アンダー・プレッシャー」ではデビットボウィとの共演。歌詞も社会問題を問うような内容が出てきて、活動も音楽表現も幅を広げています。

 大きく変化しましたが、ハードな曲を求める旧来のファンは去りはじめました。





● 11-15作目


 人気も安定。映画音楽や主題歌も担当するようになりました。
しかし、メンバーがソロ活動をはじめるなどやや、休止状態が増えていきます。

 結束を取り戻すものの、フレディを病魔が襲いメンバーは困難と闘います。




11: ザ・ワークス - The Works (1984年)

 私が初めて買った洋楽アルバム。


 名曲「RADIO GA GA 」。PVは、フレディが曲を提供し関わった映画「メトロポリス」の映像を挿入。社会を風刺する内容になりました。 同曲はレディー・ガガの名前の由来にもなっています。

 ポップさに、従来のハードさも上手く戻ってきています。シンセサイザーやクィーンが持つ重い音が調和するようになってきました。

「ブレイク・フリー」「愛こそすべて 」「ハマー・トゥ・フォール 」
人気曲も多め。

 ポップさとクィーンの持ち味が非常に上手く調和し成功したアルバム。
販売網も増えて各国で10位内に入ってきており、人気が上がってきました。オランダでは一位獲得。英2位、日本7位、米23位。 翌年に日本ツアーも行われました。








12:カインド・オブ・マジック - A Kind of Magic (1986年)

 各メンバーのソロ活動が増えて来ましたが、1985年のライブエイドでの出演で仲直り。本作の制作に向かいました。本作は映画「ハイランダー」用の曲を含み、「フラッシュゴードン」で売り上げ不調を避けるため、クィーンのアルバムとして発売されました。

 「OneVision」は映画「アイアン・イーグル」の主題歌。
「カインド・オブ・マジック」 「ドント・ルーズ・ユア・ヘッド 」「プリンシス・オブ・ザ・ユニヴァース 」格好いい曲が増えています。

 メンバーが持ち寄った曲が、うまく集束したアルバム。
英では一位。世界では1300万枚となかなかのヒット。







13: ザ・ミラクル - The Miracle (1989年)

 やや間が空き、3年ぶりのアルバムとなりました。
なお、今作中にフレディがメンバーに病を告白したそうです。(_ _)

テイラーの「インビジブル・マン」「ブレイクスルー」が格好いい。
「レイン・マスト・フォール」も派手で良い。

全英1位日本23位と好記録。







14: イニュエンドウ - Innuendo (1991年)

 クィーン最終章。(T-T)
フレディが生きている時に発売された最後のアルバム。

カバーは白が主体でピエロの絵が書かれ、初期に戻った雰囲気。

私は結構好きなアルバム。ハイスピードな「ヘッドロング」、フレディの猫を唄った「デライラ」、
格好いい「ライド・ザ・ワイルド・ウインド」、
「ショウ・マスト・ゴー・オン」では、フレディ自身を唄うような”ショーは続けなくてはならない”という内容でした。

日本とアメリカを除く各国で上位3位内に入っており、なかなか売れたアルバム。

リリースの10ヶ月弱後にフレディが亡くなります・・・。






15: メイド・イン・ヘヴン - Made in Heaven (1995年)

Made in Heaven
 
 前作の発売後、4週間で数曲分のパートが録音されました。
そして、ブライアンとテイラーのソロ活動後、追加録音と編集が開始。メンバーのソロ時代の曲などが組み合わされアルバムとして完成。 前作から4年後に発売されました。ファンにはまさに「天国からの贈り物」になりました。

 ジャケットは、湖畔に立つフレディの銅像を映しています。
「メイド・イン・ヘヴン」そして日本でも人気復活のきっかけとなった「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」も収録。 全体として綺麗な音作りで まさに ”天国で作られた”ような美しいアルバムになりました。






● クイーン+ポール・ロジャース

・ザ・コスモス・ロックス - The Cosmos Rocks (2008年)

 2004年から、クイーン+ポール・ロジャース名義で活動が始まります。
アルバムは、2008年に発売。クィーンの名がつく作品としては13年ぶり
2009年にロジャースが活動終了宣言。





● クイーン+アダム・ランバート

 2011年から活動。アルバムは未発売。


■ ライブアルバム 




 ライブでも魅力が高いのがクィーン。演奏レベルが高い。




・ライヴ・キラーズ - Live Killers (1979年)

 1979年の欧州ツアーライブの音源から。演奏曲目から4曲省かれたくらい。
日本公演とも似た演奏曲目になっています。

イギリス3位日本9位と結構売れたアルバム。





・ライヴ・マジック - Live Magic (1986年)
英1位 プラチナム、米未発売、世界総売り上げ600万枚

ヨーロッパでのマジック・ツアーから収録。





・女王凱旋! 〜戦慄のライヴ・クイーン〜 - Queen at the Beeb (1989年)
英56位、英国総売り上げ50万枚

イギリスのラジオ局、BBCでの放送を元にしたアルバム。





・クイーン・ライヴ!!ウェンブリー1986 - Live at Wembley '86 (1992年)
英1位 ゴールド、米21位 ゴールド、世界総売り上げ800万枚

ロンドンはウェンブリー・スタジアムでのライヴ盤。
ラストツアー。演奏も素晴らしく、凄く盛り上がったライブです。





・オン・ファイアー/クイーン1982 - Queen on Fire – Live at the Bowl (2004年)
英5位 ゴールド、米19位、世界総売り上げ300万枚

1982年「ホットスペースツアー」の、イングランド・ミルトンキーンズでのライブを収録。

http://amzn.to/2lvgEqU




・伝説の証/クイーン1981 - Queen Rock Montreal (2007年)
英2位、米10位、世界総売り上げ250万枚

1981年11月24日~25日のカナダモントリオールでの公演から収録。





・ハンガリアン・ラプソディ〜クイーン・ライヴ・イン・ブダペスト‘86 (2012年)

[在庫無し]



・ライヴ・アット・ザ・レインボー‘74 - w:Live at the Rainbow '74(2014年)
英11位

1974年の3月31日、11月20日 イギリスはロンドンのレイン某シアターでのライブ。
2枚組でボリュームが有ります。音質も良くて良いアルバム。

 クィーン初期の重い音。ハードな演奏が収められており なかなか格好いい。





■ 映像作品 


クイーン ライブ・アット・ウェンブリー (輸入盤) PMD-04 [DVD]

 ライブアルバムは、ちょっと多いので
現在手に入れやすい お勧め作品を紹介します。



・グレイテスト・ビデオ・ヒッツ1 [DVD]
2002年発売

 1973年から1981年までのヒット曲を収録。
PVが収められています。





・グレイテスト・ビデオ・ヒッツ 2 [DVD]
2003年11月発売。

1982年~1989年までのヒット曲を収録。





・Live at Wembley Stadium [DVD]

ロンドンはウェンブリー・スタジアムでのライヴ盤。
QUEENのラストツアー。演奏も素晴らしく、凄く盛り上がっているライブです。
CD版もあり。




■ 書籍 



・クイーンの真実 単行本 – 2016/6/20
ピーター・ヒンス (著), 迫田 はつみ (翻訳)

 クィーンの内幕を書いています。
フレディとジョンディーコンのローディをした方が著作。





・クイーン 華麗なる世界 大型本 – 2011/10/20
フィル サトクリフ (著), 川村 まゆみ (翻訳), 佐々木 千恵 (翻訳)

40周年に発売された豪華本。






■ ■ あとがき


 QUEENは日本でも人気が高いバンドですが
 わたしも友人でファンがいたり ヒット作を購入している内に、次第にかなり聴くようになりました。

 フレディの歌唱力とメンバーの技術があるのと、音楽性の幅も広く、友達と聞きやすいのもお勧め。

今回の記事が、QUEENを聴き始める方の案内になれば幸いです♪ (^o^)


■ 関連記事

・QUEENのアルバムがハイレゾで新規配信開始。限定プレイヤーとヘッドフォンも登場
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/439303180.html

・第3回 「CDは、音が悪い? 音圧問題」 - 映像と音楽機器情報 「A to D」
http://analog-to-digital.seesaa.net/pages/user/m/article?article_id=443833011

・ロジャーテイラーの作品と経歴。作品集「Lot」の紹介。
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/428972853.htm


■ 更新情報


■ 関連、参考サイト

・ Queen 公式
http://www.queenonline.com/

・ EMIミュージックのクイーン公式サイト
http://www.emimusic.jp/queen/

・Amazon クィーンストア
http://amzn.to/2l8C011


・Amazon プライム

 プライム会員だと、AmazonミュージックでQUEENの5作が無料で聴けます。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447477265

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




・スポンサードリンク