0コメント

人気、おすすめミニコンポ特集 ~ 試聴の感想

人気、おすすめミニコンポ特集

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 こんにちは。

 今は、オーディオが人気。
その音楽機器の中でも、入門に人気のある用品がやはりミニコンポでしょう。
今の時期なら新入学やお祝いで買ってもらう、新生活で欲しい人も多いと思います。

 そして、今は卒業や入学シーズン。 今回、ミニコンポ集。各社の売れ筋コンポを比較します。

 みんなが気になる人気の機種。長く定番の機種。実際に聴いた感想を紹介。
購入リンク、そして便利な周辺機器もご案内します。

SAYA160312540I9A3588.jpg

■ コンポ、ミニコンポについて 


ソニー SONY コンパクトオーディオシステム CAS-1 : ハイレゾ対応 Bluetooth/LDAC/NFC対応 DSEE HX搭載 ヘッドホンアンプ搭載 ホワイト CAS-1 W

 コンポ。コンポーネントステレオの略。定義は明確なではなく時代によって変化しますが
ミニコンポは大体「小型で据え置き型ステレオ。音楽を聴く再生機 ラジオ、CD部などがセット」になっているものです。今回はミニコンポと本体部を紹介。

☆ 私も高校生になった時に、親にミニコンポを買って貰いました。20万近くするけっこうな価格のコンポです。その音楽経験はずいぶんと自分の感受性や知識。そして友達や恋人と楽しむ時間を豊かにしました。

 だから、もしあなたが親で子どもに買うなら良い物を買って欲しいし、あなたがまだ子どもで買って貰う、自分で買うのにも良い音と出会って欲しい。 

今回は、特に良い点と悪い点をしっかり書きます。




● 流行

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 流行の変化が激しい世界で、
最近の流行は、ハイレゾによる高音質化。あとは、スマホなどと接続できるように無線搭載が進んでいます。



 新しい傾向としては、小型化が進み本体部の幅がCDケースサイズくらい、スピーカーが10センチにも満たないコンポも出ています。

 現在は、大まかに 高級機、中級機、入門、小型モデルの4系統があります。
人気なのは2~5万円位の中級機でハイレゾ対応機が売れ筋です。

 
ケンウッド USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプKENWOOD KA-NA7



■ 試聴環境と評価方法

 音は、やはり好みがあるので、実際に試聴するのが一番。
とはいえ店頭に出掛けて、多くのコンポを試聴するのは大変ですよね。そこで、わたしがコンポの人気機種。高級機を実際に試聴した感想を紹介します。

 使用したのは、CDもしくはUSBメモリー。
友人と試聴し、まず私が感想を言った後に意見を交換し目合わせ。偏見や私見がないか確認しました。




■  各モデルの特長と、性能の説明、 購入用リンク



パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 現在販売されている、各社の上位機種、買いやすい人気機種を選択しました。

メーカー別で並べ、各機種の説明と購入用リンクを紹介します


● 購入用リンクの使い方

 製品画像と、商品名はamazonの製品にリンクしています。
”○○で検索”をクリックすると、該当通販サイトから、別店舗の取り扱い商品や色違い製品を検索できます。

■ JVCケンウッド


 共にオーディオの老舗。現在は経営統合されました。
ビクターとケンウッドのブランドは使い分けられており、製品シリーズや技術もそれぞれに受け継がれています。



・ デスクトップオーディオ EX-NW1

JVC PC・ワイヤレス入力対応コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-NW1

 今回私が新製品の中で、一番気になっていた機種。
特長としては小型。新しいジャンルの製品です。

ここ数年、中国製の小型アンプが人気でしたが、やっと日本製で追撃する機種が登場しました。

外観: 新世代のミニコンポ

本体部はCDくらいの幅と面積。流行しているLEPAIのデジタルアンプなどと似て小型。

スピーカーも小さい。パソコン用の小型スピーカーと同じ作りです。
筐体はかなり凝っていて、台座部などの仕上げや構造はとてもいい。工芸品のようです。

音質:ウッドコーン搭載機らしい優しく安心する音質。
小さい音量だと、美しい音がでます。私も「小さいのに良いな」と思いました。

しかし、弱点があって ボリュームを上げると音が割れます。~割れるのはそんなに大きな音では無くて、普通の音量~やや大きめくらいの音です。スピーカーの口径が小さいためでしょう。

機能:ヘッドホン端子は高域40kHzの出力に対応
USBメモリー対応、ハイレゾ。192kHz/24bitのFLAC/WAVファイル対応、Bluetooth/NFC対応、

● オススメ部分と弱点 

 デザインが良く小型。机の上やテーブルの上。使いやすい。スマホやタブレット、ミニコンポとの組み合わせにも良いでしょう。使い方は 小音量で聴くことが主体のかたに向いています。仕事や勉強のBGMに使ったり、夜静かに音楽を楽しむにはお勧め。

 ただし、大きな音で聴きたい場合には向いてません。あくまで、小音量で美しい音を楽しむコンポです。眠る前のひとときや、音楽を小音量で楽しむ方に向いてます。

総合得点:70点






> ・ケンウッド USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプKENWOOD KA-NA7

ケンウッド USB-DAC搭載フルデジタルプリメインアンプKENWOOD KA-NA7

 ビクターの項目で紹介してるモデルと同製品で、こちらはアンプ部の単品販売。
今は同会社となったケンウッドから登場しています。

 人気ブランドのKシリーズで販売。








・EX-HR7

JVC iPod/iPhone対応 USB端子搭載コンパクトコンポーネントシステムWOOD CONE EX-HR7

 ウッドコーン搭載機ではスピーカー部が大きいモデル。

外観: スピーカー部は2ウェイ。ウッドコーンとしては大きめ。
音質:  ウッドコーン搭載機らしい優しく安心する音質。
 ツィータ-があるため、周波数帯域が広がって抵~高音域が広がります。優しい音、落ち着く音色が好きな方に向いています。

機能:CD,ラジオ搭載 USBメモリー対応、iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子
192kHz/24bit対応のデジタル入力端子(光x1、同軸x1)装備。

● オススメ部分と弱点
 
 ウッドコーンの音色が好きで、小型機では物足りない&更に高音質を求める方に向いてます。
反面、大きな音、迫力がある音が欲しい方には向いてません。

総合得点:73点





・ デスクトップオーディオ EX-S5
JVC USB端子搭載CDステレオシステム(ブラウン)JVC EX-S5-T

 ビクターがカフェスタイルと呼ぶ
小型サイズでロー&フラットが特長。本体とスピーカー部の高さが揃っています。

外観:  高さ11センチで揃うデザイン。色も統一されて、おしゃれ。
音質:  ウッドコーン搭載機らしい優しく安心する音質。 優しい音、落ち着く音色が好きな方に向いています。

機能:CD,ラジオ搭載アンプはDEUSでデジタルアンプ。K2テクノロジー搭載。
USBメモリー対応、iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子
Bluetooth/NFC対応、

● オススメ部分と弱点: デザインの良さと音色が魅力。
反面、大きな音、迫力がある音が欲しい方には向いてません。

価格が抑え気味なので、ウッドコーンの音質が好きな方や、お店などで使うのにデザインが良い機種が欲しい方にはオススメ。

総合得点:72点



■ panasonic


家電大手パナソニック。現在はテクニクスブランドを復活させ
オーディオにも力が入ってきました。



・ CDステレオシステム SC-PMX70

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S
パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 USBメモリー/Bluetooth対応 シルバー SC-PMX70-S

 人気が有るモデルです。価格コムで現在1位。
低価格でハイレゾ対応。機能も多めです。

外観: 価格帯からすると、高級、重厚感のある外観。
スピーカー部は黒で、3ウェイ。全体にランク以上に見えるどっしりした感じです。

音質: 落ち着いた聴きやすい音。
 パナソニックらしい、中音が良く出る音質。やや硬めの音。悪く言うとやや鈍い。高音と低音は控えめです。低音は締まった感じ。パナのラジカセである傾向の音です。

 全体として、長時間聴く 刺激ある音が苦手なかたに向いてます。

・機能CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプは「LincsD-Amp Ⅲ」採用。音質を補正します。スピーカーは竹炭、シルクドーム、ピエゾツイーター仕様。
USBメモリー対応、USB接続は、MP3、AIFF、AACFLAC、WAV対応。
iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子、Bluetooth対応、

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 デザインの良さと、多機能。落ち着いた音色が魅力。
ただ、派手な音。刺さるような高音や重低音が好みの方には向いてません。

価格が安く、接続できる機種や方式も多い。
パナソニックらしい、優等生のミニコンポ。

総合得点:73点





・パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100

パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100-S
パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100-S
パナソニック CDステレオシステム ハイレゾ音源対応 DLNA/USB-DAC シルバー SC-PMX100-S

 パナソニックの上位モデル。
価格コムランキングで4位と人気が有る機種。

 上で紹介しているPMX70との違いは、
素材や部品がやや豪華になるのと、機能でネット、家庭内連携の機能が増えているのが違い。

外観:重厚感のある外観。
スピーカー部は黒で、3ウェイ。全体にランク以上に見えるどっしりした感じです。

音質: 落ち着いた聴きやすい音。
 パナソニックらしい、中音が良く出る音質。やや硬めの音。悪く言うとやや鈍い。
全体として、長時間聴く刺激ある音が苦手なかたに向いてます。ただ、価格から考えると、高音質とは言えないかな。

● 機能

 CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプは「LincsD-Amp Ⅲ」採用。音質を補正します。スピーカーは竹炭、シルクドーム、スーパーソニックツイーター仕様「バーチャルバッテリー電源」搭載。

USBメモリー対応、USB接続は、MP3、AIFF、AAC※2、FLAC、WAV対応。
iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子、Bluetooth対応、
Wifi,DLNA,NFC、サウンドジャンプ対応。AirPlay,Sportify対応。

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 強みは、価格と多彩な接続方式に対応してること。価格帯から考えれば、対応形式や無線接続が多い機種です。

 反面、音質ではずば抜けた部分はありません。多くの機器につなぐ、ネットやスマホの色んな方式で再生したい方に向いています。

総合得点:72点





・ パナソニック SC-HC295

パナソニック コンパクトステレオシステム Bluetooth対応 ホワイト SC-HC295-W

 パナソニックが長く販売しているコンパクトステレオ。
平面タイプです。

外観:薄めで、場所を取らないデザイン。

音質: 平面型ですが、けっこう大きな音を出しても破たんしにくい。平面型コンポが流行ったころの音質よりもかなり進化してます。パナソニックの重低音再生「XBS Master」が上手く効果を出しています。また、「MP3 リ.マスター」で圧縮音源を補完して再生。薄型機なのに「意外に良いな」と感じる音質で、パナのコツコツ作る気質と長い経験が出ています。

機能:CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプは「LincsD-Amp Ⅲ」採用。音質を補正します。スピーカーは竹炭、シルクドーム、スーパーソニックツイーター仕様「バーチャルバッテリー電源」搭載。
USB端子有り。MP3対応。Bluetooth、NFC対応。

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 薄型で場所を取らない、おしゃれなオーディオが欲しい方にオススメ。
薄型でも、そこそこ聴ける音質になっています。
音質にかなりこだわる方以外は、満足出来るでしょう。

カラー:白、赤

総合得点:75点



■ ONKYO,パイオニア


オーディオの老舗パイオニア。現在はONKYOがAV部門を吸収しています。



・ONKYO X-NFR7TX

オンキヨー ハイレゾ対応CD/SD/USBレシーバーシステムONKYO X-NFR7TX(D)

 コンポで人気があるのがONKYO.
このX-NFR7TXも人気が有るモデルで価格コム位。低価格でハイレゾ対応。機能も多めです。

外観: ONKYOらしい、整ったデザイン。

音質: オンキョーの優等生な音。刺激も破たんも無く。多くの人が受け入れる音でしょう。

● 機能

 CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
アンプはディスクリート構成で豪華。スピーカーは2ウェイバスレフ。
USBメモリー、SDカード対応、USB接続は、MP3、AIFF、AAC、FLAC、WAV対応。
iPhoneやiPodのデジタル接続も可能なUSB端子、Bluetooth、NFC対応、PC接続可能

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 価格以上の音質と、多様な形式対応。
多くの方が使うのに便利で、音質も納得できるモデルです。

 上級アンプに使われるディスクリートを採用するなど見えない部分でも凝っています。
音質や外観でとがった部分は無いのですが、全体の質が高く、大人に向いてるコンポ。

総合得点:74点





・Pioneer ネットワークCDレシーバーシステム ハイレゾ音源対応 シルバー X-HM76

Pioneer ネットワークCDレシーバーシステム ハイレゾ音源対応 シルバー X-HM76(S)
Pioneer ネットワークCDレシーバーシステム ハイレゾ音源対応 シルバー X-HM76(S)

 ミニコンポと言えば、かって覇権を握ったのがパイオニア。
現在は,人気は落ち着いていますが音は高品質です。

外観: パイオニアらしい個性が有っても長く使えそうなデザイン。
音質: パイオニアの優雅なサウンド。高音も綺麗で整った音。
ハイレゾ対応で、DSD 11.2MHzをはじめ、FLAC、AIFF、ALAC、WAVの192kHz/24bit対応。

機能: CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
WiFi、AirPlay対応、音声入力;アナログ、光デジタル、
USB端子対応フォーマット WMA/MP3/ WAV/AAC/Apple Lossless/FLAC/AIFF/DSD)
LAN端子、Bluetooth、NFC対応、外付けHDD,PC接続可能

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 パソコンを介さずに、ダウンロードやHDDからの音源を再生出来るのが強み。
高音質で良い面が多いのですが、操作の反応が鈍いのが残念。

総合得点:71 点




■ マランツ


 音響機器老舗。名作のアンプが多くあります。



・ネットワークCDレシーバー M-CR611
 
marantz マランツ CDレシーバー DSD ハイレゾ ネットワーク対応 Bluetooth Airplay ワイドFM  シルバーゴールド M-CR611/FN
marantz マランツ CDレシーバー DSD ハイレゾ ネットワーク対応 Bluetooth Airplay ワイドFM  シルバーゴールド M-CR611/FN

 小型オーディオで人気があるのがマランツ。
M-CR611は、人気モデルM-CR610の後継。マランツらしいデザインと高音質が魅力です。
一体型レシーバーでスピーカ出力もあるので、スピーカーを用意するだけで使えます。

外観: マランツ伝統のスターマーク、対象デザイン。

音質: マランツらしい品のある音。
アンプはフルバランスアンプ。スピーカー出力は4チャンネルに対応し、バイアンプ駆動対応。

機能:CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
DLNA、AirPlay,Spotify Connect対応、Bluetooth、NFC対応
USB端子対応フォーマット WAV/ALAC//FLAC/AIFF/DSD

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 現在は、価格が下がって買いやすくなっています。
マランツの高音質とブランド力。そしてネットワーク対応力が魅力。
全体のレベルが高い機種です。

 本体で約5万円と、コンポとしては上級なのですが、価格コムランキングで5位となかなかの人気。

総合得点:80点





■ SONY


現在は、全体が縮小傾向にあるソニーですが時々、ソニーらしい尖った製品を出すのが魅力。
最近は、ハイレゾで先行。ウォークマンの高級機やシグネチャーラインなど高級モデルを出し始め復活傾向に有ります。




・SONY CAS-1

ソニー SONY コンパクトオーディオシステム CAS-1 : ハイレゾ対応 Bluetooth/LDAC/NFC対応 DSEE HX搭載 ヘッドホンアンプ搭載 ホワイト CAS-1 W


 ソニーらしいデザインが良く尖った性能をもつ小型モデル。
価格は高めなのですが、納得できる音質です。

外観: 小型。机上で使うのに良いです。
音質: ソニーサウンド。良く伸びる中高音。
ハイレゾ対応。

● 機能

 CD,ラジオ搭載 ワイドFM対応。
Bluetooth、NFC対応
対応フォーマット WAV/ALAC//FLAC/AIFF/DSD

● 総合 オススメ部分と弱点: 

 小型で、高音質と無線接続に特化した機種。
価格に納得できる方にオススメ。

総合得点:74点






■ 全体の感想と、私のお薦め機種


 今回、紹介機種を聴いていて感じたのは
デジタル時代になり各社間で音質差は減りそうなものですが
結構まだ、メーカー毎の音質傾向があるのに気づきました。メーカーにはこだわりがあるようです。

 思ったより各社の個性が出ていました。
形状や価格差も大きく、これ!と言ったお勧めは出来ません。

 けれど、用途や音質の好み。そして予算で絞り込み選べば あなたに似合うコンポが決まるでしょう。

 



■ まとめ 

 いかがでしたか?
オーディオ機器はなかなか試聴が大変。地方だと出来ない場合も多い。
仕方なく店頭である製品を購入したり、今まで聴いた製品のイメージやデザインで通販で買ったり、雑誌やネットの情報を見て決める、ギャンブルな買い方が多いと思います。

 今回は、特にずばり本音で弱点も書きました。

 若い時に音楽を聴くことは、友達や恋人との共通の話題となり、一緒に体験する時間を豊かにします。出来れば、どん欲に良い音を追いかけ本物に接して下さい。自分の耳が鍛えられ、後の人生に役立つでしょう。

 あなたが良い音に出会えるよう、力になれれば幸いです。


ソニー SONY コンパクトオーディオシステム CAS-1 : ハイレゾ対応 Bluetooth/LDAC/NFC対応 DSEE HX搭載 ヘッドホンアンプ搭載 ホワイト CAS-1 W

■ 更新情報







この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447443182

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




・スポンサードリンク