BOØWY解散の理由 - 当時の状況と解説。その後のメンバーのようす。そして思うこと。

BOφWY ソングス

 今回は BOØWYの解散について。

 BOØWYファンや興味を持ち始めた人の多くが気になるのが
「BOØWYはなぜ解散したのか」です。

 BOØWYは人気が過熱、絶好調の時期に解散しました。
しっかりとした解散ギグも行われましたが、反面ファンには解散理由も伝えられておらず、疑問が残っています。

 そこで今回はBOØWYの解散についての解説。
当時の状況。そして私の推測や想像を紹介します。

 
■ BOØWY 解散時の状況や出ている情報 


 BOØWYの解散についてですが

今回は、現時点で分かっている経緯や私が思うことを書きます。

■ 解散の状況について


LAST GIGS COMPLETE

 解散の正確な理由については公式には発表されていません。

良く言われるのが、BOØWYのメンバー内で「一位を取ったら解散する」と言われ共通認識があった。

 実際、アルバム「INSTANT LOVE」から独自で音楽を造る為に奮闘し解散発表時期の頃には、かなり完成度の高いアルバムが出来ていました。オリコンで一位を取ったりライブも盛況。人気も過熱。だから決意したというのは格好いいし、分かりやすい理由です。

 氷室と布袋の不和も言われますが、その場合は最後のアルバムやライブは完成を見ず、空中分解しているでしょう。

 よき仲間、仕事関係だったと思います。~ただし仲が良いのと「自分が望む音楽を作る、もしくはバンドとして続けていく」のは別の話。

スネア (MARBLE BOOKS)

 高橋まことさんの著書でバンド解散について触れている部分があります。

 ざっくりまとめると布袋が山下久美子とバンド組むのに、松井と高橋(BOØWYの)を参加させようとしているのを氷室が知り「じゃ解散だ」”と言ったいきさつが書かれてます。

 しかし氷室もスタッフやメンバー。ファンに対する責任が有ります。BOØWYは一人の物ではなくなってるのですから。転がる石はもう大きくなりすぎて簡単には止まらない。解散と口にしたところで簡単に終了はできません。

 布袋の著書「秘密」に、”解散を切り出したのは自分”とありますので。おそらく”メンバー間に漂う不穏な空気に耐えきれず、布袋が解散を口にした。”のが解散が同意。決定した瞬間でしょう。

 恋人同士が別れに同意したようなものですね。




■ 解散の理由 1 考えの不一致

POP

 友人や恋人同士が別れる時のように
考えはそれぞれが持っており、同じではありません。


 ただバンドの牽引役である布袋と氷室が違う方向に歩みたがって、バンドとしてもやりきったのなら解散もするでしょう。

 布袋さんは山下久美子さんと結婚、BOØWYも絶好調。山下久美子と新しいバンドもしたい。本人自体にはおそらく悪気はなく、天然だったと思います。

 しかし布袋が音楽の幅を広げているつもりでも、氷室側や外部からすれば、布袋は他のバンド(女)に浮気している、もしくは自分のバンドメンバーを奪い独立。裏切る感覚でしょう。

 みんなが知ってるように氷室は筋を通す。真っ直ぐです。女性関係に口出すような小さい男ではない。しかし実際に氷室の知らない所で、布袋がメンバーを引き抜く形になりますので BOØWYとしての活動は続けられない。だからといってぐずぐずと関係を続ける気も無い。

 氷室は布袋のことはもちろんギタリストとして認めてる。だから布袋が切り出すまでは耐えていた、そう思います。

 布袋も著書で「理由は墓場まで持っていく」と言ってますが、理由が言えないのは「自分はバンドで4分の1であり、軽々しく言えない」とあります。確かにメンバーそれぞれに理由があり布袋の考えだけで解散が決まったというのも傲慢に取られるでしょう。 彼は、バンドの中で謙虚で責任を負おうとしています。

秘密




■ 解散の理由 1-2 考えの不一致

 BOØWYのメンバー自体が違和感を感じ始めていた。

21st Century BOØWYs VS HIMURO ~An Attempt to Discover New Truths~ [Blu-ray]


 BOØWYファンの増加「ロックを知らない子達も騒ぎはじめる。音楽と違う所で騒がれる」のに違和感を感じていたのもあるようです。

 BOØWYは『確かに成功したかった、音楽を売りたかった』けれど外観や名前で騒がれる。アイドル路線のような形で売れたくなかったのでしょう。




■ 解散の理由 2 お金

金
金 / marumeganechan


 バンドが壊れる理由で多いのは「女と金」といわれます。

 お金の部分で見ると
 BOØWYの場合は布袋が編曲、氷室は作詞が主体。布袋はプロデュース部分もアルバム「JUST A HERO」から担当しています。

 当然お金の配分も変わるでしょう、プロデューサーとなれば立場は上になる。仕事の担当が多ければ実績も上がる。立場が異なってきます。 例えば、ファンには見えなくても 仕事をする上では布袋がプロデュースしているバンド=布袋のバンドという形に見えたり、本人も自認してしまう。 ギャラの違いも有ると思われます。
 
 そして、氷室は単なるボーカルでなく歌詞も書いてるし、役割は大きい。

 やはりお互いの立場を認識する、続けていくのは難しそうです。簡単に言えば、布袋も氷室も「俺一人で独立して音楽活動をやれる。」と思うでしょう。

JUST A HERO


■ 解散 ~そして。


BEAT EMOTION

 布袋の活動、氷室の信念。そしてお金の問題が徐々にかみ合わなくなる。 やがて解散の言葉が出てメンバーが耐える理由が無くなり終わりが訪れたのだと思います。

 メンバー内の状況を知らないファンに取って解散は突然のことであり、ファンは驚きました。

 BOØWY内部や廻りのスタッフ間で解散へ向かっていくのは既に決定事項で実は「BEAT EMOTION」がラストアルバム、後は解散への活動だったようです。しかし外部の説得で「PSYCHOPATH」がラストとして発売。

PSYCHOPATH

 BOOWY内部の不和はファンとは関係有りません。
BOOWYはロックバンドとしてファンとしっかりとお別れの「ラストギグ」を行い、けじめを付けてBOØWYの活動は終了しました。

LAST GIGS




 ● 解散後

 解散後、氷室はソロ活動を初めロスに拠点を移住。音楽活動を続け活躍。 そして、昨年身体の不調を理由に「氷室京介を引退」しました。

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS<初回BOX限定盤>(2BD) [Blu-ray]

 布袋さんは、ソロ活動や吉川晃司と「COMPLEX」を組んだり活動を続け2012年からイギリスに移住。

51 Emotions -the best for the future-(初回限定盤)(3CD+DVD)

 高橋さんと松井さんは現在も音楽活動を続けられています。

 BOØWYは、メンバーが同窓会のようなものといった「LAST GIGS」以降に再結成は行われていません。

 また氷室と布袋が共演することはありませんでした。再結成することもなく、長い時期が過ぎます。
 
 おそらく最後の時は東北大震災支援。復興応援の再結成だったでしょう。しかし氷室は単独で復興応援ライブを決行。布袋は「COMPLEX」で支援を行いました。

東日本大震災復興支援チャリティライブ KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!" [DVD]
日本一心 TOKYODOME 201107030

 復興時の混乱した中で準備期間もなく再結成してライブを行えば完璧なライブも行えず、今後も期待させてしまう「ブサイク」な形になった可能性が有ります。ファンとしては残念ですが、氷室も布袋も震災に対して出来ることはしています。

今思えば、BOØWYのイメージダウンにならず。ファンにとっては良かったと思います。

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS<通常盤>(2DVD)


 好きだからこそ別れる。お互いが信念を貫き通した。
それぞれは音楽活動で活躍し充分に成功しています。


冷静に見ると良い別れ。解散だったと私は思います。




● あとがき - 私が BOØWYの解散に思うこと。

 最近私も、別れが幾つかありました。

 長い付き合いですし色々と考えました。終わった原因や再スタートは無いこと。廻りの人たちも 不仲になって結局無理して付き合いを続けたり、やり直しても上手く行かず不幸になります。そして時間を失い、今度は再開のチャンスはない。

 仕事もバンドも友達や恋愛も、どちらかの心が離れた時点で既に終わりでしょう。

人生には死別のように逃れられない別れもあるし、そして互いの成長のために別れなければならない時が有る。

 そう思えば、BOØWYの場合は、解散という別れできっぱりとけじめを付けて以降は会っていない。

 BOØWYのメンバーは
「想い出と、お互いの未来を守る。」良いお別れをしたんだな。と感じました



■ 更新情報

■ 関連記事

・BOØWYの作品紹介。アルバムや映像作品解説。
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/447332392.html

■ 参考、関連作品

・ AMAZON BOØWYストア
http://amzn.to/2lUdGQc








この記事へのトラックバック