Amazonプライムビデオを使った感想。+ 使い方や登録解説、便利な周辺機器とアプリ


[firetv-stick]DSC_1491tibi[atod].jpg

 今、人気なのが「NetFilix」「Hulu」などインターネットの有料配信サービス。
自宅のテレビやパソコンで映画やライブを観たり。外出してもスマートフォンなどで観られます。

 今回は、有料サービスでも低価格な「Amazonプライム」の動画サービスを解説。

Amazonプライムに実際に登録し、動画サービスを使った感想。
良いところと弱点、使い勝手。登録方法や便利な周辺機器も紹介しますね。

YUKA150912596015_TP_V2.jpg


■ Amazonプライムとプライムビデオとは?




 AmazonプライムとはAmazonの有料会員です。学生向けのAmazonStudentというほぼ同様で年会費や割引きが多いサービスも有ります。

 特典として通販の送料やお急ぎ便が無料になったり、無料音楽や映画もあって愉しめます。

そして、プライム会員向け動画サーピスは「Amazonプライム・ビデオ」と呼ばれる特典のひとつ。

 プライムビデオでは特定の映画やTV番組が見放題。
ネット対応テレビ、パソコン、モバイル端末、ゲーム機器等で楽しめます。

[atod][amz-prm]DSC_1271tibi.jpg



■ 作品数はどのくらいか?
amz prim video[top-list]WS2016000530.JPG

 気になるのが『作品の数』ですね。
プライム会員のビデオトップページが上の写真です。サムネイルが並んで、レンタルショップの棚の雰囲気。

 映画の数は、『私は多い』と感じた。~以前は『少ない、最新作が無い』と言われてたけど、最近は凄い勢いで増えています。公式の発表がないのですが一万本近くあるはず。 私の感想では、Huluと同じくらい,auビデオパスよりは多い。
 
 無料対象作品の例は、映画だと「バイオハザード1~5」「トランスフォーマー」シリーズ。ドラマは「Xファイル」「孤独のグルメ1~5シーズン」など定番や人気作があります。特撮もウルトラマンや仮面ライダーシリーズなど多い。

ドラマや映画はそこそこ新しいものがあり、ドキュメントややバラエティ、子供向け番組もあるし全体のバランスが良い。マニアックな海外作品や量を求めるハードな映画好きには物足りないでしょうが、月300円の特典としては私は充分満足出きてます。

「週に1本くらい映画を見る、時間が有る時にや眠れない時にラマが見たい」時に良い。

Amazonプライム・ビデオ

● オリジナルドラマがある
FACE_keyarttibi[atod].jpg

 Amazonが作ったオリジナルドラマが有ります。仮面ライダーや
最近では剛力彩芽さん主演ドラマがスタート。


● AKB系グループが強い。



amz prim video[top-listSKE]WS2016000531.JPG

 AKB関連がかなり強い。AKB作品はAmazonが独占配信して他社に勝ちます。ライブが230本ほどあります。
SKEも多いですね。とても全部見れないぐらいあります。 TVドラマも「「マジすか学園」やAmazonオリジナルの「AKB48総選挙スキャンダル アキバ文書 」もあり。

*追記 2017年9月末の更新でライブやドラマが削減され合計40本ほどになりました。ライブは各グループ5作くらいになってます。Amazonミュージックの方は変更なしの様でいっぱいあります。



■ 使い方 

 
tv-2223047_960_720.png

 プライムビデオの楽しみ方を紹介。
(プライム会員登録方法は、後で紹介してます。)




■ 対応機器

 プライムビデオの再生は、ネット対応機器のブラウザ上やアプリで可能。

 機器はタブレット、スマートフォン。PS3,PS4,WiiU、新しめのネット対応TVやHDDプレイヤーなどで観られます。 Fireタブレットは動画ダウンロードも可能。プライムビデオに特化されているのがFire TV。快適に視聴できる。

[kindle_fire_hd8_2016]DSC_1461tibi[atod].jpg




● サービスを使うには
amz prim [logo] WS2016000529.JPG

 プライムサービスを使う場合、Amazonの会員情報表示欄の横に”プライム会員用項目”が追加され専用ページに入れる。

バーが一列追加されプライム会員用のメニュー(ビデオ、ミュージック、買い物など)が追加されるくらいで、普段の雰囲気と大きな変化はありません。 動画案内のトップページはお勧め作品やジャンルごとに作品が表示されます。



● 無料対象の見分け方。

51F51pExzwL._PI_PJStripe-Prime-Only-500px,TopLeft,0,0_OU09_AC_US218_.jpg

 最初、戸惑うのが「どれが無料作品か?」
見分け方ですが、無料対象の映画や音楽には、プライムのマークが付く。上の画像で左上の帯です。

プライムマークがついた動画や音楽は購入ボタンの上に会員特典である旨が追加され、無料で視聴できるようになります。

amz prim music [list baby metal]WS2016000526.JPG

■ 視聴、プレイヤーの操作解説


amz prime video[gui」WS2016000542.JPG

amz prime video[player-gui]WS2016000545.JPG

 ビデオのトップページや、Amazonの検索ページから 観たいビデオをクリックすると情報が観られます。
気に入った作品の再生ボタンを押すと、プレイヤーの画面に切り替わり再生が始まります。

 作品によりますが画質はSDからHDで、地上波TVレベル。再生はパソコンだと速度優先で、10~20秒くらいぼけた感じになる。HD画質になると、メニューにHDマークが点灯。
 FireTVやFireタブレットの場合は試聴傾向を予測しダウンロードされ、コマ落ちはほぼ無い。

 ライブ作品を楽しんでるところ。好きな作品が楽しめます。

amz prime video[player]WS2016000550.JPG




● プレイヤー操作

amz prime video[player-gui]WS2016000539.JPG

 操作画面の解説。
操作画面は、パソコン、タブレット、FireTVともほとんど共通。

 再生操作は、画面をタッチやクリックで操作パネルがポップアップ。タッチすると画面中央に一時停止、再生、10秒の早送りと巻き戻しボタンが出る。下にシークバーがあり観たいシーンを探すのに便利。

 PC版の場合は若干設定が多め。設定が上段にありフル画面、音量。字幕、音声切り替え(日本語、英語)が可能。速度優先で低画質固定も可能。

amz prime video[player-gui-search]WS2016000541.JPG


■ プライムビデオ 特長や機能


 おすすめの特長を3つ紹介。



1 ウォッチリスト

amz prime video[player-gui] watch]WS2016000546.JPG

 気になる作品はウォッチリストに登録できます。
お気に入りのような感じで登録すると、見たい時やお客さんが来た時など直ぐ再生出来ます。



2 続きを観る

amz prime video[player-gui]WS2016000544.JPG

 一度観た作品は、停止した場所を覚えており、直ぐ再開できる。

■ 使いこなし。 Tips


 便利なショートカットキーを紹介。
 パソコンやタッチパネルタブレット用。

・画面操作 

F11    = フルスクリーン 

・曲操作 

再生、一時停止     = Space
巻き戻し(10秒戻る)  = ←
早送り (10秒スキップ)= →


■ プライムビデオ 長所と短所


■ 良いところ

・ サービスが多い割に、年会費が4千円ほどでかなり安い。
・ AKBグループファンには推し。ライブビデオはAmazonの独壇場。SKEもビデオが沢山ある。反面、バラエティは少なくてHuluの方が多くなってます。 
・Amazonの配送が無料になったり、特典が多い

■ 弱点

・ 検索やリスト画面がスマホやタブレットに合わせている。作品の全体が把握しずらい。おすすめから辿るか、ピンポイントで検索していく使い方になる。 
・ Amazonで余り買物しない人には利点が少ない。




■ まとめ

[atod][amz-prm]DSC_1272tibi.jpg

 月300円ほどの付加サービスとしては、かなり楽しめる内容。

私のように週に一本映画を観るくらいの人や来客用、家族で楽しむ分には十分。また好みのドラマが有る人は、かなり楽しめるでしょう。私の家族は、海外ドラマを観て楽しんでます。

 再生が簡単。メディアの置き場所も要らない。

 ライブも簡単に観られるので、私はBGMがわりに再生して流しています。
CDやDVDを一枚買ったと思えば、かなりお得なサービスだと思って満足してます。おすすめ。

YUKA863_ok15185909_TP_V2.jpg



■ 登録方法


 Amazonプライムに登録すると、プライムビデオが特典でついてきます。

プライムは、お金や支払い方式は年会費形式。30日のお試し期間有り。

 登録自体は簡単で、Amazon会員ならクレジットカードの番号を入れるだけ。3ステップほど。数分で終わります。支払い方法に、カード以外のATMやギフト券などの電子決済での支払いはできません。

→公式 Amazonプライムについて



■ Amazonプライム

 無料体験期間有り。
 最初の30日間内にキャンセルすると、払い戻ししてくれます。






■ 学生向けサービス Amazonスチューデント

 学生向けのサービス。
プライムとほぼ同様のサービス内容ですが年会費が1900円と安く、6ヶ月の無料期間があります。

あと、本は10%ポイント還元、文房具・ノートが20%OFFとお得。
学生時代は本をたくさん購入するので、お得なサービスだと思う。

AmazonStudent




■ オプション


 周辺機器や便利な用品を紹介します。



■ プレイヤー


 TVにつないで、ネット動画や音楽が楽しめる機器。
Amazon純正を紹介します。

 ちなみにクロームキャストはAmazonプライムビデオに非対応。



・Amazon Fire TV

 セットトップ型といわれるプレイヤー。ネットの動画が愉しめます。
4Kと有線LAN対応。

 音声リモコンが付属。メモリーが倍の2GB。Wifiが11ac対応。あと、MicroSDスロット、USBポートがあります。
ES File Explorerなどの有名アプリや再生ソフトを入れるとカード内の動画も観られます。





・Fire TV Stick

 新型になって大きくパワーアップ。
音声入力リモコンがついて、無線とCPU性能も向上。

Amazonの映画やドラマに加え、HuluやNetflix、AbemaTV、DAZNなどにも対応しています。
私も買った。





■ タブレット端末


 低価格で買いやすい。私も購入しました。
プライム会員だと、今の所4000円位値引きされています。

 基本としてAmazon用に特化されているのでAmazonをよく使う方向けのモデルです。 プライム動画を見るのに便利。

■ タブレット端末


Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

 低価格で買いやすい。プライム会員だと、普段は4000円値引きれます。
基本としてAmazon用に特化されているので、Amazonをよく使う方向けのモデルです。

primeミュージックを楽しんだりプライム動画を見るのに便利。
良いところはカードスロットがあります。プライムミュージックや動画のダウンロードも可能。



・Fire HD 10

 Fireの最新、最上位モデル。

画面は10インチ、フルHD画質。
新型になって大きく値下げしました。

32GB,64GB





・Fire HD 8 タブレット

 お勧め。わたしも購入しました。
大きさが手頃で片手でも持ちやすい。内蔵メモリーも大きめで余裕がある。画質もHDで、動画が見やすい。

 画面は8インチ、HD画質。バッテリーは12時間持続でキンドル最長。

16GB,32GB







・Fire タブレット

 カラー版キンドルで安いモデル。
8GBモデルだとプライム会員の値引きを入れると5千円位で買えます。画面は7インチ、画質1024×768。
容量;8GB,16GB








■ ヘッドフォン



・Amazon プレミアムイヤホン (リモコン・マイク付 ブラック)2015/2/18
Amazon


 Amazon製のヘッドフォン。
リモコンとマイク付きで携帯機器の使用に便利。




■ プライムビデオ視聴用アプリ


各OS用のアプリ。



● Amazon Android アプリストア

 android版は、曲のダウンロードが可能。

・ Amazon Musicアプリ  
Amazon Music


・ Amazonプライム・ビデオ 
Amazonプライム・ビデオ



● Google PLAY

Amazonプライム・ビデオ 
Amazon Musicアプリ




● iOS (iPhone,iPadなど)

Amazonプライム・ビデオ
Amazon Music

■ 注意

 記事作成時点のデータです。会社やサービスは変更される可能性が有ります。
作品数データは公式バナーやトップ、広告解説から引用してます。変更される場合があります。

■ 更新情報


2017年11月14日 文章整理。Fire2017年版へ差し替え。アプリ紹介をまとめる。+コード修正「
2017年07月26日 構成を大幅に修正して見やすく。区切り線追加、FireTV、FireHDタブレットを2017年版に変更。FireTV、タブレット購入感想、使い方を追記。


■ ■ 参考、関連リンク

■ 登録リンク




■ Amazonプライム





■ 学生向けサービス Amazonスチューデント

AmazonStudent


この記事へのトラックバック