ジョージ・マイケルとワム!の作品紹介。アルバムの簡単な解説と感想。購入用リンク

Lowdown

ジョージ・マイケルはワム!時代から、多くのヒット曲を生みだし人気が有り
「ラスト・クリスマス」はクリスマスの定番ソングとなっています。


 今回は、ジョージ・マイケルとワム!の作品紹介。
アルバムの簡単な解説や感想。購入用リンクを紹介しますね。
 
■ ジョージ・マイケルとは。


フェイス(デラックス・コレクターズ・エディション)

 ジョージ・マイケルは、イギリスのシンガー。
本名はヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥ。

 アルバムジャケットを見ると分かりますが、なかなか格好いい容姿。
とても歌唱力のある人で音楽性もあり、多くのヒット曲を生み出しました。

 1981年 アンドリュー・リッジリーと「ワム!」を結成。
「バッド・ボーイズ」でヒット。1984年エピックに移籍。「ケアレスウィスパー」。ヒット作を連発。
「ラスト・クリスマス」は今でも人気。クリスマスに街角やラジオで必ず聴ける曲です。
ジョージはソロ活動を望み1986年6月28日に解散します。

 ソロとなって「フェィス」発売。全世界で2,500万枚以上を販売します。
90年代になるとソニーミュージックと対立しはじめます。
1992年にはフレディ・マーキュリー追悼コンサートに参加。Somebody To Loveなどで歌唱力を発揮しました。

ソニーとの対立や自身のトラブルなどでペースは落ちていきますが音楽活動は続けていました。

2016年12月25日に死去。




● 日本との関係

ラスト・クリスマス

 日本でもワム!の曲が人気でした。マクセルのCMで『バッド・ボーイズ』と『フリーダム』が使われています。人気が上昇し、来日公演も行われています。また日本の歌手が「ケアレスウィスパー」をカバーしています。




■ ジョージ・マイケルについて私感



 才能のある人です。

 ワム!時代は、印象に残る明るい曲があり、口ずさん見たくなる曲。元気が出てくるような曲が多い。
ジョージマイケルは歌唱力もあり、良く伸びる綺麗な声。実力を再確認したのはQUEENのフレディ追悼コンサート。私はQUEENのファンですが「QUEENにジョージが入ってもいいな」と思いました。音楽性や歌唱法が似てるのでしょうか。時々ジョージマイケルのソロアルバムを聴いていて、フレディの声と錯覚することがあります。

 ヒット曲を生みだす中で、惜しいことにソニーと確執が置きます。裁判で時間を浪費して、アルバムの制作ペースが落ちます。ソニーで酷評したのはトミーモーラと言われており、同様に対立し制作ペースが落ちたマイケルジャクソンを彷彿させます。本当に勿体ない。

 



■ 目次と、見出し - ジャンルについて

大きく分けて、ワム!時代とソロ時代を紹介します。
ジャンル内は、発売順に紹介しています。

 ワム!のアルバム

 ソロ時代スタジオアルバム

 その他アルバム 

 映像作品


(項目をクリックすると、項目へジャンプします)







■ 特長と ネット通販各社 購入用リンク


 ジョージ・マイケルとワム!の作品。

● 購入用リンクの使い方 

 製品の特長と購入用リンクを紹介します。

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。


■ WHAM!のCD 


メイク・イット・ビッグ(期間生産限定盤)


 WHAM!は、世界で人気が有り各国版を含めるとけっこうな数があります。
日本未発売のライブ盤など。

今回は、日本で発売された、手に入れやすいアルバムを紹介しますね。 




・ Fantastic(1983年) - 英1位・米83位

 ファーストアルバム。
イギリスでは一位を獲得しました。

 ヒット曲「バッドボーイズ」から始まります。
全体は明るいディスコ調の曲が多い。「クラブ・トロピカーナ」は今聴いても良い感じ。







・ Make It Big(1984年) - 英1位・米1位

 エピック移籍後のアルバム。
英米で一位となりました。日本でもCMソングでヒットした「フリーダム」
日本人歌手にカバーされた「ケアレスウィスパー」。

他にも、「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」などヒット曲がたくさん。





・ Music from the Edge of Heaven (1986年 アメリカ・日本のみ) - 米10位

 既に解散していましたが、日本と北米のみで3枚目のアルバムが発売されました。
既発曲やリミックスが多く、ライブ演奏曲も入っており混沌としていますがアルバム自体は良い物です。

「エッジオブヘブン」からはじまり、人気曲「ラストクリスマス」も収められています
リミックスが人気の頃で、結構聴いてて楽しい。
あと、この時代のアルバムって音が少ないせいか、音質が良いです。





・ The Final (1986年 ベストアルバム) - 英2位

 ファイナルとありますが、ベストアルバムです。
 人気曲がてんこ盛り。「バッドボーイズ」「フリーダム」「ケアレスウィスパー」「ラスト・クリスマス」他。
収録曲は14曲。
何度か再発されているようで、リマスターもあります。





・ If You Were There (The Best of Wham!)(1997年 ベストアルバム) - 英4位

 こちらもベストアルバム。

ファイナルとは10曲が重なります。こちらには海外でジョージ・マイケル名義で発売された「ケアレス・ウィスパー」や「ディファレント・コーナー」は入っていません。
13曲目の「"Everything She Wants '97" 」、14曲目「"I'm Your Man '96" 」が聴きたい、欲しい方向け。

Amazonのプライム会員だと特典アルバムになっており、無料で聴けます。







■ ジョージ・マイケル CD 


True Faith

 ソロになってからの作品 
 スタジオアルバムとその他に分けて紹介していきます。



■ スタジオ・アルバム 



・フェイス (1987年)英1位・米1位

 ソロ一作目。全世界で2500万枚以上売り上げ、ダイアモンドディスクを授与。

アルバムタイトル曲「フェイス / Faith 」から始まります。
デジタル録音されたそうですが、CDでも音質が良いです。打ち込みの音が迫力があって良い感じ。
明るい曲とスローな曲のバランスが良い。またジョージ・マイケルの歌唱力が堪能できます。

2011年にリマスター版が出て2枚組となり、リミックスやライブ曲が一枚分追加されています。DVDも追加。
Amazonのプライム会員は特典アルバムになっており、無料で聴けます。






・ LISTEN WITHOUT PREJUDICE VOL. 1 (1990年)英1位・米2位

 前作から雰囲気が変わりました。
発売時は、賛否両論あったそうです。
確かに、歌唱力を押した感があり、音楽性に期待した層とずれたのかなと思います。
緩やかな曲が多めで演奏もバラエティに富みますがそんなに悪いアルバムでは無いです。

続作でVol2が出る予定でしたが、ソニーと対立していたため発売されませんでした。






・オールダー (1996年)英1位・米6位

 法廷闘争を挟んだため、約6年ぶりのアルバムとなりました。
レーベルは、ドリームワークス、ヴァージン。
全世界で1500万枚を超える売り上げとなり、人気作となってます。

 ジャズ調の穏やかな曲が主体となってます。





・ペイシェンス (2004年)英1位・米12位

 8年ぶりのオリジナルアルバム。対立していたトミーモーラが役職から退いたため
SMEから発売されています。 
イギリスでは一位となりました。

 8年の間に母が亡くなったり落ち込んでいたそうですが、見事なアルバムを作り上げています。

 14曲とボリュームが有り、日本版では一曲追加。
穏やかな曲が多く、音もアンビエント調でゆったり聞けるアルバム。





■ コンピレーション、ライヴアルバム 


企画ものやライブアルバム。




・ファイヴ・ライヴ〜愛にすべてを (1993年、ライヴ・アルバム) 英1位・米46位

 ライブEP。
QUEENのフレディ追悼作品です。
91年のツアーと1992年4月20日のフレディ・マーキュリー追悼コンサートから収録されています。

一曲の「愛にすべてを」は凄い。伸びやかな声で見事に歌い上げます。
6曲目はクイーンの「ディア・フレンズ」で締めます。





・レディース・アンド・ジェントルマン…ザ・ベスト・オブ・ジョージ・マイケル (1998年、ベストアルバム)英1位・米24位

 2枚組のベスト。ライブでの曲も入ってます。
一枚目はバラード。2枚目はポップでダンサンブルな曲が多め。
ラストに QUEENへの追悼曲「愛にすべてを」も収録。

 ジョージの曲を堪能できるアルバムです。





・ソングス・フロム・ザ・ラスト・センチュリー (1999年、カバーアルバム)

 カバーアルバム。
ジャズ風の曲が主体です。





・Twenty Five(2006年、ベストアルバム)

 デビュー25周年に出たベストアルバム。
ワム!時代の曲も含まれてます。
「ラストクリスマス」も収録。





・シンフォニカ (2014年) 英1位・米60位

 ライブアルバム。

全体としてはスローな曲で構成されています。
演奏はオーケストラやジャズ調。ピアノ主体と彩りに富んでいます。






■ 映像作品 







・Ladies & Gentlemen: Best of [DVD] [Import]

 ビデオクリップ集。ワム時代の曲も含まれます。





・Live in London [Blu-ray]

初のライブDVD。
2006年のデビュー25周年記念ライヴ・ツアーより、2008年8月24日、25日にロンドンのアールズコート・アリーナで行われたライブ収録。ワム時代の曲も含まれています。





■ ■ あとがき


 突然の死に、私はニュースを見て驚きました。
ジョージはまだ50才ですし・・・

 とても才能のある人で、まだまだ歌って欲しかった。

マイケルジャクソンやプリンス。才能のある人が亡くなっていって悲しいです。


Wham! - Fantastic / pcutler



■ 更新情報


■ 関連、参考サイト

・ジョージマイケル公式
http://www.georgemichael.com/

Wiki ワム!

・ジョージ・マイケル | SonyMusic
http://www.sonymusic.co.jp/artist/GeorgeMichael/



この記事へのトラックバック