スターウォーズ新作『フォースの覚醒』の感想。 + 関連映像、音楽製品紹介

スターウォーズ・フォースの覚醒 2016年 カレンダー 壁掛け

 映画好きの間で、評価が高い映画と言えば「スターウォーズ」
旧作はメカや服装。新しい世界観。迫力ある映像で人気を集めました。

 そして、新作「フォースの覚醒」の劇場公開が始まりました。
今日は「フォースの覚醒」の感想を紹介します。


■ はじめに - 「スターウォーズ」とは 


ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』つきの洞窟の4人/ルーク(マーク・ハミル)、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)、レイア(キャリー・フィッシャー)、チューバッカ

 まず前知識として、スターウォーズ全体の紹介をしますね。

 1977年から公開されているアメリカ映画。SFを娯楽作品にし大ヒットさせた功績をもつ映画です。
帝国と反乱軍の戦いを軸にしながら、ジェダイ騎士の善と悪との対立。親子の確執などが描かれます。

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ』R2-D2 & C-3PO/砂漠に立つ


◆ 公開されている作品リスト「スター・ウォーズ エピソードI-VI」

「スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス」
「スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃」
「スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐」
「スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV)」
「スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソードV)」
「スター・ウォーズ ジェダイの帰還(エピソードVI)」

clapperboard-146180_960_720.png

● 新作「フォースの覚醒」について あらすじと概要




 エピソード7となる、新作「フォースの覚醒」。帝国の逆襲から32年ぶりとなる後継作です。ルーカスフィルムがディズニーに売却されて初の作品になります。

 大ざっぱに言うと、シリーズが持つ、正義と悪の対立。そして、キャラの成長がテーマになってます。

 帝国や反乱軍の戦いは続いており、帝国を継ぐファーストオーダーとレジスタンスとの争いになります。
ジェダイの血を引く女性の「レイ」が主人公。 ファーストオーダーから脱走したフィンと知り合い、
ダークサイド側で、ダースベイダーを継ぐ野望を持つ「カイロレン」と対立します。

 旧作のキャラ、ハンソロやレイア、チューバッカやR2、C3-POも登場。
ルークは伝説の騎士となってます。 その他、アクバー提督など脇キャラも多く登場しており、ファンも楽しみな展開となっています。

アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒


■ 見た感想



スター・ウォーズ/フォースの覚醒 ポストカード Star Wars

 見た感想ですが、私は余り面白くなかった。まぁまぁ、何とか最後まで我慢して見たと言うのが感想。

 作品自体が、旧作の知識が補助して、新作も楽しめるけど、熱狂出来るレベルでは無い。
つまり、旧作を知ってる人には何とか楽しめる。スターウォーズの旧作を知らない人は楽しめないのではないか?と思った。

 ルーカスが批判のコメントを出していますが、同感できるのは「新しい部分が無い」。その点は、コピー世代が作った”エバ”に似ている。

 予備知識のない現代の観客を、EP7が呼び集める力があるのが気になる所です..・正直なところ、旧作ファンの自分としては、評価出来るところまで話が進んでないのでコメントが出来ない。 ~ここも状況説明が遅く、話が進まないエバに似てる。 批判材料になる新しい部分は敢えて挑戦せず、旧作ファンや新しい観客もほどほどに納得させるように上手く作ってるとも言えます。

 後半は、ほぼ旧作の焼き直しとなる構成。見終わった感想は『2時間使った、予告』ですね。 


■  詳細解説 



● 良いところ

 画面の色や、世界観の凝り方のバランスが、旧作から逸脱しておらず、良いバランスを取ってます。
またビックリするメカや、キャラはなく基本として旧作の流用と再構成。

 定番のチェイスや超兵器など、上手く流用しています。


● イマイチだったところ

 新鮮味がない、映像にセンスが足りない。
ファーストオーダーのナチ風の演説シーン。誰もが思いつくような演出で、独自感の強いスターウォーズの世界観を壊す。
あと、太陽をバックにタイファイターが登場するのも、必然性がなくて単なるパクリに見える。
 
● キャラの魅力の欠如

 新キャラの外観や設定。会話は面白い。フィン、ポー・ダメロン、BB-8など魅力があります。

  とにかく惜しいのは、肝心の主人公のレイに感情移入できない。旧作のルークと同じ状況をなぞっているのですが、レイは生い立ちを秘密にしすぎてる。 たぶん俳優も何やってるのか分からず演じてるはず。

 また廃品回収の仕事をしているのも、女の子がやる必要があるのか違和感がある。 汚い仕事をさせられるのなら、ギャップとなる面が欲しかった。女性らしさや母性愛などを見せず、共感できる部分が無い。レイアも当時としては、強気な性格や服装に魅力が有りました。 EP1~3のアミダラは、ナタリー・ポートマンの演技が良かった。 ルークと被らないように女性にしただけになってる。

 良かったキャラは、フィン。素性や行動の動機がはっきりしていて分かりやすい。人間味もあって感情移入しやすい。

■ 全体の感想


  制作側が「ファンは、これなら喜ぶんでしょ?」と作った感じに思えました。

 結局、新しい部分がなく置き換えばかりで挑戦が無い。うまく旧作ファンの批判を避けてる。戦うためのリングに上がらなかった、といえば良いでしょうか。~ それゆえ評価が出来ない、批評するレベルに到達してない作品。

 新しい作品に挑戦するのを放棄し、再生産といってもいいのでは?”リブート”に近い構成。それでいて舞台やメカ。旧キャラ。旧作に頼る部分が多い。新規視聴者が楽しめるのか疑問。旧作のように新しい世界観や映像に熱狂するレベルではありません。公式のパロディ。

見終わって思うのは、元はスターウォーズが元祖だけど、エバ商法みたい。
ルーカスも庵野も、今回のSWの監督も「ものすごいこと考えてるぞ」って雰囲気だけあおるけど、多分何も考えてない。用意出来ない。

 情報を遮断し、キャラや用語のキーワードだけ”ちらみせ”して期待値だけ上げて公開。ガッカリしたら、次作と平行世界作品の無限ループ。マニアは金を搾り取られる。 ~ エヴァの監督やルーカスがしたように、新スターウォーズが批判に耐えかね、また放り投げられませんように。

 期待に応えられてないし、盛り上がりませんでした。見ていて「また騙されるんだろうな」と、疑って構えてしまいます。 
BTTF(バックトゥザフューチャー)のように、立て続けに公開してくれたら、観るテンション保てるのですが。2年間隔はきつい。短いスパンにするとは言ってるものの、リブート作品で良くある頓挫や自然消滅しそうにも思えます。

 感想: 69点。


■  関連商品 


 今回は、スターウォーズを理解するのに役立つ作品。
最新のブルーレイなどのメディアを紹介しますね。

● 購入用リンクの使い方 

商品写真と横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。


■ 映像製品


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

 映像作品。現在は、ブルーレイとdvdが発売中。

■ フォースの覚醒


 フォースの覚醒がいよいよ、発売されます。

 主にMOVIE NEXで提供されます。
簡単に言うと、映像媒体がセット品になります。ブルーレイとDVD、ストリーミング配信(ネット経由で見られる)のセットです。
セット内容=[ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド)+MovieNEXワールド(サイト)]

例えば、ブルーレイだけ、などの単体販売はありません。





■ ネット販売

・スター・ウォーズ/フォースの覚醒 MovieNEXプレミアムBOX

いちばん、特典が多いバージョン。

BOXケース、スチールブック、グリーディングカード、
カイロレンのフィギュア、学研製のガイドブック、アートセット、SW買物袋が付属。



・ MovieNEX(初回限定版) ブラック・パッケージ

 黒ケース仕様。外箱が付属。



・ MovieNEX

 通常版です。






■ AMAZON限定

 Amazonの限定製品。
BB8のグリーディングカードが独自特典です。
通常版のみ、ペーパーバッグが付属。

・【Amazon.co.jp限定】MovieNEXプレミアムBOX

特典が多いバージョン。
BOXケース、スチールブック、グリーディングカード、
カイロレンのフィギュア、学研製のガイドブック、アートセットが付属。



・【Amazon.co.jp限定】MovieNEX(初回限定版) ブラック・パッケージ

 ケースが黒仕様。グリーディングカード付属



・【Amazon.co.jp限定】MovieNEX

グリーディングカードが付属



・MovieNEX(キャンペーン対象商品)

 この版のみ、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」ペーパーバッグが付属。







■ BD版 BOX集 エピソードⅠ~Ⅵ

・スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション2015
Blu-ray9枚組 - 初回生産限定
2015年11月13日発売

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

 新作公開に合わせ、発売された最新BOX。

 スター・ウォーズの既発作品 エピソード「I-VI」が収録されています。
特典として、アーカイブ集が付属



・【Amazon.co.jp限定】スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション

【Amazon.co.jp限定】スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定)(オリジナルB2ポスター付き) [Blu-ray]

 アマゾン限定発売品。
BOXに、B2ポスターが付属。



■ 音楽作品

・スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)2015
John Williams




■ 更新情報

2019年7月2日 KRB lady-n用タグを修正 ヤフオクリンク削除
2017年7月10日 文章調整。シリーズ解説部詳細を削除。公式予告追加
2016年3月31日 MovieNEX追加

■ 参考、関連サイト

・スター・ウォーズ/フォースの覚醒|映画|スター・ウォーズ
www.disney.co.jp/movie/force.html

・産経 |スター・ウォーズ生みの親・ルーカス監督が「フォースの覚醒」を批判 ディズニーへの売却を「奴隷業者に売ってしまった…」
http://www.sankei.com/entertainments/news/160103/ent1601030008-n1.html

この記事へのトラックバック