スターウォーズ解説。 各エピソードのあらすじ +購入用リンク。

スターウォーズ STAR WARS 映画 ロゴ シンボルマーク ステッカー シール (デカール)  ブラック スモールサイズ

 今年は、スターウォーズが盛り上がる年。
新作に合わせて『あらすじを見たい、旧作を見直したい方』入門者も多いのではないでしょうか?

 今日はスターウォーズの概要。そして各作のあらすじを紹介。 ネタバレあり。知りたくない人は見ちゃダメです。
現在発売されている媒体の購入用リンクも紹介します。


■ 「スターウォーズ」とは 


ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』つきの洞窟の4人/ルーク(マーク・ハミル)、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)、レイア(キャリー・フィッシャー)、チューバッカ
 
 SFを娯楽作品にし大ヒットさせたシリーズ。
1977年から公開されたアメリカ映画。帝国と反乱軍の戦いを軸にしながら、善と悪の騎士との対立。親子の確執が描かれます。




魅力あふれるキャラクターとメカニック。SF設定。個性有る服装など多くの作品に影響を与えました。ルーカスは黒澤監督の大ファンであり、作品や柔道着などの服装や師弟関係、舞台設定など影響を受けた部分も多く、日本でも大人気となりました。

 全9作の構想が初期の頃から謳われ、ひとつの世代が三作でまとまってます。
第二世代となるルークのエビソードが4~6作。第一世代の父アナキンエピソードが1~3作。第3世代の「フォースの覚醒」が7作目。

 見所はSFの世界感。ストーリーでは未熟な若者がジェダイの騎士に導かれ成長する。仲間と関わりながら、共に戦う反乱軍と人種を越えて問題を解決していきます。

 なお、2014年にルーカスフィルムは映画を正史とし、小説などのスピンアウト作品を『レジェンド』として外すことになりました。以降は映画に沿った作品のみ展開していくそうです。もともとルーカスは、小説などスピンアウト作品に関わってない場合が多く、新しい作品を作る際に派生した設定があることを指摘され、新構想を否定されることを疎ましがってました。ルーカス自体がビジネス優先で、映画に関する発言をあっさり覆しますし”お互い様”なのですが。

 現状は、一旦増えすぎた設定がリセットされます。今後の正史とされるスターウォーズ映画を理解するには、旧作の映画を見ておくのが早道となってます。

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ』R2-D2 & C-3PO/砂漠に立つ


◆ 公開されている作品リスト「スター・ウォーズ エピソードI-VI」

「スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス」
「スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃」
「スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐」
「スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV)」
「スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソードV)」
「スター・ウォーズ ジェダイの帰還(エピソードVI)」


■ 目次

・映像作品
・書籍
・ゲーム



■ 発売情報 - 購入用リンク


 今回は、スターウォーズを理解するのに役立つ作品。
最新のブルーレイや本などのメディアを紹介しますね。

● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。


■ 映像製品


clapperboard-146180_960_720.png

 映像作品。現在は、ブルーレイとdvdが発売中。


■ セット品


スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]


 一気に揃うボックスやセット版。



■ BD版 BOX集 エピソードⅠ~Ⅵ

・スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション2015 Blu-ray9枚組 - 初回生産限定
2015年11月13日発売

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

 「フォースの覚醒」公開に合わせ発売されたBOX。

 スター・ウォーズの既発作品 エピソード「I-VI」が収録。
特典として、アーカイブ集が付属。



> 【Amazon.co.jp限定】スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション

 アマゾン限定発売品。BOXにB2ポスターが付属。




 ■ 3作パック。


 2015年11月に発売。
ルークとアナキンパートを3作まとめたもの。



・スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイコレクション
エピソードⅠ~Ⅲ

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/EP1』ライトセーバー持つ3人とR2-D2/オビ=ワン(ユアン・マクレガー)、クワイ(リーアム・ニーソン)、アナキン(ジェイク・ロイド)



 アナキンの若き日々を描きます。

新キャラのクワイ・ガン・ジンやダースモールが登場
全盛期のオビワンやヨーダの活躍も見所。

『スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス』
『スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃』
『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』






・スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ』銃を構える4人/ルーク(マーク・ハミル)、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)、レイア(キャリー・フィッシャー)、チューバッカ
 
 帝国と反乱軍の戦いを軸に、辺境の惑星で育ったルークの成長譚。
師や友人と出会いながら成長していきます。

 映像は、CGへ差し替えが行われた改定版になります。
最新版では、合成部分や、新規追加分の違和感が大分減って見やすくなってます。

<収録作品>
『スター・ウォーズ 新たなる希望(エピソードIV)』
『スター・ウォーズ 帝国の逆襲(エピソードV)』
『スター・ウォーズ ジェダイの帰還(エピソードVI)』





 ■ 単体発売 


 各エピソードの単体発売版。




● アナキン世代パート

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/EP3』アナキン(ヘイデン・クリステンセン)/ライトセーバー構える・斜め

 アナキンスカイウォーカーがダースベイダーになるまでの話。
オビワンやジェダイとの確執。ルークとレイア誕生までを描きます。




・スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス スチールブック仕様

スター・ウォーズ エピソードI/ファントム・メナス スチールブック仕様 [Blu-ray]
ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/EP1』隠れる4人/オビ=ワン(ユアン・マクレガー)、クワイ(リーアム・ニーソン)、アナキン(ジェイク・ロイド)、アミダラ(ナタリー・ポートマン)


 1999年に公開。
スターウォーズシリーズで最も初めの話になります。

 若きオビワン。そして新キャラのジェダイマスター『クワイ=ガン・ジン』が格好いい。
お姫様役に選ばれたナタリー・ポートマンも素敵。

 パッケージは新キャラのダースモールが強烈。16年ぶりに作られ、進化した映像が話題となりました。







・スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃 スチールブック仕様

スター・ウォーズ エピソードII/クローンの攻撃 スチールブック仕様 [Blu-ray]
ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/EP2』ヨーダ/構える

2002年公開。

帝国の創立に至る兆しの解説が軸。主人公の自分探しや恋愛、他キャラは対立が主になってます。
盛り上がりにかける感じ。

 見所はヨーダVSドゥークー伯爵の対決。
ヨーダが始めてみせる激しいアクションが話題になりました。







・スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐 スチールブック仕様

スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐 スチールブック仕様 [Blu-ray]
ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/EP3』抱き合うアナキン&アミダラ/アナキン(ヘイデン・クリステンセン)、アミダラ(ナタリー・ポートマン)


 2005年公開。アナキン章もいよいよ結末へ。

 アナキンのダークサイドに落ちていくようすを描くのですが、いまいち動機が弱く感情移入できません。
アクションはインフレ気味となり、飽和した感があります。見所であるはずのオビワンとアナキンの火山での対決も冗長気味。
当然ながら、エピソード4へつなげるためバッドエンド。悪に墜ちるための唸らせるようなドラマ、葛藤は描かれずあまり面白くない。

見所は、ヨーダVSパルパティーン。アクションと強烈なフォースの激突が見られます。






● ルーク世代パート

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ』ルーク(マーク・ハミル)/銃を撃つ


初期三部作。

 帝国と反乱軍の戦いの中、ルークスカイウォーカーの成長と
ジェダイ騎士と暗黒面側との戦いが描かれます。



・スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望 スチールブック仕様

スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望 スチールブック仕様 [Blu-ray]

ブロマイド写真★『スター・ウォーズ』ダース・ベイダーVSオビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)

 1977年に劇場公開された第一作。話が一番良くまとまっており傑作。

田舎で鬱屈を溜める青年が活躍したい、感情移入しやすい状況から始まり、師との出会いで使命を感じ仲間たちと成長します。

 マークハミルやキャリー・フィッシャーも若く、いきいきしています。名優ピーターカッシングも登場。

 黒澤明の「隠し砦の3悪人」が話のベースになっているいわれてます。 あらすじが”謎のお姫様を若者と隠遁していた騎士が救う”という、まるで時代劇のような分かりやすい話で、日本人も楽しみやすい話。

 ピーターカッシング演じるターキン総督が、操る超兵器デススターと反乱軍との抵抗も、破壊兵器発動までの時間の枷(カセ)があり盛り上がります。

 映像は、1997年にCGへ差し替えが行われた再公開版以降のものになります。最近は、修正が進んでかなり見やすくなりました。






・スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲 スチールブック仕様

スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲 スチールブック仕様 [Blu-ray]
ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』ヨーダ/アップ

1980年公開。世界共通ポスターは、SFイラストで有名な日本人の生頼範義さんが担当されました\(^O^)/

 エピソード4から3年後が舞台。中間エピソードとなりタイトルの通り帝国の巻き返しパート。
制作はかなり波乱の中作られました。特殊効果のジョン・ダイクストラが「宇宙空母ギャラクティカ」でルーカスと揉めて参加せず。 脚本家が亡くなったり、マークハミルが事故にあった影響か、ストーリーはハンソロの軸が加わり、宇宙版インディジョーンズの雰囲気も持ちます。

 前作とうって変わった、雪上でのアクションや巨大生物。メカも一新されスノースピーダーや帝国の新兵器AT-ATが目新しい。隕石飛び交う中でのチェイスも流行を生みました。

 ストーリーは、ルークが自分の出自を知るのが鍵。 ~ただしインパクトを得るために、妙な家族構成をこじつけた違和感は否めない。実際ルーカスも後年に後付けの設定だったと告白しています。 しかし、話は新登場のヨーダとの特訓や各キャラに深みが出ており、新しい魅力があります。

 焼き直し感が強いスターウォーズの作品中で「帝国の逆襲」だけは、独自の雰囲気が強い。
中間パートながら面白くてかなり成功している作品。







・スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還 スチールブック仕様

スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還 スチールブック仕様 [Blu-ray]
ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』ダース・ベイダー師弟と軍隊
ブロマイド写真★『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』イウォーク族の長老たち

 1983年に邦副題「ジェダイの復讐」として公開。

帝国と反乱軍の戦いもいよいよクライマックス。冒頭は、ハンソロの奪還から始まり見応え充分。ルークも強くなり成長しています。

 そしてヨーダの元に戻ったルークは、自分の出自とレイアとの関係を知ります。

 エンドアの可愛いイゥオーク族。 宇宙での反乱軍の総力戦が見所。
ミレニアムファルコンとXウィングによる再建デススターへの突入も格好いい。これもかなり他の映画やゲームに影響を与えました。

 やや子ども向きになった感じと焼き直し感がありますが、緑の惑星や新種族の目新しさや映像の挑戦もあり人気となりました。
抵抗兵士やチキンウォーカー。森林の中でのチェイスやイゥオークと協力しての戦闘は見応え充分。

 悪の権化、皇帝とダースベイダーとの闘いも終止符が打たれ大団円を迎えます。
遠回りしましたが、アナキンは悪に打ち勝ち、やっとライトサイドのジェダイになりました。




■ 最新シリーズ 


スターウォーズ・フォースの覚醒 2016年 カレンダー 壁掛け

新世代となります。
主人公「レイ」とダークサイド「カイロ・レン」が対決。
ルーク世代も健在。次世代との橋渡しも見どころ。



・スター・ウォーズ/フォースの覚醒  MovieNEX

アート・オブ・スター・ウォーズ/フォースの覚醒

 ディズニーの販売となり、MovieNEXで発売。
MOVIE NEXは映像媒体のセット品。セット内容=[ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド)+MovieNEXワールド(サイト)]
 簡単に言うとブルーレイとDVD、ストリーミング配信(ネットで見られる)のセット。~ 例えばブルーレイだけなどの単体販売は無し。

 エピソード7となる新作「フォースの覚醒」。帝国の逆襲から32年ぶりとなる後継作。ルーカスフィルムがディズニーに売却されて初の作品になります。

 シリーズが持つ正義と悪の対立。そしてキャラの成長がテーマ。
 帝国や反乱軍の戦いは続いており、帝国を継ぐファーストオーダーとレジスタンスとの争い。ジェダイの血を引く女性の「レイ」が主人公。 ファーストオーダーから脱走したフィンと知り合い、ダークサイド側でダースベイダーを継ぐ野望を持つ「カイロレン」と対立する。

 旧作のキャラでハンソロやレイア、チューバッカやR2、C3-POも登場。ルークは伝説の騎士。 その他はアクバー提督など脇キャラも多く登場しファンも展開が楽しみです。

 話の鍵は、ルークが使っていたライトセイバーが重要なアイテムになってます。







■ その他


 スターウォーズの理解を助ける、派生作品




・「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

 第3作と4作の間を橋渡しする作品。
反乱軍側のはぐれもの「ローグワン」のメンバーが、デススターの設計図を手に入れるべく奮闘する話。
映像レベルが高く、キャラにも魅力がありとても面白い。

・「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のBD,DVDがいよいよ登場。映画のお勧めポイントや販売版の解説
http://analog-to-digital.seesaa.net/article/448705392.html




・『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』

制作は20世紀フォックス。2Dアニメです。
放送は2003年11月10日 - 2005年5月29日に行われました。

『エピソード2/クローンの攻撃』と『エピソード3/シスの復讐』の間の話。
ルーカスも脚本に関わっており、映画の伏線を多く回収しています。


>スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME ONE [DVD]




>スター・ウォーズ クローン大戦 VOLUME 2 [DVD]








・スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ シーズン1-5 コンプリート・セッ ト(14枚組) [Blu-ray]

スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ シーズン1-5 コンプリート・セッ ト(14枚組) [Blu-ray]

ルーカス公認のスピンアウト作品。
製作はワーナー。3DCGアニメで 放送は、2008年10月3日 - 2014年3月7日
クローン大戦を描いています。





■ 書籍



・アルティメット・スター・ウォーズ (完全保存版大百科) 大型本 – 2015/11/10

 発売されたばかりの大型本。
海外本の翻訳版です。オールカラー320ページ。

 スターウォーズの正史に関する情報、設定が載っています。




・スター・ウォーズ ニューズウィーク日本版 SPECIAL EDITION 『フォースの覚醒』を導いたスター・ウォーズの伝説 (MEDIA HOUSE MOOK) ムック

 年表やキャラについてなど書かれた入門本。キンドル版も有ります。
大きな写真が多く内容は薄め。パンフレットのような本です。

 




■ ゲーム


・Star Warsバトルフロント2015 | PlayStation 4
エレクトロニック・アーツ

 最近 話題のゲームと言えば、Star Warsバトルフロント
同盟軍、帝国側にもなれるし、
オンラインゲームも可能。スターウォーズの舞台を使い、FPS,空中戦や、地上戦が楽しめます。





■ アイテム



・スター・ウォーズ フォースの覚醒 エレクトロニックライトセーバー ルーク・スカイウォーカー
タカラトミー

 スターウォーズといえば、ライトセーバーですね。

 伸縮と電池を使って発光、サウンドの再生可能。
起動音、稼動音、衝撃音、収納音も再生可能。





・スター・ウォーズ フォースの覚醒 エレクトロニックライトセーバー カイロ・レン2015/11/14
タカラトミー

スター・ウォーズ フォースの覚醒 エレクトロニックライトセーバー カイロ・レン

発光、伸縮が可能。
起動音、稼動音、衝撃音、収納音も再生可能。






■ まとめ、感想

 語りたいことは沢山ありますが、なるべく各エピソードを分かりやすく紹介してみました。
公開される度に、凄いブームを巻き起こすスターウォーズ。今回はどうなるか楽しみです。


■ 更新情報

2019年03月12日 IKG削除
2017年07月01日 ヤフオクリンク削除、文章調整、区切り線追加、「フォースの覚醒」解説をまとめ後半に移動、「ローグワン」リンク追加。
2016年03月31日 フォースの覚醒 MovieNEX追加
2016年01月10日 あらすじ追記、修正

この記事へのトラックバック