尾崎豊生誕50周年記念製品が発表 アナログレコードボックス、カセットテープ復刻、トレジャーボックスも

icon
icon

 こんにちは。
尾崎豊の生誕50周年記念の製品が発売されます。


今回は、3点の記念製品。
尾崎豊生誕50周年記念 アナログボックスセット「RECORDS:YUTAKA OZAKI」とカセットテープ「十七歳の地図」,トレジャーボックスOZAKI・5を紹介します。


■ 生誕50周年記念について。


 尾崎豊生誕50周年記念として、新しい製品が登場します。
アナログレコードで、オリジナルアルバムの復刻。また、デビューアルバムのカセットテープ
そして、尾崎の写真や肉声cdなどの詰め合わせも発売されることが決まりました。

RECORDS : YUTAKA OZAKI(完全生産限定盤) [Analog]

・ アナログボックスは、ファーストアルバム「17歳の地図」から、最後の「放熱への証」まで。
今回、嬉しいのはソニー在籍、復帰時代だけでなく、MOTHER&CHILDREN時のアルバム「街路樹」も入っています。
また、嬉しいのは、『誕生』『放熱への証』は初アナログ化となりました。限定生産での発売です。

・ カセットテープは、「17歳の地図」が発売。こちらも完全限定生産。 

・ トレジャーボックスは、写真や肉声cdなどファンの喜ぶ詰め合わせ

icon
icon



● 発売時期、背景について。

 音楽を聴くには、時代背景を理解することが大事ですよね。
今回は、尾崎の全アルバムとデビューアルバムの復刻ですので、尾崎豊の歴史をざっと紹介してみましょう。

十七歳の地図

 尾崎がデビューしたのは、1983年12月。ソニーからプロデビューしました。
どちらかと言えば、アコーステイック寄りだった尾崎の外観、曲調ですが、
須藤晃さんがプロデュースを担当し、当時須藤晃が担当していた浜田省吾や、佐野元春のスタッフが入り、ロック色が強くなってスタートしています。

 そして、1984年デビュー後初ライブ。「自由じゃなきゃ意味がねえんだよ!」過激な挑発ぶりは、最初のライブから全開でした。尾崎は、10代の気持ちを歌い、口コミを主体にしたこと、写真をあまり出さない戦略が人気をあおり、ライブの凄さと合わせながら、尾崎豊は急速に人気を高めていきます。10代3部作とよばれるアルバムを発売。第2次ベビーブーム世代が、学生時代になることと重なり、抑圧された若者の代弁者として、カリスマのような人気を集めます。

 1985年は、日本は景気回復、拡大の時期でしたが、急に円高が進んで混迷を迎えようとしていた時期です。
翌年からは、「バブル」を迎え、景気の過剰な上昇、狂乱とも言える消費社会を迎えていきます。激動の1985年に、10代最後のツアーを行います。

 尾崎は、20代となり、方向性に悩み迷走します。
尾崎豊は、過激さが、メディアに取り上げられることが多かったものの、詩を重んじた歌詞。ささやかな日常を描く名曲や、時折ライブで見せる丁寧な態度、言葉でも分かるようにかなり、繊細な神経を持ち合わせていました。

 尾崎は活動休止にはいり渡米。
87年に帰国し、レーベルをソニーから、マザーチルドレンに移します。覚醒剤取締り違反で逮捕。

 そして、結婚し、長男が誕生。再び、ソニーに戻り、「誕生」を発売。独自で事務所を設立。
母の死、対人関係の悪化。尾崎は、自暴自棄になっていきます。
1992年4月25日に、街中で泥酔した状態で発見され、病院に搬送され死亡。26歳の人生でした。

5月10日に最後のオリジナルアルバム、「放熱への証」が発売。
 

■ 尾崎豊作品の高音質化の歴史と、感想


 今回アナログが復刻するのは、現在のオーディオブームがかなり関係しているでしょう。
高音質化を絶えず続けるソニーは、何回も、さまざまな高音質媒体が登場する度、尾崎豊の作品が選ばれてきました。

 マスターがアナログテープであり、高音質の行き着くところは、結局アナログになります。
さまざまなメディア、高音質化を経て、結局アナログに戻りました。

 CDが普及したのは、音質が良いからではなく 単に売る側の論理で、在庫管理が楽、省スペースで済む、プレスが容易、輸送も楽など多くの利点が有るから。弱点もありますが、高音質を手軽に聴けるのは、アナログ媒体です。

 どういう、製作行程を経て再販されるのか、謎も残りますが 現在、高音質で聴くのならば、2015年11月15日に復刻するアナログレコードが最強でしょう。


■ 特長と ネット通販各社 購入用リンク


RECORDS : YUTAKA OZAKI(完全生産限定盤) [Analog]

 製品の特長と購入用リンクを紹介します。

● 購入用リンクの使い方 

商品写真と、横の商品名リンクは、基本としてamazonへのリンクです。
なお、他のネット通販販売品を見たい場合は、
○○で検索をクリックすると、通販サイト内からの検索結果を表示します。



・アナログ版 > RECORDS : YUTAKA OZAKI(完全生産限定盤)
 23,148円(税抜) 25,000円(税込)
11月25日(水)に発売 予約受付中

「誕生」と、「放熱の証」は今回初のアナログ化。
「誕生」は、LP三枚組のボリューム。

>ソニー公式 販売リンク SonyMusicShop
ソニーミュージック - 尾崎豊の作品ページ
icon



>ネット通販




■ カセットテープ  十七歳の地図【完全生産限定盤/カセットテープ】

懐かしのカセットテープ。
スペシャルボックス入り特殊仕様

>ソニー公式 販売ページ
ソニーミュージック - 尾崎豊の作品ページ
icon


>ネット通販




・【完全予約限定】OZAKI・50(トレジャーブック+写真集+CD+オリジナルプリント)

icon
icon

ソニーミュージック限定品。

トレジャーブック+写真集+インタビューCD+オリジナルプリントの詰め合わせです。

2015年11月、生誕50周年を記念して、手書きノートやチケットなどの特製レプリカを満載したトレジャーブック,未発表写真を含む写真集、インタビュー肉声収録CD、レア写真オリジナルプリントをセットにした豪華ボックス。 監修は音楽プロデューサー、須藤晃。デザインと写真は尾崎作品の全てを手がけてきたデザイナー、田島照久。

● 製品内容 

icon
icon

[1]トレジャーブック「SCRAP ALLEY」

菊六切判(天地260×左右240)/オールカラー/74ページ
ギターピック、コンサートチケット、直筆ノート、直筆セットリスト、直筆手紙などを特製レプリカしたトレジャー(宝物)を本から取り出せる特別仕様。
国内男性アーティストのトレジャーブックは尾崎豊が初。

[2]写真集「ALTERNATIVE」

菊六切判(天地260×左右240)/オールカラー/204ページ
田島照久氏の写真・デザインによる写真集。未発表写真も含む。

[3]インタビューCD「TEENAGE BLUE」

尾崎豊10代の肉声=初公開インタビュー音源を収録。
CBS・ソニー出版(現エムオン・エンタテインメント)発刊の音楽雑誌、『GB』『PATi PATi』用取材音源('84年1月~から'85年11月)から抜粋。収録時間約70分。
インタビュアーは音楽ライター、藤沢映子氏。

[4]オリジナルプリント
田島照久氏が撮影した尾崎豊の膨大な写真の中から厳選した1点を紙焼きにしたオリジナルプリント。サイズ=B5。

[5]収納用豪華特製ケース

 いいとは、思うんだけど、ちょっと高いですね。
本当は、コンプリートボックスに特典として着けるべきなんでしょうけど、価格を抑えるため、もしくはバッシング対策に分けたのかなぁ・・と思いました。

→ 販売リンク
ソニーミュージック - 尾崎豊の作品ページ
icon




● 高音質版のあゆみ

TEENBEAT BOX~13th MEMORIAL VERSION~

 尾崎豊は、無くなった後も、人気が高いことと、
高音質化を進めるソニーに所属していたこともあり、新製品での高音質化対象に度々なってきました。

 現在まで、高音質化として発売された尾崎作品を紹介しますね。

2004年10月27日にSuper Audio CDで、TEENBEAT BOX ~ 13th MEMORIAL VERSION ~ [SACD Hybrid] [期間限定生産]が発売(現在は製造中止)
SACDは、凄いスペックですが、対応機器が少ない、デジタル出力が出来ないのが難点。
今は、中古で6~9千くらいで売られています。

2009年にBlu-spec CDで、オリジナル・アルバム6作品とベスト『愛すべきものすべてに』がリリースされています。24ビットのマスターからリマスター。ブルーレイ素材と技術で作られたCDです。

 ブルースペック版が好評で売れ行きが良かったことから、
2013年に再び、『Blu-spec CD2』版として、アルバム6枚、ベスト盤が発売。
現在こちらは、幾つかのアルバムが新品在庫で手に入ります。

2014年に、ハイレゾ版「ALL TIME BEST」が、ソニーのダウンロード販売サイト「MOLA」で発売されました。
形式はサンプリング周波数96kHz、ビット数24bit。現在でもダウンロード可能

ALL TIME BEST(初回生産限定盤)(DVD付)



● 発売の感想と、まとめ

 尾崎豊は、死後、商売がひどいのは有名。
ベスト盤の乱発や抱き合わせ商法にはうんざりで、レビューなどでファンの怒るコメントを良く見かけます。
私もあまり、興味が無いのですが、オリジナルアルバムの再発や、高音質化は歓迎します。

 ただ、ひとつ、ボックスの写真はいただけなぃなぁ・・。
「17歳の地図」のジャケットの素材用写真でしょうが、こんな、楽屋落ちというか、ネタバレ写真をボックスの表紙で出さなくても良いでしょう。本人が生きてたら怒るだろうし、誰も止めなかったのが疑問。惜しい点だと思います。 ライナーノーツで、苦労話に使えば良かったのにと思いました。

 さて、製品自体は良いです。
オリジナルアルバムに絞った選択。1stでのテープ発売はかってのファンや、オーディオファンには嬉しい所。
新調したオーディオシステムで再生するソフトがある、気に入ったアルバムがあるなら、なお嬉しい。

 原点回帰といえる、アナログの復刻は、多くのファンに取って朗報です。

 新しい世代が、尾崎豊に触れるきっかけにもなるし、 
レコードプレイヤーや、ラジカセ。カセットデッキの復刻の原動力になるといいな


■ 関連、参考サイト

SonyMusicShop
Sony Music Shop


>尾崎豊生誕50周年記念 アナログボックスセット「RECORDS:YUTAKA OZAKI」発売決定!
2015.08.21
http://www.sonymusic.co.jp/artist/YutakaOzaki/info/457959

・尾崎豊生誕50周年記念第2弾 『十七歳の地図』カセットで復刻決定!
2015.09.01
http://www.sonymusic.co.jp/artist/YutakaOzaki/info/458353


■ 更新情報
2014年11月24日 KRB追加





・アナログ版 > RECORDS : YUTAKA OZAKI(完全生産限定盤)

>ソニー公式 販売リンク
ソニーミュージック - 尾崎豊の作品ページ
icon



>ネット通販


■ カセットテープ  十七歳の地図【完全生産限定盤/カセットテープ】

>ソニー公式 販売ページ
ソニーミュージック - 尾崎豊の作品ページ
icon



>ネット通販


・【完全予約限定】OZAKI・50(トレジャーブック+写真集+CD+オリジナルプリント)

→ 販売リンク
ソニーミュージック - 尾崎豊の作品ページ
icon




この記事へのトラックバック