インストールだけで音が良くなる? SRS AudioEssentialsを試してみた。

こんにちは。 

 簡単にパソコンの音質が良くなるソフトがあると嬉しいですね。

パソコンの音質を良くする方法は、色々あって
ヘッドホンや外付けのスピーカーを付けたり。外部DACを付けたり、ソフトでは再生用のプラグインを変えたりする方法があります。

 今日は、パソコンにインストールするだけで音が良くなると言われているソフト。
srs audio essentialsを試して見ました。

■ srs audio essentialsとは 


 パソコン用のソフトで、再生時に音質を変化させます。
パソコン上では、メディアプレイヤーのようなソフト、操作パネルを使います。 音質や、スピーカーのモードを変化させられます。

 ソフトウェアの動作自体は、DSP(Digital Signal Processing)を行い、GUIが付いています。

● 試して見た

 現在は、公式にフリー版は存在してないようでツールのダウンロードサイトを使用しました。
名前は、SRSAudioEssentials_1_0_45_0.exeで検索すると出てきます。

 インストールは簡単で、srs audio essentialsのフリー版をダウンロード。
インストール後に起動すると、出力するデバイスの選択画面が出ます。

 あとは、ソフトを起動。
使用は電源のオンオフで可能。
フリー版で使用できるのは、音質がゲームと音楽。出力が、PC用、スピーカー用の2点。、


● 音質は? 色々音楽を聴いてみました。

 SRS Audioは、良いところもあり、悪いところもありです。

外部のアンプにつなぎ、スピーカーで音質を確認してみました。

 雰囲気としては、イコライザーで、ボーカルの部分あたりを上げたような音。

 良い点としては、ボーカルが聞き取りやすくなり、浮かび上がります。
音場がスッキリとする感じ。ボーカルメインの静かな曲では、良いです。福山雅治の曲では、良い感じでした。
あと、昔エンコードして、古くて音質の悪いMP3も音がはっきりします。

BABYMETAL(通常盤)
BABYMETAL(通常盤)

 ただ、悪い点として、ベースやドラムの音が大きくなると音が割れます。
 なんだか、出力ゲインが高すぎて音割れするのに似ています。あまり、上品な音には感じません。
私は、BABYMETALを聴いてみたのですが ヘビメタなど賑やかな曲ではダメなようです。

 私がお勧めする、使い方としては、ラジオや英会話を聴くのに使う
もしくは、小音量がメインの方や、ノートパソコンには良いと思われます。

■ まとめ

 全体の感想としては、長時間聴くには辛く感じます。
カーステレオやシスコンでプリセットされている、極端なイコライザーや
DSPの雰囲気が近いように思います。

 悪いばかりとは言いません。 私の環境では合いませんでした。
もしくは、高ビットレートのファイルや、FLACなどの音源には使えないのかも知れない。

 ただ、現在では有料版の新しいものがあったり、技術を利用したヘッドフォンがあるようです。、
機会があれば、そちらを試して見たいと思います。



■ 更新情報

■ 参考、関連リンク

 DTS
http://www.dts.com/splash/audio-essentials.aspx


この記事へのトラックバック