お勧め映画 SF映画の古典『メトロポリス』の解説と各版の紹介

メトロポリス [DVD]

 SF映画の名作というと、あなたは何を思い浮かべますか?
多くの人はスターウォーズ。またマトリックスやアバターを思い浮かべるでしょう。

 しかしSF映画を作ってきた監督達の誰もが影響を受けたと口を揃え、日本でも手塚治虫や大友克洋などの巨匠が感化された作品がある。

 それが『メトロポリス』。SF映画の原点であり傑作。
今日は、映画『メトロポリス』の見所や感想を紹介します。


■ 『メトロポリス』解説。発表年度と公開バージョン解説


メトロポリス映画ポスター24X36未来不気味フィルムGEMカルト 平行輸入

 『メトロポリス』は、フリッツ・ラング監督により1927年にドイツで制作された無声映画。エキストラは3万人を超えて、セットは豪華で衣装や自動など。莫大な制作費が投じられました。

■ 映画のあらすじ



Clipboard06hkjhjkh / quapan


舞台は2026年。公開当時から100年後の未来となり、メトロポリスと呼ばれる都市が舞台。

 メトロポリスは進んだ未来都市だが、下層では労働者達が過酷な労働を強いられてた、ストーリーは脳と呼ばれる上流階級と手と呼ばれる労働者関係と対立を描く。

 そこに主人公フレーダーと労働者の娘マリアの恋物語。フレーダーの父で支配者であるフレダーダーセン。 かっての恋敵である科学者が関わる。フレーダーはマリアに一目惚れし、階級の垣根を越えて彼女を追う。その途中でメトロポリスの歪んだ支配構造や過酷な労働を体験する。

asdfasdf
asdfasdf / quapan


 科学者ロトワングはフレダーの母ヘルにかって恋心を持っており、フレダーセンを憎んでいる。そこで登場するのが有名なアンドロイドでマリアとすり替わり、メトロポリスを破滅へ導く。その中でフレーダーの活躍。労働者と階級の差を超えて、崩壊するメトロポリスを救えるかが見所。






● 各年代の配給について


Metropolis (1927) / twm1340


 映画保存協会のメトロポリスのデータを参考に解説する。

1924年にラングと妻がシナリオ製作開始。2015年5月22日に撮影開始して翌年10月に完了。大長編作品で1927年1月10日のベルリンでプレミア上映されて上映時間153分でオーケストラが付きました。

1926年10月にアメリカでの配給時に利益を上げるため大きくカットされる。フレイダーの母ヘルに関するシーンが削除されて、博士がアンドロイドを作る動機付けと復讐の根源が無くなってしまう。そして影の男の追跡シーン,ヨシワラでのシーンが削除。

その後は各国の配給会社も短縮に追随して、配給はアメリカ編集バージョンが主流になる。

 しかし巨大な制作費用は回収できず、本国の制作会社は倒産。そして第2次世界大戦が起きフィルムは散逸してオリジナルは幻となる。

 制作時のフィルムと公開時の長さの比較は、なんと148:1。作品の全容を知る事は不可能になっています。そしてフィルムが発見されても、撮影に多くのフィルムが使用されたため配給用か編集用なのかの判別が困難で復元に大きな問題を残している。


"Metropolis" (1927 film) / Archives New Zealand





● 戦後の再公開

Metropolis (1984 Re-release Of 1924 Film)

 戦後も再公開、編集版が各国で公開される。

 有名なバージョンは1984年に作曲家ジョルジオ・モロダーが手がけた”モロダー版”。メトロポリスのファンであるモロダーが収集していたフィルムに着色して音楽を付けて劇場公開。モロダー版は古典映画にモロダー自身やフレディ・マーキュリー等の有名ミュージシャンの音楽を組み合わせて、一般に見やすくする・古典映画に触れやすくするという功績を残す。反面、中間字幕の排除でストーリーの整合性に欠陥を作ってしまう。



 2001年にマルティン・ケルパーが復元。新発見されたフィルムを追加した123分版が発表。デジタル編集で復元が進行した。2006年にDVDで発売。初演のオーケストラ伴奏も復元された。なお2001年復元版はユネスコにより映画で初めて世界記憶遺産に登録されました。

 2008年に今まで未発見だったコピーが発見され、状態が悪いフィルムですが、既存のアーカイブに追加編集され150分版が公開。




● 現在作品を観る方法

 現在では作品を見る方法はDVDやBlu-ray。ブルーレイ版では解像度が上がり、モノクロで状態の悪かった映像が、大分細かな部分まで観られる。

 なお1927年版はパブリックドメインとして公開されている。






■ メトロポリスの魅力。


Metropolis
Metropolis / atharva80


 80年前の無声映画ながら構成は現代映画に近い物であり古い映画と構える必要は無し。アップやロングショット、複数のドラマの進行などの技術が既に使われている。

 見所を紹介します。



● ストーリーとテーマの魅力。


sdfasdfas / quapan


 巨大都市の破壊と暴動の阻止というドラマも魅力ですし階級を超えた邂逅や恋物語という普遍の構成。

 テーマは資本主義や共産主義の歪みを指摘している。支配者と労働者の対立は人類が抱えてきたテーマで、古くはバベルの塔設立の神話やソロモンの伝説を織り交ぜながら問題提起をしていく。メトロポリスの持つ問題の根深さを理解し、対立をどうやって乗り越えるかが見所。

 そしてマリアが予言する、”心(Mediator)”と呼ばれる存在。脳と呼ばれる上流階級と手と呼ばれる労働者の差を埋め橋渡しをする存在が問題解決の鍵となる。対比を際立たせるためにロボットマリアが投入され、メトロポリス自体と合わせて”心”の不在は破滅を招く様が描かれている。




● 世界観。


Der neue Turm Babel / quapan


 多くのSF作品に影響を与えた世界観が魅力。
巨大な高層ビル。庭園。豪華な衣装。そしてアンドロイドは美しいロボットを視覚化した。


ArbeiterInnen stürzen aus ihren Häusern / quapan


 巨大セットや数千人規模の群衆シーンは圧巻。2001年版以降では地下都市の洪水や群衆シーンなどの見所が多く追加された。



● 人物描写

Clipboard16asdfas
Clipboard16asdfas / quapan


 魅力は俳優陣の演技力の高さ。
主役のフレダーの細かい表情。2役演じるマリアの表現力。脇役にいたるまで演技力は高い。


gfgdfgsdfg / quapan


 そして引き込まれるのはフレダーの魅力。最初はただの”金持ち息子”で、序盤は一目惚れしたマリアを追いかけるだけだが、途中で出会った過酷な労働現場を観たり、労働者を助けるうちにメトロポリスの歪みを訂正しようと行動する。やがて自分の役割を認識し、労働者のなかへ飛び込んでいく。沈み行く地下から子どもたちを助け、不和を乗り越える救世主になる。




■  関連商品 



burn-1294593__340.png



 現在手に入れられるメトロポリスの製品を紹介。

 メトロポリスは多くのバージョンが発売されています。気になる方や「また観たい!」 あなたのために紹介しますね。


■ メトロポリス 完全復元版 


メトロポリス 完全復元版  (Blu-ray Disc)

 現在の最新バージョン。2008年に発見されたフィルムが追加されている。 現在手に入るメトロポリスのメディアでは最長で150分版となる。 

 音質もが質も良い。そしてストーリーは、より深く理解したい&未発見だった映像を見たい方に向いているバージョン。たとえば数秒の表情や仕草を見せるカットも復元し追加されている。大きな欠落部分ではアメリカ版でカットされ長く謎だったヨシワラのシークェンス、ヘルの像の前でのフレダーセンと博士の会話、影の男の行動洪水からの脱出シーンなどの映像が追加された。 難点として追加フィルムの状態が悪くて、復元シーンが多い所では視聴時に気がそれる。


 日本語字幕入り。

・(Blu-ray Disc)2010






・メトロポリス 完全復元版(2枚組)2011 DVD





■ メトロポリス [DVD] 2006


メトロポリス [DVD]


 2001年ベルリン映画祭で公開されたバージョン。

 当時新発見されたフィルムを追加。変更された中間字幕もオリジナルに戻し、動く映像が現存しない箇所は文字説明が追加。復旧はデジタル化され編集が行われている。 

 フッペルツ作曲の原曲伴奏付で音楽も場面に良く調和している。モロダー版に比べて追加シーンが多くて字幕も多い。また全体の画質が整っており一番ストーリーが理解しやすいバージョン。例えば冒頭でメトロポリスが映る部分や、バベルの塔での群衆シーンなどモロダー版では見づらかったセットの詳細が分かり、また特撮や撮影技術のすごさが分かる。

復活したシーンも多い。メトロポリスの話しを理解する・視聴を楽しむのに最も向いているバージョン。




■ 1984年公開 モローダー版

Giorgio Moroder Presents Metropolis1984

Giorgio Moroder Presents Metropolis [DVD]

 1984年に公開されたモロダー版。

オリジナル至上主義の方々に辛く言われることもあるが、84年当時にモロダー版は、マニアが知るのみだった古典SFを一般に普及させることに成功した功績もある。

 当時入手しうるフィルムと写真を使用し編集しカラー彩色も行われた。強みは音響面に力が入れられてモロダーと当時の人気アーティストが参加し音楽と効果音が加わる。映像はQUEENの『RADIO GA GA』やフレディのソロ曲『Love kills』のMVにも流用されている。 

 モロダー版は導入部の解説と音楽から異様なカッコよさ。そして場面に応じた曲が、雰囲気を盛り上げて音楽の力を感じさせり。重々しいモロダーの曲”Machine”や、マリアと出会った時とラストにかかる”Here's My Heart”は素晴らしい。

 欠落部分が多くてストーリーが把握しづらいが、それがスピード感にもつながる。私が初めて観たのはモロダー版で興味本位でレンタルビデオで友人と観たがあまりのセンスの良さに驚き、ストーリーにも感動した。

 ただ現在流通してる物で日本語字幕版が無いのがかなり残念。



・Giorgio Moroder Presents Metropolis [Blu-ray]

 現在入手しうる、高画質のモロダー版。
残念なことに日本語字幕無し。

リージョンA: 南北アメリカ、東南アジア、日本、朝鮮半島、台湾
言語: 英語
字幕: 英語, フランス語, スペイン語






・Giorgio Moroder Presents Metropolis [DVD]

リージョン1なので、リージョンフリーのプレイヤーかDVDが必要
日本語字幕無し。





■ サントラ


・ゴットフリート・フッペルツ:映画音楽「メトロポリス」 CD, Import
Huppertz Gottfried (アーティスト) 形式: CD

 完全復元版のサントラ。雄大な音楽です。






・ 1982年のモロダー版サントラ。

モロダーの曲と当時の有名アーティストの挿入歌が収録。国内版も発売されており、CDは私も持っています。日本語ライナーノーツが付く。

 80年代の人気アーティストが揃う。曲も良い。冒頭の地下労働場へ下っていく時の重々しい音楽”Blood Frome Stone”。マリアを観た時とラストで掛かる”Here's My Heart”は内容とよく調和して素晴らしい。

 現在流通が多いのは輸入盤。






■ 廉価版

 この版は私は未視聴なので、データからの紹介。



・メトロポリス / Metropolis CCP-315 [DVD]
アルフレート・アーベル (出演), ブリギッテ・ヘルム (出演), & 1 その他 形式: DVD

気楽に手に入る廉価版で118分バージョン。オリジナル版として流通する映像に、版権フリーのクラシック音楽を付けた製品のようです。

画質が悪く欠落部分も多くて価格が安いのだけが強み。 あまりオススメできません。





・メトロポリス 特別編 新訳版 [DVD]

119分版。

こちらも画質が悪く、版権フリーのクラシック音楽を付けた製品のようです。
日本語訳も一応付いてます。






■ その他

・メトロポリス [DVD] 2001

 手塚治虫の漫画をりんたろう監督と大友克洋脚本で映画化され2001年に劇場公開。

 大まかな設定、世界観は、フリッツラングのメトロポリスが下敷き。制作はマッドハウスなのでアニメとしての絵や動き、背景画は素晴らしい。

 作品全体に間延びした感じがあり、一言で言えば退屈。妙に遠い構図や大友克洋アニメ特有のフラットな展開と進行で軸が無く淡々と話が進む。人物に表情が無くて感情も深みもない。

 日本アニメ定番のロリコンと暴走。クライマックスの崩壊シーン。声優に素人が多いのも見づらい。
どうやっても盛り上がらないまま終盤になり、制作の好みか有名映画のオマージュか。レイ・チャールズの「I Can't Stop Loving You」が流れ始める。完全に破綻していて理解不可能で失笑しました。ジャズもそう。映像以外の何もかもが私には感覚が合わない。

 キツイ事を言ってますが、私はこの作品に関わった人を尊敬しています。手塚先生、大友先生の漫画本はほとんど持ってます。 制作陣は日本を代表する人達ばかり。 でもこの作品では、なんでこんなに退屈になったのか。私見を取り除き評価しようとしても『映像は綺麗』それだけ。面白いと思いませんでした。






■ 終わりに

 SF映画の古典。
SF好きのかたには、ぜひ観るのをお勧めします。

■ 参考、関連サイト

・ 増幅する『メトロポリス』に関するノート|映画保存協会(FPS)


ユネスコ 《世界記憶遺産》 _ Memory of the World|映画保存協会(FPS)

作品の雰囲気やざっくりとしたストーリーはフレディマーキュリーの『Love Kills』で分かる。本来はMVだが、『メトロポリス』をうまくまとめた構成になっている。





■ 更新情報

2019年3月22日 文章調整、あらすじと概略を前半に移動。
2017年7月10日 文章調整、ヤフオクリンク削除


この記事へのトラックバック