NHKを受信出来なくする用品、iranehk(イラネッチケー)登場 


NHKを受信出来なくする用品、iranehk(イラネッチケー)登場 


iranehk 関東広域圏向け地上波カットフィルタ― (UHF26,27ch用) IRANEHK-AK27AB26N
iranehk 関東広域圏向け地上波カットフィルタ― (UHF26,27ch用) IRANEHK-AK27AB26N
 
 こんにちは。

 最近は、「TVを観ない」という人が増えています。

私の友人でも、TVは持ってても ゲームで遊んだり、ブルーレイを観るモニター用途が主で、「面白くない、TV放送は見ていない」と言い切る人が何人かいます。
実際、TVの視聴時間はどんどん減っており、 ジャストシステムの調査によると 昨年から、若年層で、スマホの利用時間が上回っています。

 また、TVを持ってると、NHKの受信料が気になりますが、生活の事情や、NHKの関係者が起こす不祥事。
NHKの予算や公共性に疑問があるかたもいるでしょうし、色んな理由があるでしょう。支払いたくない人もいます。

 さて、そんな中、NHKの受信を不能にする機器iranehk(イラネッチケー)が登場しました。 特長と、購入リンク。 便利な周辺機器を紹介します。


■ iranehk(イラネッチケー)とは。 



 NHKが受信料を集める際の論拠として、
「受信する設備を設置したものは受信料を払わなければならない」として受信料を徴収します。

 イラネッチケーは、TVに付けることで、NHKを映らないようにする機器で、
つまり、”受信出来る設備に相当しない”ようにする訳です。


■ 購入用リンク


 機器としては、地上波用、BS用の2種類があります。


・iranehk 関東広域圏向け地上波カットフィルタ― (UHF26,27ch用) IRANEHK-AK27AB26N




・iranehk BSカットフィルタ― (BS-15ch用) IRANEHK-31BS15
iranehk







■ イラネッチケーの開発 論拠

 開発者の発表を観てみると、

 最初に、NHKの公共性や、予算についての疑問を上げられています。
そして、以下のように開発の経緯、目的を書かれています。

発表より 抜粋-----------

公共性を担保する仕組みが存在しない以上、国民にNHKと契約しない自由は保障されてしかるべきと考えます。
放送法64条には「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」とあります。
そこで、協会の放送を受信できない設備を設置するという選択肢を技術的に実現し、NHKと契約する・しないを選択する自由を国民に提供する目的で本装置を開発した

(中略)

NHKを視聴しながら受信料を払っていない人も多数おり、費用負担に著しい不公平があるのに、それが放置されている現状にあります。
NHKのみ受信しないアンテナが提供されれば、
「払わない人は見ない」が徹底され、放送法64条違反状態の低減が期待できるとともに、
国民の支持を得て契約者数を維持するための自浄作用によりNHKの放送法4条違反も低減すると期待されます。 -----------------抜粋 ここまで



■ イラネッチケーの解説。

 形状や動作方式としては、周波数フィルターとなっているようです。
つまり、混信防止用に特定周波数をカットするフィルターと同じようなモノだと思います。

 これを使うことによる、不払いの根拠は、放送法になるかな~と思います。

-------------
 放送法第64条(受信契約及び受信料)

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送[10]若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。
--------------

 司法判断が出たわけではないので、推測になりますが、
NHKの受信が出来ないようにすることで、放送の受信を目的としない受信設備に該当すると思います。



■ 周辺機器


 便利な用品

■ ケーブル


 ケーブルや変換端子を変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。

● 変換端子

 接続部を、L型に変換するアダプタ。





■ ■ 

 イラネッチケーを使うことによる、不払いは可能か。
 裁判などでの、司法による判断は未だ出ていないので これからに注目です。



文章を読みやすくするため、敬称は略させて頂いている場合があります。


■ 更新情報


■ 関連、参考サイト

視覚メディア研究室 ( Visual Media Laboratory )
http://vmlab.kz.tsukuba.ac.jp/jp/index.html


平成27年4月27日
NHKだけ映らないアンテナ開発についての当研究室の公式見解
筑波大学システム情報系准教授 掛谷英紀
http://vmlab.kz.tsukuba.ac.jp/jp/vmlab_nhk.pdf


■ 関連記事



この記事へのトラックバック