伝説の投手 沢村栄治さんの動画が発見される。 ~ 伝説の投手とその時代背景。今思うこと


 野球に余り詳しくない人でも知っているのが、沢村栄治さん。

 プロ野球創世時代に活躍した投手。
豪快な足上げフォームと剛速球は伝説で、誰もが一度は写真を見たことがあるはず。

 沢村栄治さんの全盛期は写真や練習風景の動画が残るのみで、プレイ中の鮮明な動画が残ってないと言われていた。
しかしなんと、沢村さんのプレイ動画が残っていたと明らかになりました。



■ 沢村栄治選手について


洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光

 沢村栄治さんは1917年三重県生まれ。プロ野球選手として活躍しました。

 有名な逸話では、 日米対抗野球で来日したメジャーに活躍し、ベーブルースを三振にした。アメリカ遠征でも好成績を収めました。そして、新たに解説した日本プロ野球チームのジャイアンツ前身である「大日本東京野球倶楽部」に入団。プロリーグが開始されると史上初のノーヒットノーランを達成、巨人に勝利をもたらし初のMVPに輝く。

 しかし戦争で何度も戦地に送られ、重い手榴弾を投げて肩を痛めてしまい、野球に戻っても成績が悪くなり解雇されました。

そして野球引退後に3度目の徴兵を受け、戦地に向かう沢村さんの乗った輸送船が敵の攻撃に遭い撃沈。27才の若さで亡くなる。 

戦場に散った悲惨な最期も、野球で遺した数多くの伝説と共に心を打ちます。



■ 沢村栄治さんを撮影した動画について





 さて、今回話題の沢村さんを撮影した動画です。

 私が知ったのは、昨日NHKで放送されたクローズアップ現代から。番組「幻の“日本シリーズ” ~フィルムからよみがえる選手たち~」によると、映像はフィルムで2分半ほど。撮影は繁岡ケンイチさんが趣味で取られていた映像。
 
 フィルムを見つけたお孫さんが「貴重なものかも」とフィルムの内容を確認するため、インターネットで公開したところノンフィクション作家の森田 創さんが目にとめました。州崎球場のドキュメント『洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光』を書かれていた森田さんは、”昭和11年の巨人とタイガースの優勝決定戦ではないか”と推測。

 情報を元にNHKがフィルムを復元、デジタル処理で高精細化しスコアやゼッケンが分かるようになりました。その後、野球殿堂博物館のスタッフと鑑定し、映像のプレイ内容と当時のスコアを検証し断定されました。


 映像は洲崎球場で昭和11年12月11日の東京ジャイアンツVS大阪タイガースの優勝決定戦。当時の球場や観客の盛り上がりも伝わる貴重な映像。

 ”洲崎球場は、満潮時には外野席に潮が迫った”という話どおりに、映像のグラウンド後方には海が迫り、実際に外野席は空けられていました。また試合終了後には、座布団がグラウンドに飛び交う熱狂ぶり。

 フィルムは総時間が2分ほど。 カットは1~2秒でシーンが切り替わる丁寧で細かい撮影でしたが、なんと、その中に沢村選手の投球するシーンが映っていたのです!

 フォームは、言われるような大胆な足上げフォームではありませんでしたが、投球後に真っ直ぐにマウンドに大きく踏み込む足。とても格好いい映像です。



■ おもうこと

 私は今回 沢村さんの全盛期の映像を見て、
伝説の投手を観られた幸運と、失わせた当時の社会情勢を思いました。

 今、日本の世情は沢村選手が活躍した時代のように怪しい。
 政府や政治家は、原発の再稼働や消費税の導入。国民の意見も聞かずに次々に変更を重ねる。最近でも年金データ流出など不手際や失敗が反対があるにもかかわらず、国民に番号をつけるマイナンバー制度を推進し国民の管理を進めようとする。

 防衛にでは、武力行使の定義変更や、防衛大臣下で自衛隊官僚を支持する体制を変更しようとする。 政治家や自衛隊の権限がどんど増えていき、危険な状態。

 かって沢村さんが活躍した時代は、日本が軍隊主体となり戦争へ突き進み
そして沢村さんは犠牲になりました。


 沢村さんを 記憶に留めること。そして今の世を”かって戦争に向かった時代”と同じに絶対にしてはいけない、立ち向かい声をあげるべきだと思う。

 私たちみんなを。 そして現代にいるはずの、多くの沢村さんのような才能を持つ者を守るために。



■ 更新情報

 2018年2月20日 動画、画像位置調整


■ 参考、引用、関連サイト

・NHK 2015年06月10日 (水) クローズアップ現代 沢村投手の全力投球
http://www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/219633.html


・洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光

 今回の発見に活躍された森田さんの本




・栄光なき天才たち 9 (ヤングジャンプコミックス)
集英社 , 森田 信吾

 沢村さんの話が収められる。
全盛期のメジャー相手の活躍から最期までが描かれる。

 印象に残るのは、戦争へと向かい暗雲垂れ込める中で球界にも圧力がかかり、敵性語となったベースボール用語が禁じられた。沢村さんが「ストライク言うてみい」と言いながら投げ続ける姿は涙もの。


この記事へのトラックバック