S.M.S.L製 AV機器の紹介 - 2014~2015年版[特長と購入リンク+便利なアクセサリ]

 S.M.S.L社の製品紹介特集は、新しい記事が有ります
S.M.S.L製 AV機器の紹介 - 2017年版[特長と購入リンク]
S.M.S.L製 AV機器の紹介 - 2016年版[特長と購入リンク]
クセサリ]



S.M.S.L

S.M.S.L 『SA-36A pro』 ミニHi-Fiデジタルアンプ [TPA3118D2搭載!2014年NEWモデル] ※本体のみ/電源別売り※NFJストア取り扱い品※ (ブラック(黒) ※本体のみ/電源別売り※)

 今回は、S.M.S.L 社の小型オーディオアンプを紹介します。
 
 小さい本体で、必要な機能だけに絞られ、品のある外観。 
音質の高さと、お手頃価格で人気が高い製品です。

 S.M.S.L社は、公式サイトでも、製品の解説が簡素で、情報が少なめ。
日本でも、同様に解説が少なく、”商品自体が何か分からない”ような物もあり、かなり損をしている印象を受けます。 今回、わたしが、SMSLの製品をなるべく分かりやすく解説していきますね。

 あとS.M.S.L製小型アンプの人気が上がるのに伴い、2014年後半から日本で未発売だったジャンルの機種、マイナー機種も販売されるようになってきたので 今回新たに記事を作り直しました。

日本で販売されているS.M.S.L製品の特長と製品の種類、購入リンク。 そして便利な周辺機器を紹介します。


■ S.M.S.L社と製品について 


 S.M.S.L社は、中国は深圳市にある会社。

 社名は、地名からとられています。
(S.M.S.L =深圳市双木三林电子有限公司/ Shenzhen shuangmusanlin electronic Co., LTD)

 家庭用、カー用の音響製品の企画から製造まで統合しておこなう企業です。
製品は、ヨーロッパ、アメリカ、中東、東南アジアに20以上の国と地域に販売され、日本でも販売。
主にヘッドフォンアンプや、小型アンプ、DACと可愛い製品が主です。

 日本では、2014年頃からTripath社チップを使ったアンプとして、SA-36Aが人気が出ました。
通販大手だと、amazonはLepai製品が人気ですが、楽天ではS.M.S.Lのアンプが人気上位。買いやすい、一万円以下のアンプでありながら日本家電メーカー、音響メーカー製品を抑えて、人気上位を争いました。

 2014年の後半から、日本で未発売だったジャンル、機種も輸入され始めています。
現在、高級機やDAC搭載機、単体DACの人気が出始めているところです。


■ S.M.S.L社の製品の特長と、使い方
 
 S.M.S.L 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ Q5 ACアダプターセットリモコン 拭き布付き

 中国製アンプで有名なLepaiや、TOPPINGと比較すると、
Lepaiが、低価格で素材としての魅力が強く、簡単に言うとオーディ好き、自作好きのおもちゃである面が強い。TOPPINGは、高級志向。
そして、S.M.S.L製品は、中間に当たり、やや外観や部品が高級。オーディオ初心者でも買いやすい機種です。あと、アンプやDACの機能は、絞り込まれている製品が多くて、シンプルなものが多くなってます。

 製品は、主にデジタルアンプと、DAコンバーターが主体。
最近ではヘッドフォンアンプやメディアプレイヤーも出しています。

 デジタルアンプならではの、小ささと省電力が魅力です。人気の高さは、おてごろ価格と音質、デザインの良さとバランスが良いところでしょう。
通常のプリメインアンプでも、テレビやモニターの裏に隠したり、数台積み重ねても、AV機器やPCの棚の隙間に収まる可愛いサイズ。

 また、独自性の強い、小型DACなどを出しており PC用やTV用にスピーカーを用意する用途に人気です。
ちっちゃくて外観の綺麗な、そして音質もよい、お手頃価格のアンプが欲しい方にオススメです。

 ● オススメ部分

sound-64.png

  ちょっと、綺麗なデザインの製品がほしいと言う方にオススメです(*^_^*)
そして、はじめて、部屋や居間の家電品に繋いで、オーディオ体験するのに向いています。

 抑え気味の価格ながら、トライパスやTIのチップを使った機種があり、高級メーカーや日本家電メーカー製品よりも安く、綺麗な音質を楽しめるのが魅力。
細かい面では、バナナプラグに対応していたり、遅延リレーが入っていて電源投入時のノイズが少ないのも、安心感が有ります。


■ 目次

ジャンル内は、新しい製品、人気が高いものから紹介しています。

(商品ジャンルをクリックすると、項目へジャンプします)



・据え置き型アンプ+DAC内蔵機 
・据え置き型アンプ+ヘッドフォンアンプ
・据え置き型アンプ

・据え置き型ヘッドフォンアンプ


・DAC製品+ヘッドフォンアンプ 
・DAC単体 

・ポータブルアンプ+DAC搭載機
・ポータブルアンプ


・ネットワークプレイヤー

・周辺機器 
       - 接続ケーブル


(項目をクリックすると、項目へジャンプします)


■ 各モデルの特長と、性能、 購入用リンク


 日本で販売されている機種をジャンル毎に、紹介します。

 主に、据え置き型、DAコンバーター主体の製品に分けて、後は機能ごとに分類し紹介していきます。
なお、製品の販売日は、公式サイトでも記載が無いため、日本での販売日を記載しています。

● 購入用リンクの使い方

 製品画像と、商品名はamazonの製品にリンクしています。
”○○で検索”をクリックすると、該当通販サイトから、別店舗の取り扱い商品や色違い製品を検索できます。


■ 据え置き型アンプ + DAC内蔵機 


・S.M.S.L Q5
高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ ACアダプターセットリモコン 拭き布付き

S.M.S.L 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ Q5 ACアダプターセットリモコン 拭き布付き

 デジタルアンプで出力は、50WX2。、
DACも搭載。リモコンも付いており、AV機器との組み合わて使いやすくなってます。
外観は、アルミでCNC加工。LEDのデジタル表示部も備えます

S.M.S.L 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ Q5 ACアダプターセットリモコン 拭き布付き


ユーザー様動画

 特長としては、DAC搭載機で、背面のUSB端子、デジタル同軸/光入力から、デジタル信号に対応します。 サンプリングレートは44.1~192KHzに対応。
アナログ信号は、ステレオRCA入力で対応。 デジタルアンプ部は、ST社のSTA350BWを使用。
リモコンからは、電源、音量、入力選択、トーン調整が可能。
シャットダウンすると、設定を保持しますが、音量は記録しません、

付属品:電源アダプタ、、USBケーブル、リモコン、クリーニングクロス。
カラー:黒、銀、金



S.M.S.L SD-793II 高品質 ステレオオーディオデコーダ DACオーディオデコーダ ヘッドフォンアンプ内蔵 ACアダプター付き
2014/9/26発売

S.M.S.L SD-793II 高品質 ステレオオーディオデコーダ DACオーディオデコーダ ヘッドフォンアンプ内蔵 ACアダプター付き

 DACを搭載したヘッドフォンアンプです。
コンパクトな本体に、高音質部品を詰め込み、S.M.S.L製品の据え置き型で2位の人気が有ります。

 デジタル部は、USBレシーバーにDIR9001。24ビット/ 96Khzに対応。
DACは、TI社のPCM1793。アナログオペアンプにPCM1793。
部品には、米国DALE(VISHAY)熱抵抗、ニチコンコンデンサ、日本アルプスの電源スイッチ、Germay ERO金属フィルムコンデンサ、イタリアのAVコンデンサ、ELNA音響用コンデンサなど。





■ 据え置き型アンプ + ヘッドフォンアンプ付き


S.M.S.L SA-160 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ TDA7498E ヘッドフォンアンプ内蔵 アダプターセット 拭き布付き
2014/11/25発売

S.M.S.L SA-160 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ TDA7498E ヘッドフォンアンプ内蔵 アダプターセット 拭き布付き

 160WX2の高出力なアンプ。

S.M.S.L SA60 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ TPA3116 MCU制御 2*60Wステレオ回路設計 ACアダプターセット 拭き布付き

 ST社のデジタルアンプ、TDA7498Eを使用。

S.M.S.L SA60 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ TPA3116 MCU制御 2*60Wステレオ回路設計 ACアダプターセット 拭き布付き

特長として36Vの電源アダプターが付属しており、電源部に余裕があり、
本体内の発熱も抑えられます。

カラー;ゴールド、シルバー、ブラック



S.M.S.L MINI5 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ TDA7492 ヘッドフォンアンプ内蔵 ACアダプターセット 拭き布付き
2014年11月15日

 50WX2のデジタルアンプ。

 ST製のTDA7492を使用。
ヘッドフォンアンプ有り。

カラー;ゴールド、シルバー、ブラック




■ 据え置き型アンプ


S.M.S.L SA60 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ TPA3116 MCU制御 2*60Wステレオ回路設計 ACアダプターセット 拭き布付き
2014年11月26日発売

 60WX2出力のアンプ。 チップは、TPA3116。
パネルは、アルミ製。レーザー刻印がされています。
ボリュームは電子式。メモリーで音量の保持も可能、音量が大きすぎる場合は固定値に制限をかけます。
 入力は、RCAと前面ステレオジャックの2系統。

付属品:ACアダプター、クリーニングクロス




・SMSL SA-98E 2

SMSL 高品質HIFI デジタルアンプ オーディオアンプ SA-98E ACアダプター付き 160W*2スーパーパワー (シルバー)

  出力は160WX2と大きめ。
デジタルアンプでチップに、STM社のTDA7498が使われておりトライパス社のチップと比べて、音が豊かと評判が良いです。

日本製部品を多く使用し、内部の見た目、構成もなかなか綺麗です。

本体カラー:シルバー、ブラック




S.M.S.L SA-36A PRO 25W+25W(4Ω) ※電源別売り 【Texas Instruments社、TPA3118D2DAP 搭載】
国内販売 2014年4月18日

【SA-36A後継機】S.M.S.L SA-36A PRO 25W+25W(4Ω) ※電源別売り 【Texas Instruments社、TPA3118D2DAP 搭載】(ゴールド)

 人気が高い、SA-36Aの後継機。
今回から、Texas Instruments社、TPA3118D2DAPのICを使用しています。
最大出力も少し大きく。 25W×25W(4Ω)になりました

S.M.S.L 『SA-36A pro』 ミニHi-Fiデジタルアンプ [TPA3118D2搭載!2014年NEWモデル] ※本体のみ/電源別売り※NFJストア取り扱い品※ (ブラック(黒) ※本体のみ/電源別売り※)

 ケース内も、中華アンプにありがちな煩雑さはなく、部品が整然と並び なかなか綺麗です。

データ
出力:独立ネジ式 バナナプラグ 入力:RCA(赤白) DCジャック:外形5.5~内径2.1 センタープラス 本体サイズ:150*92*43mm
※ACアダプター別売。取扱説明書、保証書等は付属しておりません。

種類:ゴールド、シルバー、ブラック。
amazonでは、スピーカーケーブル付属版も販売。




・ S.M.S.L SA-S3
2014/1/19取り扱い開始

  Tripathチップを使い人気があるSAシリーズの新型。
Tripath社 TA2021Bを搭載しています。TA2020の後継チップで、
解像度や抜けがよくなり、消音量でも、聞き取りやすい。

25W+25Wデジタルアンプ
付属品; HIFIオーディオケーブル(3.5mmステレオミニ-RCA×2) 1.5mセット 
電源は別売り

今回、カラーが3色に増えました
カラー:シルバー、ブラック、ゴールド

[在庫無し]

・SMSL SA-50 デジタルアンプ 50Wx2 T-AMP 高品質HIFI
S.M.S.L

 同社で人気が有る小型アンプ。2012年頃から発売され息が長いモデル。
TDA7492搭載、D形式。

ホワイトノイズが有ったりボリュームの精度など、品質はそれなり。
2017年カタログ落ち。






● その他 日本で未発売の品

・SA-80
Tripath社TA2022使用 80Wx2

・SA-4S
Tripath社TA2020使用

・SA-80
 50Wx2

・SAD-25

USB DAC内蔵。TA-2021使用。ヘッドフォンジャックがあります。
わたしも欲しいな~と思ってるのですが、 大手通販サイトでは取り扱って無いです。
こちらのショップに在庫があります。
http://www.sp01.jp/14_1290.html



■ 据え置き型ヘッドフォンアンプ


・S.M.S.L SAPIIPRO 高品質 ヘッドホンアンプ ハイパワー ACアダプターセット付き
2014/9/26発売。

 有名な部品を使いながら、価格を抑えたヘッドフォンアンプ。

2系統の入力(3.5とRCA)を持ち、フロントのセレクターで切り替え可能。
ヘッドフォン端子は、 6.35mm。

 筐体はアルミ。
ヘッドフォーンアンプは、T.I.社TPA6120A2。人気が出たソニーのポタアン、pha-2でも使用されました。

付属品;ACアダプター、6.35mmステレオミニプラグ
カラー;ゴールド、シルバー、ブラック




・VA1

 バランス入力に対応した高級機
最近、日本にも入荷されるようになりました。
2種類有り、ゼンハイザーHD650 / 600用のHDバージョン、BEYERDYNAMICとAKGヘッドセットDT / Kバージョンがあります。

 前面は、高、低インピーダンスのヘッドフォン出力ポート、音量調整ノブ。
背面は、アンバランス(RCA)、バランス入力。電源端子、電源スイッチ

>ゼンハイザーHD650 / 600用のHDバージョン



>BEYERDYNAMICとAKGヘッドセットDT / Kバージョン

[未入荷]


・VMV

 小型のヘッドフォンアンプ
[在庫無し]


■ DAC + ヘッドフォンアンプ



・SMSL X3 高品質 HIFI デジタルアンプ メディアプレーヤー WIFI機能付 マイクロSD、Uディスク入力可 拭き布付属(シルバー)
2014年7月30日発売

SMSL X3 高品質 HIFI デジタルアンプ メディアプレーヤー WIFI機能付 マイクロSD、Uディスク入力可 拭き布付属(ブラック)

 多機能なメディアプレイヤーです。

SMSL X3 高品質 HIFI デジタルアンプ メディアプレーヤー WIFI機能付 マイクロSD、Uディスク入力可 拭き布付属(ブラック)

 特長として、多くの入出力方式に対応します。
WiFiでLAN接続しての使用が可能です。使用は、背面のUSB端子にWifi端末を挿して使います。

SMSL X3 高品質 HIFI デジタルアンプ メディアプレーヤー WIFI機能付 マイクロSD、Uディスク入力可 拭き布付属(ブラック)

単体再生も可能で、SDカードやUSB端子での接続、ストリーミングも可能。

 外観は、アルミ筐体でCNC加工。

384KHZ / 32Bit,DSD 384Khzを再生可能。
WAV、APE(1-4)、FLAC、AAC、MP3、WMAに対応。

 ヘッドフォンアンプも内蔵しており、単体使用が可能。ヘッドフォンアンプはMAX9722。


スペック;WIFI仕様 :2.4GHz帯、802.11 b / g/ n
カラー:白、黒




・🆕SMSL M2 モバイルUSB-DAC ボリューム搭載 USBバスパワー 24/96 ハイレゾサウンド
SMSL
公式 USページ

SMSL M2 モバイルUSB-DAC ボリューム搭載 USBバスパワー 24/96 ハイレゾサウンド

  SMSL M2は、外付けDACデコーダサウンドカード。
小型、買いやすい価格のDACで、かなり人気が出ています。

 外観は、アルミ製で、デザインも良く品があります。大きさは、iPhone4くらい。持ち運びがしやすいのが特長。

 M2は、デジタル-アナログ変換が可能で、ブルーレイプレーヤー、CD / DVD、HDセットトップボックス、デジタルTVまたは音楽機器と繋いだり、パソコンの音を良くします。
基本は、DACとして使うことが前提の機種ですが、ヘッドフォンアンプも内蔵してて、直接ヘッドフォンをつないで音楽を聴くことも出来ます。

本体の前面部分は、電源インジケータ 、ヘッドフォン出力インタフェース、ライン出力、ボリュームスイッチコントローラ。

 特長として、ハイレゾに対応。
USB接続が可能で、ASIO、WASAPIや他のドライバーをサポート。
USBの受信チップは、SAVITECH社のSA9027。 USB2.0クラスで、非同期(アシンクロナス)モードに対応しています。

 注目点は、DACのデコーダチップ。ESS TechnologyのES9023。24bitチップを使ってます。
 ES9023は、DACチップで評価の高いES9018の廉価モデルで、ESS Technologyの元技術者たちが作ったResonessence Labs社の CONCERO(6万円)にも搭載。
SA9027とES9023チップの組み合わせは有名なNwAvGuyさん設計でJDSLABSから販売されているODACと同じになってるので、音に期待してしまいます。(^_^)

へッドフォンアンプチップは、MAX9722。小型機器のためにつくられており、特許を取得した設計で小さく作られています。
SMSLの米国販売価格は、62.98ドルで、日本の価格もほぼ同じになってます。

 低価格で、有名なチップを積んできて、デザインも良く、コンパクト。
アンプもあるし、てんこ盛りな感じ。 わたしも欲しいな~、と思ってます。




・S.M.S.L FORT ミニUSB DAC + イヤフォン、ヘッドフォンアンプ / ボリュームコントローラー / 【PCM2704内蔵!】
2014年1月19日発売

S.M.S.L FORT ミニUSB DAC + イヤフォン、ヘッドフォンアンプ / ボリュームコントローラー /  【PCM2704内蔵!】

 新しいジャンルの製品です。
名前はFORT。ボリュームに、USB-DACが一体になった可愛いアンプ。
パソコンと組み合わせて、簡単に音量調整が可能。 人気が有ります

 本体は、アルミをCNC旋盤で、くり抜いた贅沢な仕様、3.5mmジャックは、Foxconnの3.5mm端子を金メッキ
USBデコーダーには、バーブラウンのPCM2704を使っています。電源はUSBのバスパワーで動作。

 見た目や作り、チップ構成は、 FX-AUDIOのFX-M2にそっくりです。
違いは、FORTでは、ヘッドフォン端子上にLEDランプがつき、ケーブルが付属します。FX-M2は、下面にブルーのLED。

サンプリングレート:16bit/32K 44.1K 48K
対応OS:Windows 8&7(32bit/64bit)/ Vista / XP / 2000 / MacOS X / 9.1
付属品;SMSLカスタムUSBケーブル

[在庫無し]

→ FX-AUDIO- M2Jがそっくりな製品です。
新型になり、ノイズも減って評判が良いです。





■ DAC単体 


・S.M.S.L M8
2014/12/4発売

高品質 DSD 384KHZ再生可能 ステレオ オーディオ デコーダ DACオーディオデコーダ OLEDディスプレイ付き

S.M.S.L M8 高品質 DSD 384KHZ再生可能 ステレオ オーディオ デコーダ DACオーディオデコーダ OLEDディスプレイ付き

 同社のハイエンドDAC。 
出荷前に24時間から72時間のテストを行っているそうです、

ESS社のDACなど、高級部品を使っています。、

 外観は、アルミ筐体のヘアライン仕上げ、ボタンもアルミ。表示部は、有機EL液晶。

DACに、ESS社のES9018チップを採用。USBチップはXMOS製32Bit。
384KHZ / 32Bit,DSD 384Khzを再生可能。非同期転送(アシンクロナス)に対応

S.M.S.L M8 高品質 DSD 384KHZ再生可能 ステレオ オーディオ デコーダ DACオーディオデコーダ OLEDディスプレイ付き

入力は、PC-USB、同軸、光ファイバーに対応。

 省電力機能有り。




・SMSL Sanskrit 24bit 96kHZ DACエンコーダー、USB、光ファイバー、同軸入力 (シルバー Silver)
2014年9月10日 発売

SMSL Sanskrit 24bit 96kHZ DACエンコーダー、USB、光ファイバー、同軸入力 (シルバー Silver)

”サンスクリット”はSMSLのSD-1955 にUSB DACを足したアップグレードバージョン
机の上で使える、小型の多機能DACです。

 ウォルフソンや日本製の高級パーツを使用、 
DAC部分は、USBDACにSA9027。DACはWM8805。 オペアンプにOP275、JRC5532DD

SMSL Sanskrit 24bit 96kHZ DACエンコーダー、USB、光ファイバー、同軸入力 (シルバー Silver)

入力は、PC-USB、同軸、光ファイバーに対応。
入力周波数:192Khz/24Bit(USB:96Khz)USBは、非同期転送に対応

 操作は、ボタンひとつで行うという、割り切りぶり。
電源操作を長押し。切り換えを押すことで行います。

本体カラー; シルバーと、ブラックがあります。






・S.M.S.L SD-192PRO 高品質 ステレオオーディオデコーダ DACオーディオデコーダ ACアダプター付き

 小型のDAC。
 光出力しかないTVなどに、組み合わせると便利です。




・SD-022[在庫無し]
 半年くらいして、44100Hz以外出力しなくなるというトラブルを見かけます。オススメできない。

・SD-650[在庫無し]



■ ポータブル・ヘッドフォンアンプ+DAC搭載機


[発売待ち]


■ ポータブル・ヘッドフォンアンプ



S.M.S.L sAp-7 バンド付 ポータブルヘッドフォンアンプ 充電/持ち運び可能。
2013年3月発売

S.M.S.L sAp-7 充電/持ち運びOK!バンド付 ポータブルヘッドフォンアンプ 【ブルー】

 お手頃価格で、付属品も充実
持ち運びが簡単な、小さくて可愛いヘッドフォンアンプ。

スマホに貼り付けられるような小ささです

S.M.S.L sAp-7 充電/持ち運びOK!バンド付 ポータブルヘッドフォンアンプ 【ブルー】

 バッテリーを内蔵していて、15時間の再生が可能 
スタンバイボタン2秒長押しで起動。充電時間:約1.5時間。
イコライザーは、4種類用意されています。ヘッドフォンアンプは、TI社のTPA6120。

データ 出力:16Ω Po=150mW 300ohm Po=16mW
SN非:100dB(A-WTD)battery:3.7V/320mA
本体サイズ:68 * 40 * 10mm 重量:45g

S.M.S.L sAp-7 充電/持ち運びOK!バンド付 ポータブルヘッドフォンアンプ 【ブルー】
付属品:本体、説明書(英文)、両端3.5STミニケーブル、USB充電ケーブル、シリコンバンド

カラー:ブラックとブルー



・S.M.S.L SAP-5
高品質 ポータブルヘッドホンアンプ EQ超重低音 ACアダプター付き
2014年9月26日発売

 ポタアンで、SAP-4の2014年度版です。

 ケースはアルミ。音量はダイヤル式。
ステレオヘッドフォンアンプにはMAX9722を使っています。
背面に、低音ブーストスイッチ有り。





■ 周辺機器


 S.M.S.Lアンプを使う時に便利な用品

・【PSE規格品】12V5A 汎用 ACアダプター ノイズフィルターつき
TDS-Original

 12Vアンプ用のACアダプターで人気の有る製品
ただし、トラブルもあるので覚悟が必要。(^_^;)



■ ケーブル

 ケーブルを変えて高音質に。
買いやすい価格で人気もあるケーブルを紹介します。


・小柳出電気商会 ヘッドホンケーブル(3.5mmステレオミニ-3.5mmステレオミニ) HPC-35/

 ちょっと音質を向上させるのに、向いているケーブルです。
価格に対して、性能が高いと評判が良い製品



・audio-technica GOLD LINK Fine スピーカーケーブル AT567S/ [2本セット]

 お手頃価格で高音質化。

 白のコードでインテリアに合わせやすい。
OFCケーブル使用。




 ■ バナナプラグ

 スピーカーコードの接続を、簡単にするためのアクセサリー。
小型アンプで、端子間が狭い場合にも、差し込みやすくなります

audio-technica ソルダーレスバナナプラグ AT6302

 バナナプラグで人気一位。コネクタ部分の後ろから、スピーカーコードを差し込み、外周リングを​締め込むだけ。
4本セット



・audio-technica ソルダーレス バナナプラグ AT6301

 こちらは、軸部にプラのカバーがあり、ショートしにくい。
初心者でも扱い易くなってます。







■ 価格について

 大手の販売店はなく、輸入販売店から販売されています。
SMSLは人気機が多く、ショップ同士の競争があるため
価格自体は、安定していて、アメリカなどと比べてみても”ぼったくり”は無いようです。


● ●

 小さくて可愛いSMSLのアンプ。
オーディオが初めての方には、音楽の世界を広げてくれるでしょう。

大事にしてあげてくださいね。(*^_^*)


■ 更新情報

2017年7月16日 SA-50追加
2016年1月18日 周辺機器 KRBに変更
2015年4月24日 M2文章追加
2015年1月26日 2014年版作成 ジャンル分け、商品追加

2014年7月20日 SA-98E追加
2014年6月26日 DAC M2追加
2014年6月15日 SA-36A PRO、SAD-22追加 写真、文章整理
2014年5月11日 WV336追加


■ 関連URL、参考サイト

・プロセッサー データシート 
TA2020-20
http://www.technobase.jp/eclib/OTHER/DATASHEET/ta2020020.pdf

TA2021B
http://www.technobase.jp/eclib/OTHER/DATASHEET/ta2021b.pdf

この記事へのトラックバック