福山雅治の「魂のラジオ」終了へ。 本人が番組内で理由を発表。

HUMAN (初回限定盤)(MUSIC CLIP COLLECTION DVD付盤)

 こんバイク。

 福山雅治がパーソナリティをつとめる、AMラジオ番組「魂のラジオ」が、終了すると
先週の放送で触れられされていましたが、今週の生放送で ついに、理由が発表されました。
 
sound-64.png

■ 魂のラジオ終了について 


message-64.png

 終了については、先週の12月6日の放送終了間際,福山雅治本人から突然発表されていました.

 そして、今週の生放送の序盤で、理由が本人の口から解説されました。
要約すると、「しんどくて、深夜放送を続けることが、難しくなってきた」ということです。

 本人によると、思春期に、眠れずに聞き始めた深夜のラジオ。
眠っていく街の中で、当時人気だった『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』の放送を聴き、”生放送でつながっている”という感覚が『自分はひとりではない』と安心し、ラジオに憧れた、初めた理由だったそうです
 
 そして、長く続けてきたラジオですが、
 ある時期から、「深夜の生放送がしんどくなってきた」ことそれは、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」の頃から感じてきており、眠くなってきた、体力的につらくなってきたそうです。

 かって、あこがれた、繋がってると言う感覚が維持出来ない。
「生放送を維持できない」ということが、やめる理由になってきたそうです。
それは、本人曰く”ラジオ愛”とのこと。(~_~;)

 あと、本人は、結婚は関係ない、といってます。
放送局側からは、時間帯を変えてとの要望もあったが、「深夜帯のラジオ放送から引退したい」とのこと。

● 解説 + 推測。

edit-64.png

 残念なことに「魂のラジオ」放送決定が終了しました。

 福山雅治にとって今の人気があるのは、「ラジオ」を長期間放送してきたことが大きいと自覚しているはず。だからこそ、しんどいと思っても、長期間続けてこれたのでしょう。

 現在の福山雅治は、ライブ、深夜ラジオ、アルバム製作
そして、ときにはドラマや映画の主役、ドキュメントの出演で世界を飛び回ったりと、多忙です。

っさい、海外に言っている時に現地から、「魂のラジオ」電話で出演したこともありました。

 以前は、バイクでツーリングしたり、カメラの趣味に凝ったりと やや余裕があったのですが、
現在の仕事状況では、深夜ラジオの放送が、かなり負担なのは、端から見ていても分かります。

 本人は過去に番組内で、「もうおじいちゃんだから」と自虐ネタを演じることがよくありました、
しかし、最近は本当にもう、冗談にならない、限界に来ているのでしょう。

 「忙しいというのは、自分が仕事できないと言ってるのと同じ」と発言したこともあり
いままで、他人のせいにしたり、仕事が忙しい、と言うことをできない理由にはしませんでした。
 「オールナイトニッポン」のパーソナリティに憧れ、見事トップを走り続けています。

言動を実証するように、魂のラジオ終了の理由に、ほかの人へ責任を押しつけるようなことはしなかったのは立派です、

 私たちにとって、終わることは残念だけれど、本人の体調や、意志が一番大事。

 ひとつだけ救いなのは、本人は深夜放送から引退すると言うことで
ラジオから、引退するとは言っておらず、日曜放送のFM「トーキングFM」番組出演には触れていません。

 そして、「魂のラジオ」放送は、まだつづくので、最後まで応援したいですね。
また、「魂のラジオ」についてニュースがあればお知らせします

ばいばいく。


●  用語解説;魂のラジオとは。

「魂のラジオ」は、福山雅治がパーソナリティをつとめるラジオ版組。

 福山雅治の今回終了が示唆されたラジオ自体は、20年の歴史があります。
オールナイト日本の番組としてスタートし現在の土曜夜放送になってからは、
オールナイトニッポンサタデースペシャル 福山雅治の魂のラジオのタイトルで放送。
14年の歴史があります。

 2004年から、アナウンサーの荘口彰久さんが聞き役として登場するようになり、
さらに面白さが増しました。


■ 


 allnightnippon オールナイトニッポンサタデースペシャル 福山雅治の魂のラジオ
http://www.allnightnippon.com/fukuyama/blog/

この記事へのトラックバック