● Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル 第8ロットが登場! [特長と購入用リンク、周辺機器集]

この記事には、新しい記事が有ります
ついに最終版。Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル、第9ロットが登場! [特長と購入用リンク、周辺機器集]



8LOT

第八ロット!小型デジタルアンプ 『Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル』 ※本体のみ/電源別売り※ Tripath TA2020搭載/トーンコントロールorダイレクト2WAY切替機能付き

中華アンプの中で、人気の高いLepai社
その中でも人気が高いLP-2020A+の、NFJ別注モデルが、登場しました。

Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデルの特長と、製品の種類、購入リンク。 そして便利な周辺機器を紹介します。

■ Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル - 特長と、人気


 NFJは、株式会社NorthFlatJapanの略。
輸入販売店で、​201​0年11月11日にできた会社。関西出身の方2人で運営。バイヤーさんは中国に在住されています。 中国製アンプ、DACなどの輸入販売が主で、中国アンプで人気が高いSMSLやFXオーディオの販売もされています。

● カスタムモデルの人気 

 人気が有る別注モデル。 製造会社へ仕様を指定したカスタム品を販売しています。

 NFJのカスタム品は、FX-AUDIOの製品があり
最近だと、FX202Aのカスタム品であるFX202Jが人気が高く、販売と同時に初回販売分の140台が1分以内で売り切れています。 

 Lepaiの LP-2020A+も、2011年からNFJが選別品を販売。 そしてお客さんの声を元に試作機、カスタム品を企画、販売しています。

 その別注品が今回あらたに登場。第8ロットが販売されました。

● LP-2020A+について

 中華アンプでは、1~2位を争う人気の機種です。
中華アンプの中では、低価格であり、部品の質はやや低めですが、低価格ながらも歴史のあるトライパスのチップを積んでおり音質が良いのも魅力。

他の中華アンプがあまり搭載していない、音質調整とトーンダイレクトがあるのが利点で人気がある部分。 低価格で、AVはもとより、バイアンプやカーステレオに使ったり、オーディオの素材として楽しめる機器です。


■ モデルの簡単な紹介。


 モデルの特長と、性能、 購入用リンク

・第八ロット!小型デジタルアンプ 『Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル』 ※本体のみ/電源別売り※ Tripath TA2020搭載/トーンコントロールorダイレクト2WAY切替機能付き
Lepai

第八ロット!小型デジタルアンプ 『Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル』 ※本体のみ/電源別売り※ Tripath TA2020搭載/トーンコントロールorダイレクト2WAY切替機能付き

 
 ● 販売と売れ行きについて 

 6月からヤフオクで販売が開始され、7日からamazonでも販売され、買いやすくなりました。

amazonで販売されるのは、第7ロットに続き2回目。第8ロットは、amazonのプリメインアンプ部門で、人気一位になって人気も上々。

 気になる販売数と売れ行きを見ているんですが、
15日にはamazonには100台ほどの在庫がありました。順調に売れており、一旦週末に残り8台。、
今日、21日には在庫が60台ほどになり追加されてます。

 パッケージはV3との兼用。
 本体の天面に、「NFJ Edition」のロゴシールいり。小さな変更ですが、特別な品であることを示す、ちょっと嬉しい部分。

第八ロット!小型デジタルアンプ 『Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル』 ※本体のみ/電源別売り※ Tripath TA2020搭載/トーンコントロールorダイレクト2WAY切替機能付き

 外観は、おとなしめですが内面が多く変更されています。
 第7ロットをベースに、調整が施されており第8ロットの特長として、電源投入ノイズの低減と音質が向上しました。中身は、コンデンサーやボリュームが変更されており、Lepai LP-2020A+の弱点であったポップノイズを抑制する、保護機能が搭載されました。(遅延リレー回路x2)。

  ポップノイズの低減は、長く指摘されていた部分で、オーディオ好きはスピーカーやヘッドフォンを大事にしたいので嬉しい所。

 全体として、すこし音色が変化した。と言えます。
 弱点はボリューム。 ギャングエラーと呼ばれる小音量時の左右誤差が通常版より増える場合があります。注意点としてアマゾン販売版はACアダプターは別売りになっています。





 🆕第8ロットには、新型が登場しています

● 後継機 第9ロット



■ 別注品についての考え方。

 別注品は、雰囲気で言うと、私たちの代わりに細かな改良を行ってくれてるという感じです。
部品の価格は、低価格な変更ですし、ACアダプタが無い分も引けば2000円位上乗せされるわけです。価格差分の利点を感じるかは購入者によるでしょう。

 安く買えて、楽しめるのがLepaiの魅力ですし、大金を掛けて部品を交換し、時間を掛けるのは少し路線が外れます。そもそも、大きな音の違いを求めるなら、別の製品を買う方法も選択肢になります。

 ただし別注品は価格が上乗せされると言っても充分まだ低価格ですし、製品を作るにあたりメーカーとの交渉やチエック、在庫や為替変動のリスクを考えれば利益は少ないはず。 
ファンにとって、NFJが、Lepaiにかける情熱は嬉しい場合が多いでしょう。

 部品を買えるのも、手間。 できる限りのことをメーカー側で改善してくれたら嬉しいと思う方。
Lepaiで楽しみたい方向けの品です。 
 

■ 関連記事

この記事には、新しい記事が有ります
ついに最終版。Lepai LP-2020A+@NFJストア別注モデル、第9ロットが登場! [特長と購入用リンク、周辺機器集]


AV機器紹介 第2回 Lepai デジタルアンプの紹介 [購入リンク+便利なアクセサリ]


■ 更新情報

2017年6月11日 周辺機器を削除。ヤフオク、7netリンク削除。トライパスチップ部分の確認。
2015年2月23日 推奨アダプター追加
2015年1月27日 後継機リンク追加、記事リンク追加
2014年6月22日 在庫情報追加

■ 関連URL、参考サイト


・NFJとLEPAIの歩み(2014年3月最新版)


この記事へのトラックバック