AKGからヘッドフォン最高級機「 K812」登場 - 特長と購入用リンク



 AKGがヘッドフォンの最上位機種「K812」を発売します。
新しく旗艦機となるモデルで、気になりますね。

今日は「K812」の特長と購入用リンクを紹介します。

20121219164915-1.jpg

■ AKG(エーケージー)社のオープンエアー型ヘッドホン“K812”とは




「K812」 SUPERIOR REFERENCE HEADPHONES

 AKGの旗艦機となります。AKGが音楽製作のモニタリングに向けて作りました。
K812はオープンエアー型で自然な再生が可能。プロ用オーディオで、日本ではヒビノから発売。 




● AKGについて。


akgs / solidariat


 AKGは、オーストリア 音楽の都ウィーンで1947年に設立。
スタジオや放送局で使われる真空管式のコンデンサーマイクが有名。その後にヘッドフォンも発売。

1993年からハーマンの傘下に入りました。
日本では民生機をハーマンとヒビノがプロ用をヒビノが取り扱っていました。最近はハーマンもプロ用モデルを取り扱っています。

■ 特長



K812の開封から、初見

 「K812」は豪華な箱に入っており、スタンドにセットされた状態で入っています。

 筐体はアルミダイキャスト製。表面はアルマイト加工。高性能部品の投入で、ハイレゾシューションに対応しています。

 音質の要となるドライバーは、53mmのドライバーを採用しました。新設計でありAKG製品中で最大。磁束密度が1.5テスラと高く、銅で覆われたアルミボイスコイルを使い、最大54Khzまでの広大な周波数域での再生が可能。インピーダンスは、36オームと感度が高くなっています。


● 装着感の向上

 着け心地も力が入れられています。

 クッションは耳を覆うアラウンドイヤータイプ。3Dの低反発技術採用。素材に「プロテインレザー」を使用しました。天然に含まれるコラーゲンセインを融合させた人工皮革で、天然皮革に近い触り心地をもちながら、耐久性や吸湿性能が高い製品です。

● 周辺部

 ケーブルの着脱部分は、LEMO端子。
木製のヘッドフォンスタンドが付属。形は「Ω」のような形状。オーストリアの職人による手作りで固有番号が付けられる。

■ 音質について

 海外では既に登場。レビューを紹介。
Head-Fi

----
音質は、フラットなモニター型。
K812と比較しても、明快にクリアーな音質で勝っている。透明感が高く、定位は今まで聴いた中で最高レベルである。

----
高品質の、包装が素晴らしい。K812は、私が家に持って帰ってテストしたヘッドフォン中で、ナンバー1である。
音質は、K1000と比べても、K812の低音が深い。音質は中立的で、容赦なく録音の失敗を暴き出す。モニターの目的に向いている。

■ K812 仕様

感度(1kHz) 96dB SPL/mW
再生周波数帯域 5Hz~54kHz 最大許容入力 300mW インピーダンス 36Ω
イヤーパッド : アラウンドイヤー、着脱式、合皮製
入力コネクター ; 3.5mmステレオ・ミニプラグ(金メッキ) ケーブル ; 着脱式、片出し
質量 : 398g(除ケーブル)

付属品 3mストレートケーブル(OFC)、木製ヘッドホンスタンド、 標準プラグアダプター(ねじ固定式、金メッキ)
アルミ合金ヨークとハウジングをふさぐカーボンファイバー製キャップ。交換用のケーブルや、イヤーパッドが付属し長期間使えるようになっています。Alcantara製のイヤパッドは日本ではエクセーヌ(Ecsaine)として、東レが開発・展開しているスエード調人造皮革。ヨーロッパ向けにははアルカンターラ(alcantara)として販売されています。

付属品:6.3mm標準プラグアダプター (Part No: HPAQA1)、交換用両出しケーブル (Part No: HPASCA3)、交換用アルカンタラ製イヤパッド (Part No: HPAEC1540)、ジッパー式保管用ハードケース (Part No: HPACC3)



■ 販売情報 購入用リンク

海外では$1500ほどで販売され日本の販売価格は¥ 150,000と差は無い。

•  AKG Superior Reference Headphones K812
2月14日発売

AKGヘッドフォンの最高級機。

>ネット通販購入用リンク




■ 関連商品

 AKGの発売してる、姉妹機・兄弟機を紹介します。

•【国内正規品】 AKG Reference Studio Headphones K712PRO

 812が出るまでは、最上位機種で旗艦機でした。
4万円台とヘッドフォンとしても高級機ですが、amazonのモニターヘッドフォンの販売ランキングでも、10位以内に入っている人気機種です。




■ 更新情報

2018年8月2日 文章調整、ヤフオクリンク削除

■ 関連URL

この記事へのトラックバック