ヤマハ スタジオモニターヘッドホン 『HPH-MT220』『HPH-MT120』- 特長と購入用リンク



 ヤマハが、スタジオモニターヘッドフォンの『HPH-MT220』『HPH-MT120』を、発売しました。

『HPH-MT220』『HPH-MT120』の特長と、購入用リンクを紹介します。

■ ヤマハ スタジオモニターヘッドホン
『HPH-MT220』『HPH-MT120』とは


 ヤマハと言えば、スタジオ用モニターの名機 NS-10Mや、
海外国営放送のモニターにも採用され人気が高かった、NS-1000Mを出したメーカー。

[wiki][JacoTen][cc]640px-Neve_VR-72_with_FF_at_Studio_3_Control_Room_Center.jpg
写真:JacoTen 

そんなヤマハが、業務用に出した プロ向けのヘッドフォンが『HPH-MT220』『HPH-MT120』です。
原音を忠実に再生することをテーマに作られています。


 
■ 特長 購入用リンク

 種類は2機種発売されています。
共通の特長は、密閉式ヘッドフォンです。

『HPH-MT220』『HPH-MT120』の特長と購入用リンク

・ HPH-MT220
2012年12月7日発売

 HPH-MT220は、ハウジング部がアルミニウムとABS。
クッションは低反発素材。
ドライバーが、Φ45mmとなり、銅クラッドアルミ線(CCAW)を使ったボイスコイル
周波数帯域が広く、モニター向けに解像度が高くなっています。
コードはカールコード。重さは415グラム




・ HPH-MT120
2012年12月7日発売

 HPH-MT120は、ハウジング部がABS。ドライバーが、Φ40mm。
コードはストレート。重さは320グラムと軽くなっています




■ 関連商品

 ヤマハの発売している 姉妹機、兄弟機を紹介します。

・ヤマハ モニターヘッドフォン RH5Ma

 ヤマハ製で、買いやすい価格のモニターヘッドフォン。
「モニターヘッドフォン欲しいけど、安いのあるかな?」と言う方にオススメ (^^)

 


■ 更新情報

■ 関連URL
ニュースリリース

この記事へのトラックバック