Miu-tech Audio の真空管ハイブリッドアンプ集 - 綺麗な青の本体が魅力




  今回は、Miu-tech Audio。綺麗なデザインのハイブリッドアンプを紹介します。

■ 真空管ハイブリッドアンプについて

 今回紹介するのは、
Miu-tech Audioの、アンプです。

◆ Miu-tech Audioとは

 ミュウテックシステムズ。2004年に設立。 
会社案内によると、市場のあらゆる人々に手頃な価格で提供できる、ハイエンドのオーディオ機器を作り始めた。 中国に工場を持ち、大規模、低コストの労働力を活かし、機器が生産されています。

 カタログを見ていると、CalotoOneの製品に似た製品が、ラインナップされており、6機種ほど作られているようです。デザインや、細かい部分まで。カタログ値も、CalotoOneの製品に非常に似ています(^_^;)
日本では、輸入オーディオ機器の販売店などで取り扱われています

■ 商品 - 特長と 購入用リンク


・ヘッドフォンアンプ DN-84335
2013年3月26日発売

 手のひらに載るサイズのアンプ。

真空管 Philips 6922
オペアンプ TI NE5532

Carot Oneの FABRIZIOLOに似ています。デザインや、端子の配置、カタログ値もほぼ同じ
価格は、FABRIZIOLOの1/3くらい。

Miu-tech Audioの、MKTP-1とスペックは同一で、今回商品する製品のカラーはブルー。
一万円を切る価格で、評判も良いです。



参考商品




・プリメインアンプ DN-10497

ヘッドフォンアンプ・スピーカーアンプの両方として使える。
フィリップス真空管6922採用。

Carot One ERNESTOLOと似たデザイン。カタログ値もよく似ています。というか、ほぼ同じ。
価格は現在、ERNESTOLOの6~7割くらい。

Miu-tech Audioのハイブリッドアンプ MTKP-2に相当します。ただし、今回紹介する機種の本体はブルーで、表面パネルの絵柄は入っていません。

出力、出力 2x15W (4Ω) / 2x6W(8Ω)



参考製品



◆◆ 

 DN-10497は、買いやすい価格で、「買っても良いかな~」と思うのですが、
発売されたばかりで、ネットに、購入者の感想や、情報が見あたりません。

 購入された方の感想などあれば聴かせて下さい。

この記事へのトラックバック